« そうだ、Nの山に行こう! | Main | 太陽燦々、イワナも燦々 »

August 29, 2016

どうしようもなかった一日

8月最後の土曜日は、そろそろ山岳方面の喧騒も収まっているんじゃないかと期待していたところ、tv天気予報は生憎のrain雨。それなら、車から降りてすぐに釣りになるような所に入ろうかと思い、ステップワゴンを独り南アルプス方面に走らせた。

9時過ぎにいつもの駐車場に到着すると、やはり思ったとおり車は少ない。空模様はと言えば、それまでcloud曇りだったのだが、身支度を整えて9時半に釣りを開始する頃には、待っていたかのように雨が降り始めてしまったsweat01

Xga2016082707_448x336

それでも、すぐにぽってりとしたお腹の7寸を越えるイワナが釣れて、これなら今日も2桁はイケるかなぁと期待したのだが、それからは魚の反応が全くなく、2尾目の小型イワナが釣れたのは1時間半の後。
雨を凌ぐために橋の下で摂ったriceball昼食後は、続く支流に入ってみたが、自分が巻いた拙いフライを見に来る魚は居ても、なかなか口にしてはくれない。意識的に遅アワセをするようにしていたが、たまたまガツンと手ごたえを感じても、なぜかすぐにバラしてしまうcoldsweats02。気難しい魚を相手に我慢の釣りが続いて、ようやく掛かった魚はおいらサイズのちびあまごだ。それでも魚は居るんだからと釣りを続けたが、とんでもなく渋い状況は変わらない。
そんな中、いかにも魚の居そうなポイントに続く、いかにも釣れなさそうな溜りのようなところから、良い型の魚がゆっくりとフライを咥えた・・・。

Xga2016082723_448x336


Xga2016082731_448x336

釣れない釣りが続いていたので、ファイトにはどうしても焦りが出るsweat01sweat01。しかし、毛鉤の掛かりどころが良かったおかげで、無事ランディング出来たのは、思ってもみなかった26cmほどの良型アマゴだった。アマゴとは書いたが、よ~く見ても朱点が見当たらないので、もしかしたら居るはずのないヤマメ?とか考えたが、以前ここで釣ったアマゴは、朱点が極く少ないタイプだったので、これもそれだと信じることにする。
しかし、それからはまた、魚が出てもフライを突っつくだけとか、ヒットしたと思っても瞬時にバレてしまうという状況が続き、釣果を積むことなく、午後4時になったところで遡行を諦めることにした。
雨が降ったり止んだりする中、丹念にポイントを探って行ったつもりだったが、良型アマゴが出てくれたとは言え、終わってみれば実に納得がいかないイワナ2尾とアマゴ2尾という貧果。
これは、今シーズンでは一番ダメだったかなぁと思うところだったが、敗けっぱなしでは悔しいので、シーズン中の再挑戦を誓いつつ渓を後にした think

|

« そうだ、Nの山に行こう! | Main | 太陽燦々、イワナも燦々 »

Comments

こんにちは。
例の沢ですか?写真見ると、ド・渇水のようですね。
こんな状況でのあそこの良型アマゴ、素晴らしいっす!
今シーズンの我が身の情けなさからは、羨ましいの一言。
私も増水したら再訪を狙ってますが、全然降りませんね。
残り一月、なんとか良い思い出を残したいんだけど・・。

タイミング合ったらまた宜しく~。

Posted by: goo~ | August 30, 2016 at 08:59 AM

goo~さん、そうです、今シーズン教えていただいた例の沢です。
ご指摘のとおり、ドドド渇水でしたよcoldsweats01
魚達の反応が極渋だったのは、その所為かもしれませんし、もしかしたら先行者があったからだったかもしれません。魚が居ることは確認できたので、再挑戦を誓うところなんです。
しかし、もう少し水が無いと、返り討ちを喰らう恐れも大なので、出撃機会は難しいですね。
こちらの南アもあわせて、タイミングが合いましたら、またよろしくお願いいたし鱒~note

Posted by: よねさん@鱒美 | August 30, 2016 at 08:14 PM

南アなかなか厳しかったようで。
それでも美形アマゴが出てくれてよかったねえ。
よねさんがこの数だと間違いなくオイラだったら無魚でしょう。
渇水はやはり釣りには厳しい環境ですね。
秋の気配も出てきたし、雨が降って水量が増せば楽しく釣り上がれるかも。
9月はもう1回行きたいなあと思ってます。
ではまた。

Posted by: 無糖 | August 31, 2016 at 08:36 PM

無糖さん、8月終盤の閑散期を狙っての釣行でしたが、思惑は完全にはずれてしまいましたcoldsweats01
魚の姿はそこそこ見ましたが、これだけ気難しいと感じた事も、今まであまりなかったんじゃないかと思います。
それが、渇水の所為なのか、先行者のプレッシャーなのかはわかりませんが、もう一度挑戦してみたい渓ではありますよ。
渓流シーズンも、あと1ヶ月を残すばかりとなりましたね。毎週土曜日は出撃する予定ですので、タイミングが合いましたらご連絡くださいませconfident

Posted by: よねさん@鱒美 | August 31, 2016 at 09:46 PM

こんにちは。
なにかと忙しく、思ったような釣りができてません。
ここは例の支流でしょうか。
今回は厳しかったようですが、今シーズン思いのほか、良さが再確認できた渓になりましたね。
ただし、私が行った時も超渇水で下の方は釣りになりませんでした。
ところでこちらは前回体調不良で途中断念したダム上の支流にリベンジに出かけましたが、
今回のよねさんのような状況で、極端に反応が少ないうえ、たまにあってもすぐバレるパターンで、滝までで4尾と不本意な結果でした。
しかも滝を巻くときに捻挫してしまい。
帰路はちょっと大変でした。
今シーズン終盤に間に合えばいいのですが。

Posted by: カズ | September 04, 2016 at 10:25 AM

カズさん、こんにちは。
足をお怪我とは心配ですsweat01
自分も3週間前に痛めた右ふくらはぎが完全でなく、サッカー練習も休んでしまっていますdespair
ご自宅建設に仕事にと、お忙しいようですね。
新居の完成は、いつ頃なんでしょうか。

さて、ここはgoo~さんに教えていただいた例の渓です。今回も超渇水でチャンスは少なかったですが、魚がそこそこ居ることは確認出来たので、雨が降ったらまた行ってみたいと思っているところですよ。
ダム上の渓には、昨日行って参りました。
またブログに書きますが、今回は好い釣りが出来て満足しました。
今シーズンも残りわずかとなりましたが、足が回復して出撃タイミングが合うことを、心から願っておりますconfident

Posted by: よねさん@鱒美 | September 04, 2016 at 05:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/64123984

Listed below are links to weblogs that reference どうしようもなかった一日:

« そうだ、Nの山に行こう! | Main | 太陽燦々、イワナも燦々 »