« 梅雨入り前の自転車ちょい乗り | Main | 二つの大きな出費を決心した »

June 04, 2018

どんだけいるの??

タイトルからは、さぞかし釣れたんだろうと察せられる読者様もいらっしゃるかと思うけれど、先週末の釣行は、「出鼻を挫かれる」という言葉がぴったりの状況だったsweat01

6月に入って最初の土曜日は、渓流釣師の何割かが鮎釣りに移行して、山岳方面は空いているかもと期待しつつ、goo∼さんにお誘いいただいて隣県の南アルプス入口の小渓流を訪ねてみた。
車止めの狭い駐車場は、なんとかステップワゴン1台分のスペースを残していてくれたのだけれど、登山道を歩いて目指すポイントまであと僅かとなった所で、フライ+ルアーの二人組に追いつく。そこで、どちらまで行かれますか?と訪ねてみれば、ここで折り返して下るとのことだったので、ホッとしながら上流を目指した。
そして、いつもの入渓点から釣りを開始したのだけれど、澄んだ水がほどほどに流れる渓は、晴れて気温も上がりオドリバエのような羽虫が水面を舞っているという絶好の条件ながら、毛鉤に反応する魚がほとんど居ない。

Xga2018060246_448x336

すると、1時間も遡ったところで、何と男女2人ずつのフライフィッシャー4人組に追いついてしまった。これで、渋かった状況の原因が判ったが、追い越していくこともできないので、本流の脇の極く細い流れを釣って、ようやくイワナに出逢えたものの、goo∼さんとははぐれてしまったこともあって、更に途中で出逢った別のルアーマンからの情報(更に更に、附近には2人の釣り人が居たそうだwobbly)を頼りに下流へ戻り、暫くしてようやく再合流することができた。

Xga2018060217_448x336

そこからは、下流に戻りながら適当なポイントで竿を出し、終わってみれば9尾のイワナをcameraデジタル・キープすることができたのだけれど、穴場的と思っていたこんな小渓流で10人近い釣り人と遭遇して、釣りたかったポイントをほとんど諦めなければならなかったことが、かなりショックではあった wobbly
そう、タイトルの「どんだけいるの??」は、魚の数ではなく大勢の釣り人のこと。

20180602iwana

先行者うじゃうじゃと、ツキには恵まれなかった一日だったけれど、終日めげずにお付き合いいただいたgoo∼さんには、心から感謝いたします。またタイミングが合いましたら、渓にご一緒くださいませ wink

Xga2018060255_448x336

渓では、エゴの木が満開の花を着けていたshine

|

« 梅雨入り前の自転車ちょい乗り | Main | 二つの大きな出費を決心した »

Comments

お世話になりました。
いやぁ~、ビックリでしたね。あんな所まで妙齢の女性を連れて釣り登ってるとは・・。話をした壮年男性は、そこそこいい釣りだと言ってました。あれほどの無反応は初めて、ダメな訳ですわな。結局上では1匹釣れただけだったけど、魚を見ながら毛鉤を取っ替え引っ替えしたのは久しぶりで、案外面白かったですよ。
場所替えした後はそこそこ釣れて辻褄が合ったし、最後の最後で引っ張り出せた八寸のヒットシーンは、当分脳内反芻して楽しめそうです。
最後まで先行者に悩まされた一日でした。抑えの別支流も開拓する必要がありそうですね。またよろしくお願いしま~す。

Posted by: goo~ | June 04, 2018 at 09:05 PM

goo∼さん、こちらこそ一日お付き合いいただき、ありがとうございました。
車止めから直ぐのFFマン、三段の上の二人組までは、ある程度想定内でしたが、その先の2ペアには凹みましたねぇ。
例の細道は駆け上がるようにして、少しばかりの結果は出ましたが、とにかく消化不良気味の一日という感じでした。
それでも、下って辻褄が合ったのは良かったなあと思います。
難しい流れに毛鉤を通して、イメージどおりにイワナを出すことができたなら、それは長く記憶に残るでしょうね。
別の渓は、今日ネットの国土地理院地図で妄想したら、と~っても行きたくなっちゃいましたよ。
いただいた新茶は、またゆっくりと味あわせていただきますねwink

Posted by: よねさん@鱒美 | June 04, 2018 at 09:20 PM

ここは穴場ではなくなってしまいましたね。
それにしても釣り人多くて毎回驚きです。
それでもそんな中、9尾はさすがです。
アユも始まって、梅雨入りですから、多少は空くと思うのですが。
今日は昼からこっちの南ア方面に行ってみようと思っています。

Posted by: カズ | June 05, 2018 at 08:40 AM

カズさん、コメントありがとうございます。
そうですね、この渓は、自分たちだけの穴場ではなく、大勢の釣り人の穴場という感じになってしまいましたね。
やって欲しくないような工事も進んでいますし、貴重な魚の将来を思うと、不安でいっぱいな気持ちになってしまいますthink
今日は南アでしたか。このところ雨が降らなかったので、渇水していたんじゃないかと思いますが、レポートを楽しみにしておりますwink

Posted by: よねさん@鱒美 | June 05, 2018 at 08:31 PM

こんばんは!(^^)
激戦区でも釣ってますね♪
流石です。(^^)

Posted by: アマゴ27 | June 05, 2018 at 10:17 PM

アマゴ27さん、コメントありがとうございます。
激戦区では、他の釣り人が攻めないポイントを見つけることが肝心です。
この日も、なんとかそんな穴ポイントに恵まれましたよhappy01

Posted by: よねさん@鱒美 | June 06, 2018 at 06:01 AM

まいど〜!
源流まで行って、人がいたらガッカリですよね。
最近、渓流釣り人口が多くなったのか、こちらの川の
穴場も人がいて困ってます。(笑)
竿抜けポイントや、人が行かないところを見つけるしか
ないですね。

Posted by: オッチャンA ngler | June 07, 2018 at 05:21 PM

オッチャンAnglerさん、まいどっ!!
車止めから1時間近く歩いて、ようやく入渓点かなと思ったら先行者、釣り始めて1時間経ったら先行者4人で、あっけにとられてしまいましたよ。
決して渓流人口が増えた訳ではないと思いますが、ネット社会になって情報の伝達が光速の世の中ですから、穴場もすぐにそうではなくなっちゃうんですね。
自分、竿抜けや人がいじらないポイントを見つけるのが、近年得意になってきたかもしれませんcoldsweats01

Posted by: よねさん@鱒美 | June 07, 2018 at 08:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/66791581

Listed below are links to weblogs that reference どんだけいるの??:

« 梅雨入り前の自転車ちょい乗り | Main | 二つの大きな出費を決心した »