« 岩魚の細道 | Main | がっかり×3=闘志! »

August 28, 2017

蘇った愛竿

夏休み初日にティップセクションを失くしてしまったweep愛竿マリエット・パッカーについて、2週間前にその顛末をブログに認めた。すると、釣り仲間goo~さんから「直してもらえそうな人に心当たりがある」とのご連絡をいただき、それが可能であれば問い合わせてみたいと返信すると、goo~さんはその方に詳細な状況を説明して修理の可否を確認されたうえで、連絡先を教えて下さった。

その方というのは Blue Heron Rods さんというロッドビルダーで、facebookで連絡をとらせていただくと「まずは竿をみさせてください」と仰るので宅急便で送ってみれば、なんとたったの中3日で蘇ったロッドが届いたのだ sign03

手持ちのブランクの中から合いそうなものを選んでガイドを取り付け、オリジナルとそっくりなラッピングを施してくれたようで、継いでみれば見た目に全く違和感はなく、振ってみた感じも良好だ。後で聞けば、現物がないティップのアクションを想像しながら作ったとのことで、それは難しい作業だったんだろうなぁと思われる。

Xga2017082602_448x336

びっくりするような短い期間でご対応いただいたBlue Heronさんと、橋渡しをしていただいたgoo~さんには、心から感謝しております。本当にありがとうございました confident

Xga2017082606_448x336

さて、先週末土曜日は、蘇ったロッドを携えて立役者のgoo~さんにご一緒いただき、南アルプスの渓を訪ねてみた。

すると、typhoon台風5号の通過前から続いた天候不順で大水が出たのか、1ヶ月半前の釣行時と比べて大分渓相が変わってしまっていて、前回美しいアマゴと出逢えた広いプールは砂利で埋まり、良型のヤマトイワナが潜んでいた水溜りのようなポイントも干上がっていたのを目にして、何ともやりきれない気持ちになってしまう think

     Xga2017082610_448x336     Xga2017082618_448x336

Xga2017082639_448x336

先行者の後追いという悪条件も重なったところだったが、それでも魚達は元気に毛鉤へ反応してくれた。良型と呼べる魚はcamera撮れなかったけれど、中・小型のイワナとアマゴが蘇ったロッドを小気味よく曲げてくれ、存分に癒された一日となった。何よりも、goo~さんが尺上イワナを引っ張り出してくれたのが嬉しかった。それは、こんな魚がいるのだから、残り1ヶ月となった今シーズン中に、また是非ここまで来たいと思えたからだった wink

     Xga2017082648_448x336     Xga2017082651_448x336

|

« 岩魚の細道 | Main | がっかり×3=闘志! »

Comments

こんにちは。
渓流シーズンも終盤、追い込み??の季節になって来ましたが、ロッドも使えるようになって良かったですね。
最近は鮎竿などの修理も出来るようになり、
何とかして直したい・・・
そんな釣り人の思いを叶えてくれるサービスも増えて来ました。
9月に入ると更に釣り人が増えて来て、週末は厳しい状況となりますが、のんびりと愉しみたいですね(^^)

Posted by: フィッシュアウル | August 29, 2017 at 07:19 AM

フィッシュアウルさん、コメントありがとうございます。
今シーズンも残り1ヶ月となり、何かと気持ちが落ち着かない時期になりました。
そんな中で、諦めていた愛竿が復活したのは、嬉しい限りです。
メーカーサイドでは、廃版モデルの修理は不可としていますが、こうして願いを叶えてくれる方も居ると思うと、本当にありがたいですね。
9月はみなさんがラストチャンスと頑張る時期なので、確かに厳しい状況も考えられますが、マイペースでやっていきたいと思っておりますよwink

Posted by: よねさん@鱒美 | August 29, 2017 at 09:41 PM

お世話になりました。
出た数に対して、掛けた数が少な過ぎで凹みましたよ~。
フト気付いた、随分漫然と釣りしてたんだなぁと・・。
毛鉤も含めて現場を大事にしなきゃって、自省&再確認です。

尺上イワナはネット対比で、32~3だったようです。
あまりに細くて、あたかも○~レイ、酷い罪悪感・・。
リリース後ゆっくり戻ってく後ろ姿に、頭を下げてました。
去年出会いたかったなぁと、少しばかり残念でした。

さて、次回に向けてバッタ(改)を巻き貯めたのですが~
昨日野良仕事中蜂から逃げる際に左太腿負傷、今日もビッコです。
今シーズンは脚の怪我がバカ多い。参りました。今から医者っす。

Posted by: goo~ | August 30, 2017 at 09:53 AM

goo~さん、土曜日は大変お疲れさまでした。
出た数に比してデジタル・キープ率が少なかったのは自分も同じです。特に、これは!と思った良型は、往きの車中でお話したとおりのジンクスとなりましたcoldsweats01
それでも楽しみにしていた区間は歩けましたし、そこそこの数の渓魚と出逢えたので、満足しなくちゃいけないなって思っております。
goo~さんの尺上はやせ細っていたとのことですが、後で考えれば例のハリガネムシが悪さをしたのではないでしょうか。あんなに大きなフライに反応したくらいですから、恐らく悪い虫は既に外に出て、これからは太った立派なイワナになってくれるんじゃないかと思います。
あの渓では、40cmを越えるヤツを釣ったことがありますから、あれで寿命とは絶対に思えませんよ。
さて、足を痛めてしまったのは、この期に及んで辛い所ですね。しっかりと養生して、ラストチャンスをご一緒くださいませwink

Posted by: よねさん@鱒美 | August 30, 2017 at 08:17 PM

ティップセクションが復活してよかったですね〜。
人の繋がりが大事だなぁと思います。
早速ロッドも曲げてるようだし。
シーズン終盤で釣り人も多く魚もナーバスになってるかな。
今週末はどこに行こうかと思案中。
9月中旬は開田高原予定です。
都合あいましたらまたよろしくです。

Posted by: 無糖 | August 30, 2017 at 11:52 PM

無糖さん、ありがとうございます。
今回の事があって、改めて人のつながりの大切さを感じた次第です。
蘇ったロッドは、全く違和感なく魚達とのファイトを楽しませてくれています。
山岳方面では、原因は何かわかりませんが、なかなかに渋い状況になっているようですね。
でも、本格的な秋を迎えて、きっと渓魚達も活性と取り戻すでしょうから、これからが勝負なんだと思っております。
今週末は、お天気が芳しくないようなので、安全なバスツアーも有りかなと考えています。もし出撃予定がありましたら、ご連絡くださいませwink

Posted by: よねさん@鱒美 | August 31, 2017 at 09:35 PM

ロッドやリールは結構たくさんあっても、それぞれに愛着があるので、負傷はショックですね。
でも良い医者が見つかって良かったですね。
これから先、今まで以上に活躍してくれると思いますよ。
渓のほうはちょっとシブくなってますが、例の支流はかなり水が冷たく感じました。
下界は猛暑日が続いていますが、山岳はほとんど20度くらいですから、水温の急激な変化もあるのかもしれません。
いよいよ最終月です。でも良型に合えるチャンスでもありますね。
もうひと頑張りしましょう。

Posted by: カズ | August 31, 2017 at 10:37 PM

カズさん、コメントありがとうございます。
いつの間にかタックルって増えてしまっているものですが、やっぱりそれぞれに愛着はあるものですね。
古くなったタックルは、なかなか再生ができないものですが、今回のように良いお医者様が見つかると、本当にありがたく思います。
ところで、例の支流も渋かったですか。秋口に入って、イワナ達のご機嫌も難しいですね。とは言え、あと残り1ヶ月、良い思い出が出来るように頑張らなくちゃいけませんねwink

Posted by: よねさん@鱒美 | September 01, 2017 at 10:32 PM

こんばんは!(^^)
祝!愛竿復活!
良かったですね♪

Posted by: アマゴ27 | September 04, 2017 at 08:34 PM

アマゴ27さん、ありがとうございます。
よく見れば、違うティップだとは気が付きますが、十分に実用に耐える状態に修復してもらえました。
お気に入りだったロッドなので、本当にうれしく思います。

Posted by: よねさん@鱒美 | September 04, 2017 at 09:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/65721649

Listed below are links to weblogs that reference 蘇った愛竿:

« 岩魚の細道 | Main | がっかり×3=闘志! »