« November 2016 | Main | January 2017 »

December 30, 2016

2016年の釣り納め ~67個目のフォルダ~

今年も残すところあと1日。
大掃除やら買い物やら、やらなくちゃいけないことは沢山あったけれど、昨日は格別のお許しをいただいて、fuji富士山麓まで釣り納めに出かけてみた。

Xga2016122918_448x336

Xga2016122901_448x336_2

海沿いの国1バイパスを走行中は少し雨に降られたが、川辺に立てば穏やかな曇り空。午後からは青空も広がって釣り日和の一日だった。
釣果の方は、ちびニジが2尾sweat01。それでも、ライズを狙ってドライで仕留めることが出来たので、この季節の釣りとしては満足だ notes

     Xga2016122904_448x336     Xga2016122915_448x336

これで、今年の釣りのデジタルcameraカメラ画像のフォルダは67個となった。思い起こせば、新たなお気に入りの渓がいくつかできたし、小物釣り師には不似合いの良型渓魚にも出逢えた、本当に素晴らしい一年だったと言えるだろう confident

ココログちびあまごをご訪問の皆様、本年も拙い日記をお読みいただき大変ありがとうございました。
皆様が、明るく穏やかな新年を迎えられることを、心からお祈り申し上げます。また来年も変わらずお付き合いいただければ幸いです happy01

追記:年末年始の皆様大変慌ただしいところと存じますので、この日記は閲覧のみとさせていただきます confident

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2016

西から東へ120kmの大ジャンプ!

先週の木曜日夜から金曜日未明にかけて、静岡県内はtyphoon風雨rainで大荒れの天候となった。その影響か、天竜川では秋葉ダムの放水が始まり、金曜日のL&Fエリアは洪水状態となって、釣りどころではなかったらしい。

Xga2016122402_448x336

自分は土曜日に出かけてみたのだけれど、午前10時少し前に到着すると、ダムの放水はまだ続いていた。折角のsun晴天に恵まれながらも、大増水で竿を出すポイントもほとんど無く、やはり増水していた支流側で、30分ほどフライを水面に浮かべてみるもドラマは起こらずsweat01。これじゃ退散するしかないなぁと思ったが、まだ帰るには時間が早すぎるから、思いっきり東へ移動してみるかと思い立つ。

Xga2016122405_448x336

流れから上がろうとしたところで、エリアの様子を見に来た無糖さんとちょうどお会いできたが、やはり釣りは諦めて帰られるとの事だった。

新東名を利用しての快適ドライブが2時間弱、西から東へ120km余りを一足飛びにして、12時半前には2週連続となる富士山麓の冬季特定区に到着。こちらももちろんsun快晴だが、風はややある。暫くポイントを探して歩いてみると、幸運にもライズを発見notes、先週と同様、ミッジサイズの茶系CDCカディスをキャストしてみると、何投目かにヒットしてくれたが、数秒のファイトでバラしてしまったcoldsweats02

Xga2016122412_448x336

それで魚が散ってしまったので、上流部の瀬に移動。ライズは無かったが、しつこく投げていたら小さな魚が掛かってくれた。今度はバレるなよ~と祈りつつ何とかランディングに成功sign01、とっても小さなレインボウだったけれど、とてもありがたい1尾に思えた。
しかしその後はチャンスが巡って来ず、最初にバラしたポイントに戻って、折角ヒットしてくれた魚をまたもやバラすという失態をやらかしたところで戦意喪失。まだ3時半というところだったが、帰りの渋滞を憂いて早上がりとした。

Xga2016122413_448x337

という事で、釣りの内容としては寂しいものだったけれど、西から東へ大ジャンプして魚の顔を拝めたので、記憶には残る一日となりそうな気がする。これで2016年の釣り納めとなるのだろうか。それとも、もう1回くらい挑戦権を与えてもらえるだろうか・・・coldsweats01

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 19, 2016

ライズに夢中 ~冬季特別区~

先週の日記から続く風邪の症状が抜けきらないままに一週間が過ぎた。
そんな、体調に不安を抱えつつ迎えたdespair先週末土曜日は、いつもの天竜エリアで放流があったことを漁協のHPで確認しながらも、少し目先を変えてみたいなぁと考えて、富士山麓に本年11月からオープンした冬季特定区へ独り出掛けてみた。

Xga2016121701_448x335

pcインターネットで情報を仕入れようとしたものの、なかなか核心のところがわからず、入漁券を入手するにもあちこち彷徨ってしまうという出だしだったが、午前10時半頃にはようやく川辺に到着。しかし、街中のエリアという事で駐車場が見つからない。とりあえず道路脇で釣り支度を整えていたところ、偶々住民の方から「家の駐車場に置けば良いよnote」というご厚意shineをいただき、勇躍流れに向かった。
両面護岸の川幅一杯に透明で豊かな水が流れていて、ドライフライで狙うのには厳しそうなので、土手の上から魚が居るかどうかを確認しながら上流に歩き進むと、ちょっとした落差の上にスクーリングする魚影が見える。その下流側の護岸の梯子を伝ってポイントに近づくと、折から魚達のライズが始まっていた。

Xga2016121706_448x336

sun快晴の空の下、水面には薄茶色の小さなカゲロウが流れていたので、色の似た19番のCDCカディスをキャストしてみると、すぐにヒット!しかし、あっという間にバラシcoldsweats02 その後、何尾かバラシた後で、ようやくランディングまで持ち込めたのは、7寸ほどのレインボウ・トラウトだった happy01

Xga2016121716_336x448_3

Xga2016121711_448x336

これで気を良くしたものの、散々場を荒らしてしまったのでライズが止まる。そこで再び土手の上からポイントを探しながら、エリア最上流部まで移動したところで、再びライズ発見!なんとか2尾目のレインボウをcameraデジタル・キープでき、ホッとする。
その後も、何度かヒットするものの、なかなかランディングまで持ち込めず、終わってみれば釣果は2尾止まり。それでも、わくわくするようなライズゲームを愉しめたので、気分転換は大正解だったなぁと思ったnotes

Xga2016121719_448x336

この冬季特定区は、11月1日から2月20日までのシーズン券が4000円で、日釣り券が2000円。当然シーズン券を購入したから・・・、とりあえずあと2回は行かなくちゃいけないかな coldsweats01

| | Comments (7) | TrackBack (0)

December 12, 2016

お疲れモードの週末

先週は、日曜日のオイオフに始まって、火曜日から金曜日までの4日連続でbeer飲み会bottleという、なかなか大変な日々が続いた coldsweats01

Xga2016121001_448x336

そうして迎えた土曜日は、午前中に女房殿のスーパー巡りにお付き合いしてから天竜エリアに出撃する。釣り開始はちょうど12時。空はsun晴れて気温は10℃を越えていたが、風が強く吹いているので、水面釣り師には厳しい状況だ。

しかし、水面をよく見ると、極小のカゲロウが風に吹かれて転がるように流れている。

Xga2016121002_448x336_2

いつものダム下区間を下流側から丹念に探って行くと、プールとプールをつなぐ短い瀬の下の弛みで、何か小さなライズがあったような気がしたので、じっくりと観察していると、小さな魚が流下するカゲロウに反応しているようだ。これは!と思って17番ダークダンのパラシュートを1mほど上流から流し込むと、数投目にふわっと浮かんでくる魚影を確認shine。スローモーションのようにフライを咥えてくれたので、アワセもしっかりと決まる。レインボウにしては小さいよなぁと思いながら慎重にネットを出して掬ってみると、それは20cmほどの在来鱒の子であった。

Xga2016121003_448x337

Xga2016121023_448x336

これに気を良くして更にポイントを探りつつ上流に移動していったが、それからは反応が続かない。午後2時頃に、エリア常連のSammyさんとお会いできたので暫し情報交換をし、再びダム下区間を探ったものの全然魚っ気を感じられなかったので、車で少し下流の区間に移動したが、釣り始めて間もなくダム放水を知らせるannoy大音量のサイレンが鳴り響き、何となく疲労感も募っていたので、まだ3時を回ったばかりであったが早々に引き上げとした。

          Xga2016121019_448x336         Xga2016121020_448x336

帰宅後は、何とも言えない倦怠感に襲われたので、これは風邪の引き始めじゃないかと思って薬を飲み、夕食後は早寝をするsleepy。そのおかげで、日曜日の朝は6時には目覚めて、いつものとおりsoccerサッカー練習にも出かけられたが、身体は重く息切れもひどかった wobbly
まあ幸運にも、風邪の症状はそれほど重くはならず、今日はちゃんと出勤できたのだけれど、喉が痛んで痰が絡む。土日は大人しくしているべきだったのかもしれないが、結果的には楽しめたので良かったなぁと思うところだ。
 
年末の繁忙に加えて飲み会なども多い季節ということで、皆様方も疲労や風邪には、くれぐれもお気を付けくださいませ confident

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 05, 2016

オイカワ・オフ 2016

釣り仲間の「ひろりん」が主催するオフライン・ミーティング「第17回オイオフ」が、この日曜日に静岡市内のいつもの小川で開催された。16年間も続き、数年前にはフライフィッシャー誌にも取り上げてもらったことのある、内輪だけれど歴史あるミーティングだ。

Xga2016120412_448x336

渓流釣りのオフシーズンにオイカワなどの雑魚を釣り、昼間っからお酒を呑んじゃおうという集まりなので、いつもはtrain電車とbusバスを乗り継いで現地入りするのだけれど、先輩カズさんの、今日は車で行くので乗せて行ってくださるというお言葉に甘えて、午前10時に暖かなshine陽光shineの降り注ぐ川辺に到着する。自分もカズさんも、それぞれ町内の防災訓練に顔を出したために1時間の遅刻となったこともあって、既にテーブル上には飲み物食べ物が並んでいて、ひろりんの奥様手製のおでんも温まっていたhappy01

Xga2016120403_2

Xga2016120409_448x336

Xga2016120408_448x336_360x270

さっそく持参の井筒生ワイン赤&白に国産ウイスキーのツインアルプスを供出して、乾杯ももどかしく釣り談義が始まるwine

Xga2016120416_448x336

アルコールが少し回ったところで、メインイベントのオイカワ釣りがやりたくなるのがいつもの流れだ。初心に立ち還るべくチョイスした30年以上も昔のグラスロッドをセットして、流れに立ち向かい少しずつ遡って行くと、開けたポイントでカズさんとgoo~さんが代わる代わる小さな魚をヒットさせていたので、自分もその順番に加えてもらった。するとすぐに、ぽってり肥えたカワムツがヒットsign01
昨年のオイオフでは、条件が整わなかった所為かミーティング終了間際にようやくカワムツを1尾掛けただけだったので、記念撮影を済ませてホッとするcoldsweats01

Xga2016120419_448x336_2

ひとしきり小物釣りを楽しんだ後でテーブル・サイトに戻り、再び呑んだり食べたり話したりの楽しい時が流れていく。今回、随分と久しぶりに再会できた友人もあって、このような機会を与えてくれたオイオフ開催は本当にありがたいと思う事しきりだ。
こうして愉しい時間はあっという過ぎていき、午後4時には第18回の開催と仲間たちとの再会を願いつつ、無事お開きとなった。

Xga2016120428_336x448_270x360

Xga2016120425_448x336 Xga2016120430_448x337 Xga2016120431_448x336

主催者ひろりん&まりりん、そして参集された釣り仲間のみなさん、今回も大変ありがとうございました。来年も、この水辺に行けることを楽しみにしております~ happy01

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« November 2016 | Main | January 2017 »