« May 2019 | Main | July 2019 »

June 24, 2019

タイイング・トレーをいただいた♪

5月末に、カズさん&goo~さんの釣り兄貴お二人と夜の作戦会議を開催して、いろいろと出撃計画を練ったのだけれど、その後梅雨入りしたこともあってなかなか良い釣りが出来ず、先週金曜日は計画練り直しのために再度作戦会議の招集となった。
今回の会場は、焼津市の居酒屋「馬鹿馬(ばかうま)」。人気店なので、予約をしないと座れないらしい。
出てくる料理は、港町焼津らしく海の物が大変美味しかったが、印象に残ったのは「もつ煮込み」だ。前回の「縁(えにし)」さんの牛スジ煮込みとは全く違った素材と味付で、これもまた素晴らしい逸品だった。
そして、この晩の一番のサプライズは、goo∼さんがおいらのためにタイイング・トレーを自作して持ってきてくれたこと。考えてもいなかったプレゼントに、びっくり&恐縮してしまった。

Img_0180-448x336

もちろん、これからのフライタイイングに、しっかりと使わせていただこうと思っている。

さて、翌日の土曜日は、goo∼さんと二人で相談の結果、隣県北部の小渓流を訪ねることと相成った。
最初に、以前から気になっていた支流の方へ入ってみたが、そこは頭上を樹木が覆って釣り難く、出てくる魚も超ちびあまごちゃんばかり。1時間ほどで見切りをつけて本流の上流部に移動するが、増水した流れから毛鉤をつつきに来るのは、やはりちびちゃんが多かった。

20190622tani

それでも、じっくりとポイントを攻めていけば、時折6寸前後のあまご達が顔を出してくれた。
この渓のあまごは、川底の砂の色を反映して、どの個体も色白で美しい。その魚体を眺めてカメラに収めるだけで嬉しくなってくる。その上、終わってみれば今シーズンで一番数が出た一日となった。

20190622amago

良型あまごには肩透かしを喰らわされたものの、出かけてみて本当に良かったと思う。
しかしながら、今回はイワナと出逢うことが叶わず、終了時に後ろ髪を引かれる思いが残った。
なので次回は、この渓の特徴的な白いイワナを、是非ともカメラに収めたいと考えている。

2019062232-1024x767-448x336

| | Comments (8)

June 17, 2019

不快指数120%

6月も半ばに入った先週末土曜日は、静岡県も山梨県も愛知県も長野県も、もう北海道と沖縄以外は全て雨の天気予報だったので、どうにでもなれという捨て鉢な気分で独り富士山麓に向かった。
現地到着&釣り開始は午前10時。まだ本格的な降りにはなっておらず、春先に全く無反応だったお気に入りの支流上流部で、漁協さんの頑張りのおかげかお昼までにちびあまご4尾をキャッチ&デジタルキープできたので、もう帰ってもいいかなとも思ったが、もうちょっと~という釣り欲が顔を出し、後半は更に狭く暗い枝沢に潜り込んでみた。

20190615tani

すると、雨はいよいよ本降りとなってきたものの、あまご達は元気に毛鉤に飛び出てくれて、1時間半ほどで9尾をカメラのメモリに追加できた。

20190615amago

この日は、使い古したパタゴニアのレインウエアを着込んでいたが、当初は素晴らしかった撥水性と浸透性が経年劣化でほとんど失われ、上半身の特に両腕はびしょ濡れ。また、ヒップウエーダーを使ったので、お尻の辺りも下着のパンツまでぐっしょりになってしまい、不快指数は100%超え。薄暗い渓で我慢の限界が来た午後2時には終了とした。

しかし、考えてみれば、チェストハイのウエーダーを履いてちゃんとしたレインウエアを着ていれば、これほど不快な思いはしなかっただろう。まさに、自業自得の一日だった。
まあ、雨に濡れる渓の苔に癒されながらも2桁釣果が得られたのだから、ツキはあったのかもしれないなぁと思うところだ。

さて、本日は所用があって1日休暇をいただいた。しかし、午前11時まではフリーだったので、いそいそと生まれ故郷の小渓流に出かける。
釣りを開始した7時半の現地気温は15℃と、肌寒いくらいの爽やかさ。空は晴れて流れは澄んでいるものの若干の増水気味という好コンディション。そして、あまごはあちこちのポイントから反応してくれた。

Xga2019061723-448x336
中には、大きくはないものの色白でうっとりするほど美しいあまごも混じって、僅か2時間弱ではあったけれど、一昨日とは真逆の愉快指数120%の釣りを楽しむことができた。
めでたしめでたし(*'▽')

 

| | Comments (10)

June 10, 2019

怖いけれど確かめたかったこと

前回は、地元大井川の大好きな支流の、壊滅的な状況を目にして暗澹たる気持ちになったけれど、怖いもの見たさと言うか、やはりお気に入りの渓の様子は確かめておきたい。
そんな思いを持って、この週末土曜日は隣県の人気河川の支流へ独り出掛けた。
実はこの渓へは、今シーズン4月に2回訪れているのだけれど、当時は気温が低かったせいか魚の反応が極めて薄く、一番期待の出来る上流部へは入っていなかった。
今回は、この渓の上流部の支流と「岩魚の細道」と自分が呼んでいる細流が、どうなっているか確かめることが目的だ。

まずは「岩魚の細道」に辿り着く。

Xga2019060838-448x336

そこからまた暫く進んで支流部に到着。

Xga2019060850-448x336

どちらもポイントは土砂に埋もれて、魚の気配は感じられない。
しかし、所々に懐かしい光景が残っていてホッとする。
この日は前日の雨で増水気味ではあったが、肝心なポイントが浅いので、やっぱり魚は釣れない。
それでも何とかこの区間で2尾、この渓らしい特徴のイワナが釣れた。

Xga2019060842-448x336

こうして、確かめたかった流れは心配したとおり厳しい状態になってはいたが、まとまった雨が降れば土砂が流れてポイントが回復しそうな感じもする。
全体的に魚は格段に少なくなった感はあるが、とあるポイントでは29.5cmという良型イワナも釣れたので、1~2年では無理だとしても、数年後に魚が戻っていることを期待したいものだ。

Xga2019060828-448x336
夏休みになったら、もう一度確認に行こうかなぁ。
Xga2019060845-448x336

| | Comments (10)

June 03, 2019

壊滅

先週末金曜日は、カズさんとgoo∼さんの釣り兄貴お二人をお誘いして、夜の作戦会議(いわゆる飲み会)を開催した。
会場はJR六合駅近くの居酒屋「縁(えにし)」、日本酒の種類が豊富で牛すじ煮込みが美味しいお店だ。
旨い酒と料理を堪能しながら手持ちの情報を交換して、大変楽しく過ごさせていただいた。

翌朝、ステップワゴンに自転車を積み込んでカズさんのお宅までお迎えに参上し、二人で大井川のダム上支流を目指した。
10時前に入渓点に辿り着くと、空は晴れて空気は爽やか、渓には澄んだ水が流れている。
そして、スタート直後の瀬が続く区間で、早々に8寸弱のアマゴが釣れた。これは好い釣りが出来そうだと期待が高まったのだが、その先の本格的な渓相が始まる辺りから次々と目に飛び込んできたのは、昨年秋の台風で凄まじいばかりに破壊し尽くされた渓の様相だった。

Hikaku

数々のドラマを演じてくれた低い滑滝が造る大渕が、大量の土砂に埋もれて単なる早瀬になっている。登山道の吊り橋は、倒れかけた枠だけが無残に残るのみ。良型が潜んでいた岩盤沿いの深みも全て無くなり、一番の大物ポイントだった大滝壺も3分の1くらいに埋まって、魚などとても居着けないような状態になってしまっていた。

Xga2019060129-448x336
 
Xga2019060126-448x336

まさに目を覆いたくなるような光景が続き、当然のように魚の反応もほとんど無く、午後になって上流から下って来たフライフィッシャーの「この先は全く反応が無かった」との言葉で、完全に気持ちが折れた。
この間、何とか3尾のイワナが釣れてくれはしたものの、魚影が復活するまでには相当の時間が掛かるだろうし、この渓が以前のような美しい姿を取り戻すことは有り得ないだろうと思うと、なんともやるせない。

Xga2019060130-448x336

入渓点まで戻った所でまだ時間が早かったので、広大な荒野のようになっている本流を少し遡って、小振りのアマゴを3尾追加し、午後4時に終了としたが、大切なものを失った悲しい気持ちを引きずったまま、帰り道に就くこととなった。

カズさん、一日お付き合いいただき、大変ありがとうございました。大井川があのような状況であれば、これから先どこの川に期待をかけるか、困ってしまいますね。

| | Comments (12)

« May 2019 | Main | July 2019 »