« July 2017 | Main

August 14, 2017

物失う渓

観測史上第3位の長寿となったtyphoon台風5号は、静岡県の山岳方面にお土産を置いて去って行った。その1つは河川の増水と濁り、2つ目は道路の土砂崩れだ。

自分にとっての夏休み初日は山の日の11日金曜日となったが、大好きな大井川上流部への直近ルートは通行止めとなってしまったので、どうせならと考えて隣県まで一人出かけた。
街道と並行する本流も、支流に入ってからの流れも、釣りにはなりそうもない泥濁りになっている。目指す渓はどうだろうかと心配したが、午前9時に到着してみれば、増水しているものの濁りは薄く、問題はなさそうだ。

Xga2017081101_448x336

気温は23℃と涼しかったが、車止めから40分ほど歩いて入渓点に辿り着く頃には、全身にびっしょりと汗をかくsweat01。それでも、開始からほどなくこの渓らしいイワナがヒット。これなら楽しい一日になりそうだとウキウキしながら険しい渓を遡って行く。

Xga2017081112_448x336

Xga2017081118_448x335

1時間ほど釣り上ったところで、6尾目のイワナを狙って目の前の落ち込みにフライをキャストすると、ジョボッっとばかりに何かが飛んで行った。この日のロッドは、7ft6in3番4ピースのマリエットパッカーだったが、そのティップセクションがすっぽ抜けたのだcoldsweats02。こんな時はラインを手繰れば、トップガイドにフライが掛かって回収できるのだが、今回は運の悪いことに、すっ飛んだ勢いでフライが切れてしまい、ティップは戻らず。慌てて流れの中に手を突っ込んでみたものの、増水した激しい流れの中からは見つかるはずもない。呆然としながら、今日はもう終わりかと虚しくなってしまった weep

Xga2017081122_448x335

後ろ髪を引かれつつ車まで戻ってみれば、まだ時間は12時だ。これで帰るわけにもいかないなと考えて、もう1本持参したフェンウイックのトリコトライコで、車止めの所から釣り上がってみることにした。

Xga2017081132_448x336

しかし、そこは連日のように釣り人が攻めているポイントで、魚影は極めて薄い。そんな中でヒットしたのは、朱点の見当たらないアマゴ。いや、身体の大きさに比べて頭部が小さく、まるでヤマメのようだが、春先にこの下流で釣った尺アマゴが、朱点の非常に少ないタイプだったので、その系統のアマゴなのだろうと思うことにした。

Xga2017081155_448x336

その後は苦労しながらも少しずつ釣果を重ねて、何とか2桁の渓流魚と出逢うことはできたのだけれど、失ったものは大きい。とても気に入って大事に使っていたロッドは、もうとっくに生産終了となっているので、再生は叶わないだろう。思えばこの渓で、釣り仲間のgoo~さんは愛用のデジタルcameraカメラを失っている。何かそういう巡り会わせのある渓なのかなぁなんて考えてみてしまったが、今回の事件は継ぎ目の緩みに気付けなかった自分の不注意が原因だ。これをしっかりと教訓にしていかなければと思うことしきりの一日となった confident
 
さて、中2日置いた本日は、奇跡は起こらないだろうと思いつつも、失せ物探しを兼ねて金曜日の渓に再挑戦することにした。

2017081401_448x335

2017081465_448x336

前回と同じポイントから入渓して、どこかに流れ着いていないかと淡い期待を持ちつつ遡って行くが、当然の如く飛んで行ったティップは出てこなかった。

2017081472_448x336

それでも、28cmの良型を筆頭に20尾のイワナをデジタルcameraキープできたので、3日前の中途半端な気分は晴らすことが出来たと思う。この日の毛鉤は、渓で沢山見かけたバッタをヒントにした緑色のパラシュート。いつもの黒パラよりも反応が良かった気がする。

2017081423_448x337

満足感を胸に抱いて帰宅してみれば、日曜日にネットで注文したマリエット・パッカーに替わるユーフレックス・Jストリームが早くも届いていた。moneybag散財はしてしまったが、これで気持ちは切り替えることができそうだ。

2017081476_448x337

今週末までの夏休みの間に、是非とも新しいロッドの入魂を済まさねばね confident

| | Comments (7) | TrackBack (0)

August 07, 2017

1対11!?

7月21日に発生したtyphoon台風5号は、迷走を続けた挙句に日本列島を南から縦断する動きとなってきた。後で発生した台風6号から10号はとっくに消滅していて、現時点で5号は観測史上第4位となる長寿台風となったそうだ。そんなご長寿さんは、誰も欲してはいないだろう。いずれにしても早く勢力を弱めて、大きな災害をもたらさないようであって欲しいなと思う事しきりだ think

さて、そんな台風の影響もあってか今一つ天候が安定してくれない中で、先週末土曜日は南アルプス行きのbusバスに乗って、夏イワナに逢いに行こうかなと考えていたところ、無糖さん、そしてカズさんからオファーをいただき、3人で山梨県の渓に向かう事と相成った。

Xga2017080501_448x336

9時発のバスに乗車してみれば意外にも乗客は少なく、とりあえず3人で検討したポイントに無事降り立つ。天候はsun晴れて8月としてはやや涼しめ。このところ雨も降ったはずなのに水量は少ない。入渓点から望む渓谷は明るく、わくわくしながら釣りを開始すると、最初のプールでライズを認めたものの、あまりに静かな水面では、フライが着水したと同時に魚が逃げてしまう。そして、やっとヒットしたかと思うと、あっさりとバレる。なかなか反応が無い中、開始から5連続バラシですっかり凹んだ頃、白泡の立つ流心を狙い、ようやく掛かった魚のファイトが強いannoy。もうバレてくれるな~と念じつつ、カズさん無糖さんの視線を感じながら何とかネットに収めた魚は、尺まであと1歩、29cmのヤマト系イワナだった。

20170805iwana29

結局、riceballお昼前の釣果は、この1尾のみ。数釣りを期待しての出撃だったので、なんとも歯がゆい状況だったけれど、良型をキャッチ&cameraデジタル・キープできたので、とりあえず肩の荷が降りる coldsweats01

Xga2017080518_448x336

Xga2017080521_448x336

Xga2017080546_448x336

苦労して乗り越えたスリット堰堤から先では、魚の活性が上がってくれて、ぽつりぽつりと釣果が上がる。特に、午後3時頃には天候が急変してrainにわか雨が落ちだし、それとともに急激にイワナの食いが立った。そうして、午後4時過ぎの終了までに、約25cmを頭に11尾のイワナを追加でき、終わってみれば大満足の一日になったなぁと思う。

Xga2017080559_448x336

それにしても、良い気候に恵まれた前半に1尾対、天候急変で雨まで降った後半に11尾というのは、イワナの謎を改めて思い知った気分がする。この日反応が良かったフライの種類を含めて、まだまだ学ぶべきことは多そうだ confident

Xga2017080542_448x336

カズさん、無糖さん、一日お付き合いいただきまして、大変ありがとうございました。今シーズンも残り2ヶ月弱となりましたが、またぜひご一緒いただければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたし鱒~ happy01

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« July 2017 | Main