« ご案内のつもりが | Main | そろそろ解禁の準備などを・・・ »

January 24, 2017

厳寒期の釣りと旅

昨年12月半ばから、釣りは富士山麓方面が続いていたが、漁協が放流を行ったという情報があったので、この土曜日は今年初になる天竜参りに一人出かけてみた。

Xga2017012102_448x336

rain雨の翌日は風が強くなる事が多く、この日もいつものダム下は、上流側から下流側に向かって冷たい風が吹き抜け、空は明るくsun晴れていたものの釣り日和という感じではなかった。そんな中、午前10時から午後3時近くまで8ft3番のロッドを振り続けたけれど、残念ながら釣果は0。

Xga2017012105_448x336

午後2時頃からは目の前で散発的なライズも起こったが、フライがマッチせずただの一度の反応もない、パーフェクト無魚coldsweats01に終わった。唯一の収穫は、駐車場に佇む寒桜が、ただ1輪だけ花を付けていたのを見つけたことくらいか。厳寒期の天竜エリアの釣りは難しい。しかし、良い日に当たればそれなりに釣果も期待できるし、富士山麓の流れにはない魅力的なポイントもある。渓流解禁までの間、西に行こうかそれとも東か、まだまだ迷ってしまいそうだ。
ところで、早めに釣りを切り上げた後は、釣り仲間カズさんのお宅まで新築祝いの品を届けに伺った。図々しくも上がりこませていただいて、カズさんの「アジト」というヤツにお邪魔したが、床暖房が効いたその部屋は、とっても居心地の良さそうなフィッシング&オーディオ部屋となっていて、なんともうらやましい。持参した品の方も喜んでいただけたので、プレゼントして良かったなぁと思ったhappy01

2017012106_640x483_448x338

 
   fish   spa   fish   spa   fish   spa   fish   spa
 
話はがらりと変わって、日曜日と有給休暇を取った月曜日は、結婚35周年を祝ってささやかながら1泊旅行を計画した。

Xga2017012230_336x448_240x320_180x2

宿泊は、自宅から100kmちょっとという近場の箱根湯本。「箱根パークス吉野」という部屋付き温泉風呂がある宿を、pcネットで探して予約した。その部屋は、清潔で広々とした和洋室で、窓の下には須雲川の流れが見える。楽しみにしていた夕食のコース料理は、味もボリュームも満点でbottleお酒が進み、朝食バイキングの方も美味し過ぎてついつい食べ過ぎるdelicious。肝心のspa温泉には、チェックイン直後に大浴場露天風呂に入り、夕食後と就寝前に部屋付き半露天風呂、翌朝も大浴場の岩風呂に入って都合4回。さらりとした良いお湯を存分に楽しませていただいた。

Xga2017012215_448x336

Xga2017012217_336x448

また、旅の初日には御殿場プレミアムアウトレットで、2日目は小田原の鈴廣かまぼこの里とイオンタウン富士南でショッピングを存分に楽しめたことと、初日に「箱根ガラスの森美術館」に立ち寄って美しいベネチアングラスを眺めて眼を楽しませ、国際的バイオリニスト、アルベルト・デ・メイス氏の美しくも迫力のバイオリン演奏に感動したことで、とっても思い出に残る2日間になったかなと思うconfident。近くてもいい、そして短くてもいいから、またこんな旅がしたいものだnotes

|

« ご案内のつもりが | Main | そろそろ解禁の準備などを・・・ »

Comments

天竜参りご苦労様でした。
なかなか手強いですね。
ドライで勝負に拘るのも頭が下がります。
当日はローソンで見かけましたよ。
こちらは雲名に入って当たりがあったけどボをくらいました。
水温が低いんでしょうかね。
奥様と旅行を楽しまれて楽しそうです。
1月中に初物に会えるかなあ〜。

Posted by: 無糖 | January 25, 2017 at 08:16 PM

無糖さん、天竜は本当に厳しいですね。
金曜日の放流で、釣果が期待できそうな雰囲気だったんですが、活性が上がる条件は整わなかったようでした。雲名の魚も手強かったですか・・・。
そんな中、散発でもライズがあれば、ついつい水面勝負をしたくなってしまうんですねぇ、おいらはcoldsweats01
ローソンでニアミスだったんですね。もうちょっと周囲を良く見ていればよかったなぁ。

Posted by: よねさん@鱒美 | January 25, 2017 at 09:22 PM

両親・奥さんへ感謝の心いつもいつも感心させらるばかりであります。
お爺の処は来年35周年であります、何か考えないと死刑になってしまいます~

Posted by: 八兵衛です。 | January 30, 2017 at 09:05 PM

八兵衛さん、暖かなコメントありがとうございます。
自分にとって家族は、やっぱりかけがえのないもの。特に女房殿への感謝の気持ちは、欠いてはならないなぁと思っておりますconfident
35周年は、ぜひとも思い出に残るイベントを考えていだだきたいですねwink

Posted by: よねさん@鱒美 | January 30, 2017 at 09:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/64805123

Listed below are links to weblogs that reference 厳寒期の釣りと旅:

« ご案内のつもりが | Main | そろそろ解禁の準備などを・・・ »