« March 2017 | Main

April 24, 2017

歩いて走って楽しい週末♪

先週の「夜の作戦会議bottle」の際、水曜日に釣りに行くという話が出ていたのだが、金曜日になって話の主のカズさんにphoneto電話で様子をお聞きしてみると、rain雨が明けた直後の増水で、竿を出すポイントがないような一日だったそうだ think
それでも、魚の反応はあったとのことだったので、自分も行ってみたいなぁと思っていたところ、goo~さんからお誘いいただいたのを幸いに、土曜日は二人で南アルプス方面を目指すこととした。

9時半に渓の入口へ到着。のんびり歩いて入渓点に向かっていると帰ってくる釣り人と出逢ったので、様子を伺ってみれば水温が低すぎるのか全く反応がないとのこと。装備を見るとテンカラ師のようだったが、毛鉤の時間帯はこれからだろうと考えて先に進む。

Xga2017042211_448x336

目指したポイントから釣り始めて暫くは、先行者氏の言うとおり無反応が続いたが、11時少し前に20cmほどのイワナをキャッチすると、それからはぽつりぽつりといつもの黒パラへのアタックが続き・・・。
終わってみれば、お昼を挟んで午後2時までの正味4時間弱で、8寸を頭に9尾のイワナをキャッチ&cameraデジタルキープすることが出来た notes

     Xga2017042229_448x336   Xga2017042242_448x336

Xga2017042246_448x335

そこそこ歩いた春の小遠足shoeからの帰り道、goo~さんから「コゴミを採っていきましょう」と言われ、晩酌のアテにと一握りほど摘ませていただいた。家に帰ってから、教わったとおり塩茹でにしておかか醤油で食してみたが、山菜的なアクや臭みはほとんどなく、わずかなヌメリ感と柔らかな歯ごたえが絶品で、ついついお酒が進んでしまった。
初体験のコゴミ採りだったが、これからの春先は真っ先に芽吹きを探してしまいそうだ happy01

Img_0234_448x335

goo~さん、一日お付き合いいただきましてありがとうございました。また、コゴミという新たな楽しみを教えていただいたことに、心から感謝いたします。山岳渓流も、これからが本格シーズンを迎えますので、またタイミングが合いましたら、ご一緒いただければと思います。

     sun     cloud     sun     cloud     sun     cloud     sun     cloud     sun

さて、明けて日曜日の朝は、いつものようにsoccerサッカー練習に出撃。
この日は若手?の40歳代メンバーが試合で不参加のミニゲームとなったが、自分はいつものゴール前で守るポジションの合い間に、走って走ってsweat013ゴールと1アシストを決めることができるという出来過ぎの結果に気分は最高up。前日の釣りに加えて、思い出に残るような週末を過ごすことが出来た。

さあ、次の週末からは待望のゴールデンウィークだ。まだスケジュールは決まっていないけれど、何度か釣りに出かけることが出来たら好いなと思っている。
拙ブログをお読みのみなさまも、良い連休を迎えられることを祈っております confident

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 17, 2017

とりあえず8寸、とりあえずハイボール!!

ようやく地元の桜が満開となったcherryblossom先週末土曜日は、気温もようやく上がり気味ということで、3週間前に全く反応がなかった南アルプス入口の渓を再訪してみた。

Xga2017041501_448x336

目指すポイントに到着した午前10時の気温は16℃で、空は薄曇りと申し分ない。流れは澄んでいたが、雪解け水が入っているのか増水気味で手を切るように冷たいのが気になるところ。

Xga2017041505_448x336

そんな条件の中、最初の1尾が釣れたのはスタートから2時間近くも経ってからだったが、8寸ほどの良型イワナだったので納得だ happy01

しかし、正午を過ぎたあたりから想定外の雨が落ち始め、雨具を車に置いてきてしまったので暫くは濡れながら釣りを続けたものの、空が明るくなる様子がなかったので、早々に上がることにする。それでも、退渓点まで急ぐ移動中に、ちびイワナながら4尾を追加出来たのは嬉しかった。

Xga2017041526_448x336_5 Xga2017041546_448x336_3 Xga2017041532_448x336_2

その後は車で少し山を下り、以前から少しだけ気になっていた地図に名称の表記もない小沢に初めて入ってみて、アマゴとイワナを少しだけ追加。ただし、数十メートルおきに巻きを要する堰堤が延々と続くために遡行が著しく困難なので、もう一度行ってみようという気持ちになるかはわからない渓ではある。釣り終了の30分ほど前になって青空が広がったお天気が、と~っても恨めしい一日だった coldsweats01

Photo

さて、その夜は釣り仲間カズさんとgoo~さんにお付き合いいただき、JR六合駅近くの居酒屋「縁」(えにし)さんで、夜の作戦会議開催と相成った。まずはbeer生ビールとハイボールで乾杯する。
シーズンが始まったばかりで諸条件が整わず、お二人とも苦戦が続いているようだったが、情報交換するなかで期待できそうな渓の名前も幾つかあがり、とても楽しいひと時となった。また、「縁」さんは気さくな若いご主人が、美味しい料理と沢山の種類のお酒を提供してくれ、お値段も控えめの素晴らしいお店だったので、ぜひまた近いうちに立ち寄ってみたいと思っている。
ということで、カズさん、goo~さん、大変お疲れ様でしたnotes
次回の作戦会議開催と、渓へご一緒いただけることを、心待ちにしておりますねconfident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

April 10, 2017

春雨にむせぶ渓にて

4月に入って桜の開花はまだかまだかと思っていたが、先週末の時点でようやく咲き始めという感じ。東京や岐阜辺りでcherryblossom満開の便りがとっくに入っていたのに、温暖な静岡県下が遅れを取るとは、なんだか変だなぁという感じがしていた think

天候はと言えば、まだまだ寒く感じる日が続いていたところ、木曜日の後半辺りから雨模様となって気温が上がってきた。ならば、渓流魚の活性も上がってくれるかと期待していたら、結構な降水量があったので河川は大増水だsweat01
そんな中、土曜日はとりあえず竿を出せたらいいなと思いながら、3週間前に訪ねた大井川の支流の様子を見に行ってみる。
増水して泥濁りの水が流れる本流や支流群の様子を見ながら、10時半頃目指す渓に到着すると、かなり水量は多いが濁りは酷くはなく、何とか竿を出せそうな感じだ。
小雨の降り続く中、大変な思いをしながら1時間半ほど遡行して、昼までに何とかちびあまご2尾と出逢うことが出来た。

2017040801

riceball昼食後は車で少し移動して、更に1時間ほど小雨に打たれながら渓を彷徨い、ちびちゃん2尾を追加したところで先に進もうという気持ちが折れてcoldsweats01、午後2時半で早々に撤退した。

2017040802

春雨にむせぶ河原に、ぽつんと佇んでいた山桜が印象的だった。

Xga2017040827_448x336_2

| | Comments (8) | TrackBack (0)

April 03, 2017

そのうち桜も咲くだろう

四月に入って、我が職場もshine新年度shineを迎えた。

人事異動もあって、また仲間達との別れと出会いが生まれることになる。自分もこれまで8回の転勤を経験したけれど、今回はポストが変わるだけの転勤無しで済んだので、家族はとても喜んでくれたhappy01
今日から自分の席は1階から2階へ変わるが、今度の部屋からは静岡の山並みの向こうに遠く南アルプスを望むことができるし、構内の池が目の前にあって様々な野鳥の姿を見るチャンスも多い。
とても良い環境で仕事ができることを、本当に嬉しく思っているconfident

ところで、今年は桜の開花が少し遅いような気がしていたけれど、今日になって少し気温が上がり、我が地元でもようやくちらほらと咲き出した。
遅咲きの桜を見るにつけ、人生は色々と待ち遠しい事も多いけれど、「そのうち時期もやってくるだろう」というような、ゆったりとした気持ちで生きていきたいなぁと思う cherryblossom
 
さて、4月1日の土曜日はsprinkle雨模様の一日になってしまったが、やっぱり釣りには行きたくて、自分が勝手に呼んでいる富士山方面の「あまごの森の渓」に出掛けてみた。

Xga2017040103

10時半頃に目指すポイントに到着したが、標高600m弱の渓から近くに見える山々には、何としっかりと雪が積もっている。こりゃ先週と同じように厳しいことになっちゃうかなぁと思ったら、案の定冷たい流れからの魚の反応はほとんどなく、午前中の釣果はゼロsweat01
なので、午後は標高を100mほど下げた小さな沢に潜り込んだ。しかしそこでも1時間近く渋い状況が続いたが、狭い渓を通せんぼする倒木を何度も乗り越えて良い区間に入ったのか、それとも時合がやってきたのか、ようやくポツリポツリとアマゴが釣れ始めたnote

2017040112

最初の1尾は白泡の中から飛び出した。ちょっぴり痩せた2尾目は深い底からゆっくりと出た。

2017040134

3尾目のおちびちゃんの次に出たのは、全身が黄色味を帯びた野性的なタイプ。

2017040156

5尾目は良型だけれどやっぱり痩せていて、6尾目は右手の大岩の下から元気よく飛び出した。

2017040178

7尾目はサイズダウンして、8尾目もちびちゃんだったが朱点が鮮やかだった。

以上8尾のアマゴ達と出逢えて、4月のスタートはまずまずかなというところ。
帰り際には、対岸に居たカモシカに、縄張りに入って来るなsign01とばかりに睨まれてしまったcoldsweats01

Xga2017040147

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« March 2017 | Main