« 大寒だというのに大汗!? | Main | 海獣とのふれあい、伊勢・鳥羽の旅 »

January 29, 2018

僅か1割4分3厘とは

前回は、大寒なのに暖かかったという日記を書いたけれど、週が明けてからは強烈な寒波がやってきて、各地からsnow雪の被害のニュースが聞こえて来た。

それでも静岡県中部では雪はほとんど降らず、最低気温こそ氷点下を記録したものの日中は8℃位まで気温が上がる日が続いた。

Xga2018012701_448x336

そんな土曜日は、どんなに冷え込んでも水温が高めの富士山麓へ出撃する。
幸いにもsun晴天に恵まれて風も穏やかだったので、2週間前同様に水棲昆虫が盛んにハッチして虹鱒のライズupもあり、10時半から4時までの間に、良型虹鱒7尾をドライフライでヒットさせることが出来た。

Xga2018012713_448x336

そのどれもがグッド・コンディションらしくファイトが強い。3番ロッドに7Xティペットという組み合わせだと、ランディングまでに何分も掛かってしまう。なので、釣りを終える頃にはロッドを支える左手首と、左上腕から肩にかけてが痛くなってしまうほどだった。
しかしながら・・・、しかしながらだ。ヒットさせた7尾の内3尾は蹂躙されまくった挙句にティペット切れで、もう3尾はランディング直前でバラシという有様sweat01
キャッチ&デジタルcameraキープできたのは7分の1、何とたったの1尾で、それも下流側で釣っていたフライマンにランディングしてもらったという情けなさ。もう少し上手にならなくっちゃなぁと、打ちのめされた一日になった wobbly

Xga2018012705_448x336

それでも唯一の虹鱒は、黒点がほとんどない美しいボディに、ヒレがピンとした逞しい魚だったので、満足ではあった。
 
それにしても、富士山の湧水はありがたい。さんざんファイトした虹鱒は体力を消耗し切っていて、そのままリリースすると呼吸がままならず死んでしまうこともあるので、暫くの間流れ顔を向けるようにして水中で保持していなければならないが、手を流れに長時間浸していても、全く冷たく感じない。それどころか、気温よりも水温の方がずっと温かく感じるのだから、恐らく10℃以上はあるのだろう。

偶々橋の上から流れを眺めてみたら、なんと大きなスッポンを見つけた。亀が冬眠しないというのも、この温かい水のおかげなんだろう。

Xga2018012715_448x336_2

この素晴らしいエリアを運営してくれる富士宮漁協さんには、心から感謝したいと思った次第だ confident

Xga2018012716_448x336

|

« 大寒だというのに大汗!? | Main | 海獣とのふれあい、伊勢・鳥羽の旅 »

Comments

富士山麓は川の水が暖かいんですね。
漁協さんも頑張って良い環境にしてくれてるんだ。
7ヒットで1ゲットってことだったんだ。
7xだと強引に持ち込めないからスリリングだね。
もう2月ですが一度も魚の顔を見てないです。
今週末に天竜エリアに行こうと思ってます。
果たしてどんなものか。

Posted by: 無糖 | February 01, 2018 at 08:52 PM

無糖さん、コメントありがとうございますhappy01
富士山麓の河川は湧水であることが多くて、年中水温が安定していますし、冬場は暖かくてありがたいですね。
コンディションの良い魚を入れてくれている漁協さんには、感謝しています。
ただし、ここは街中の川ということで、ゴミが多くてがっかりします。水は清らかなのになぁthink
天竜川はダム放水に泣かされたシーズンだったと思いますが、2月に入って止まったのでしょうか。
また以前のように、釣れる状態になると好いですねwink

そうそう、愛知の渓の一足早い解禁も楽しみですね。

Posted by: よねさん@鱒美 | February 02, 2018 at 05:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/66331485

Listed below are links to weblogs that reference 僅か1割4分3厘とは:

« 大寒だというのに大汗!? | Main | 海獣とのふれあい、伊勢・鳥羽の旅 »