« 遠路はるばる、ようこそ富士山麓へ | Main | 色々と変わった2019年 »

December 23, 2019

デジカメ持っていっても・・

冬至前日となった先週末土曜日は、午前中に家人の送り迎えがあったので、釣り場への出発は10時を過ぎてしまった。
目指したのは天竜川L&Fエリア。途中で早目の昼食を摂るため、新東名遠州森町PAに立ち寄る。
とりあえず昼飯の写真でも撮ろうかとデジカメを取り出して電源ボタンを押すが・・・、あれ?動かない??
なんと、充電していたバッテリーを装着し忘れたのだ。実は2週間前の潤井川でも、SDカードを入れ忘れていてgoo∼さんに予備をお借りしたばかりで、またやっちまったかぁと自分に呆れる。しかたなく、この日はスマホカメラで済ますことに。それにしても不注意というか、これも老化ということなんだろうか(^-^;

20191221katudon

さて、ダム下の駐車場に到着すると、無糖さんとお仲間の皆さんが輪になってちょうど昼食中。一声かけさせていただくと「今日はひとつ釣れるかどうかですよ」とのこと。気温は13℃ほどだけれど風がなく穏やかな釣り日和だと思ったが、どうやら厳しい釣りになりそうだ。
水辺では、結構な量の水棲昆虫のハッチが見られるが、ライズはない。とりあえずドライフライでエリアをぐるりと一周探ってみたが、反応はなかった。

Xga2019122103-448x336

そこで一旦駐車場に上がり、以前見かけた野良猫を探しながら下流方面に歩いていくと、居た居た!スマホなので寄った写真は撮れなかったが、なんとか数ショットをいただく。それにしても、黒猫の眼力(メヂカラ)の鋭いことには恐れ入った。
移動先ではSammyさんと合流。やはり厳しい釣りを強いられているとのこと。実績のあるポイントで沈めフライに替え、小一時間粘ったものの異常なし。午後3時近くなったところで、再び上流のダム下に向けて探り歩きして行き、ルアーのリトリーブをイメージしながらフライを引っ張ってみると、濁りの強い水中で白銀が閃き、3番ロッドがバットから曲がった。

20191221cat

それから何分ファイトしただろうか。バレてくれるなよと念じながら、なんとか浅場まで誘導してランディングしたレインボウは、厳つい顔をした50cmほどの良型だった。
結局この日の釣果は、この1尾のみ。でも、自分にとっては値千金の1尾だったと思う。聞けば、このエリアは毎朝鵜が大挙して押し寄せてきているらしい。そのせいで、漁協さんがせっかく放流してくれても、なかなか良い釣りになってこないようだ。
鵜の飛来は、如何ともし難いか・・・。
無糖さん、Sammyさん、大変お疲れ様でした。またお会いできましたら、よろしくお願い痛し鱒(^-^;


Img_0231-640x480 【追記】前の土曜日に富士宮のお肉屋さんで買ってきたカナダ産の霜降り馬刺しと、日曜日に女房殿が入手したオオスズメバチを、日曜日の夕食で味わった。霜降り馬刺しは言うまでも無く最高!一方オオスズメバチは、幼虫の方はお餅みたいでまあまあ、成虫のから揚げは、エビの殻を食べてるような味わいでいまいちだった。昆虫食は微妙過ぎるなぁ(´▽`*)

|

« 遠路はるばる、ようこそ富士山麓へ | Main | 色々と変わった2019年 »

Comments

お疲れ様でした。
アタリが本当に少なくて厳しい中の1匹は、とてもうらやましいです。
私は1回のチャンスを物にできず、ボウズで終わりましたTT

年明けの1月10日から2月末まで毎週放流を実施する予定となったので、少しだけ期待して天竜川に通おうと思います^^;

Posted by: sammy | December 23, 2019 07:46 PM

Sammyさん、コメントありがとうございます。
お天気や水棲昆虫のハッチなど、良い条件に恵まれたかなと思ったのですが、魚達のご機嫌は最悪でしたねぇ。
自分が釣った1尾は、本当に幸運だったんだなぁと思いました。
年明けの放流は朗報ですね!
JーPOWERさんの計らいに感謝したいです。

Posted by: よねさん@鱒美 | December 23, 2019 09:51 PM

ど~もです!
激シブの中でキャッチはお見事です!
私はココへ通う様になって初めてのボーズ。
朝一、中島のプールと瀬を鵜の大群が
釣り人から見てポイントと思う所にダイブ。
鵜も魚の居る所を分かってるんですね。
長野辺りでの蜂の子と比べると
オオスズメバチってデカイですね。
ニアミスでしたが次回お会いしたら
宜しくお願いします。

Posted by: KEN2 | December 24, 2019 03:11 AM

KEN2さん、コメントありがとうございます。
この日は、みなさん本当に苦戦されたようでしたね。
そんな中での1尾は、偶然釣れちゃったようにも思えますが、素直に喜ぶべき釣果だったんですね。
まさか早朝に、そんな状況があったとは思いもよりませんでした。
鵜の来襲は、受け入れるしかないんでしょうかねぇ。
ところで、このオオスズメバチにはびっくりしましたし、これを買ってきた女房殿の勇気にも恐れ入りましたよ。
口に入れるのも恐る恐るでしたが、まあ何事も経験だなぁと思った次第です。

Posted by: よねさん@鱒美 | December 24, 2019 09:23 PM

まいど〜!
いい顔をしたレインボーですね!
このサイズを掛けたらおもしろいでしょうね。
それにしても鵜にはどこも困っているようですね。高い遊漁料払って鵜にエサをやってるみたいなものですよね。(T . T)

Posted by: オッチャンAngler | December 25, 2019 11:28 AM

先日はお久しぶりでお会いできましたね。
今シーズンの天竜は濁りが酷く、秋葉第2からの放水もあって釣りの環境としてはよろしくありません。朝一で出かけたことはないのでカワウの襲来を目撃していませんが、ひどいみたいですね。ニジマスもそんなに攻められると警戒感が強くなって毛バリに反応してくれないのも分かります。そんな激渋の中で釣る人はたいしたもんです。来年は放流が多いみたいで少しは期待できそうですが、そうは甘くないかもですね。また来られるときは連絡ください。

Posted by: 無糖 | December 25, 2019 06:08 PM

オッチャンAnglerさん、コメントありがとうございます。
この日唯一のレインボウは、鼻が突き出たような厳つい面構えをしていました。
ヒットしてからは、この顔のおかげでハラハラのファイトでしたが、何とか取り込めて安堵しましたよ。
それにしても鵜は困ったものです。ヤツらも生きるために一生懸命なんでしょうけど、憎たらしい存在ですよねぇ。

Posted by: よねさん@鱒美 | December 26, 2019 08:42 PM

無糖さん、先日はお会い出来て本当に良かったです。
到着早々、ランチタイムにお邪魔しましたが、「ひとつ釣れれば良い方でしょう」はショックでした。
漁協さんはそれなりに努力していて、J-POWERさんの放流もあるようなので、年明けからは期待度がアップするかもしれませんね。
でも、あの水質と鵜の襲来が収まらなければ、良い釣りは望めないかもしれませんねぇ。
冬季は天竜と潤井との交互出撃になると思います。また天竜を目指す際には、連絡させていただきます(^^)/

Posted by: よねさん@鱒美 | December 26, 2019 08:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 遠路はるばる、ようこそ富士山麓へ | Main | 色々と変わった2019年 »