« December 2019 | Main | February 2020 »

January 27, 2020

ライズがあっても激ムズ

大寒を過ぎても、静岡市周辺は暖かい日が続いている。
先週末金曜日などは、日中に車で走っていたら、外気温計が18℃を示していて、実際に外を歩くと上着が邪魔なくらいだった。
そんな中、土曜日は曇りがちで気温も上がらないとの天気予報だったけれど、釣り兄貴goo∼さんのお誘いもあって、このごろライズも出ているとの情報の入った潤井川へ、3週間ぶりで出掛けてみた。
現地に着いてから暫くライズ探しでエリアを歩いてみたが、午前中は魚影は見えても底にべったりで上は向かず。
昼食に、予てから入ってみたかった「そば工舎 つくしんぼう」さんで、歯ごたえのしっかりした二八蕎麦を美味しくいただいた後の午後の部は、お気に入りのポイントで散漫なライズを発見し、長々とチャレンジしてみたけれど、ただ1回、17番のパラシュートにガバっと出てくれたものの、数分間のファイトでするりと鉤が外れてしまった。ヒットの瞬間、アワセが早すぎた~と悔やんだが、掛かりが浅かったのかもしれない。
以降は、時折ライズはあるものの拙い毛鉤は見向きもされず、午後3時半を過ぎたところで集中力もなくなった。


20200125uruigawa

ということで、今回も魚の写真は撮れず、日記のネタはgoo∼さんの雄姿と昼食だけ。来週の釣りはどうしたものだろうか。負けっぱなしというのも悔しいけれど・・・。
goo∼さん、オッチャンAnglerさん、大変お疲れ様でした。冬季シーズンも終盤となりましたが、またよろしくお願いいたします。

【追記】
本日はせっかく有給休暇をいただいたが、曇りのち雨の天気予報に外に出る気にもならず、ずっとサボっていたロッドとランディングネットの手入れをぼちぼちとやってみた。

Xga2020012705-640x480

特にランディングネットは、しっかりと洗ってからオイルを施してみたが、いくら洗っても、猫には魚の匂いがわかるようだ。
ところで、毛鉤はいつになったら巻く気になるのだろうか・・・(^-^;

| | Comments (12)

January 20, 2020

Amazonにハマる

大寒を前にした先週末土曜日は、目を覚ますと冷たい雨が降っていた。
午前中にちょっとした野暮用もあって、こんな日は家で大人しくしていた方が良いかなとも思っていたが、用事が済んだらやっぱり水辺に立ちたくなり、小雨のぱらつく中、久しぶりに「アルクスポンド」に行ってみた。
2時間の料金1900円を支払って午後1時にスタート。前半はドライで、後半はニンフの引っ張りで攻めてみたが、小雨の影響か水面への反応は渋かった。
それでも十分に虹鱒とのファイトを楽しみ、小振りで姿の美しい3尾の尊い命を頂戴して、夕食にムニエルで賞味した。

20200119arukuspond

自分が釣る傍らで、雨に濡れながらもじっとおこぼれを待つ1匹の猫がいじらしかった。

翌日曜日は、9時過ぎに家を出てKAMEYA釣具掛川店で小さめのラバーネットを購入し、花桃の里で早お昼を食べてから、天竜川秋葉ダム下に到着。穏やかで暖かな釣り日和に恵まれ、ユスリカが大量に舞う水辺を3時間ほどうろついてみたものの、自分の毛鉤には全く反応がなく、気合も入らない。釣り人の後方に控えて、虎(猫?)視眈々と魚を狙っている猫たちの写真を撮ったら、何だか少し悲しくも複雑な気持ちになってしまい、新調したネットの出番も無いまま午後3時に早仕舞い。帰る途中の森町の菓子司中島屋さんで、予てから食べたかった「あんぱん饅頭」をゲットして、ミッションコンプリートとした。

20200120tenryu

来週の釣りは、できれば猫の居ない所で、心穏やかに過ごしてみたいと考えている。

さて、ようやく本題のAmazonの話題に入ろう。
昨年末から、AmazonのFireHDというタブレットを、女房殿用と自分用に2台立て続けに購入し、「Showモード」という機能を使い始めた。ご存じの方も多いと思うが、「アレクサ!」と呼びかけると色々と返事をしてくれるアレだ。
そして、Showモードに特化した「Echo Show 5」という端末が、先週末に2台セットで1台分の9980円というセールだったので、女房殿の実家にも1台置こうと考えてポチっとした。
土曜日の早朝に注文したら、日曜日の午後には品物が届き、釣から帰って即セットアップ。早速に音楽や映画をかけてみたり、天気予報を聞いたりして色々と楽しんでいる。

Amazon-echo-show5

ちなみに、職場の女性から勧められたコミックス「おじさまと猫」の最新刊が出たので、既刊と合わせて4冊をAmazonでまとめ買い。送料無料ですぐに届くのは、本当にありがたい。
昨年末にプライム会員となったので、これからますますアマゾンの底なし沼にハマっていきそうだ。

| | Comments (6)

January 13, 2020

ちょこっと近場で

正月休み明けから5日間働いて、また3連休がやってきた。
その初日の土曜日は、何処かに釣りに行こうとは考えていたものの、虹鱒用のネットを失っていまいち気が抜けていた。
そんなところに、釣り兄貴カズさんも土曜日に出釣予定とわかったので、連絡させていただき一緒に近場の原野谷川を訪ねることとなった。
少し遅めの9時に家を出て、現地到着は午前10時。川沿いの駐車スペースから水面を眺めると、ライズリングが見える。しかし、このライズはなかなか釣れないんだよなぁと思いながら水辺に降りて、少し下手の方から16番のパラシュートフライをキャストしていく。
すると、流れが狭まったポイントで魚の反応があり、間を置いて再度フライを流してみると、小型の虹鱒がしっかりと咥えてくれた。

20200111haranoya

まだ始めたばかりだったが、この1尾でもう気が済んでしまい、その後しばらくはカズさんの釣りを見学させていただきながら遡行する。
この日の渓は、陽光が差し込めばポカポカと暖かく風も穏やかな釣り日和に恵まれたのだけれど、残念ながら魚達の活性はもうひとつ上がらず、時折流れの中に姿が見えても、ドライはもちろんニンフにもなかなか反応してくれない。
結局、終盤に1尾目と同じくらいの虹鱒をドライでヒットするもののバラシて、午後2時半には早々に竿を収めることとなったが、まあまあ楽しい一日を過ごすことができた。このウインターシーズンは、潤井と天竜に絞って出釣する予定だったけれど、暖かくて穏やかな土曜日があったら、またここに来てしまうかもしれないな。道中の川沿いで満開だった蠟梅の、甘酸っぱい香りが印象的だった。
カズさん、こういう釣りも悪くないものですね。またタイミングが合いましたら、よろしくお願いいたします。


追記:藤枝順心高等学校女子サッカー部、静岡学園高等学校男子サッカー部、全国大会での優勝おめでとうございます。草サッカーを嗜む静岡県民として、2校の大健闘を心から誇らしく思います。

| | Comments (10)

January 06, 2020

初釣りで大失態

ココログちびあまごをご訪問のみなさま、あけましておめでとうございます。
今年もせっせと水辺へ通い、拙い日記を綴っていきたいと思いますので、お暇ができましたらお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
 
さて、今年の初釣りは釣り兄貴カズさんとgoo∼さんにご一緒いただいて、昨年の釣り納め無魚のリベンジとばかりに、潤井川冬季特別区へ出かけてみた。
道中で富士山の雄姿を仰ぎ、1年の豊かな釣果と安全を祈る。

Mtfuji

午前8時半にエリアへ到着。早速最上流部から魚影を探してみると、沢山ではないが定位している鱒の姿が所々にある。しかし、スタートしてみると、やはり簡単ではなかった。それでも、早々にファンシーニンフで良型をヒットしたが、暫しのファイトの途中でするりと鉤が外れる。これで釣り納めからの4連続バラシだ。
気を取り直してポイントを移動し、富士山の溶岩で形成されたと思われるプールで再びヒット。これはバラシてはなるまいと、慎重にファイトしたために、相当の時間を掛けて50mほども下った橋の下で何とかランディングすることができた。初釣りでの初物に、何はともあれホッとする。ファイトに時間を掛けてしまったので、写真撮影後の魚の体力回復にも時を要したが、無事に流れに戻っていく虹鱒の姿に感謝した。

20200104urui

その後、昼食のために一旦車を停めた土手まで戻ったところで、背中にあるはずのランディングネットが無いことに気が付く。失くしたのは写真撮影の時だと気付いたので、その場所まで引き返したがネットはない。どうやら、魚の体力回復に気を取られている時に、流れ下ってしまったようで、新年早々の大失態に思いっきり凹んだ。
ここで正午を過ぎたので、一旦カズさん・goo∼さんと合流。そして、海の釣りから転戦されたオッチャンAnglerさんとも合流して、4人で近くの台湾料理屋さんで昼食を摂った。

Xga2020010419-448x336

リーズナブルなお値段で満腹となったランチタイムの後は、失くしたネットを探してエリア最下流部まで歩いてみたが、水量豊富で広い流れの中から見つけることは到底できない。このネットは、ずっと以前に友人からプレゼントされた貴重なものだったが、ここで諦めることを自分に言い聞かせた。
大型の魚をターゲットとする釣りで、ランディングネットが失われたことは厳しく、その後は何となく気合が入らないまま時間が過ぎていくことを受け入れるしかなかった。それでも、終了間際にラッキーな2尾目を追加して、初釣りとしては結果が出せたことを嬉しく思う。
今年一年、この失態を肝に銘じながら、水辺に立つこととしよう。
カズさん、goo∼さん、オッチャンAnglerさん、大変お疲れ様でした。思わずお騒がせしてしまいましたが、本年もまたあちこちと、ご一緒いただければ幸いに思います。

| | Comments (12)

« December 2019 | Main | February 2020 »