« February 2019 | Main | April 2019 »

March 25, 2019

霙降る渓で

【記念品】
3月も後半に入って、定年退職日がいよいよ目前に迫って来た。
そんな中、先週労働組合が催してくれた送別会で、嬉しい記念品をいただいた。
Xga2019031805-448x336

それは孟宗竹を素材としたブランデーグラスで、軽くて肌触りが優しい。名前も入れていただき、女房殿も喜んでくれた。
労働組合とは長年にわたって応対する立場で仕事をしてきたが、最後に暖かなご厚意を頂戴し心から感謝する次第だ。

そして、週末土曜日は先輩goo∼さんにお声を掛けていただき、山梨方面の渓へご一緒いただくことになった。
朝7時半にお迎えに行くと、「定年退職の記念です」とランディングネットを渡される。
Xga2019032349-448x336
7寸クラスの魚にぴったりの可愛いサイズだが、とても丁寧な作りで木の温もりを感じる逸品だ。
ちびあまごにはとても似合いそうなので、シチュエーションを選びつつ大切に使わせていただきたいと思う。

 

【霙降る渓で】
ところで3月10日に、中部横断自動車道の新清水JCTから富沢ICまで19kmの区間が開通した。
20190323_1

この日はその新区間を快適に走って山梨県に入り、富沢ICから遠くないアマゴとイワナが混棲する渓の入口に、午前9時を過ぎた頃に到着。
あいにく空は曇って気温は6℃しかない。防寒も兼ねてレインウエアを着込み、暫く歩いて水辺に降り立つと、ぽつりぽつりと細かい雨が落ち始める。そして午後になると、雨は冷たい霙に変わった。

 

20190323amago_1

 

そんな寒くて厳しい条件の下でも、アマゴ達は拙フライに反応してくれ、いただいたランディングネットの入魂も無事果たすことができたことは幸運だったと思う。
しかし、期待していたイワナとの出逢いを果たすことができなかったし、魚達もまだサビが残るコンディションだったので、もう少し季節が進んだら、またこの渓を訪ねてみたいとウズウズしている (^^;;;

Xga2019032333-448x336
goo∼さん、改めまして新作gooネットありがとうございました。また、お気に入りの渓へご案内いただき、重ねてありがとうございました。
お仕事の方が佳境に入ります前に、また是非渓にご一緒いただければと思います。

| | Comments (12)

March 18, 2019

サビあまご

渓流解禁から2週は地元大井川の支流を巡ったので、この週末土曜日は富士山麓へ出掛けてみた。
「タケノコ王」風岡さんのお店隣のコンビニで年券を買い、9時半頃に最上流部に到着。空は薄曇りで気温9℃と、ちょっぴり寒い。流れる水も冷たく、虫は飛んでいるものの反応は薄く、午前中の釣果はちび虹鱒3尾と小指サイズの赤ちゃんアマゴ1尾と渋かった

午後は少し標高を下げて、中流域の実績のある支流に入ってみたものの、1時間ほどやっても1度の反応もなく、さらに下流の枝沢に潜り込む。

Xga2019031645_448x336

すると、岩に挟まれた小さなスポットで、真っ黒な魚が毛鉤に出た。
抜き上げるようにしてランディングしてみると、それはまだサビの残るアマゴだった。

20190316nijiamago_2

それからは、ぽつりぽつりと小型のアマゴを追加するが、どの個体もサビが残って黒っぽい姿をしている。結局午後はアマゴ7尾で満足の釣果となった。
さて、そろそろ山岳方面に行ってみたいが、まだ時期尚早だろうか・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 11, 2019

お別れは悲しいけれど

3月5日に、母の弟である叔父が80年の生涯を閉じた。
自分が子供の頃、本当にお世話になった叔父であったので、土曜日に営まれた家族葬に参列するために、神奈川県秦野市まで出掛けてきた。
何年かぶりにお会いしたお姿は、厳しい闘病生活で痩せ細ってしまい、昔の筋骨逞しく格好良かった叔父ではなくなっていたが、最後の時まで一家の主として家族を支えていたのだと思う。
人間には寿命というものがあるので仕方ないけれども、やっぱり別れは寂しく辛い。天に召されても、残された家族親族をいつまでも見守っていただければと思う

そんな事があったので、日曜日は朝から大忙し

まずは3ヶ月ぶりに床屋さんへ行って頭をさっぱりとしていただき、その足でサッカー練習に参加。家に帰ってお昼を食べ後で、どうしてもアマゴに逢いたくなったので、大井川を車で小一時間遡った。
午後からは雨の天気予報だったが、降り出す前の2時頃に入渓して、バタバタの釣りながら本降りになる前に何とか4尾のアマゴをキャッチ&デジタルキープ。

20190310amago_3

2時間ほど釣って林道へ上がる頃には雨粒も大きくなったけれど、今週もアマゴに逢えて本当に良かったなぁと思いつつ、渓を後にした。

Xga2019031021_448x336

Xga2019031022_448x336

・・・来週は、もう少しゆっくりと渓で過ごしたいなぁ

| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 04, 2019

暖かさのおかげで

3月1日に、静岡県下の渓流もめでたく一斉解禁となった
2日の土曜日は先輩goo∼さんにお声を掛けていただいたので、何処に行こうかあれこれ迷い、相談の結果このところの暖かさに期待して、標高500m超えのプチ山岳渓流へ出掛けてみた。
お目当ての林道に到着すると、幸いにも先行車両は無く、30分ほど歩いて流れに降り立つと、良く晴れて明るい渓には水棲昆虫の舞う姿が見える。気温も寒さを感じるほどではない。

Xga2019030201_448x336

これならば魚の顔も拝めそうだとゆっくり釣り上がって行くと、ぽつぽつと反応があり、最初にランディング出来たのは20cmほどのイワナだ!
もしかしたら釣れるかもという期待はあったけれど、解禁の初物がイワナというのは、長い釣り人生で記憶がない
そしてお次は、やや小ぶりだが野性の逞しさを感じさせてくれるようなアマゴ。まだ少しサビが残っていて、渓の厳しさが感じられる。

20190302iwanaamago

Xga2019030245_448x336

それからは、アマゴとイワナが交互に毛鉤に反応する、愉しいひと時となった。そしてそろそろ終了かという時には、二人でイワナをダブルヒットし、goo∼さんの新作ネットとともに記念撮影して、良い思い出を作ることができた。
数の方は一桁止まりだったけれど、解禁直後でこの釣果ならば大満足。もう少し暖かくなったら、また是非来てみましょう!と意見が一致して、午後4時過ぎに渓を後にした。

                  

一夜明けた翌日曜日は、朝から生憎の雨降り。しかし午後になってフリーな時間が取れたので、先日オークションで入手したハーディーのグラス・アレンを試したくて、家から1時間弱の馴染みの渓に出掛けてみた。
小雨がしとしとと降る薄暗い小渓流で、2時間半ほど5フィート2番というショートロッドを振ってみたが、ちびちゃん主体ながら、なんとアマゴの2桁釣果を得ることができた

20190303amago

ショートロッドというものは、キャストは出来てもライン・メンディングや掛けてからのファイトはどうしても難しい。しかし、このアルンではストレスも少なく良い結果が出せたので、衝動買いしても良かったなぁと思えた
次回の出陣では、是非ともイワナのファイトを味わってみたいものだ。

Xga2019030352_448x336


| | Comments (10) | TrackBack (0)

« February 2019 | Main | April 2019 »