« October 2015 | Main | December 2015 »

November 30, 2015

西と東のエリアにて

11月も後半に入り、ひと雨ごとに寒さが強まってきた。楽しみにしていた出勤時のオイカワ・ライズも見られなくなり、そろそろコートの出番かなと思うこの頃。そんな土曜日は、在庫切れのフライを何本か巻いてから、のんびりと天竜エリアへ独り出かけた。

Xga2015112801_448x336

途中の二俣町に入った頃に11時半となったので、以前から気になっていたtrain天竜浜名湖鉄道天竜二俣駅横の「食の駅・十文字屋」さんに立ち寄って、メニューの中で目に付いた「遠州麦豚ステーキそば定食」804円也を注文。お腹が空いていたので美味しくいただいたが、温かいお蕎麦に入れるなら、薄切りのお肉の方が合うんじゃないかなぁと思ったのが正直な感想、名物らしきカレー系にすれば良かったかも coldsweats01

Xga2015112805_448x336

エリア到着は12時半。sun晴天には恵まれたが、気温は14℃と低く風も強くて、ドライ勝負は厳しそうだ。まずは前回良い感じだった大プールの下流端に行って水面の様子を観察していると、風でさざ波立っていても時折ライズがある。しかし、あまりに散発的だったのでビーズヘッドのニンフを流してみると、暫くしてインジケーターがスッと沈んだが、アワセは空振り。その後も何度か反応があったが空振りが続いて、1時間以上も経ったところでようやくヒット。40cmほどのレインボウだったが、強烈なファイトでなかなか寄ってくれず、存分にヒヤヒヤsweat01させてくれた。

Xga2015112809_448x336

Xga2015112813_448x336

1尾キャッチしてホッとしたが、その後もなかなかチャンスをものに出来ず、夕方になって上流部へ移動。コンクリート下のえぐれの奥でライズする魚を見つけたので、捻じり込むようにしてダークダン・パラシュートを投げ入れ、まんまと30cmほどのレインボウをヒットさせることが出来た。結局4時間近くやったにしては2尾という釣果だったけれど、良い終わり方に満足してエリアを後にした。

Xga2015112821_448x336

翌日曜日は、爺婆を連れて愛知県の「小原ふれあい公園」まで紅葉と四季桜を観に行く計画だったのだけれど、諸般の事情で急きょ中止となって、予定外のお暇をいただいた。ならば、芝川特定区にでも行ってみようかと思いつく。

2015112901_448x336

家から1時間半ほどのドライブで11時前に現地に到着。日差しは弱く気温は13℃しかないが、風が弱いので寒くはない。ただし、水量が半端なく多くて遡行がかなり厳しそうだ。
釣り始めてすぐに上流からフライフィッシャーが下ってきたので様子を伺うと、ドライで狙ったが全く魚っ気が無いとの事。確かに魚の姿は見えなかったが、その後すぐに白のパラシュートで2尾のレインボウを連続キャッチ。大きくはなかったが、どちらも良いコンディションの魚で、この日選んだ竹竿をぐいぐいと曲げて楽しませてくれた。

釣り始めてすぐに上流からフライフィッシャーが下ってきたので様子を伺うと、ドライで狙ったが全く魚っ気が無いとの事。確かに魚の姿は見えなかったが、その後すぐに白のパラシュートで2尾のレインボウを連続キャッチ。大きくはなかったが、どちらも良いコンディションの魚で、この日選んだ竹竿をぐいぐいと曲げて楽しませてくれた。

     2015112911_448x336   2015112914_448x336

2015112922_448x336_3

これなら一日存分に楽しめるかなと思ったのだが、午後になってからは全く反応が出ず、偶々見つけたライズを仕留めた40cmほどのレインボウは、ヒットした瞬間に10mほどもリールからラインを引っ張り出し、高々と宙を舞って鮮やかにフライから逃れていった。その見事な戦いぶりに悔しさは感じず、むしろ良いものを見せてもらったという嬉しさnotesが残った。

2015112921_448x335

結局この日も2尾の釣果で終了となったが、澄んだ流れで遊ぶことが出来たのは本当に楽しかった。西と東のエリアには、3月の解禁までの空白を、しっかりと埋めてもらおうと思っている happy01

| | Comments (10) | TrackBack (0)

November 23, 2015

跳び越える魚

シーズン3回目の出撃となる天竜エリアの土曜日は、運良く明るいsun晴天に恵まれた。
少し遅めに家を出て、右岸の駐車場到着は11時。釣り人はそれほど多くない。
後で聞いたのだが、朝の早いうちまでダムの放水があったということで、流れはやや濁り気味。支流の方はクリアな水が流れていたが、雨の影響で増水気味というコンディションだ。

右岸の瀬からスタートして、まずはオイカワでも良いからと17番のダークダン・パラシュートを浮かべて行く。丹念にポイントを探るものの、何の反応も無いままエリア最上流部まで来てしまう。すると、釣り人達が対岸に渡るための通路となっている、支流との合流部のすぐ上手の灌木が覆いかぶさる下の流れに、何やらゆらりと動く影を見つけた。
良~くeye見てみると、2尾の魚が寄り添うように定位しているのだが、それほど大きくはないような感じがする。フライを上流からナチュラルに流してやると、興味を示すような動きをするが、なかなかアタックには至らないので、放流ニジマスの反応が良い(と思い込んでいる!?)白のパラシュート15番にフライをチェンジし、しつこいくらいに影の上を流してやると、ついに喰らいついてきたsign01
アワセも良い感じで決まってファイトが始まるが、思ったよりも力が強く川底に張り着こうと抵抗する。ティペットが6Xなので岩には潜られてはいけないと、なだめすかすようにロッドを操り、1~2分やりとりしたところで、ようやく相手の姿がはっきりと目に入る。茶色っぽいボディに白い斑点!イワナだ!!これはどうしても画像に残したいと緊張するが、何とか主導権を握ってハラハラのランディングに成功。口吻と尾びれの先に少し傷はあるものの、40cmジャストの見事な魚体に惚れ惚れとしてしまった。

     Xga2015112109_448x336   Xga2015112113_448x336

昼食のために車に戻ってみると、隣に駐車して休憩していたのは天竜フリークのOさん。riceballおにぎりを頬張りながら午前中の様子をうかがうと、プールでもライズがあったとのこと。午後は対岸に渡ってプールを攻めてみることにした。

Xga2015112131_448x336

対岸での最初の獲物?は無糖さん。上流部の瀬狙いで、これからスタートとのこと。プールの方は、平らな流れの様でも、良く見ていると小さなライズがある。その主は大方が多分オイカワで、フライにも時折反応してくれる。そんな中で、ちょっと大きめのライズがあって、そのレーンにフライ先行となるように流してやると、狙いどおりに出てくれた。水面でジャンプを繰り返す魚をランディングしてみれば、8寸ほどの鱒。レインボウのような斑紋が無く、ぬるっとした感じの魚はホウライマスではないかと思えた。

Xga2015112135_448x336

Xga2015112136_448x336

それからは、お相手してくれるのがもっぱらオイカワ君達。釣り場をあっちに行ったりこっちに行ったりして下流部に到着すると、流れに立ちこんでいたOさんがライズのあったポイントを教えてくれる。そこにフライを流すと、絵に描いたように魚が出てくれた。慎重にランディングすると、今度は紛れもない本命のレインボウだ。小振りではあったが満足する happy01

Xga2015112140_448x336

その後はバラシもあったが、同じ市内のYさんとお会い出来たことを除いては大きなドラマは起こらず、午後4時過ぎに終了とした。
途中で入漁証のチェックに来た漁協員さんと話をしてみたが、イワナは養殖池で良くジャンプするため、時折仕切りを跳び越えてニジマスの池に移ってしまうことがあるらしく、今日のイワナもニジマスの放流に混じってしまったものではないかと言う。確かにここはイワナが居るような環境ではないので、お話には納得した。いずれにしても、この季節にこのサイズのイワナに川で出逢えたのは幸運だったと思う。再会は難しいだろうが、エリアに通うモチベーションがまた高まった気がする notes

Xga2015112118_448x336

この日は川辺で、たわわに実ったアキグミを発見。渋くて食用には適さないようだが、自然の豊かさを感じさせてくれる。それにしても、長年通っていながら今まで気づかなかったのが不思議だ confident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

November 16, 2015

雨中の2時間

消化不良気味だった開幕から1週間、楽しみにしていた土曜日はrain雨の一日になってしまった。

前日からpc天気予報を何度も確認し、目が覚めた時に聞こえた雨音で、この日の釣りは諦めモードになっていた。それでも天竜エリアの様子を見に行きたいと思い、ちょこっとだけだからと女房殿に諮ってみると、何と「ちょっとだけなら、あたしも行く!釣りしてる間は昼寝してるから~happy01」と・・・coldsweats02
まあ、こんな日はそれも有りかなと思い、日帰りドライブの間にちょこっと釣りというプランを急きょ頭に描いて、9時半に家を出発した。
急ぐこともないのだけれど、まずは島田金谷インターから新東名に乗って、スマートICのある遠州森町PAに立ち寄る。高速道路のPAやSAのお店に入ってみると、それだけで旅行気分になるものだ。女房殿もいそいそとお土産物など物色し、ご機嫌は上々。新東名を降りてから、午前中のおやつに買った「森のコルネパイ」を車中で味わって大満足だdelicious
暫く走ったところで、以前から何を売っているのかなぁと気になっていた、JA遠州中央「宮の市」に立ち寄ってみる。農協のショップということで、破格の新鮮野菜を少々し調達し、天竜路に入ってから道の駅「花桃の里」へ、少し早目の昼食のために寄り込んでみる。

Photo

地元のおばちゃん達が作る料理なので、多くは望むべくもないけれど、コスパは悪くない。特に150円也の自然薯椀は、最高のサイドメニューだったnotes
そんなこんなでエリアに到着して、小雨の降る中で釣りを開始したのは12時少し前。女房殿のお昼寝の間の2時間が、フィッシングタイムだ。

Xga2015111407_448x336

まずは先週のバラシポイントに入って、見覚えのある流れの筋を流してみると、期待通りにレインボウがヒット。しかし、先週と全く同じような感じでバラシてしまった。続く浅い瀬では、ネイティブなオイカワが連続ヒット。最上流部の溜りでは、ずんぐりとしたカワムツが大らかに出てくれる。そしてその奥では、ちいさなアブラビレ君がヒットhappy01

H271114fish

結局お昼からの2時間という、決して良い条件とは言えない時間帯では、期待するような釣果は得られなかったけれど、まあまあ楽しいひと時を過ごさせていただいた。この雨が、魚たちにどのような影響を及ぼすかはわからないが、出来れば次の週末には、ゆっくりと釣りを楽しみたいと思っている confident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

November 09, 2015

初日にポカ (>_<)

今年も天竜川L&F(ルアー&フライ)エリアが11月1日にオープンした。
その初日は、所用が重なって出釣は見送り。

3日の文化の日は、午前中が島田シニアのsoccer試合だったので、午後になって掛川の釣具屋さんまで4000円のシーズン券を買いに行ったものの、サッカーですっかりくたびれてしまったので、家に帰って大人しくしていた。ちなみに試合は6対0で快勝し、自分も得点に絡むプレーがあったりしたので、大満足の一日ではあったけれども happy01
満を持して土曜日は独りエリアに向かう。出発時にはいつも、忘れ物がないか一通り点検するのだが・・・。

Xga2015110701_448x336

1時間ほど走ったところで、ふと嫌~な思いが頭を過る。信号待ちで荷物を検めてみると、なんとせっかく買ったシーズン券が無い。そう言えば、部屋のテレビの前に放置したままだった~!釣り具と一緒に置いておくんだったなぁsadと後悔したが、もう後の祭り。そこから家まで引き返すのはガソリン代も時間も無駄になるので、コンビニでriceball昼食を調達する際に、仕方なく1000円也の日釣り券を購入した。
まあ、2月までの4ヶ月間で10回は通うことになるだろうから、1回あたり500円かと考えれば安いものだと納得しようと思ったが、開幕初日から大ポカをかましてしまいがっくりだった。

Xga2015110727_448x336

Xga2015110707_448x336

Xga2015110730_448x336

そして肝心の釣りの方はと言えば、最初に入ったポイントでいきなり小型のレインボウをドライでヒットさせ、幸先良いスタートが切れたと喜んだのだが後が続かず、午後になってお会いできた無糖さんの目の前で、2連続バラシをお見せしてしまうなど散々な出来だったsweat01sweat01

Wakiyaku

結局6時間近く釣って、主役は最初の1尾だけだったけれど、久しぶりに釣り仲間KEN2さんにもお会いできて話もしたし、shine美し過ぎる?準主役も登場してくれ、また、オイカワやカワムツなどの脇役達とも存分に遊ばせてもらったので、天候にもsun恵まれて良い一日ではあったなぁと思う。

12189587_516372085196668_2687698350

無糖さん、バラした魚との貴重なファイティング・シーンをcamera撮影していただき、本当にありがとうございました。魚の姿は画像に残せませんでしたが、良い思い出になると思います。
そしてKEN2さん、夜勤明けでのサーフとエリア、大変お疲れさまでした。次の機会には、ゆっくりと情報交換が出来ればと思いますので、よろしくお願いいたします。
さて、次回はくれぐれも忘れ物のないようにしなくちゃねcoldsweats01

| | Comments (8) | TrackBack (0)

November 02, 2015

早朝のライズを見ながら

10月半ば頃からか、朝の出勤で歩く小川の土手道から、川面でオイカワらしき小魚の盛んにライズupする様子が見られるようになっている。何とも釣り欲を掻き立てられる光景だnotes。そこはフライフィッシャーの性というもので、その小魚を脳裏でアマゴにすり替え、辺りに誰も居なければロッドを持ったつもりになって、思わずエア・キャストをしてしまう。

Rize_2

そして、そこはほとんど通る車のない道なのに、毎朝のように自分を後ろからゆっくりと追い越していく軽自動車のナンバーが1091で、これを「いれぐい」読んで、思わずにんまりとしてしまうのだcoldsweats01。これから段々と日の出の時間が遅くなり、小魚のライズも見られなくなってしまうけれど、今はこうして朝の出勤が楽しいものになっている。

12193687_625485110925328_5782143838

ところで週末の金曜日は、釣り仲間たちとのbeer「夜の作戦会議」が静岡市の「安倍藁」で開催された。出席者8名それぞれが今シーズンを大いに反省しながら、身体が芯から温まる鍋料理などを堪能し、楽しく美味しくお酒をいただいたbottle。仲間たちの報告をヒントに、来シーズンに訪ねてみよう思う渓がいくつかできて、これから始まる4か月のオフのうちに、じっくりと地図を眺めながら、情報の収集に努めていきたいと思う。作戦会議参加のみなさん、楽しいひと時をありがとうございました confident

2015103143_1024x767_448x336

そして一夜明けた土曜日は、ついに今シーズンの最終日。行きたい渓がいくつかある中で色々と迷い、前夜の情報交換を参考にして、先週の渓より少し手前の小渓流を訪ねてみることにする。

2015103127_1024x768_448x335

午前10時に到着して街道沿いの開けた区間に入渓し、すぐにちびあまごが2尾釣れたflair

H271031amago

それに気を良くして、本命と考えていた上流部に移動するも、苦労して魚止めの滝まで遡行した割にはちびちゃん2尾を追加したのみで、その後転戦した支流でも2尾の釣果sweat01。魚影の濃さも反応も今一つ芳しくなかったので、2時を過ぎてから山一つ手前の小渓流へ30分ほどかけて車で移動し、こちらも渋い状況の中でちびちゃん3尾を追加。あと1尾で2桁だぞと意気込んだけれど、時間切れ寸前にヒットした魚をあっけなくバラして、今シーズンの幕を下ろした。

2015103147_1024x767_448x336

という事で、最終日の釣りは自慢できるような釣果ではなかったけれど、途中で尺を超えていそうな魚影を見つけたり、夕方にはライズしているアマゴをキャッチできたりと、ワクワクするような一日ではあった。来年も、ぜひこの時期に2つの渓を訪ねてみなければと思っている。

H271031

さて、11月に入って天竜川L&Fエリアがオープンした。その初日こそ行くことはできなかったけれど、これから4ヶ月間をまた存分に楽しませてもらうとしよう。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« October 2015 | Main | December 2015 »