« July 2015 | Main | September 2015 »

August 31, 2015

幽玄の渓でイワナと遊んだ

8月最後の週末を迎えて土曜日は何処に行こうかと迷っていたが、rain天候不順によるリスクをあれこれと考えながら、消去法によって南アルプス行きbusバス終点辺りへ出かけてみようかなという結論に至った。自転車が必要な渓は林道のコンディションが厳しいだろうし、方や登山客が大勢居るベース地ならば、万が一大雨になっても何となく安心な感じがしたからだ。

9時発のバスには、自分の他に登山者ペア2人と餌釣り師1人の4人だけ。ハイシーズンの土曜日なのにこんなにスカスカなのは初めての事だが、この天候で山岳方面は敬遠されたのだろうと察する。その餌釣り師さんは地元の方で、何処かの支流に入って40cmクラスの大イワナをピンポイントで狙い、釣れたら活かして持ち帰って家の水槽で飼育するのだという。最近釣ったという38cmのイワナの画像coldsweats02と、その際のポイントとファイトの様子、そしてご自宅の巨大水槽の様子をデジカメの動画で観させていただいたが、こんなイワナがちゃんと居るんだなぁと改めて認識するとともに、もしかしたら自分にもという期待がふつふつと湧いてきたcoldsweats01

Xga2015082901_448x335

バスは時間どおり力強く山道を進み、餌釣り師さんは途中下車して自分は終点へ。霧のような小雨の降る中、レインウエアを着込んで10時に釣りをスタートした。渓から見上げる山々には雲がかかって頂きが見えず、周囲は日本画の風景の様な幽玄の雰囲気に包まれている。気温は20℃あるだろうか、少し肌寒くも感じる。細かい雨はそれほど邪魔にはならず、流れはジン・クリアで条件的には申し分がない。

Xga2015082902_448x336

暫くしてやって来た漁協の監視員さんから、今日この区間はお客さん一人ですよというありがたいお言葉をいただいたが、この夏どれくらい大勢が歩いただろうかというような釣り人銀座的区間なので、水辺の砂地は足跡だらけだ。当然魚の反応もシビアだったが、出来るだけ人の狙わないようなC級ポイントを拾い歩いて、お昼までに9寸弱を頭に9尾のイワナをデジタルcameraキープできた。それほど放流はされていないのではないかと思うのだが、釣り人の数に対して、よくこれだけ魚がいるもんだと不思議にすら思う。

Xga2015082917_448x336

Xga2015082935_448x336

riceball昼食後も相変わらず大場所からの反応は渋く、枝沢のようなポイントから中・小型のイワナが出てきてくれるが、40cmオーバーなどという夢のような魚の気配は、当然ながら全くしない。その後、1時半頃から3時頃までは、どうしちゃったの?という位に反応が無くなってしまったものの、3時半頃までには型こそ8寸止まりだったけれど、21尾のイワナをキャッチ&デジタルcameraキープすることができ、バス停までの戻りの途中で思わず竿を出したポイントで、この日一番の大きさと思われる魚が黒パラにじゃれついてきて、見事に見切られたのを最後に竿を納めることにした。

Xga2015082956_448x336

Xga2015082971_448x336

という訳で、往きのバスでの餌釣り師さんの話さえ聞かなかったなら、甘~い夢sweat01も見なかったのだろうけれど、土曜日釣行ながら狙った区間をほぼ独占出来て、しかもたくさんのイワナの美しい姿をデータに残せたので、この日の釣りは大正解だったのだと思われる。
本格的な渓流シーズンもいよいよ終盤となるが、記憶に残るような魚を求めて、残る1ヶ月にチャレンジしていきたいconfident

| | Comments (8) | TrackBack (0)

August 24, 2015

〆の一尾

goo~さんとの夏休み釣行の際に、また島田辺りでbottle一杯やりたいね~という話になり、カズさんにもお声を掛けさせていただき、先週末金曜日は「夜の作戦会議in島田」開催の運びとなった。
会場は、高校時代の同窓生が営んでいる「和蔵」というお店。土蔵風の造りが落ち着いた雰囲気を醸し出す居酒屋だ。
渓流シーズン終盤の作戦を練りながら、美味しい料理に島田の地酒の盃が進み、あっという間の3時間。本当に楽しいひと時を過ごさせていただいた。goo~さん、カズさん、大変お疲れ様でした。次回は何とか足を確保して、金谷のお店に行きましょうね wink

Xga2015082207_448x252

Xga2015082202_252x448

明けて土曜日は、女房殿のリクエストで三重県のアウトレット「ジャズドリーム長島」までひと走り。女房殿の妹君もお誘いした。
朝7時に家を出て、開店1時間前の9時に到着し、午後3時過ぎまでショッピングを楽しんだが、とにかく暑くてsweat01sweat01少々バテ気味になってしまった。それでも、モンベル・ショップで釣り用のストレッチカーゴパンツとトラベルポーチをGETして大満足scissors。お昼に食べた「鶏三和」の親子丼も、ふわっとろっ!で美味だったしね。

Xga2015082203_448x252

往復約330km、ガソリン代(3000円ほど)と高速料金(休日ETC割引で往復6060円)の元が採れたかは微妙だったけれど、女性のストレス解消にはmoneybagお買い物が一番ということで、それぞれ良い一日になったかなぁと思う wink

Xga2015082201_242x448

 
という事で、釣りには行けないかなと思った週末だったが、日曜日午前中のsoccerサッカー練習が終わったら、やっぱり居ても立ってもいられない。女房殿のお許しをいただいてcoldsweats01一番手近な渓へ出かけてみた。

Xga2015082302_448x336

今にも雨が落ちてきそうなcloud曇り空の下、2時頃から薄暗い渓に入り込んだが、期待とは裏腹になかなか魚の反応が無い。どんどんと流れを遡って、かなりの上流部まで詰めてみたが、2時間やって極小サイズの魚を2回掛け損なっただけ。いつしか小雨も降り出して辺りは真っ暗になり、もうフライが見えないし4時にもなるからと諦めかけた時、ようやく15cmに満たない小さなアマゴがヒットしてくれた shine

Xga2015082305_448x336


camera記念撮影を試みてみるが、撮れた写真はシャッタースピードが超スローでぶれぶれ。しかしこの1尾のおかげで、気持ち良く週末を締めくくれたなぁと思った。

Xga2015082315_448x336

さて、週が明けて、またしても2つのtyphoon台風が日本を挟み込むように通過していく。大きな被害が出なければ良いのだけれど・・・ confident

| | Comments (12) | TrackBack (0)

August 17, 2015

遊んだ、遊んだ、2015夏休み

毎度の事ではあるけれど、長い休みと思っていても過ぎてしまえばあっという間。それでもこの夏は、随分と欲張って色々と楽しませていただいた。家の雑用なんてのはそっちのけにして・・・ coldsweats01
お読みいただくにはちょっとお恥ずかしいが、夏休みの日記としてあれやらこれやらあった事を、簡単に書き留めておきたい。

先ずは先週の日記に続く9日の日曜日、午前中はsoccerサッカー練習でたっぷりと汗を流しsweat01sweat01、午後はステップワゴンのブレーキランプ切れ修理のために女房殿とディーラーに出かける。2人分の冷たい飲み物サービスにshine洗車shineまでしてもらい、修理代1,080円では申し訳なくも思った。

Xga2015081008_448x336

10日の月曜日は、女房殿と御殿場プレミアムアウトレットへGOdash アディダスショップで練習用スパイクとストッキングを、女房殿はT-falのアイロンを格安でGETしてご機嫌 happy01 マイカー利用なら、開店1時間前到着を目指して出撃することをお奨めしたい。
11日火曜日は、南アルプス入口の渓の、thunder雷雨rainサスペンデッド・ゲームの続きを敢行。天候にも流れのコンディションにも恵まれた一日だったが、岸辺は釣り人の足跡だらけで厳しい釣りを強いられた。結局前回逃した大物との再会は果たせず、期待外れの結果に終わった wobbly

     Xga2015081105_448x336     Xga2015081118_448x336 

12日水曜日は、朝寝坊してから毛鉤を巻き巻き。お仕事中だったgoo~さんを無理矢理にお誘いしてsweat01、お昼頃から近場へ出撃する。自宅まで来ていただいたgoo~さんの愛車パジェロ・ミニの助手席に収まって、生まれ故郷の小渓流へ向かい、可愛らしいちびあまご達に癒された午後になった confident

     Xga2015081207_448x336     Xga2015081219_448x336 

13日木曜日は、久しぶりにrain雨の一日。今年に入ってから撮り貯めた写真から60枚ほどを選び出し、キタムラへpcネットプリントを依頼する。ダイソーで60ポケットのハガキフォルダーを買ってきて、今年のアルバムの半分が完成した notes

Xga2015081401_448x336

14日金曜日、なかなか実現できなかった南アルプスbusバスツアーを単独で敢行。9時発の2番手バスに乗車したが、同乗した釣り人はわずかに4人で、2人づつ下流部区間で降りて行ったので、自分は一番人気の区間を独占することになった。頭上を遮るもののない明るく広い河原にポツンと一人で居ると、何か夢の中を彷徨っているような気分になる。釣果の方は25cm止まりだったが、気難しいイワナ15尾ほどをキャッチすることができた wink

Xga2015081407_448x336 Xga2015081422_448x336 Xga2015081449_448x336

Xga2015081501_448x336

15日土曜日は、ある目的(FO指令とも言う?)を持って、家から1時間足らずの支流に出かける。スケジュール的には3時間しか渓に居られないにもかかわらず、中流部と上流部、そして枝沢と3か所の様子を確認しなければならなかったので、駆け回るような忙しい釣りとなった。山岳渓流とは違って、標高300m程度の小渓流のこの時期は、暑くて仕方ない上に蜘蛛の巣だらけで、集中力を保つのが大変だ。そんな中、苦労を承知で5f3iの超ショートロッドで挑んでみたが、思いもよらず8寸超えの良型アマゴが飛び出してくれたりして大満足。夏休みの釣りの締めくくりには、願ってもない1尾に恵まれた。

Xga2015081536_448x336 Xga2015081534_448x336 Xga2015081522_448x336

そして16日の日曜日は夏休みの最終日。午前中はサッカー練習で大汗を流しsweat01sweat01、午後はまったりとmoneybagお買い物のお付き合い。女房殿が晩御飯の支度をしている合間に、買ってきた「つりコミック」を読みながら冷えたbeerビールを飲む。・・・至福のひと時~ catface

Xga2015081004_448x335

こうして、長くも短い9日間は過ぎていった。サブパソコンをWindows10にアップグレードしようとして、無限ループに陥ってしまった以外は、楽しい夏休みだったなぁ~ happy02

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 10, 2015

雷が怖くて・・

待ちに待った夏休みがやってきた happy01

その初日は、ちょうど「立秋」となった8日の土曜日。
季節は秋ということで?ちょっぴり気合は入っていたのだけれど、山岳方面の天候がやや不安定でthunder雷雨thunderの可能性もあるという天気予報に怖気づき、予定していた2時間弱の自転車コースは先送りにして、退渓の楽なお気に入りの渓へ2週間ぶりに独り出かけた。

Xga2015080801_336x448

午前10時少し前、入渓点にはORVISのロッドケースを装着したマウンテンバイクが一台あったが、先行者が一人ならなんとかなるかと突撃する。流れはクリアで平水、コンディションは良好だが、空には不穏な黒雲が・・・。前回、良い型のアマゴが釣れたポイントでは、小さな魚がフライをつつきに来るがヒットには持ち込めない。しかし、浅~い流れからは、すぐに小さなイワナがヒットした。

Xga2015080817_448x336

それから4尾ほどちびイワナを追加したところで、先行していたフライフィッシャーが渓を下ってきた。とりあえずペコリと頭を下げてご挨拶すると・・・、なんと釣り仲間のSUGIOSAさんだ。ひとしきり情報をいただいてから釣りを再開したが、凄腕の釣り師に先行されてたなら納得だよなぁと、ここまでちびちゃんしか出てこなかった理由がはっきりした coldsweats01

Xga2015080825_448x336

Xga2015080831_448x336

しかしそれからもぽつぽつとイワナは出てくれて、12時半のriceball昼食タイムまでに2桁達成。午後は時合のせいかやや渋くなったが、浅いポイントの石の下から出てきた26cmを筆頭に、9尾にイワナを追加したところでwatch午後3時となる。まだまだ先を釣りたいという気持ちもあったけれど、このところ夕方が近づくとthunder雷雨thunderになるというパターンが続いていたので、2条の落ちこみが造る絶好のポイントが無反応だったのを機に、渓を退散することにした。

Xga2015080835_448x336 Xga2015080842_448x337 Xga2015080867_448x336

幸いにも車に戻るまでは雨にも降られず無事に帰途についたのだが、家までの100km弱の間、3か所ほどでワイパーをフル回転にしても前が見えにくいような集中豪雨があって、渓でこんな風にならなくて良かったなぁと胸を撫で下ろす。
さて、今年の夏休みは9連休。あと何回釣りに行くことができるかなぁ confident

| | Comments (12) | TrackBack (0)

August 04, 2015

無念のサスペンデッド・ゲーム

7月中旬あたりから暑〜い日sweat01が続いて、身体もやや夏バテ気味のこの頃。先週末は、朝4時に起きることが出来たら山岳のbicycle自転車釣行で、5時起きだったら山岳busバスツアーかなぁなどと考えていたところだったが、土曜日の朝目覚めてみると、なんと7時。エアコンを点けっぱなしにしていても、敷マットが暑くて寝苦しく、結局朝寝坊してしまった。もう、時既に遅しということで、結局車から降りてすぐに竿を出せる、いつもの支流に向かうしか選択肢は無かった coldsweats01

Xga2015080101_448x337

Xga2015080106_448x336

という言い訳で、2時間のドライブの後、入渓点への到着は11時。sun気持ち良い青空の下、川は美しく澄んだ水がさらさらと流れていて、コンディションは文句ない。釣り人らしき車は1台あったが構わず釣り始めると、すぐに一人のフライフィッシャーが下ってきたので、釣れましたか?と様子を聞いてみると、朝7時からやってほとんど反応は無かったと言う。4時間も間隔が空いたのなら先行者のプレッシャーは無さそうだけど、そんなに渋いんじゃ参ったなあと思いつつも、取りあえず釣りを続けることにした。

Xga2015080104_448x336

すると案外すぐに、小さいけれど野性的なイワナが、何気ない浅瀬から飛び出したflair。何だ、釣れるじゃないか!先行者氏が歩いた時間帯は、よっぽど時合でも悪かったのだろうか・・・。
それからは、多くはないものの飽きない程度にイワナが出てきてくれたのだが、1時を過ぎると頭上に怪しいcloud雲が広がって、遠くから雷鳴までもが聞こえてきた。

Xga2015080117_448x336

午後2時半、岩盤沿いの魅力的なポイントで、黒パラに出た大型の魚をスカしてしまったところで、thunder稲光と雷鳴とともに、大粒の雨が落ちてきてしまった。この渓は、少しの雨で一気に増水することがある。これから先が一番やりたかったポイントなのにと思いながらも、危険を背負ってまで釣り続けることも出来ないので、本当に残念だったがここでサスペンデッド・ゲームとした。

Xga2015080111_448x336

この続きは、是非とも今シーズン中に果たさなければならないなぁ confident

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« July 2015 | Main | September 2015 »