« 物失う渓 | Main | 蘇った愛竿 »

August 21, 2017

岩魚の細道

10連休の夏休みも後半に突入した16日火曜日は、生まれ故郷の小渓流へ、午前中勝負のちょこっと釣りに出かけてみた。

Xga2017081602_448x336

8月に入ってからの天候不順が依然として続いていて、この日は朝からrain雨。そのうちやむかもしれないという淡い期待を抱いて暗い渓を遡ったのだけれど、最後まで雨はやまず、出逢えたのはちびあまごが3尾。デジカメを忘れたのでスマホでデジタル・キープしたけれど、何とも残念な画像しか残せなかった gawk

Xga2017081616_448x336

明けて17日水曜日は、月曜日に届いたニューロッドのユーフレックスJストリームJS733-4N+をどこかで入魂しようと目論んでいたところ、goo~さんからご連絡をいただき、物失う渓への再々挑戦を敢行しましょう!ということになった。

Xga2017081702_448x336

この日も天候はcloud曇り空。流れは増水していて対岸に渡ることも難しそうだ。標高1000mを超えて雲の中にいるせいか、時折細かい雨を感じる条件ながら、レインウェアを羽織るほどではない。気温は20℃ちょっとかというところだが、歩けば湿度が高いせいか汗びっしょりsweat01になる中で、魚からの反応がいまいちな渓を遡っていく。
途中からgoo~さんは右岸側の、自分は左岸側のそれぞれ本流から外れた裏街道のような細い流れを釣り上がると、そこそこの反応があって二人とも楽しい時間帯に突入した。

     Xga2017081706_448x336     Xga2017081735_448x336

終わってみれば、2桁を超える釣果に納得。初下ろしのJストリームN+、7ft3in3番4ピースは、小規模なこの渓にぴったりの、期待どおり素晴らしいロッドだった。
帰り道にgoo~さんが摘んだミズ(ウワバミソウ)との記念撮影は、思い出に残るワンショットになったかな happy01

Xga2017081748_335x448

そうして迎えた19日土曜日は、無糖さんからのお誘いもあって、南アルプスへのbusバス便に乗ることにした。

お盆休みも終盤とあって、多くの釣り人とのバッティングを危惧したものの、幸いにもその心配は外れてくれて、自分達はバス終点からの区間に単独で入渓することになった。

Xga2017081902_448x336_2

Xga2017081904_448x336

しかも、釣り始めていきなり、何気ないような岸際のポイントから29mの良型イワナをキャッチして、これは好い一日になりそうだなぁと感じる。
そこからは、流石に釣り人銀座区間故に厳しい釣りとなったけれど、ここには書けないような方法coldsweats01で増水した流れを渡って対岸へ移動すると、裏街道的な細い流れの中からは、思ったとおりのイワナ達の反応があって、幸せなひと時となる。

Img_8748_640x480

Xga2017081956_448x338

無糖さんも、ご案内したポイントからコンスタントにイワナをキャッチされて、自分としてもホッとする。
busバス最終便の時刻を前にした終盤でも、本流脇の細い流れから28cmと29cmの大人びた顔つきのイワナを追加して、涼しくて爽やかな一日となった中、夏休みを締めくくる楽しい釣行になった。

     Xga2017081960_448x336  heart04  Xga2017081973_448x336

こうして、長いようで短い10日間が過ぎて行ったのだけれど、釣り以外にも楽しい家族とのひと時や、懸案だった家の掃除片付けなど、充実した日々を送れたと思う。
沢山の思い出を彩ってくれた渓流魚と、愉しい時間を共有していただいたgoo~さんと無糖さんに、心から感謝いたします happy01

 

さて、イワナというのは不思議な魚で、居心地の良さそうな本流から外れた、裏街道のようなひっそりとした細い流れに潜んでいることが良くある。自分は元々小渓流が好きなので、多くの釣り人が目もくれないような、小さなポイントに毛鉤を浮かべてみるなんてことをするのだけれど、この夏休みのようにイワナは案外そういうスポットでヒットしてくれるものだ。山岳渓流に出かけると、そういう裏街道が結構あるもので、自分はいつしかそういう流れを「岩魚の細道」だなぁと思っていたので、今回のタイトルとしてみた。

|

« 物失う渓 | Main | 蘇った愛竿 »

Comments

「イワナの細道」いいですねえ。
いつもよねさんの狙いどころには感心します。
特に大きな水が出た後や濁りが収まったあとなんかには、思わぬところにいるのがイワナの楽しいところです(^^)
上流部釣行は早かったですね。無糖さんも喜んだでしょう。しかもあんな激戦区間での良型はお見事でした。
今週はあの支流でしっかり釣ってみたいと思っています。

Posted by: カズ | August 21, 2017 at 09:00 PM

カズさん、ありがとうございますhappy01
自分も釣り歴がそこそこ長くなりましたので、最近は魚の居場所が少しだけわかるようになった気がしています。
特にイワナは、「意外な場所」がキーワードかなと思っております。
増水時は、一番のチャンスかもしれませんね。
今回のN上流部釣行は、他の釣り師もほとんど居らず、増水状態ながらも良いタイミングだったようでした。
例の支流も、そろそろ落ち着いてきたでしょうから、良い釣りが出来るかもしれませんね。
イワナの細道を見つけたら、是非狙ってみてくださいませ wink

Posted by: よねさん@鱒美 | August 21, 2017 at 09:34 PM

どうもお世話になりました~!毎度ながらの、
いつもの渓にお付き合い頂き、感謝です~。
「イワナの細道」は言い得て妙、ですね。
元来太い流れ好きの拙には新鮮この上なしの釣りです。
右岸の提灯の小路にもびっくりサイズが居ましたね。
あそこが無かったら悲惨な一日になってました。

上がり際のデカイの、例によって引っ張り出せず・・。
いい加減、自分にウンザリです。

今週末はこっちの南アの例の沢、如何ですか~?

Posted by: goo~ | August 23, 2017 at 01:22 PM

goo~さん、17日は大変お疲れ様でした。
冷たい水に浸かっての身体の痛みには、何か事前の対策が必要かもしれませんね。
ところで以前から自分は、竿抜けということを意識して、本筋ではないところに毛鉤を浮かべてみようといつも考えていましたが、それが言ってみれば裏街道、イワナの細道かなぁと思った次第です。
一見して魚影が見えないような浅いポイントでも、岩や倒木などがあればイワナが潜んでいる確率が高いです。それを知っているかどうかでは、大きな差が生まれるんじゃないかなぁって思っております。
今週末土曜日は、そろそろこっちかなと思っていたところです。よろしかったら、例の沢にご一緒させてくださいませhappy01

Posted by: よねさん@鱒美 | August 23, 2017 at 08:07 PM

ネコバス楽しかったです。
ご案内ありがとうございました。
前回は広河原の上流から入渓したので、今回のポイントは新鮮でしたよ。
何よりもスロースターターのおいらが釣り開始すぐに初物をゲットできたので気が楽だった。
フィールドも広いし沢釣りからロングキャストまで楽しめていいですね。
また行ってみようと思ってます。
シーズンも残り1か月ちょっと、9月は秋アマゴを釣りたいです。
またよろしくお願い致します。

Posted by: 無糖 | August 23, 2017 at 08:12 PM

無糖さん、ネコバスツアーお疲れ様でした。
天候の安定していなかった中で、意外にも爽やかな一日になって、ほんとうに良かったですね。
それにしても渓割りでは、どうせ夏休み中だからとこの区間を選んで、結果的には大正解だったようですね。
入渓からほどなく、お互いに1尾目を撮れたので、プレッシャーなく楽しめたのではないでしょうか。
あの川は、様々な顔を持っていますが、今回の区間は比較的安全で、釣果も望めます。今シーズン中に、もう一度行けたら好いですねwink

Posted by: よねさん@鱒美 | August 23, 2017 at 09:16 PM

猫バスツアー、お疲れ様でした!!!
我々は、早いバスで下山しました!!!
山道、前の前ステップワゴン、米さんだと!!!
シーズンもあとわずかになりましたね、安全で良い釣りを!!!

Posted by: wakasama | August 24, 2017 at 10:56 AM

若様、コメントありがとうございます。
先日は大変お疲れ様でした。
釣り人銀座の上流部は、意外と楽しい釣りになりましたよ。
御後輩の早すぎる旅立ちは、本当に残念だったと思いますが、流れに立ってお線香を上げられたのは良かったですね confident
渓流釣りには危険が一杯ですから、安全が一番です。これからも、無理はしないように気を付けたいと思います。

Posted by: よねさん@鱒美 | August 24, 2017 at 07:56 PM

こんばんは!(^^)
釣ってますね♪
岩魚の細道良いですね。(^^)

Posted by: アマゴ27 | August 24, 2017 at 10:30 PM

アマゴ27さん、ありがとうござい鱒♪
岩魚の細道には、結構沢山の魚が潜んでいてくれて、愉しい釣りができました。
夏休みは隣県にばかり行っていましたので、これからは地元の山岳に行きたいと思ってますwink

Posted by: よねさん@鱒美 | August 25, 2017 at 06:15 PM

岩魚の細道とは良い言い方ですね~(^^♪
近場の渓流ですが4.6ftのルアー竿も
長く感じる本筋では盆休みで攻め立て
られてるのか反応が無く更に狭い分流で
ルアーのトレースが50㎝位の所からしか
釣れなかったです。機会が合ったらまた
自転車でもバスでも連れて行って下さいね~
シーズン残り約1か月!ラストスパート釣行の
ご活躍を楽しみにしてます!(^^♪

Posted by: KEN2 | August 27, 2017 at 05:55 AM

KEN2さん、ありがとうございます~happy01
岩魚の細道的ポイントは、毛鉤の独壇場だと思っていましたが、50cm流せれば勝負になるのなら、ルアーでの釣りも成立しますね。
恐らく、そういうポイントを攻めるルアーマンはKEN2さんだけかと思いますが、いかがでしょうか。
今シーズンも残り1ヶ月ですね。9月も土曜日の釣りが多いと思いますので、出釣可能な土曜日があれば、ご一緒させていただきますよwink

Posted by: よねさん@鱒美 | August 27, 2017 at 11:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/65688528

Listed below are links to weblogs that reference 岩魚の細道:

« 物失う渓 | Main | 蘇った愛竿 »