« 捨てる神に拾う神 | Main | 僅か1割4分3厘とは »

January 22, 2018

大寒だというのに大汗!?

1月も中旬に入ったが、先週は水曜日こそ雨が降ったものの最高気温が10℃を割る事もなく、不思議と暖かい日々が続いていた。
大寒を迎えた土曜日も、気温は15℃程度まで上るという。ならば、渓流でも勝負になるかなと考えて、独り西隣の市の冬季釣り場に出かけてみる。

Xga2018012001_448x336

Xga2018012002_448x336

sun釣り開始は11時。山間ながら気温が上がり、エリア下流部の開けた流れでは、ぽつりぽつりとライズリングが見えたので、そ~っと近づいて18番のパラシュートをプレゼントすると、掛かってくれたのは元気なカワムツ。同じポイントで、虹鱒らしいアタックもあったけれどフッキングできず、ロッドを曲げてくれるのは良型のカワムツばかり sweat01
そこから少し遡った平瀬でのヒットは、虹鱒にしては小さくて、カワムツにしては大きいなと思える魚が!
慎重に取り込んでみると、嬉しや銀毛っぽいちびアマゴだった happy01

Xga2018012012_448x336

riceball昼食後は、エリアの中流域から再入渓する。

Xga2018012017_448x336

最初のポイントには虹鱒が10尾程も群れていたが、ドライフライには無反応。そこからどんどん遡って行くと虹鱒は所々にかたまっていたが、やはり水面には興味を示さない。3時半までにエリア最上流部へ到着してしまったが、結局カワムツ少々とちびアマゴを追加したのみ think
まだ帰るには早かったので、午後の入渓点に戻って、今度はニンフ系のフライをあれやこれやと流してみるが、虹鱒達はどうしても反応してくれなかった sad

Xga2018012014_448x336

ということで、大寒ながら暖かなコンディションに恵まれたが、遡行に汗sweat01をかくやら虹鱒の無反応に冷や汗sweat01sweat01をかくやらで、やや消化不良気味の一日になってしまった。
それでも、一目で放流ものとは判るもののちびアマゴも釣れて、やっぱり小渓流の釣りは自分の好みに合っていて楽しかった。
次回は何とか、手強い虹鱒達に一矢報いたいものだ confident

|

« 捨てる神に拾う神 | Main | 僅か1割4分3厘とは »

Comments

寒さが身にしみますねー!
原野谷川のニジマスは気難しいんだ。
確かに居るのに見向きもしないことは経験してます。
振り向かせるにはどうするか?
分からないです。
上手く行ったら教えてください。
天竜エリアも全く出撃してません。
スペイのお稽古は時々やってます。
春が待ち遠しいですね。
ではまた

Posted by: 無糖 | January 27, 2018 at 08:18 PM

無糖さん、コメントありがとうござい鱒。
大寒を過ぎてから、急に寒さが本格的になりましたね。
それでも、雪で苦労している地域に比べれば、静岡県はありがたい土地柄だと思います。
原野谷川の虹鱒は、かなり手強いですよ。
所々に固まって居るのですが、なかなか食欲を示してくれません。
水温や水量の影響もあるかと思いますので、冬季エリアとして成立していくのか、ちょっと心配です。
天竜エリアは、ダムの放水で散々なシーズンになってしまいましたね。
でも、お近くに手頃な練習場があるというのは、好い事ですねhappy01

Posted by: よねさん@鱒美 | January 28, 2018 at 06:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/66306502

Listed below are links to weblogs that reference 大寒だというのに大汗!?:

« 捨てる神に拾う神 | Main | 僅か1割4分3厘とは »