« February 2017 | Main

March 21, 2017

天女魚、追河、初岩魚♪

4月の人事異動を前にして、もし転勤することになれば春彼岸の三連休は引越し準備かなぁなんて考えていたが、ポジションは変わるものの、大変ありがたいことに引き続き静岡勤務と金曜日に伝えられ、大いに安堵した coldsweats01

これ幸いに土曜日は釣りに行こうと思ったところ、良いタイミングでNatural Angler カズさんからphonetoお誘いをいただいたので、あれこれと相談の上、大井川中流域の支流へ出かけてみましょうとなった。

Xga2017031808_443x332

目指す先は、以前釣りのガイドブックに拙い紹介記事を書かせていただいた小渓流にしたが、解禁からまだ3週目ということで、この間押し寄せた釣り人のプレッシャーか、それともまだ水が冷たいせいか、魚たちの反応はすこぶる渋く午前中は無魚 wobbly。なんとか1尾と思いつつriceball昼食後に移動した支流で、ようやく小さなアマゴをキャッチしてホッとするも後が続かずsweat01
帰り際に立ち寄った別の小さな沢で、終了間際に5寸クラスを加えたところで竿を畳んだ。結局一日頑張って2尾という貧果だったけれど、これはこれで良しとしなければと思う。

Xga2017031811_443x332 Xga2017031805_443x332 Xga2017031821_443x333

カズさん、大変厳しい一日でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。これに懲りず是非また渓にご一緒くださいませ confident

     sun     sun     sun     sun     sun

さて、翌日曜日はsoccerサッカー練習の後の午後の一時間半で、裏の小川のオイカワ&カワムツに遊んでもらう。選んだ場所が良くなかったのか、釣れてくるのは10cmにも満たない小型ばかりだったが、短いながらも楽しい時間を過ごさせていただいた。

Xga2017031902_443x332 Xga2017031908_443x332 Xga2017031906_443x332

     fish     fish     fish     fish     fish

連休最後、春分の日の月曜日は、あわよくば初イワナにお目にかかりたいと思い、一人車を北に走らせる。

Xga2017032001_448x336

1時間半ほど走ってお気に入りの渓も目前と思ったところ、なんと車両通行止めのバリケードが行く手を阻む。道路工事の話は聞いていたが、通れるだろうと甘く考えていたのが大間違いだったと反省する。

Xga2017032004_448x336

仕方なく少し戻って小さな沢に入ってみると、しばらくまとまった雨が降っていなかったせいか流れは大きく減水していたが、始めてみれば小さいながらも綺麗なアマゴがフライに飛び出し、今シーズンの初イワナも釣れた。

20170320

小滝の高巻きなど遡行にちょっぴり怖い思いもしながら釣り進み、午後3時を過ぎて行きついた高い堰堤では、8寸を超える良型イワナが釣れて思わず頬が緩む catface。数もいつしか2桁となっていて、目指した渓には行けなかったけれど大満足の一日になってくれたshine

Xga2017032064_336x448

Xga2017032059_448x336

という事で、釣り三昧の三連休を過ごさせていただいたのだけれど、今度は家の用事もあれこれやらなければなぁと思っているところであります happy02

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 13, 2017

源流詰めには早すぎた・・かも

3月11日の土曜日は、東日本大震災の6周年にあたった。

Xga2017031205_448x336

当時自分は彦根市に単身赴任していて、不気味なほどのゆっくりとした大きな揺れを感じた後に、テレビに映し出される悲劇を呆然と見続けた記憶が鮮明に残っている。
この日は喪に服する方々も数多いのだろうなと思いつつも、自分は霊峰富士にほど近いお気に入りの渓へ、アマゴを求めて出かけさせていただいた。

しかしながら、釣果は本当に小さなアマゴ3尾をcameraデジタル・キープできたというだけの、残念なものだった think
魚の姿は、結構沢山確認できのだけれど、どうにも動きが鈍い感じがする。まだまだ水温が上がり切っていないということだろうか。しかも、水量が少ないことが魚達を神経質にしていたのだろうと思う。そんな中、他の釣り人とのバッティングを恐れて、源流を詰めすぎたことも、チャンスを逃した原因になったかもしれない。

Xga2017031206_448x336 Xga2017031211_448x336 Xga2017031213_448x336

Xga2017031219_335x448

帰り際の下流部で、渓から上がって来たルアーフィッシャーの方を見かけたので、「魚の反応はありましたか?」と尋ねてみると、「よねさんでは?」と訊かれてびっくり。なんとF・Bでお友達になっていただいているNさんだった。偶然の出会いを喜びつつ色々と情報交換をさせていただいた後、また山岳へご一緒しましょうと約束してお別れする wink

この日この渓の源流近くを初めて彷徨ったことは、決して無駄ではなかったと思うところだけれど、Nさんとの出会いが一番の収穫だったかもしれないな confident

Xga2017031203_448x336

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 06, 2017

2017大井川解禁は、やっぱり生まれ故郷から

いよいよ待ちに待った3月がやってきた。
静岡県下の渓流も一斉に解禁の時を迎えたので、その最初の土曜日は地元大井川の、生まれ故郷の渓に一人出掛ける。

お目当ての区間まで来てみると、ちょうど釣りを終えた一人のフライフィッシャーに出会ったので「出ましたか?」とお聞きすると、「小さいけどねhappy01」とのお返事。もちろん、小さくても釣れればOKだ。上流部は先行者が居るとのことだったので、その方が入渓された地点のやや下流部まで戻って釣りをスタートする。

Xga2017030432_768x1024_332x443

急な斜面を林道から10mほど滑り降りるようにして流れに降り立つと、瀬の中を走る魚影が見えた。空は晴れて気温は上昇気味。しかし、流れる水は冷たい。ダークダンの16番パラシュートを7Xのティペットに結び付け、小さなポイントも見逃さないようにキャストしていくと、時折魚の反応があるのだけれど、なかなかヒットに持ち込めないsweat01
それでも何とか6寸クラスのちびあまごをキャッチするが、午前中はこの1尾のみに終わった。
午後に入って更に上流に遡って行くと、明るく開けたポイントで、ちびあまごが反応する。これもなかなかヒットに持ち込めなかったが、それでも2時までに釣果は4尾になる。

20170304amago_2

Xga2017030441_768x1024_332x443

大好きな区間を過ぎたところで、先行者の気配の濃厚な上流部への遡行は諦め、一旦車まで戻ってず~っと下流の支流へ移動。期待は外れて、ほとんど反応はなかったが、なんとか2尾を追加できて午後4時にゲームセットとした。
ちびちゃんばかり6尾という釣果は、フライにアタックしてくれた魚の数からすると不満が残るものの、解禁4日目の最初の土曜日という事を考えれば、これで良しとしなければならないかもthink。この日デビューしたアンプカのチェストパックの使い心地も良好だったし、満足しなければならない一日だったかもしれないconfident
何はともあれ、渓流解禁が嬉しい。次の出釣はどこの渓に潜り込もうかなぁ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« February 2017 | Main