« 青サワガニの渓へ | Main | 遊べば愉しき人生かな? »

October 30, 2017

伊豆半島、アマゴ釣りの最終日

通い始めてもう6年目になるのだが、ちょっとしたきっかけから毎年10月後半のこの時期に独り訪ねていた伊豆の小渓流へ、この土曜日は先輩のカズさんにご一緒いただくことになった。

Xga2017102802_448x336

折しも台風22号が秋雨前線を活発化させてくれたので、天気予報は終日rain弱雨。3時間弱のドライブの後、とりあえず午前中だけでも竿を振ることが出来ればいいかなぁと思いながら、10時に釣りをスタートすると、暫く進んだ頭上の開けた大好きなポイントで、小さな小さな渓としては良型の、秋の気配を纏ったアマゴが拙いパラシュートフライを咥えてくれた。

     Xga2017102812_448x336    Xga2017102826_448x336

夏場ならば、恐らく蜘蛛の巣が釣り人の行く先をしつこく遮るような流れなのだけれど、秋の深まりとともにそんな状況は解消していて、雨が降り出す前の遡行は極めて気持ちが良い。しかしながら、ちょっと油断すると岸辺のイバラに身体を絡めとられて、痛~い思いをすることにもなってしまう。小さな流れなれども、遡行は十分な注意が欠かせない。
慎重に遡行を重ねると、ぽつりぽつりとだけれどアマゴ達の反応があって、まずまず楽しい釣りになって来る。

Xga2017102832_448x336


riceball昼食後に辿り着いた大堰堤上のストレートでは、2~3度婚姻色を纏った良型のアマゴがフライを追ってくてくれたのだが、結局ヒットに持ち込めず己の下手さに辟易としてしまう gawk

Xga2017102858_448x336

それでもその後は飽きない程度にヒットが重なり、終わってみれば2桁釣果になって大満足。心配していた雨も強くはならず、幸運な一日になったなぁと思う事が出来た confident
カズさん、怪しい空模様の中お付き合いいただきまして、ありがとうございました。この渓をご案内できたことが、自分にとっては一番の収獲?だったかもしれません。また機会がありましたら、ご一緒いただければと思います。
さて、これで今シーズンの渓流釣行も閉幕となる。
11月から2月までは、冬季特定区間や管理釣り場で魚を追い求めるようになるが、年がら年中フライフィッシングが出来ることを、心から幸せに思うところだ happy01

|

« 青サワガニの渓へ | Main | 遊べば愉しき人生かな? »

Comments

よねさん、お疲れ様でした。
でも想像していたよりずっと良い渓でした。
ご案内いただき、ありがとうございます😊
あそこの良型は来シーズンどんな魚体になっているか、楽しみですね。
いよいよ渓流はオフシーズンにはいりますが、天竜はさらに放水計画が伸びて、1月末までのようです。こちらの作戦会議も必要ですね(^^)

Posted by: カズ | October 31, 2017 at 12:39 PM

カズさん、一日お疲れ様でした。
長い間独りで楽しんでいた渓ですが、ようやくご案内できたなぁと、満足しておりますよ。
今回もアマゴが居るかなぁと、若干心配しておりましたが、秋色の良型が出てきてくれて、心底ホッといたしました。
あのストレートの良型は、来シーズンまで頑張っていてくれるでしょうかねぇ。
11月からのオフは、東への出撃が多くなりそうですね。作戦会議も開かなくちゃと思いますwink

Posted by: よねさん@鱒美 | October 31, 2017 at 09:20 PM

いよいよシーズン締めの出釣かぁ。最後まで良い釣りですねぇ。
婚姻色の鱒も季節の装いと思えば、感慨深いものがありますね。
子供の頃近所の川で尺二寸の真っ黒アマゴを拾いました。
繁殖行動を終えた♂アマゴ、今だに脳裏に焼き付いてます。
藁科川に自然のサイクルが機能してた頃の話だけど・・。
この沢には今もそんな生命のリレーがありそうですね。
このまま続いていって欲しい、切実にそう思います。

来年3月迄のアディショナル・タイム、また遊んで下さい。宜しく~。

Posted by: goo~ | November 01, 2017 at 03:39 PM

goo~さん、コメントありがとうございます。
お天気が心配な中、結果的には良い締めくくりになりました。
婚姻色を纏ったアマゴ達も、まだまだ小さくて生気に満ち溢れていましたよ。
この小さな渓では、生命のサイクルがうまく回っているようですね。
さて、完全にオフシーズンに入りましたが、楽しみ方は色々ですね。こちらこそ遊んでくださいねhappy01

Posted by: よねさん@鱒美 | November 02, 2017 at 06:37 AM

こんにちは。
半島にはメジャーな河川が多い反面、南国的なイメージが強いので、渓流魚に対するイメージは少ないですね。
源流から河口までの距離が短いこともあり、険しい渓も多いですが、アマゴが生息している渓は多いですよね。
天竜・・・今シーズンは厳しそうですね。
昨日もゲート全開から2基・・・
1基なら何とか釣りが可能ですが、それ以上の開放は厳しいと思います。
イベントを兼ねて、浜北大橋直下のプールに放流することも多いのですが、今期はそちらに放流した方がよさそうな気がしますね。

Posted by: フィッシュアウル | November 02, 2017 at 07:21 AM

フィッシュアウルさん、コメントありがとうございます。
伊豆半島の渓流は植生が豊かで、この渓もシダ類が多いのでエキゾチックな感じもします。
海からもそれほど遠くなく標高も低いので、渓流釣りというイメージではないかもしれませんね。
自分としては、10月にアマゴを狙える貴重なエリアという位置付けになっています。
さて、天竜エリアには困ったものです。少しでも竿を出すポイントがあれば、行ってみたいのですが、しばらくは様子見かなぁと思っています。confident

Posted by: よねさん@鱒美 | November 03, 2017 at 06:30 AM

こんばんは!(^^)
釣ってますね♪
先日は、お疲れさまでした。
また、呑みましょう♪(^^)

Posted by: アマゴ27 | November 05, 2017 at 06:22 PM

アマゴ27さん、コメントありがとうございます。
今年のアマゴ釣りも閉幕となりましたが、冬場もドライフライで鱒達と遊べるエリアがありますから、これからも釣りますよ~。
夜の作戦会議はお疲れ様でした。西部地区開催を検討したいと思っております。wink

Posted by: よねさん@鱒美 | November 05, 2017 at 06:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/65978814

Listed below are links to weblogs that reference 伊豆半島、アマゴ釣りの最終日:

« 青サワガニの渓へ | Main | 遊べば愉しき人生かな? »