« 季節は花梅から寒桜へ | Main | 野良猫哀歌 »

February 04, 2019

二人のOさんと虹鱒

2月に入って最初の土曜日は、なんとも暖かく穏やかな日に恵まれた。
しかし、職場の研修仲間との同期会で熱海に1泊の計画だったので、釣りは諦めモードでいたのだけれど、翌日の事を考えて車にはちゃっかりと釣り道具一式を積み込み、集まりに参加したsweat01

はしゃぎ過ぎbottle飲み過ぎsweat01sweat01で目覚めは重たかったけれど、節分を迎えた日曜日は午前10時に解散となったので、一路富士宮へ向かう。
正午ちょっと前に潤井川に到着したので、以前から気になっていた「さのめん」さんで、名物富士宮焼きそばの昼食を摂ることにした。

0190203sanomen

焼きそば400円+豚・イカ・目玉焼きトッピングにインスタント味噌汁を付けて700円。富士宮焼きそば特有の麺の強い噛み応えを堪能してお腹一杯だdelicious
製麺所の見学廊下で製造工程(この日は動いていなかったけれど)を見ながら食べるというシチュエーションも楽しくて、また行ってみたいお店になったnotes

さて、昼食後にいつもの車止めで釣り支度を整えていると、ちょうど川辺から上がって来た方と何となく立ち話になったのだが、聞いてみれば先輩goo∼さんのお友達のOさんとのこと。偶然にもお知り合いになれたのは拙ブログにステップワゴンの事を書いていたおかげのようで、釣果以前に今日は来て良かったなぁと思えた。
しかし、釣りの方は相変わらずの渋々で、全く反応がないままあっという間にwatch3時を過ぎて、ラストチャンスを下流部に賭けてみようと車に戻ると、そこにはブログリンクいただいている「オッチャンAnglerさん」がステップワゴンを見つけて、おいらを探して下さっていた。

昨シーズンにお知り合いになったオッチャンAnglerさんとは、今シーズンなかなかタイミングが合わなかったけれど、シーズン終盤を迎えた中でお会いでき、お話ができたのは本当にラッキーだったと思う happy01

そして、移動した先で流れに定位する虹鱒の姿を確認!早速あれやこれやとフライを取り換えて魚の鼻先を流すものの、賢い鱒達は反応するどころか毛鉤を避けている。
辺りに午後4時を知らせるチャイムが鳴り響き、これは6連敗になったなぁと覚悟した時、頼りの市販フライcoldsweats01を、見えていた魚がぱっくりと喰ってくれた!
頼むからバレないでくれ~と祈りつつのファイトの後、何とか岸辺に寄せることが出来たのは、40cmオーバーの綺麗なホウライ系虹鱒だ。

20190203urui

このエリアに通う事4ヶ月目となって、ようやく出逢えた魚に感激も一入。
楽しかった熱海一泊旅行の後で、更に幸運にも2人のOさんと綺麗な魚に出逢えたことに感謝して、家路につくことができた confident

|

« 季節は花梅から寒桜へ | Main | 野良猫哀歌 »

Comments

ちゃっかり釣り道具を積んで出かけるあたり、ほとんど病気ですね。
厳しい潤井川でラストチャンスをものにしたあたり、勝負強いです。
天竜川も濁りで厳しい状況ですが、1本だけヒットさせました。
渓流シーズンも始まったのでまたよろしくお願いします。

Posted by: 無糖 | February 04, 2019 at 09:32 PM

研修お疲れ様でした。でも、本番は翌日の出釣?ウ~~ン、よねさんらしい!

○かちゃんからLINEきたときは(??)渦巻いたけど、送られてきた写真の奥の方にステップ・ワゴンが写ってて納得でした。彼が休日出釣ってまずないことなので、それも?の一因。釣りは大苦戦だったようですよ。潤井、厳しいですね~。
でも最後の最後での美形鱒、正に執念の賜物の一匹ですね。おめでとうございます!東はもう後顧の憂いなく〆られそうだけど・・・よねさん、また行っちゃいそうですね。好釣を!

Posted by: goo~ | February 05, 2019 at 11:41 AM

無糖さん、コメントありがとうございます。
そうですね、正にびょ~き(^-^;という感じかもしれません。
でも、釣り道具を車に積んでおくのは、大した手間ではありませんからねwink
今シーズンの潤井川は、本当に苦戦しましたが、終盤に迫って、しかも一日のラストで虹鱒をキャッチできたのは、強運と言ってもいいかもしれませんね。
でも、釣る人はちゃんと釣っていたので、やっぱり技術不足は否めないと思いました。
天竜も、工事やら放水やらで難しい条件のようですが、1尾でもキャッチできたのは流石だと思います。
愛知の渓は、早くも解禁ですね。またご一緒いただければ幸いに思いますconfident

Posted by: よねさん@鱒美 | February 05, 2019 at 09:31 PM

goo∼さん、コメントありがとうございます~note
研修と言っても、18年前の研修仲間の同期会ということで、た~んと呑んで喰って騒いだ週末でしたbottle
なので、日曜日はへとへとモードで潤井川に辿り着きましたが、Oさんから声を掛けていただいてgoo∼さんのお友達と分かった時は、ネットのつながりのありがたさを感じましたよ。
潤井川は本当に厳しかったです。唯一の釣果は、本当にツキだけだったと思っています。
冬季エリアのシーズンも最終盤となりましたので、残る週末に良い思いが出来ることを、願っているところですhappy01

Posted by: よねさん@鱒美 | February 05, 2019 at 09:38 PM

まいど〜!
久しぶりにお会いできて良かったです。
しかもあのあと、シブい中ニジマスを釣り上げたとは、
さすがですね〜!
暖かくなったら、ご友人と山梨にも釣りに来てください。
少しは案内が出来ると思いますよ。

Posted by: オッチャンAngler | February 06, 2019 at 09:30 AM

オッチャンAnglerさん、まいどコメントありがとうござい鱒~♪
日曜日は、おいらの車を見つけていただいた上、1年ぶりでお会いできたのは、とっても嬉しかったです。
年が明けてから、海も潤井も厳しい状況が続いていますね。それでも通えば、結果に恵まれることもあるかなと思いながら、また潤井に出かけてみました。
お会いしたところまでは、6連敗覚悟でしたが、最後に幸運がやってきました。
渓流解禁も、もうすぐですね。
山梨県北部の渓にも、また行ってみたいと考えてますので、タイミングが合いましたらよろしくお願いいたしますwink

Posted by: よねさん@鱒美 | February 06, 2019 at 08:50 PM

厳しい釣行続きの潤井川でのキャッチおめでとう御座います!
来月からは渓流解禁になりますが今期も都合が合ったら宜しくお願いします!

Posted by: KEN2 | February 09, 2019 at 12:27 PM

KEN2さん、ありがとうござい鱒~happy01
ほとんど無魚を覚悟していたところの1尾は、本当に嬉しかったです。しかも、結構綺麗な魚体でしたしね。
渓流解禁まで1ヶ月を切りました。
今年はどこから攻めようかなぁと、わくわくしながら考えていますcoldsweats01
また是非、渓にご一緒くださいね。

Posted by: よねさん@鱒美 | February 10, 2019 at 07:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/67661149

Listed below are links to weblogs that reference 二人のOさんと虹鱒:

« 季節は花梅から寒桜へ | Main | 野良猫哀歌 »