« 勝てない ! (>_<) ! | Main | 前哨戦で、まさかの惨敗 »

February 19, 2018

メダル級の締めくくり

平昌冬季オリンピックも中盤を迎えたこの週末は、羽生選手・宇野選手の金銀ワンツーに小平選手の記録的金と、国民が待ちに待った、そして夢のような結果に日本中が沸いたshine
一方で将棋界でも、中学生棋士の藤井五段が、朝日杯トーナメント準決勝で羽生永世七段を破り、そのままの勢いで優勝して、たった半月で六段に駆け上がったsign01
正に歴史的な日となった土日だったが、自分はと言えば、職場の研修仲間の同期会で、箱根は宮ノ下へ一泊旅行に出かけていた。

Miyanosita

17年前の3ヶ月間、同じ釜の飯を食った仲間たちの絆は今でもつながっていて、bottle呑んで喰って温泉につかりspa、それは楽しいひと時を過ごさせていただいた。

そんな日曜日は、箱根からの帰り道に富士山麓の冬季釣り場に向かう。このエリアは、2月20日が最終日となるので、これがラストチャンスとなる。前回は、一日頑張って3尾の虹鱒を掛けたものの、1尾も取り込めず悔しい思いをし、これでシーズン終了は残念過ぎると考えていたので、到着は11時を過ぎたものの、まずは川辺に立てたことが嬉しかった。
そして、賢くも食欲旺盛な虹鱒たちは、この日も所々で定位ライズを繰り返していて、自分の拙い毛鉤などは、食べ物ではないとしっかり見切るのだけれど、偶さか、何かの拍子に騙されてもくれる。

20180218urui_2

良いポイントに入れたおかげもあって、終わってみれば5尾の良型をヒットさせ、4尾をランディングできたのは今季最高の釣果で、自分にとってはメダル級の素晴らしい締めくくりになったと思っている。

Xga2018021840_1024x768_448x336

9フィート4番のロッドに6Xのティペットでのファイトは、10分間に及ぶことも当たり前sweat01。今回も、40cm超えの良型虹鱒たちの尽きないスタミナに翻弄されたけれど、全身に心地よい疲労を感じつつ、帰り道につくことができた。なんとも楽しかったなぁ・・・confident

|

« 勝てない ! (>_<) ! | Main | 前哨戦で、まさかの惨敗 »

Comments

まいど〜!
いい終わり方ができて良かったですね〜。
あんなムズイ魚を4匹も釣るなんて、流石です。
地元の川の解禁からしばらくは、ルアーで勝負します。

Posted by: オッチャンAngler | February 20, 2018 at 08:58 AM

オッチャンAnglerさん、コメントありがとうござい鱒~♪
前回は散々な結果だったので、1尾でもcamera撮れたら好いなぁと思いつつ行ってみましたが、本当に良い終わり方が出来たなぁと大満足しております。
潤井川は冬の素晴らしいエリアですね。また次のシーズンが楽しみになっています。
3月からはルアー勝負ですか!良い解禁を迎えたいものですねwink

Posted by: よねさん@鱒美 | February 20, 2018 at 08:49 PM

良い締めくくりができましたね。
慣れると#4RODで6Xならかなり強引にいっても大丈夫ですよ(^^)
天竜ではひれピンロクマルが問題なくキャッチできます。
しかし自分はというと、まだ今年は1回しか渓に立てていません(泣)
解禁日は何とか休みが取れそうなので、まとめて楽しめたらいいなと思っています。
でも今シーズンはおばあちゃん次第かな(^^;

Posted by: カズ | February 20, 2018 at 09:20 PM

カズさん、コメントありがとうございます。
このエリアでは、しばらく#3のロッドに7Xのティペットで挑戦していましたが、それは無謀だということがようやくわかって、#4に6Xで挑むようになりました。
それでも、コンディションが良くて強い流れに潜んでいる鱒は、本当に難しい相手になります。
渓流解禁も、すぐそこに迫りましたね。まずは、地元のちびあまごに出会えればなぁと思っておりますconfident

Posted by: よねさん@鱒美 | February 21, 2018 at 04:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/66412151

Listed below are links to weblogs that reference メダル級の締めくくり:

« 勝てない ! (>_<) ! | Main | 前哨戦で、まさかの惨敗 »