« 県境を越えて | Main | 飽食の岩魚 »

June 01, 2020

山梨・静岡の南アルプス入口へ

新茶の刈り入れが終わって山々の新緑も色を深め、そろそろ山岳の夏イワナに思いを馳せる季節となった。
そんな先週木曜日は有給休暇をいただいて、山梨県側の南アルプス入口の渓に出掛けてみた。
 
今シーズン初訪問となるお気に入りの渓は、平日のおかげか車止めに釣り人らしき車両はない。
これならのんびりやれそうだと安心したものの、魚の反応は激渋。天候にも流れのコンディションにも恵まれて、沢山の水生昆虫が宙に舞う姿が見られる好条件だったけれど、周辺河川では春先から様々な工事が続いていて釣りができない区間が多く、この渓には釣り人が集中してしまい、散々攻められて魚たちが臆病になってしまったのかもしれないなぁと思った。

20200528yamatoiwana

結局、1日中あちこち歩いて頑張った成果はイワナ6尾と少なめだったが、それでも28cmの良型に出会え、そこそこ満足して帰途に着くことができた。

Xga2020052814-640x480

そして中1日置いた土曜日は、静岡県側の南アルプス入口の渓を訪ねた。
そこは4月中旬に釣行して、「壊滅」とブログに綴った渓だったが、その後にそこそこ魚は居るとの情報を得ていたので、勇んで出かけてみたのだけれど、結果から言えば。午前中の2時間半で反応がたった1回の無魚という返り討ちにあった。この日も天候・流れ・虫共に良好なコンディションだったが、釣りを終えて林道に出てみれば、釣り人らしき車両が2台。魚が出なかったのは、先行者のせいだったと思うことにした。
その後、帰り道途中の実績のある小渓流に転戦したが、こちらも魚の反応は渋く、1日を終えてみれば、小ぶりのアマゴ1尾とイワナ4尾という、木曜日より更に貧果に終わった。

20200530iwana

それでも、8寸ほどの良型イワナが出てくれたので、納得することはできたかな。
山ではハルゼミが騒々しく鳴き始め、そろそろ梅雨入りの声も聞こえてきている。夏イワナのシーズンも、すぐそこだ。

|

« 県境を越えて | Main | 飽食の岩魚 »

Comments

ど~もです!
両方の南ア入口の山岳渓流でしたか!
アッチの渓は釣人が集中してるのですかね?
年券も買ってるのでサツキが落ち着いたら
行ってみようと思ってます。
コッチの渓はまだ回復してないのですかね?
機会が有ったらコチラも行ってみたいと
おもってます。
28㎝・8寸と良型のイワナいいですね~(^^♪

Posted by: KEN2 | June 02, 2020 07:57 PM

KEN2さん、コメントありがとうございます~!
今回は、山梨・静岡両県の、南ア入り口の渓の様子を探ってきましたが、どちらも釣り人のプレッシャーが強かったのかなぁという印象でした。
特に大井川の彼の沢は、今後も厳しいのかなぁという感じです。
一方山梨の沢は、9寸上のヤマトも出ましたし、これからが楽しみな感じです。
これからは、さらに奥の山岳へ進んで行きたいと思っていますが、またタイミングが合いましたら、ご一緒いただければと思います。

Posted by: よねさん@鱒美 | June 02, 2020 08:30 PM

まいどで〜す!
いいイワナが釣れましたね。
それにしても、そこまで行ってシブいのは
つらいですね。
でも、なんだかんだ言っても釣るのはさすがですね。
山岳渓流も久しぶりに行ってみたいなぁ。

Posted by: オッチャンAngler | June 03, 2020 04:37 PM

オッチャンAnglerさん、まいどです~♪
この2回の釣行は、それぞれかなり我慢を強いられた一日になりましたが、結果的には良いイワナをデジタルキープすることができたので、まずまずだったかなぁと思っております。
そろそろ梅雨入りというところですが、山岳イワナのシーズンにも入りますね。
またぜひ、渓にご一緒くださいませ!

Posted by: よねさん@鱒美 | June 03, 2020 08:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 県境を越えて | Main | 飽食の岩魚 »