« January 2019 | Main | March 2019 »

February 25, 2019

2019初アマゴ

静岡県の渓流解禁を1週間前にして、週末土曜日は先輩カズさんにご一緒いただき、愛知県の有名河川へ出掛けてみた。

Xga2019022301_448x336

例年ならば水辺にまだ氷が残る季節なのに、今回はお天気に恵まれて気温も1ヶ月先のような暖かさになったので、水温こそまだまだ冷たいものの、アマゴ達はドライフライに元気よく反応してくれた

20190223amago

運良く初アマゴに出逢えて文句はないのだけれど、釣果を得られたのは昼食前のみ。午後の部は、時折カズさんのロッドが曲がるのを羨ましく思いながら、ひとりじたばたしていただけだった

今にして思えば、午前中の好調が災いして、午後は釣りたい気持ちが逸ってしまったのかもしれない。随分と前のめりになっていたなぁと、反省することしきり。カズさんのペースも乱してしまったかと思うと、お恥ずかしい限りだ。まだまだ修行が足りないなぁ

Xga2019022329_448x336

ところで、自分も60歳になって、そろそろ身辺の整理も図っていかなければならないところで、この頃は増えてしまった釣り道具もある程度処分しなければと考え始めた。
しかし・・・、お酒の勢いでまたついついポチっとやってしまった

Hardy_aln

先週火曜日に届いたのは、ハーディーのグラスロッド「ALN」。ショートロッド好きの心をくすぐる5フィート2番のグラスロッドだ。多少のキズは覚悟の入札だったが、梱包を解いてみれば、ロッドもケースも新品同様で大満足。どんなシチュエーションで入魂しようかと妄想に耽るのも、また楽しいものだ

| | Comments (12) | TrackBack (0)

February 18, 2019

紅葉ではなく・・・

2月も半ばに入ったが、静岡県下はありがたいことに暖かい日が続いている。
先週末土曜日も晴れて気温が上がったのだけれど、独り出かけた天竜川冬季エリアは終日強い風が吹いて、残念ながら釣り日和とはならなかった。

到着して目に入ったのは、駐車場の寒桜。前回は咲いている花が数える程だったのが、今回は三分咲きというところだろうか。近くの白梅は、ほぼ満開。そして、振り仰げば山は赤く色付いている。これはもちろん紅葉ではなく、植林された杉が一斉に花を咲かせているからだ
自分は15年来のスギ花粉症持ちなので、えらいこっちゃと思ったのだが、それほど症状が出ないのは不思議かつ助かる。

20190216nakajima

Xga2019021606_448x336

川辺を見れば釣り人は少なく、全体的に低調な様子だ。10時半に釣りを開始し、30分ほど経った頃に、この日初めての反応がマーカーに出た。アワセも決まってファイトに入ると、40cmクラスの虹鱒がロッドをぐいぐいと曲げてくれる。しっかりと鉤掛かりしていたので、これは貰った!と思ったのだけれど、数分経って魚が水面に出たところで、いきなり鉤がすっぽ抜けてしまった。あぁ~どうして??
その後は、強い風で水面が波立つ中、魚の反応は無く、辺りに正午のチャイムが鳴り響いた。
駐車場に戻った昼食時は、前回のように野良猫がやってくるかなと楽しみにしていたのだけれど、期待は裏切られ一人寂しくコンビニおにぎりを頬張った。
そして午後は、先週良型にぶっちぎられたポイントに移動。すると、すぐにマーカーがす~っと沈んだ。油断していてラインが弛んでいたので、思いっきり後ろに跳び下がりながらロッドをあおると、ぐ~んと重い手応えが!
しっかり鉤掛かりしたかなぁと心配だったが、魚は一気に沖に向かって走り、ラインはバッキング近くまで引っ張り出される。前回のブレイクが頭を過るが、祈るような気持ちで魚の動きトをコントロールし、長~いファイトの末にネットインさせたのは、50cmクラスのホウライマスだった。白銀のボディが美しく、ヒレもピンとして良いコンディションに惚れ惚れとした

20190216hourai

この後は、あちこち移動して2尾目を狙ったが叶わず、午後4時となったところで終了とした。

Xga2019021625_448x336

11月から続いた冬季エリアシーズンも大詰めとなって、色々と思い出を作ることができたので、自分は今回がラストと決めていた。そして、たった1尾だったけれど、最後に綺麗な魚が釣れたことで、悔いなくシーズンを終われそうだ。
さて、来週は条件が整えば愛知県まで出掛けて見ようかと思っているが、果たしてアマゴに逢うことが出来るだろうか。
追記:エリアではあまり症状が出なかったけれど、平地まで戻ったら目が痒くなり、くしゃみも連発 。これって、空気の綺麗さの違いなのかなぁ。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

February 11, 2019

野良猫哀歌

立春を過ぎてから、暖かい日、寒い日、晴れの日、雨の日が、それこそ日替わりでやってきている。体調管理にも気を付けないといけない。
さて、3連休の初日は先輩カズさんにご一緒いただき、天竜川冬季エリアへ向かった。

20190209nakajima

いつもの駐車場の寒桜も咲き始め、春の気配は感じるのだが、天気は生憎小雨混じりの曇りで寒い。流れもダム放水の影響で濁りが入り、条件は悪そうに見えたが、前日に放流があったので、釣り人はそこそこ多く虹鱒も釣れていた。
そんな中で目に付いたのが、釣り人の後ろに控える野良猫。どうやら釣られた虹鱒を頂戴しようと狙っているようだが、ここはキャッチ&リリースの釣り場なので、釣り人から魚を貰う事はなかった。
そして、午前の釣りを終えて車に戻り昼食を摂っていると、その野良猫がやってきた。

20190209neko

しきりと餌をねだるように足元にまとわりついてくるが、生憎食べさせるようなものを持ち合わせていなかったので、可愛そうだなぁと思いながらも無視する。去年までは人間を見ると警戒していた猫たちも、こうして近づいて来るようになったのは、やっぱり生きていくためなんだろうなと思う。猫たちには何もしてあげられなかったけれど、元気に暮らしていってほしいものだ。

20190209nijimasu

ところで釣りの方は、放流直後という感じの丸尾君が3尾カメラに収まってくれた。その他にも、ラインをバッキングまで引っ張り出してくれた良型が掛かったりしたが、大物はバラすのいつものジンクスどおりだ。
それでも結構楽しめて良かったと思う。
カズさん、とっても寒い中ご一緒いただき、大変ありがとうございました。渓流解禁も目前となりましたが、また是非よろしくお願いいたします。

Xga2019021104_448x336

追記:3連休最終日の今日は、原野谷川にちょこっと顔を出してきた。虹鱒の姿は結構見ることができたが、カメラに収まってくれたのはカワムツが2尾。それでも、渓を歩けたのは良かったと思う

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 04, 2019

二人のOさんと虹鱒

2月に入って最初の土曜日は、なんとも暖かく穏やかな日に恵まれた。
しかし、職場の研修仲間との同期会で熱海に1泊の計画だったので、釣りは諦めモードでいたのだけれど、翌日の事を考えて車にはちゃっかりと釣り道具一式を積み込み、集まりに参加した

はしゃぎ過ぎ飲み過ぎで目覚めは重たかったけれど、節分を迎えた日曜日は午前10時に解散となったので、一路富士宮へ向かう。
正午ちょっと前に潤井川に到着したので、以前から気になっていた「さのめん」さんで、名物富士宮焼きそばの昼食を摂ることにした。

0190203sanomen

焼きそば400円+豚・イカ・目玉焼きトッピングにインスタント味噌汁を付けて700円。富士宮焼きそば特有の麺の強い噛み応えを堪能してお腹一杯だ
製麺所の見学廊下で製造工程(この日は動いていなかったけれど)を見ながら食べるというシチュエーションも楽しくて、また行ってみたいお店になった

さて、昼食後にいつもの車止めで釣り支度を整えていると、ちょうど川辺から上がって来た方と何となく立ち話になったのだが、聞いてみれば先輩goo∼さんのお友達のOさんとのこと。偶然にもお知り合いになれたのは拙ブログにステップワゴンの事を書いていたおかげのようで、釣果以前に今日は来て良かったなぁと思えた。
しかし、釣りの方は相変わらずの渋々で、全く反応がないままあっという間に3時を過ぎて、ラストチャンスを下流部に賭けてみようと車に戻ると、そこにはブログリンクいただいている「オッチャンAnglerさん」がステップワゴンを見つけて、おいらを探して下さっていた。

昨シーズンにお知り合いになったオッチャンAnglerさんとは、今シーズンなかなかタイミングが合わなかったけれど、シーズン終盤を迎えた中でお会いでき、お話ができたのは本当にラッキーだったと思う

そして、移動した先で流れに定位する虹鱒の姿を確認!早速あれやこれやとフライを取り換えて魚の鼻先を流すものの、賢い鱒達は反応するどころか毛鉤を避けている。
辺りに午後4時を知らせるチャイムが鳴り響き、これは6連敗になったなぁと覚悟した時、頼りの市販フライを、見えていた魚がぱっくりと喰ってくれた!
頼むからバレないでくれ~と祈りつつのファイトの後、何とか岸辺に寄せることが出来たのは、40cmオーバーの綺麗なホウライ系虹鱒だ。

20190203urui

このエリアに通う事4ヶ月目となって、ようやく出逢えた魚に感激も一入。
楽しかった熱海一泊旅行の後で、更に幸運にも2人のOさんと綺麗な魚に出逢えたことに感謝して、家路につくことができた

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« January 2019 | Main | March 2019 »