« 色々できた今年の夏休み | Main | お仏壇 »

August 27, 2018

黒い魚体と白い魚体の不思議

今年はtyphoon台風の発生が、観測史上最多のペースになっているそうだ。
先週も、19号・20号と相次いで日本付近に近付いてきた。
それでも、これまでの台風は静岡県に大きな被害をもたらさなかったが、20号のコースは県下にも強風と大雨を連れてきて、我が愛する大井川にも相当の雨が降ったようだ。
そんなことで、この土曜日は川の防災情報サイトなどを参考に、降水量の比較的少なかった山梨県側の南アルプス方面に、独りパトロールに出かけてみた coldsweats01

目的地までの河川状況は、どこも増水して濁っている。こんな日に、渓流釣りに来るような酔狂は少ないだろうと甘く考えていたが、現地に到着してみれば、今まさに渓に入ろうとするルアーフィッシャー2人組を始めに、何組かがすでに入渓しているようだ。
それでも、ちょっと先に進めば入るところももあるだろうと考えて、気温20℃の涼しい林道を歩いた。しかし、湿度が高いせいか、すぐに全身汗びっしょりsweat01になる。鈍り気味の身体には少しの登り坂が厳しく、一時間近く歩いた先の入渓点に辿り着いた時は、脱水気味に加えて両足に乳酸が溜まり放題という感じで、もうバテバテになっていた wobbly

Xga2018082501_448x336

流れは白泡を立てて増水しているものの、幸いにも濁りは薄い。スタートしてすぐに8寸はありそうなイワナをがっちりと掛けたが、強い流れの中を走り回られた挙句、ランディング直前にバラしてしまう。
これは縁起が悪いなぁと思ったら、案の定その後は魚が出ても鉤掛かりしないという状況が続き、最初の1尾は1時間ほども経過してから、ようやくネットに収めることができたが、この渓ならではの黒いヤマトイワナの姿を拝めて、ここまで来て良かったなぁと思う。

Xga2018082503_448x336

それからは、ようやくペースをつかめて、ぽつりぽつりと釣果を上げていく。

Xga2018082506_336x448

Xga2018082548_448x336

午後になってからは、身体の疲れがますます重くなってきたので、入渓点まで戻って、さらに下流で最入渓した。
すると、8寸を超えるサイズがヒットする。特に、こんなところで?と思われるような小さなスポット(画像右奥)から出た27cmは、白い魚体が美しいヤマトイワナだった。

Xga2018082549_448x336

以前からこの渓には、黒いヤマトと白いヤマトが居るという事は認識していたけれど、今回はそれがすごく気になった。同じ流れに居て、どうしてこのような個体差が出るのだろうか。イワナの不思議というのは、実に興味深いものだ。

Xga2018082559_448x336

さて、この日のクライマックスは、更に下った堰堤下でやってきた。
平水時ならば水が全く無いポイントから、良型の魚が緑色のハックルを巻いたパラシュートを咥える。一時は岩の下に潜り込まれてびくともしなくなったが、執念で深みから引きずり出して、長いファイトの末にネットに収めることができたのは、29.5cmの泣き尺ヤマトだったscissors

Xga2018082571_448x336

それは、増水時だからこそ出逢えた素晴らしい1尾で、出掛けた甲斐があったなぁという一日になってくれた confident

|

« 色々できた今年の夏休み | Main | お仏壇 »

Comments

まいど〜!
いい魚釣りましたね〜!
最近は、林道を歩いて入渓するって事をしてないので、ヤマトイワナも釣ってないです。
やっぱ苦労をすると、その見返りは素晴らしいですね。

Posted by: オッチャンAngler | August 28, 2018 at 10:36 PM

クライマックス泣尺おめでとう御座い鱒! (^^♪
黒い白いは川底の石や砂利の色で体色が
変わる様な気もしますね。
私は日曜日に出掛けましたが踏み後だらけで
前日に叩かれてた様でした。
駐車ポイントに先に停まってた車が釣り人か登山者か確認したら沢屋と言わんばかりの装備を積んでたので釣りする前からテンションが下がった釣行でした。

Posted by: KEN2 | August 29, 2018 at 04:32 AM

台風後の「イワナの細道」やってるかもと思ったけど、案の定だったんですね。泣き尺まで出して、感服&敬服~。
先日の山岳ではそんな気配は皆無とお見受けしたんですが、さすがのよねさんもブランクの影響があるんですね。それでもおいらじゃ付いてくのがやっと、なんだろうけど・・。そろそろ秋口の(私的には〆の)チャリ釣行か横付け出釣、如何ですか?

Posted by: goo~ | August 29, 2018 at 05:18 PM

こんばんは!(^^)
おお!良い魚釣ってますね♪
流石です。(^^)

Posted by: アマゴ27 | August 29, 2018 at 07:26 PM

オッチャンAnglerさん、まいどです〜happy01
この日は、スタートが芳しくなかったので、どうなっちゃうの〜な感じでしたが、1つ釣ってからはだんだん良くなりました。
大した距離でもないですが、歩いた甲斐はあったなぁと思いますwink

Posted by: よねさん@鱒美 | August 29, 2018 at 09:48 PM

KEN2さん、ありがとうございます♪
魚っていうのは、確かに底石や砂の具合で色が変わるものですが、ここでは同じ川の同じ条件のなかで、白っぽかったり黒っぽかったりするので、不思議だなぁと思ってしまいます。
それにしても、前回に続いて他の釣り人が気になる一日でした。渓流釣りが好きな人が増えることは嬉しいことですが、バッティングしてしまうのは困りものですねcoldsweats01

Posted by: よねさん@鱒美 | August 29, 2018 at 09:54 PM

goo~さん、案の定の南アルプス入り口釣行でしたよ。
ただし、期待していた例のイワナの細道は、背の高い夏草や灌木に覆われて、竿を出すことも不可能でしたけどね。
この日のキモは、以前ご案内した取水の辺りと、その下の堰堤でしたが、いずれも、増水のおかげという感じでした。
それにしても今回は、スタミナ不足を感じざるを得ない一日でした。おいらももうじき還暦ということを、自覚しないといけないですね。
さて、9月の釣行は第1土曜日が野暮用でアウト、第2土曜日はバスツアーが決定しています。締めをご一緒いだだけるなら、第2土曜のバスか、第3土曜でチャリを計画という感じでしょうか。
また連絡させていただきますねwink

Posted by: よねさん@鱒美 | August 29, 2018 at 10:04 PM

アマゴ27さん、こんばんわ〜♪
晩酌サイズまではいきませんでしたが、まずまずのヤマトに出会えて、楽しい一日になりました。
今シーズンも残り1ヶ月ですね。思い出に残るようなヤツと、出会いたいものです〜happy01

Posted by: よねさん@鱒美 | August 29, 2018 at 10:09 PM

こんばんは。
これは私的な考えなので、確かな根拠もないのですが・・・
ここのヤマトはこの渓のネイティブではないような気がします。
特徴が木曽のヤマトに似ているような気がするのと、この水系のヤマトとは違うような気がします。
数年前まではアマゴが多かった渓に、湧いて出てきたように増えたヤマト。
以前、天竜川水系のある渓に木曽のヤマトを放流した経緯がありますが、どうもその個体と似ているように感じます。
勿論、私の独り言です。
あとちょっと・・・
禁漁前には尺になるかもしれませんね(^^)


Posted by: フィッシュアウル | August 30, 2018 at 06:41 PM

パトロールお疲れ様でした。
ヤマト岩魚の渓なんですね。
苦労した甲斐があっていい魚が釣れて良かったんじゃないですか。
渓流シーズンも残り1ヶ月となりましたが、来週が楽しみです。

Posted by: 無糖 | August 30, 2018 at 08:52 PM

フィッシュアウルさん、コメントありがとうございました。
なるほどここは、以前はアマゴの川だったと聞いています。先輩のご案内で初めて入った時にイワナが釣れたのですが、先輩は「ここでイワナ?」とびっくりしていたくらいです。
木曽の魚が移植されたということであれば、そうなのかもしれませんね。
でも、黒いヤツは純粋にネイティブだと信じたい気がします。
さて、今季も残り1ヶ月となりました。29.5cmが、ちょっとだけでも成長していることを期待して、またここにも行ってみたいと思いますwink

Posted by: よねさん@鱒美 | August 31, 2018 at 09:28 PM

無糖さん、コメントありがとうございます。
台風後のパトロールは、期待以上の結果がありました。これも、少し歩いたおかげかもしれませんね。
今週は、またtyphoon台風がやってくるかもしれません。しかも、超大型の可能性もあるとかsweat01
週末のバスツアーに、影響が出ない事を願ってやみませんthink

Posted by: よねさん@鱒美 | August 31, 2018 at 09:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/67099353

Listed below are links to weblogs that reference 黒い魚体と白い魚体の不思議:

« 色々できた今年の夏休み | Main | お仏壇 »