« April 2020 | Main | June 2020 »

May 25, 2020

県境を越えて

新型コロナウイルスに関する政府の緊急事態宣言が発せられて以降、国民が様々な感染防止対策を実施してきた結果、新たな感染者数も右肩下がりに減少して、徐々に宣言が解除されてきた。
それでもまだ、基本的な感染防止対策は継続しなければならないし、他県への移動は極力行わないとされていたが、静岡県と山梨県の間においては先週末、感染者数の少なさを考慮して「不要不急を除き、訪問を妨げない」ということになった。そうなってくれたのも、両県のつながりが深く、良好な信頼関係を築いていることの証なのではないだろうか。
国と国とか、県や市、そして個人の家と家についても、お隣さんとは適当な距離を置きながら、良好な信頼関係を保っていくことが大切なんだと思う。

ということで先週末土曜日は、早速山梨県北部のお気に入りの渓へ出かけてきた。
4月上旬に訪れた際には未だ木々が葉をつけず、明るい中にも寒々とした感のあった渓は、新緑が芽吹いて本来の美しさを取り戻し、水辺に立つだけで清々しい気持ちになる。

20200523iwana1

そしてジンクリアな流れからは、この渓特有の白いイワナが毛鉤に出てきてくれる。
午前中は今一つの反応だったものの午後は活性が上がり、良型は出なかったけれど存分に楽しむことができた。

20200523iwana2

今回はイワナ狙いに終始したが、この水系は白い底砂が育む美白アマゴも魅力だ。
梅雨入り前に、ぜひまたアマゴに会いに行きたいと思っている。

| | Comments (8)

May 18, 2020

失せ物現る

前回の日記で、愛用の度付きサングラスを紛失したと書いたばかりだが、本日無事に家の中から出現した。
事の経緯は、5月1日に新しいパソコンを注文したことから始まる。
今度のパソコンは、例の10万円給付をあてにして、DELLのinspironというデスクトップにした。
これまではノートパソコンを、寝室のコタツテーブルに置いて使用していたが、今度はそうもいかないだろうと考えテレビボードの上に本体置くことにし、GW中にテレビ周辺の片づけを行った。その際に、度付きサングラスをケースごとテレビボードの飾り棚の奥に押し込んでしまったらしい。
そして新しいパソコンが届いた昨日からセッティングを行い、たまたま本日、棚の奥に手を突っ込んで発見した次第だ。
今回は、家中の心当たりの場所から車の中から、果ては釣りに行った渓にまで出かけて探すという大騒ぎをやらかし、見つからず大いにしょげていたのだが、見つかってみれば何のことはなかった。
物を無意識のうちにどこかに置き、置いたことを忘れてしまう。自分にはよくある事だと半ば諦めているが、本当に困ったものだ。
先週の日記をお読みいただいて、ご心配してくださった方もいらっしゃいましたが、お騒がせして大変申し訳ありませんでした(;'∀')

ところでこの週末は、土曜日が丸一日雨降りになってしまったものの、日曜日は幸いにも上がってくれた。
そして、コロナ対応で禁止されていた大井川河川敷グラウンドが使用が可能となったので、自粛していたシニアサッカーの練習が日曜日から再開される。雨の土曜日に買い物などの家事を概ね片付けておいたので、日曜日午前中はグラウンドへ出かけ、午後は片道1時間弱の馴染みの渓に出かけた。
釣りは一人でできるが、サッカーはそうはいかない。仲間たちも1か月以上この日を待ちわびていたようで、グラウンドではみんな笑顔だったが、鈍った身体に4クール約90分間のミニゲームはキツかった~。
くたびれた身体に鞭打って出かけた釣りのほうは、内容はあまりぱっとしなかったけれど、正味2時間ほどでちびあまご5尾をデジタル・キープできて、結果的にはまあ良い一日になったと思う。

20200517amago
さて、週が明けたけれど、本日も終日在宅勤務だった。
静岡県は先週緊急事態宣言が解除されたが、まだすぐに元の生活にというわけにはいかないだろう。
甲斐の国の美しい渓に出かけたいけれど、今月中はまだ県外に行くのは自粛モードだろうなぁ。

| | Comments (6)

May 11, 2020

不注意再び

楽しみにしていたGWも終わってしまった。
そして今回は、例年になく窮屈な日々を強いられた。
それでも、何度かは釣りに行けたので、まあ良かったかなと思っている。

GW半ばに入って、愛用している度付き偏光サングラスがケースごと見当たらない事に気が付いた。
しかし、まあ何処かにあるだろうとのんびりしていた。
そして5月9日、いざ釣りに出掛けようとして、改めて家の中やら車の中を探してみたが見つからず、もしかしたら1週間前に行ったイワナの小渓流に置いてきてしまったかと考えて、釣行先を決定した。
1時間半ちょっとのドライブで到着した、前回車を停めたスペースを探してみたものの、やっぱりメガネは見当たらない。
仕方なくその日は、日常生活用の遠近両用メガネにオーバーサングラスを装着して渓魚に挑んだのだけれど、渓歩きに遠近両用は足元が見え難くて使えないなぁということを再認識した。
結局今となっても、何処で紛失したのか全くわからないでいる。
思えば今年は初釣りでランディングネットを紛失した。
そして数週間前には、ラインカッターを失くした。
そして今回はメガネか・・・。
不注意というものは、どうしても無くすることはできない。それが人間というものだろう。

さてGW後半の釣りはといえば、5月5日は生まれ故郷の渓の、いつもは入らない支流を探検して、ちょうど2桁のちびあまごと出逢った。

20200505amago

そして9日は、メガネ探しの小渓流で、12尾のイワナと出逢った。

20200509iwana

ということで、釣果に関しては幸運が続いたGWだったなぁと思う。
メガネを失くしたのは不運ではなく、あくまで不注意と肝に銘じよう。

| | Comments (4)

May 04, 2020

我慢もほどほど

今年もいよいよゴールデンウィークを迎えることとなったけれど、新型コロナウィルスに関する政府の緊急事態宣言が1ヶ月延長される事態に至って、大型連休だとウキウキした気分にはとてもならない。
それどころか、せっかく五月晴れのお天気に恵まれても、「ステイホーム、家から出るな!」と政治家や識者のみなさんなどが様々な場面で発言していて、気分的には完全に滅入っている。
確かに1歩も家から出なければ、感染リスクは限りなくゼロなのかもしれないけれど、人口がそれほど密集していない地方に住む人間としては、しっかりとルールを守って安全を確保すれば、少しは太陽の下で釣竿を振っても問題はないのではないかと思う。
しかし、外出しなければならない場合でも、コンビニ等に立ち寄ってはいけないと主張している方々がいらっしゃる。
感染リスクを極小化するためには仰せのとおりかもしれないが、コンビニで働く人たちは自分の生活を守るために日夜頑張っているのだから、立ち寄って商品を買うというささやかな支援も、必要なのではないだろうか。
自分の考え方には甘い所も多々あるのかもしれないが、出来るだけの準備を整えて美しい渓流魚に会いに行くのは、お許しいただきたいと思っている。

そんな先週水曜日は、ちょうど1ヶ月ばかり前に釣り逃した良型に再挑戦しに、家から1時間弱の渓に独り出掛けた。
釣りをする時間が短かったこともあって、釣果はアマゴ3尾で幻の良型にも会えなかったが、初めての区間も歩いて得るものがあった良い一日となった。

20200429amago

そして、在宅勤務・出勤を経て迎えた土曜日は、朝起きてからフライを5本巻いて補充し、ダムに注ぐ細い沢目指して独り出掛けたが、陽射しが暑いほどの晴天の下、正味4時間でイワナ18尾、アマゴ1尾という釣果に恵まれ、言う事無しの一日だった。

20200502amagoiwana
20200502iwana

さて、ゴールデンウィークも後半になる。
家の中の整理整頓など、出来る事、そしてやるべき事を片づけたら、我慢はほどほどにして、また少しだけ水辺に立ちたいと思っている。

| | Comments (6)

« April 2020 | Main | June 2020 »