« April 2016 | Main | June 2016 »

May 30, 2016

梅雨入り前に走っておこう♪

先週も、木曜日から金曜日未明にかけてrain雨が降ったので増水の心配はあったけれど、終日cloud曇りとなった土曜日は、ステップワゴンに自転車を積み込んで、とりあえず先週goo~さんと歩いた渓を独り目指した。

10時半に車止めゲートに到着。ZIPPO号に乗り換えて林道を走り始めると、未舗装の路面は乾いているし、川の流れも先週より減水して澄んでいるshine。どうやら南アルプス方面では、里のような雨は降らなかったようだ。

Xga2016052801_448x336

道沿いの木々の様子に目をやれば、あちらこちらでニセアカシアが、マメ科らしい姿の可愛らしい白い花をつけていて、また季節が進んだんだなぁと実感する。ニセアカシアは北米原産の外来種と聞いた覚えがあったので、こんな山の中で繁殖しているのはなぜだろうと思いつつも、たわわな花房が5月のそよ風に揺れる様子は、ひととき心を和ませてくれたconfident。(帰ってpcネットで調べたら、痩せた土地でも良く育つ樹木なので、その昔、治山のためにあちこちへ植えられたとのことだったsweat01

Xga2016052804_448x335

Xga2016052814_448x336

さて、入渓点には先行者の自転車が1台あったが、時間の間隔は開いているだろうと勝手に決めつけて(現実逃避?)、予定どおり釣りを開始。しばらくは魚の反応がなかったが、正午になろうかという頃に、ようやく7寸ほどの逞しい姿をしたアマゴが、浅い瀬の流心から出てくれた note

Xga2016052808_448x336

ここで昼食として、何の反応も無かったプールの傍らでriceballコンビニおにぎりを頬張り、食べ終えた後で座ったまま目の前の流れに黒パラを浮かべると、なんと8寸クラスのアマゴがヒットsign01。こんな事もあるんだなぁとcatface思わずにんまりしてしまう。

Xga2016052821_448x336 Xga2016052870_448x336 Xga2016052873_448x336

それからは、イワナ・イワナ・イワナ。途中で上流から先行者さんが下って来たが、その後も魚の反応はぽつりぽつりと続いてくれる。ちょっぴり期待していた大物との出逢いはなかったけれど、午後4時までに12尾のイワナをキャッチ&デジタルcameraキープして、まずまずの一日になってくれた。

Xga2016052854_448x336

ということで、2週続けて自転車釣行となったが、走った距離はごくわずか。次回はもう少し先まで行ってみたいと思っている。梅雨入りが心配だけれどもね・・・coldsweats01

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 23, 2016

YAMAP(やまっぷ)を使う

山岳方面に釣りに行く際、特に初めての渓ともなれば地形図は必携だが、紙の地形図では自分の居る位置がわからないということもあるので、これまでSONYのポータブル・カーナビにアウトドア地図という地形図を無料でインストールして使っている。しかし、SONYはとっくにカーナビ分野から撤退してしまったので、万一壊れた時の事を考えて、代わりになる安くて良いモノが出てこないかなと心待ちにしていた。そして今回ネットで目に入ったのが、YAMAP(やまっぷ)というスマホ向けの無料アプリだ。

Xga2016052172_336x448

自分は、ガラケーとデータ専用月3GBの格安SIMを入れた、通話不能のなんちゃってスマホの2台持ちなので、月々のデータは極力抑えたいところ。そんな要求を適えてくれる地図アプリがYAMAPで、自宅のWiFi環境で各地の地形図を無料ダウンロードしておけば、携帯電波の届かない山中でもGPSによって地形図を表示して、自分の居る位置もわかるというもの。しかも、登山ルートと所要時間が表示され、実際に歩いたログや途中で撮影した画像も保存される。そのログは、山から帰ってから自宅のpcPCで確認でき、自動的にSNSに公開することも可能。これだけ高機能なのに無料で使えるなんて、信じられない~~!!という感じだhappy01

448x292

この週末の土曜日は、釣り仲間で先輩のgoo~さんにご一緒いただき、南アルプス方面に出撃したので、お試しで使ってみたところ、SONYのナビよりも正確な位置情報が示されるし、歩いたルートもしっかりと保存されていた。他にもこのようなアプリがあるのかもしれないが、とりあえずYAMAPは楽しく実用的なアプリだと実感した。

Xga2016052103_448x336

ところで土曜日の釣りの方はどうだったかと言えば、雨の増水のために先週は途中であきらめた自転車釣行に再挑戦し、明るい五月晴れの下で、ハルゼミが鳴き始めた渓のやや多めの流れの中から、2尾のアマゴと8尾のイワナのご挨拶をいただくことができた。

Xga2016052152_448x336

どの魚のコンディションも大変充実していて、素晴らしいファイトを楽しませてくれたのだが、特に印象的だったのは大岩の陰から出た8寸ほどのイワナ。前回の日記に書いたような、紫色の頬をしたヤマト系だったので、この釣行では色々な事があったのだけれど、その1尾のおかげで大満足な一日になったと思う。

Xga2016052109_448x336 Xga2016052133_448x336 Xga2016052143_448x336

Xga2016052138_448x336

今週は、またもや水・木曜日辺りに雨が降るようだが、本格的な梅雨に入る前に、もう一度自転車釣行が出来ると好いなぁと考えている。goo~さん、一日お付き合いいただきまして、大変ありがとうございました。また出釣のタイミングが合うことを、楽しみにしております confident

Xga2016052160_448x336

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 16, 2016

うすむらさきの・・

5月も半ばに入ったので、そろそろ山岳のイワナ達も活発に動き出したかなと思い、土曜日はステップワゴンに自転車を積み込んで、北に向けてハンドルを握った。

Xga2016051401_448x336

この時期のわが町辺りは、特産の新茶や葉の茂った木々の緑色が鮮やかだけれど、標高が上がっていくにつれて目に入ってくるのは、風に優しく揺れるうす紫色の藤の花と、同じような色合いの桐の花。

Xga2016051405_448x336

やっぱり山では、季節が少しだけ遅れているなと実感する。そう言えば大井川の本流イワナは、頬の辺りが紫色に煌いていたなぁheart04などと思い出しながら2時間余りのドライブを楽しみ、10時過ぎに車止めのゲートに到着した。
そこまでの本流やダムが濁っていたので心配はあったものの、そそくさと身支度を整えてペダルを踏んでいくと、ほどなく上流から下って来る釣り人らしきMTBが見えた。こんな時間に戻ってくるなんて、もしや・・・と不安になったので、声を掛けさせていただき上流の様子をお聞きしてみると「どこまで上がっても本流は泥濁りですよ」とのお答えだsweat01。どうやら釣るところがなくて早々に退散してきたようで、せっかくここまで来たのにという思いもあったけれど、自分もそこからUターンすることにしたdespair
車に戻りながら、さてこれからどうするかと考え、どっちみち中途半端な日になっちゃったんだから、何年か前の大水で魚の姿が見られなくなってしまった、以前はとても魅力的だった小さな支流の様子でも、久しぶりに見に行ってみようと思い立つ。

Xga2016051413_448x336

数十分ほど車で下って12時少し前に到着した渓には、洪水の爪痕がそのまま残っていたが、渓流魚が居着きそうなポイントは結構ありそうだ。

Xga2016051432_448x336_2

実際、魚影もある程度復活していて、最初に入った頭上の開けた下流部では、1時間余りの間に小型のアマゴをテンポ良く5尾キャッチ&cameraデジタル・キープ。

Xga2016051455_448x336


Xga2016051452_448x336

少し遅くなったriceball昼食後は上流の核心部に移動するも、豊かに茂っていた渓沿いの木々削ぎ取られて荒れ果てた流れからは反応が少なく、3時間近く粘って中・小型のイワナを4尾追加するにとどまった。

Xga2016051441_448x336_2

まあ、都合4時間ほどで9尾ならば、逃げで入った小渓流の釣果としては満足すべきかと思うところだったが、やはり自転車釣行が果たせなかったのは残念でならない。本流育ちのパープル・チークのイワナには、また次の土曜日以降に会いに行くこととしよう confident

Xga2013060815_448x337_2

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 09, 2016

右目の不調は・・・老化!?

2週間前のサッカー練習の際、至近距離からの相手soccerシュートを右顔面に喰らってwobblyしまい、それから右目の見え具合が心なしか悪くなったような気がしていた。その症状としては、全体的には見えているのに、見たい中心部分だけがピンポイントで霞んでいるというもの。まさか網膜剥離とかではないだろうかと心配になったので、市内の眼科をpcネットで探し、ゴールデンウィーク期間中の5月2日に有給休暇をいただき、飛び込みで受診。色々と検査してもらったところ、視神経や黄斑や眼圧・眼底などに異常はなく、矯正視力も左右共1.5程度出ているので、正常でしょうとの診断。少し様子を見ながら数日後に再度受診してくださいとのことだった。

そうして予約した7日に再度診察してもらい、結果的にはやはり問題無し。中心部が霞むというのは、眼球の中の液体に老廃物があるからだろう(飛蚊症)とのことで、様子を見ていくしかないですねとのお話だった。恐る恐るサッカーは続けても大丈夫ですかと訊いてみると、大丈夫ですよとのお言葉にホッと一安心coldsweats01。結局、右目の不調は老化ということで、この症状には慣れていくのみと自分に言い聞かせるしかないだろう think

それにしてもこの先生は、サッカーボールが当たったからと言ったからか、急な症状悪化を案じて、休診日である5日にわざわざtelephone電話でその後の状況を確認してくださった。もっとも、能天気な自分は釣りに出かけていたので、家人が対応してくれたのだけれど・・・sweat01sweat01
ルックスはクールでインテリshineな印象の先生だが、休みの日にまで一見の患者を気遣ってくださる温かい気持ちに、思わず感激upまた何か気になることが生じたら、是非この先生を頼って行こうと思っている。

     fish   fish   fish   fish   fish   fish   fish

さて、目がそんな状態の中でも、GW後半も釣りにはしっかりと行かせてもらったsweat01

Xga2016050503_336x448
眼科の先生からお電話をいただいた5日も、実は愛知県まで独り出掛けていたのだ。

Xga2016050522_448x336

Xga2016050537_448x336

前日の雨の影響が懸念されて、大井川水系は入渓が厳しいだろうという判断からだったが、愛知の渓も当然のように増水気味。それでも、澄んだ水が滔々と流れるダイナミックな渓相の中から、小振りのホウライマスにニジマス、そして綺麗なちびあまご達が飛び出してくれて、そこそこに楽しい一日を過ごすことができた happy01

Xga2016050508_448x336 Xga2016050515_448x336 Xga2016050535_448x336

     sun   rain   sun   rain   sun    rain   sun

Xga2016050701_448x336

そして7日早朝の受診後は、南ア入口の渓に再再再チャレンジ。前回から1週間経って、タラの芽が元気に開いていたお気に入りの区間には、GW最終盤だからか幸運にも釣り人の車は無い。前日降ったrain雨も、流れを僅かに増水させた程度で、条件は悪くない。しかしながら、連休中に魚達は散々攻められ続けていただろうから、間違いなく厳しい釣りになるだろうと覚悟しつつ11時にスタートすると、案の定反応が渋い。何回かの微妙なアタックをスカした後、正午直前に7寸強の綺麗なイワナがヒットすると、それからはぽつりぽつりと数が重なり、合計8尾となった午後3時半に一旦退渓。車に戻って少し移動した区間で、成魚放流されたアマゴをちゃちゃっと3尾追加して、午後4時半には渓を後にした。

Xga2016050715_448x336 Xga2016050710_448x336_2 Xga2016050764_448x336

Xga2016050742_448x336_2

この日悔しかったのは、バラシが非常に多かったことshock。これはデカイ!と思ったイワナは手許に寄せることすらできなかったが、8寸ほどのスリムなイワナはデジタルcameraキープすることが出来たし、大型連休の締めくくりとしては出来過ぎとも言えるだろうか。梅雨が近づくこれからは、空模様と相談しながら山岳方面に通うことになると思うが、機会あればバラしたあいつにも会いに行きたいものだ。

Xga2016050763_448x336

という事で今年のGWは、都合4回の釣りの他にも、爺婆を連れて静岡市内の美術館・博物館巡りで目の保養をしたり、女房殿と御殿場アウトレットに出かけたりと色々楽しめたし、ちょっとした家の片付けなども出来たので、まずまず充実した日々が送れたと総括している。身体にはちょっと疲れsweat01が残っているけれど、heart01心は十分にリフレッシュした気分なので、これから仕事に生活に励んでいく気力を、しっかりとため込むことができたかなと思っているところだ confident

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 02, 2016

ハンディキャップ戦は・・・敗けだったかな

cherryblossomそもそも4月の天候は不安定ではあるけれど、今年は週末前になると崩れてしまうパターンが続いて、GW直前の木曜日もrain雨模様の一日になってしまった。

Xga2016042932_336x448

一夜明けた昭和の日(×みどりの日:5/7修正sweat01)の金曜日は、とりあえずsun晴れてはくれたので、3度目の正直、ダメ元で南アルプス入口の渓に独り向かってみると、降水量はさほどではなかったのか、意外にも流れは平水に近く澄んでいる。しかし、お目当てのポイントには車が2台。どうしようかなと一瞬迷ったが、連休中ならば何処に行っても同じ、ハンデはあるけれど挑戦するしかないと決めて、僅かに濁りの残る流れに対峙した。

Xga2016042901_448x336

Xga2016042906_448x336

すると、開始早々に魚の反応があって、すぐに尾びれが欠けたコンディションながら、7寸超えのイワナがヒット。何だ、釣れるじゃんと思いながら、お昼までの1時間半ばかりの間に、8寸を頭に4尾のイワナをcameraデジタル・キープすることができたhappy01。ところが、午後になってからは渋~い状況に陥ってしまい、結局午後の4時間では2尾追加できたのみという、厳しい一日に終わった。

Xga2016042931_448x335

Xga2016042913_448x336

不釣の原因は、冷え込んでしまった天候の影響があったかもしれないが、それよりもやっぱり、自分の技量不足だろうなと思う。それでも3度目の正直で、釣りたい区間を歩けたのは良かったなぁと思っている。偶然ながら、サンショウウオにも出逢えたしね note
 
さて、1日置いた日曜日は、soccerサッカー練習で一汗sweat01流した後の午後に、今シーズン2度目となる生まれ故郷の渓へ、独り出かけてみた。

Xga2016050110_448x336

前回来たときは、ミツマタが柔らかそうな花を咲かせていたが、季節も移った今回は、シャガの群生が山肌を白く彩っている。実績のある渓だから、そこそこ釣れるだろうという安易な気持ちもあって、自分にハンデキャップを与えるべく、ロッドは5ftのオリジナル・ゴギロッドをチョイス。3連休最後の日曜日ながらも、午後2時過ぎの渓には、釣り人らしき車はない。これなら何尾かのアマゴと出逢えるかなと思ったが、それは甘い幻想だった。

Xga2016050103_448x336

結果から言うと、魚からの反応は2桁近くあったかもしれないが、獲れたアマゴは僅かに1尾。それでも、小さいながら充実したプロポーションには納得したけれど、まさかこれ1尾に終わるとは思ってもいなかったというのが正直なところ。超ショートロッドで挑んだハンディキャップ戦は、完敗だったと言って良いだろう。
さて、GW中で釣りに行けるのは、あと2回というところだろうか。またしても雨の予想が入っているが、何とか良い釣りがしたいものだ confident 

         Xga2016050111_448x336_2        Xga2016050113_448x336_2

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« April 2016 | Main | June 2016 »