« February 2018 | Main | April 2018 »

March 26, 2018

また、新しい道がつながって

先週の水曜日は春分の日の休日だったので、何処か渓に行きたいなと思っていたところが、季節外れの大寒波がやってきてrain雨模様となり、日中でも気温が5℃くらいまでしか上がらない、超寒~い一日となってしまった bearing

それでも釣りの虫が疼いて仕方なかったのでsweat01、午後から手近な渓へ潜り込んでみるが、見上げる山肌には雪が積もり、冷え切った流れの中から毛鉤に反応する魚はない。

Photo

遠目に見る木々はまだ冬枯れの様相だったけれど、山の桜やツツジ、地表の苔も花を咲かせていて、春は確かに近づいていた。

     sun     sun     sun     sun     sun     sun

中2日置いた土曜日は、春めいた陽気が期待できたので、井川漁協管内の小渓を訪ねてみた。

Xga2018032402_448x336

道中の川根本町では、平成9年に事業を着手した「国道362号青部バイパス」が、20年もの歳月を費やして、遂に全線開通を迎えていた。これまで、車のすれ違いができず難所とされていた区間を回避でき、大井川上流部への往来が安全で早くなる。大変ありがたいことだと、長年の工事に携わってきた方々に心から感謝した confident

さて、イワナと出逢えるかなと思いつつ入った渓は、3日前の雨の影響か、やや増水気味で水温が低く、魚は全く顔を出さない。それでも、昼近くになって、ようやく最初の魚がヒット。シーズン初のイワナと対面することが出来た。

2018032401_2

結果として、10時前から午後3時半まで2つの沢を遡り、釣果はイワナ2尾とアマゴ3尾に終わった。全般的に魚の反応が薄く、厳しい一日となったのは、春分の日に降ったsnow雪が、気温の上昇で溶けだし、冷たい雪代となって渓に流れ込んだせいではないかと思う。

2018032402_2

今週は暖かい日が続くようだし、また土曜日の釣りに期待することとしよう confident

Xga2018032445_448x336

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 19, 2018

冷え込み、それとも時合かな?

そろそろ定例人事異動の時期も近づいた先週末金曜日は、職場の送別会を焼津市内のホテルアンビア松風閣で開催して1泊した。
自宅から20kmもないような近場に宿泊することは滅多にない事だけれど、のんびりできて意外と好いものだと思う。

2018031702_448x336

今度は、家族とか友人とかと泊まってみるのも好いかもしれないなぁ。

ということで、土曜日の釣りは遅い出発となってしまい、富士山麓の小渓流へ到着したのは午後1時近くだった。
空はcloud曇って気温はなんと6℃。寒の戻りを感じさせる日となり、居るはずのアマゴは何処へやら。この川で一番期待できると思った区間に入ったのだが、1時間やって毛鉤への反応は1度もなく、こりゃ無魚るかなぁと不安になる sweat01

Xga2018031701_448x336

このままではいけないと思い、下流部へ車で移動し、枝沢の一つに入ってみると、最初のポイントでようやく魚の反応があり、ほどなく可愛らしいちびあまごがヒット happy01

20180317amago1

暫く遡った緩い流れのポイントからは、6寸を超える、この沢としては良型のあまごがヒット。

20180317amago2

結局2時間弱で5尾のあまごをcameraデジタルキープでき、ホッと胸を撫で下ろした。

20180317amago3

最初の区間で無反応だったのは、冷え込みだったからか、それとも魚が動かない時合だったのだろうか。いずれにしても、まだまだ冬枯れの景色の渓ではあるから、もう少し暖かくなったら再挑戦するとしようかな confident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 12, 2018

奥大井湖上駅

少し前に職場で、大井川鐵道井川線の「奥大井湖上駅」の事が話題になったことがあった。
その駅は、自分が大井川上流部へ釣りに行く際の通り道にあるのだが、とくに用も無かったので、これまでに立ち寄ったことはなかった。しかし、地元の人間として、どんな処か一度見ておくのも良いかなと思い、この土曜日の釣りに合わせて行ってみた。
大井川の長島ダム湖面に突き出す岬の上に、ぽつんとある駅の周辺には休憩所があるだけで住む人もなく、観光客だけが乗降するのみ。ダムの対岸側にある駐車場から、歩いて10分ほどで行ける。
湖水が澄んでいる時には、さぞかしshine清々しい眺めが楽しめるの思うのだけれど、この日の流れは生憎の泥濁り状態だったので、少々残念に思えた。

Photo

それでも、所用時間1時間以内で楽しめる、全くお金のかからない観光スポットとして、今回見ておいたのは良かったなぁと思うところだ confident
ひとしきり視察sweat01を終えたところで、肝心の釣りに向かう。

Xga2018031009_448x336_2

先週は木曜日から金曜日にかけてまとまったrain雨が降ったので、川はどこも増水状態だ。どうせ良い条件での釣りが出来ないのなら、知らない流れにでも入ってみるかと考えた。
地図を頼りに入った小渓流は、濁りこそ薄いものの、遡行が困難なほどの量の水が流れている。果たしてアマゴは居るのかと思いきや、最初のポイントでちびあまごがヒットsign01

20180310amago

Xga2018031028_448x336

それから5時間ほどで、7尾のあまごをキャッチ&デジタルcameraキープすることができ、最後の1尾は8寸ほどもあったので大満足。あまり期待していなかった渓ではあったが、さらなる大物の影も見えたので、また改めて、条件の良い日に訪ねてみたいなと思っている happy01

Sl_448x337

| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 05, 2018

病み上がりの渓流解禁

インフルエンザなんぞ、ついぞ罹った記憶のない自分だけれど、実のところ前回の日記は発熱で具合の悪い中認めたもので、自分としては短めの文章になっていた。
まあ、週1回更新とは言え駄文を長々と読まされる読者様の事を考えると、ブログは簡潔で明快な文章であるべきだなぁと、改めて思った次第だ think

それはさて置き、先週は感染防止のために丸一週間仕事を休むこととなってしまったのだが、木曜日には熱も引いていたので、土曜日なってから体力回復のつもりで近場の小渓流に出かけ、2018年の渓流解禁に挑んだ。

20180303amago

Xga2018030314_448x336

何となく、まだふらつく感じは残っていたけれど、地元の渓はそんな自分を暖かく迎えてくれる。釣果こそ、1日やってアマゴ4尾というところだったが、細い流れにしては良い型にも恵まれて、インク・ブルーの色合いが美しいニューロッドのJストリーム7ft1番にも、無事魂を吹き込むことが出来たので、まずまず良い解禁になったと思う。
riceball昼食タイムから、タイミング良く釣り仲間のカズ先輩に合流していただけたのも幸運だったなぁ happy01

Xga2018030331_448x336

明けた日曜日。いつもならばsoccerサッカー練習に向かう所だが、体調は完全にほど遠く花粉症も相まって激しい運動はまだ無理かなと思い、午前中勝負で手近な小渓に向かった。
すると、空はsun晴れて気温もぐんぐん上がり、幸運にも昼までの2時間余りで、美しい4尾のアマゴに出逢うことが出来た。

20180304amago_2

ということで、2018年の渓流シーズンがスタートした。
今年も、まずは安全に心がけ、良い魚や仲間たちとの出逢いを楽しみに、渓に通い続けていきたいと思っている confident

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« February 2018 | Main | April 2018 »