« January 2018 | Main

February 12, 2018

勝てない ! (>_<) !

前回の日記に書いたとおり、この週末土曜日は再び富士山麓の川辺に立つことが出来た。
折からのsun好天に恵まれて、またしても午前中から流れにはライズリングが湧く。
今回は、タックルを若干強化して、9ft4番のロッド・システムにティペットは6X、18番のパラシュートフライでライズに挑むと、ほどなく中型のレインボウがヒットup。実はこの日、ランディングネットを家に忘れてしまったのだが、強化したシステムのおかげで、スリリングなファイトの後にハンドランディングに成功し、めでたくデジタルcameraキープすることができた。

Xga20180210niji1_2

ところで、前回の釣りの最中に、しきりに足元に近づいてくる小鳥が気になったのだが、今回もその小鳥「ジョウビタキ」が、何度も何度も手が届く近さに近付いてきた。せっかくなので、写真を撮らせていただいたが、その円らな瞳と愛らしい姿にと~っても癒されてしまう。こんな出逢いがあるのも、水辺のおかげかなぁと思った次第だ。

20180210_jyoubitaki

午後になってもライズは続き、苦心しながらも何度かヒットさせたが、敵もさるもので、長い長いファイトに持ち込まれた挙句にバラシてしまう。フックが小さく細軸だからだろうか。それでも終了時間に近づいた頃、1尾目より良い型の魚を、狙っていた沈み岩の上で掛け、これまた長いファイトに入る。散々蹂躙されたけれどなんとか持ちこたえたものの、ネットが無いと上げられないと思ったので、下流部で釣りをされていた方にランディングをお願いして、無事ネットイン。ニコパチ画像まで撮っていただけた notes

Xga20180210niji2_2

結局、5尾ヒットして2尾キャッチの4割だったけれど、shine良い画像shineを得ることが出来たので、満足の一日となった。
 
   sun       cloud       rain       cloud      sun
 
soccerサッカー練習とmoneybagお買い物と、近所の焼肉屋での長男坊の誕生日祝いbeerで日曜日を楽しく過ごし、明けた本日月曜日も、再び富士山麓へGO!
期待を抱いて流れに臨んだけれど、空は晴れたものの風が強く吹き、冷え込みも厳しい一日となった。

20180212

それでも、水温が高いおかげでライズは起こり、5時間余り頑張った結果、3尾の良型魚をヒットさせ、全てバラシの無魚で一日を終えたbearing
しかしながら、土曜日にランディングを手伝ってくださった山梨県の釣り師さんと再会し、色々とお話が出来たのが、この日の収穫だったかな。冬季釣り場のシーズンも、残りわずかとなったが、このままでは終われないなぁと思いつつ、午後4時にエリアを後にした confident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

February 06, 2018

海獣とのふれあい、伊勢・鳥羽の旅

2月に入って節分を迎えた土曜日は、先週のリベンジとばかりに、前回比較的反応の好かったフライを1ダースほど巻いて、再び富士山麓の湧水に浸かった。
日本列島を包み込むsnow寒気がやってきて、静岡県内も冷え込むとのことだったが、今回もやはり虹鱒達の盛んなライズがあり、難しくも楽しく遊ばせていただいた。

20170203

とは言え、今回も4回ヒットのうちキャッチは1尾。それでも自分でランディング出来たので、前回よりは良しとするところだ。
次週は3連休なので、もう一度訪ねてみたいと思っているが、天候が気になるこの頃だ。
 
     sun     rvcar     ship     sun     rvcar     ship
 
さて、結婚36周年と、夫婦揃って5回目の年男・年女を迎えた記念に、立春を迎えた4日と、1日休暇をいただいた5日の1泊2日で、三重県への1泊旅行を計画した。

20180204

フェリー代と燃費と高速料金を節約するために、長男のN-WGNを借用して、一路伊良湖港へ向かう。折からの強い西風で海は酷く荒れていたが、伊勢湾フェリーは波風をものともせず、定刻どおりの航行で鳥羽港に到着。予てから楽しみにしていた伊勢シーパラダイスに向かう。
ここは、海獣とのふれあいでテレビでも紹介されていて、人気のファミリースポットだ。
ひとしきり水槽の展示類を巡ってから、4つの海獣ショーを観る。

20180204_2

アシカショーは20分間ほど。目を見張る運動能力upと愛らしい姿に癒されるが、アッカンベーはどうもなぁ・・・coldsweats01

20180204_3

夫婦(めお)トドタイムは、1トンクラスの巨体トドの大迫力を目の前で見て、何とタッチまでさせてくれる。かなりの興奮ものだ。

20180204_4

セイウチお散歩タイムも、タッチOK。600kgもある巨体に長く大きな牙があって、一番の強面かもしれないが、その牙やスパゲティのような髭など、一番あちこち触らせてくれる。しかも芸達者で大いにhappy01笑わせてもらった。

20180204_5

そして一番のお目当てだった、ツメナシカワウソとの握手heart01と、ゴマフアザラシとの記念撮影heart04で、大満足。夫婦岩参拝も含めた4時間ほどの滞在時間は、あっという間だった。

その日のお宿は、鳥羽市相差(おおさつ)の旅館「星海幽月 夢遊華(ゆめゆうか)」さん。
部屋付きの露天風呂と海の幸をキーワードにネット検索して予約した。

20180204_6

そしてその選択は大正解。伊勢海老・鮑・生雲丹を始めとする、新鮮で超美味なお刺身。松坂牛のステーキにメバルの煮つけ。その他、とても食べきれないほどの料理に大満足。日の出を拝める部屋付き露天風呂や、貸し切りにもできる湯殿も気持ちが良かったspa

2018020405

スタッフのみなさんも親切で、本当に暖かく気持ち良く迎えてくれたので、夢遊華さんと伊勢シーパラダイス、またいつかこの組み合わせで訪ねてみたいと考えている。

翌5日の帰り道は、一路プレミアムアウトレットのジャズドリーム長島に向かう。久しぶりに行ってみれば、売り場が随分拡張されていてびっくり。今回は、大した買い物は出来なかったけれど、夏のボーナスが出る頃に、また行ってみようかな。

ということで、無事に釣りと旅を終えたのだが、一夜明けた本日は、美食大食が祟ったのか、ウイルス性の胃腸炎に罹ってhospital病院へ。流行性の病気ではなかったけれど、お楽しみの後に終日絶食の苦しく辛い一日となった。呑みすぎ食べ過ぎ遊び過ぎで、疲れが出てしまったのかなぁと、ちょっぴり反省しているところだsad

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2018 | Main