« アクシデントは突然に | Main | 虹の日のイワナ釣り »

July 11, 2016

大雨洪水警報発令中!

気象庁の統計開始以来、2番目に遅く発生したという台風1号のtvニュースが流れた時、その進路予測を見て、遥か南の方の出来事だと思っていた。しかし、週末になってその台風の影響が、まさか静岡県にも及ぶとは、全く考えていなかった。

土曜日は、未明のrain雨の音で目が覚めた。やっぱり天気予報どおりだなぁと思いつつ二度寝し、6時を過ぎてから活動開始。の~んびりとした朝を過ごしてから、テレビを観ながら毛鉤を巻いていると、県中部に大雨洪水警報が発令される。それでも川の様子を見に行かないと気が済まないというのが釣り師の悲しい性というもので、家族の冷ややかな視線を無視して10時半に独り家を出た。

Xga2016070903_443x332

Xga2016070907_443x332

機関車トーマス号が走る大井川沿いに北上していくと、目に入ってくるのは泥濁りの支流群。雨も依然として強く降っているので、少し早目の昼食にしようと、途中にある「村の市」の「真希」といお店で、桜海老のかき揚げ蕎麦をいただく。
お腹も一杯になり、再び降りしきる雨の中をお目当ての渓に向かうが、どう見ても釣りにはなりそうもない。それでも、最上流の様子が見たいと最終集落の上まで行ったが、当然の様な泥濁りの状況に即折り返す。

Xga2016070910_443x332

そして数分走った所で眼前に現れた光景は、2mは超えていそうな巨岩が道を半分塞ぐ様子だcoldsweats02。え?さっきここを通ってから5分位しか経ってないじゃん!と驚きながらも、一人ではびくとも動かない岩があるせいで通ることが出来ないので、こりゃ困ったどうしようかと考えて、最終集落まで助けを呼びに戻ることにした。

     Xga2016070912_443x332  Xga2016070915_443x332

そして、有難いことに2人の男性が現地まで駆けつけてくれ、なんとか小さいほうの岩を除けることができたおかげで、無事関門を通過dash。思い起こせば、家の出掛けにお袋殿が「大雨で帰れなくなると困るから、あまり奥まで行くな」と言ってくれたのだが・・・、年寄りの言う事は聴いとくもんだということだったかもしれないなぁ coldsweats01
 

Xga2016070925_443x332

さて、それからも諦めの悪い自分は、竿が出せそうなところを探してあちらこちらと走り回り、結局いつもの故郷の渓に辿り着く。しかしそこも濁りが濃く万事休すと思ったが、ようやく雨も上がり加減になってきたので、少しだけでも竿を出してみようと頭上の開けた瀬に降りてみた。

Xga2016070947_443x332

すると、薄茶色の流れの中から小振りのアマゴが黒パラに飛び出した。そして意外にも、100mあるかないかの区間で沢山のちびあまご達が、小気味の良いファイトを楽しませてくれる。泥濁りの中でも貪欲に餌を追う魚たちの逞しさに、改めて感心させられた一日となった。

20160709amago_2

ということで、この週末も渓流魚と出逢えた事に感謝したい。それにしても、梅雨明けはまだかなぁ confident

|

« アクシデントは突然に | Main | 虹の日のイワナ釣り »

Comments

ウヒョ~!この水色で釣ったんだ!?凄い!!てか、凄過ぎ~!!!
拙なら絶対Uターン、それ以前にあの雨の中出掛けないっすよ。
やってみるモンですね。「諦めるな!」って、良い教訓です。

崖崩れはビビリますね。つい(大岩の直撃食らったら・・・)
なんて、想像しちゃいます。亀の甲より年の功、お互い慎重に
行きたいモンですね。

Posted by: goo~ | July 13, 2016 at 08:58 AM

goo~さん、こんな水の状態の中からも、アマゴ達は反応してくれましたよ。改めて、野性の凄さを感じさせてもらいました。
諦めないことも大切かとは思いますが、あの雨の中を突撃するのは、やっぱり勧められるものじゃありませんでした。亀の甲より年の功とは、良く言ったものだと思いますconfident
それにしても崖崩れには、巻き込まれなくて良かったなぁとつくづくホッとしておりますcoldsweats01

Posted by: よねさん@鱒美 | July 14, 2016 at 12:13 AM

おはようございます。(^^)
落石&事故は、怖いですね。滝汗
静岡市南部に大雨洪水警報発令ありましたが、静岡南アは影響小。
翌日の放流活動は予定通りでした。
いよいよ山岳渓流シーズン本番ですね。(^^)

Posted by: アマゴ27 | July 15, 2016 at 05:44 AM

こんばんは。
大岩が道を塞がなくて良かったですね。
以前 私も同じぐらいの岩に道を塞がれたことがありますが、帰りではなく、行く途中だったので、難を逃れることが出来ました。
昨年・・・私の友人は雨でもないのに道を倒木に塞がれ、翌日まで車の中で過ごしたそうです。これから禁漁までは渓魚に癒されたいと思います(^^)
鮎も渓魚なんですが・・・(汗)

Posted by: フィッシュアウル | July 15, 2016 at 06:59 PM

アマゴ27さん、山岳方面のドライブでは、やっぱり落石が怖いですね。今回は難を逃れましたが、帰れなくなったら、かなり困ったところでした。
いつも放流活動、ありがとうございます。おかげさまで、楽しい釣りができるんだと感謝しておりますよ。
早く梅雨明けの声が聞きたいですねwink

Posted by: よねさん@鱒美 | July 16, 2016 at 08:15 AM

フィッシュアウルさん、大岩の方があと1m出っ張っていたら、当分は車で通れなくなるところでした。ずっと以前、畑薙ダムの下で崩落があった時、ひろりんは車を置いて帰ったと聞いたことがあったのを思い出しました。今回は難を逃れられて良かったなぁと思っております。
ところで閑蔵から井川の通行止めが長く続いていて、オクシズ方面へは足が向かなくなってます。今日は偵察がてら行ってみようかなと考えてますが、渓流魚に癒してもらえるかなぁcoldsweats01

Posted by: よねさん@鱒美 | July 16, 2016 at 08:20 AM

いや~危機一髪
何が起こるか、長雨や大雨の時は要注意ですね
以前から買おうと思ってはいましたが
大きめのバールは必需品かもしれませんね

Posted by: 八兵衛です | July 17, 2016 at 10:34 PM

八兵衛さん、大雨と言っても台風が来てる訳じゃあるまいしと、高を括っておりましたcoldsweats01
しかし、雨が降っても行ってみたいというのは、仕方ないかなぁと思っております。
バールやスコップを積んで行くのも有りかと思いますが、デカい方の岩がとおせんぼしてたら、もうお手上げでしたよ。
とりあえず今回は、ラッキーでしたconfident

Posted by: よねさん@鱒美 | July 18, 2016 at 07:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65929/63894551

Listed below are links to weblogs that reference 大雨洪水警報発令中!:

« アクシデントは突然に | Main | 虹の日のイワナ釣り »