« 山岳でエビ竿!? | Main | てんから竿なら大丈夫だったけれど »

May 20, 2024

ハルゼミはまだ鳴かない

5月も半ばを迎えた先週は、野暮用やら天候悪化やらで、釣りに行けたのはまた週末の金曜日。前日に、釣り兄貴カズさんとgoo~さんのお二人からオファーがあり、南アルプス方面の山岳小渓流へご一緒いただくことになった。
家を出たのが朝7時少し前と遅かったので、通勤渋滞にハマって現地到着は10時半前。先行者らしき車はあったが、構わず支度を整え、林道を少し歩いてから入渓した。途中で何か小さな生き物が道に落ちてるなと思ったら、なんと今年初のハルゼミ。まだ羽化したばかりなのか、大人しく指先に留まってくれたので、写真をパチリ。初夏の使者との出会いに、今日は釣れるかもと期待が湧いた。
さて、流れはと言えば、若干の増水ながら水は透明の好条件。しかし、前日の天候が相当荒れたのか、強風で飛ばされたらしき枝葉が辺り一面に散乱し、幹から折れてしまった木も目立った。おかげでイワナが居そうな巻きのポイントには、緑の葉や小枝が漂って邪魔をしている。それでも、じっくりと探れば反応はあった。
ドライフライでポイントを攻めるお二人に先行していただき、自分はBHラッシーで後を追う。12時半頃に昼食タイムを取り、午後4時の終了までに、26cmを頭に15尾のイワナと出会うことができた。特に最後に入った短い区間は、ここ数年魚影が薄いと感じていたのだが、今回は赤ちゃんイワナをキャッチし、復活の兆しを感じられたことが嬉しかった。一日終わってみれば、ハルゼミの鳴き声は何故か全く聞こえなかったが、釣り兄貴お二人も、数・型共に納得の釣果だったようで何よりと思う。

20240517iwana

カズさん、goo~さん、一日大変お疲れ様でした。また次回ご一緒いただくことを楽しみにしております。

 

Dsc_1481-448x337

ところで、昨日のサッカーミニゲームで、相手シュートが避ける間もなく右手親指を直撃し、酷く腫れあがってしまった。今日は整形外科を受診したが、骨は大丈夫との事。しかし、箸を持っても痛いので、当然釣竿など握れないだろう。そこへ持ってきて、家族がコロナに罹患した。次に釣りに行けるのはいつになるだろうか・・・。

|

« 山岳でエビ竿!? | Main | てんから竿なら大丈夫だったけれど »

Comments

右手の怪我は痛いですね!(肉体的にも釣り的にも^^;)
まずはお大事になさってください。

無理にロッドを握ることがないよう自重してくださいね^^;

Posted by: sammy | May 20, 2024 07:27 PM

Sammyさん、ご心配いただきありがとうございます。
こういうケガは、後々に響くこともありますから、しっかりと養生したいと思います。
ただ、痛みが引くとついついあれこれやり勝ちなので、無理はしないように戒めたいと思います。

Posted by: よねさん@鱒美 | May 20, 2024 07:58 PM

御三人が通った後は絶対釣れないでしょうね! みなさん満足されたようで何よりです。
左下の写真に、葉がたくさん写っていますが、さぞ苦労されたと思います。さらに、ショートロッド!^^;
で、この写真見て思ったのですが、渓流では、こんな葉っぱや木の枝まで流れてきても釣れるんだから、マーカーなんて、天竜くらいデカいのを使ってもどうってことなさそうですよね>自分^^;

Posted by: ヤナ | May 21, 2024 11:47 AM

右手親指ですが、靭帯に及んでいると大変ですよ。自分、肘の靭帯損傷から半年以上経つのに、いまだに肘が曲がっていて、腕立て伏せもできません。指・靭帯で検索すると診断方法含めていろいろ出てきますから、養生中に一読をお勧めします。

Posted by: ヤナ | May 21, 2024 11:55 AM

ヤナさん、コメントありがとうございます。
ここはとても豊かな川ですから、ポイント毎に複数の魚が潜んでいると思います。なので、3人で釣った後でも、少し時間が経てば、きっとまた釣れるんじゃないかと思います。同じ魚を2度釣ったという例もありますしね。
新緑の落ち葉や枝には参りました。でも、その下に魚が潜んでいるかもという期待感もありました。おっしゃるとおり、葉っぱに比べればマーカーなど、魚には気にならない大きさかもしれませんね。
さて、右手親指ですが、昨日整形外科を受診してレントゲンを撮ってもらった結果、骨折はありませんでしたが、靱帯についてのコメントはありませんでした。ネットで色々検索してみましたが、腫れと痛みがあるものの、指が動かない訳ではないので、飲み薬と塗り薬で養生を続けます。
痛みが引いたら、また山岳イワナに会いに行きましょう!

Posted by: よねさん@鱒美 | May 21, 2024 12:41 PM

うわぁ 痛い!
と思ってしまいました。早く治りますように

コロナ報道がされないだけでまだ収束していないのですよね
軽くてすみますように

お祈りすることしか出来ませんが
どうぞお大事になさってください。

Posted by: 山姥 | May 25, 2024 10:23 PM

山姥さん、あたたかいお見舞いのお言葉、大変ありがとうございます。
ケガからちょうど1週間経って、右手親指も回復しつつありますが、まだ腫れと痛みが残っているので、しっかりと養生したいと思います。
家族のコロナも、自分は既に2回罹患していたので、今回は症状が出ずホッとしましたよ。
家族も、元の生活に戻って、猫たち共々平穏な日々が戻ってきました。
健康って、本当にありがたいものですね。

Posted by: よねさん@鱒美 | May 26, 2024 03:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 山岳でエビ竿!? | Main | てんから竿なら大丈夫だったけれど »