« April 2015 | Main | June 2015 »

May 26, 2015

竹竿持って隣県へGO!

前の週に行きそびれてしまったお隣の愛知県の渓の様子が、どうにも気になっていた。そんな土曜日は、自分としては早目sweat01の朝8時少し前に家を出て、独り西に向けてステップワゴンを走らせるdash。片道100kmほどの道のりだが、新東名と信号機も無いような田舎道を走るので、2時間足らずで目的地に到着。このところ、地図を眺めてはどんな流れだろうかと想像していた、ちょっと変わった名前の小渓流への挑戦を、午前10時に開始した。

Xga2015052301_448x336

Xga2015052319_448x336_2

この日のロッドは古いアキマルの7フィート4番。特に情報も仕入れず当てずっぽうに入渓してみたのだけれど、ぽつりぽつりと釣果が重なって、2時間ばかりで小型ながら、とりあえず6尾のアマゴをcameraデジタル・キープできた。この区間は、渓相も素晴らしく上流の様子が大いに気になったが、お昼になったところで一旦渓から上がることとする。

車に戻る途中、林道脇のガレ場で何かを掘っている夫婦らしき男女が居て、何が採れるんですか~?と聞いてみれば、shineshineですよと採れたモノを見せて下さる。(モノは内緒coldsweats01)へ~~!?こんな処でとびっくりしながら、渓を後にした。

Xga2015052340_448x336_2

Xga2015052331_448x336

riceball昼食後は、以前無糖さんにご案内いただいた区間に入り、まずは尺イワナをキャッチしたポイントを狙ってみたが不発。そこから先で、小さなニジマス(ホウライマスか?)を3尾キャッチしてから、イワナを求めて支流に入り込む。

Xga2015052350_448x336

しかし、魚の反応は非常に薄く、3時間ほど掛けてお目当てではない小さなアマゴを2尾追加したところで、時計の針は4時になろうとしていた。これから先も期待薄かなと思い、ここで切り上げようとしたポイントで、ようやく小さいながら待望のイワナがヒット。これで心置きなく終了とすることが出来た。

Xga2015052347_448x336

午後に入った渓も、小規模な流れながら大物が潜みそうなポイントが連続してわくわくするような渓相で、終了地点から上流の様子も気にかかる。今回は平凡な釣果に終わったけれど、選んだ区間が良くなかったかもしれないと思うと後ろ髪を引かれる思いがあったけれど、まずは魚が居ることは確認できたという満足感を抱きつつ、まだ明るい渓を後にした。

Continue reading "竹竿持って隣県へGO!"

| | Comments (12) | TrackBack (0)

May 18, 2015

土曜の朝に毛鉤を巻いて

フライフィッシングの楽しみの一つに、タイイングを挙げる方は多いと思う。魚の捕食シーンをイメージして様々なパターンを考え、巻いてみたフライに魚が飛びつけば、それはフライフィッシャーにとっての最高の瞬間だshine。他人とは違うオリジナル・フライが完成したなんていう時も、きっと大きな満足感を得ることが出来るだろう。自分も以前は、渓流魚がライズするシチュエーションを思い描きながら、色々なフライ・パターンにチャレンジした時代があったのだけれど、何時の頃からかタイイングの際の「ワクワク」をあまり感じなくなっていた。正直に言えば、歳を取ってeyeglass視力が弱ってきたことと、タイイングという集中力の要る作業が苦痛になってきたことが原因かもしれない coldsweats01

Xga2015051602_448x336_2

最近では、巻くパターンもパラシュートがほとんどというくらいで、それも黒か白のハックルに、ボディはスレッドだけでテールも省略という超手抜き振りだ。それでもそこそこの釣果を得られているので、こんなもんで十分かなという向上心の無さsweat02。しかも、フライの在庫は最小限で、釣りに行く当日の朝になってからその日に使う分を数本巻くなんてことが常態化している。

この土曜日も、目が覚めた時にrain雨が降っていたので、前日まで隣の県に出撃するぞ~!と思っていた気持ちが一気に萎えてしまい、ぐずぐずとした早朝を過ごしたあとで16番の黒パラをやっつけで5本ばかり巻く。その後、10時少し前になって雨も上がりかかったので重い腰を上げ、古いオービス・ワンオンスを車に積んで片道1時間半ほどの小渓流を目指し、独り家を出た。

Xga2015051615_448x336

前夜から朝にかけて平野部ではまとまった雨が降ったので、通り過ぎる小河川は濁りが入って増水していたのだが、少し緯度が上がった所の支流群の流れは意外にも澄んでいて、到着した渓に至ってはほぼ平水という状況。山間部では、週始めのtyphoon台風も前夜の雨も、大して影響しなかったようだ。こんな事なら、予定の川に向かうんだったなぁと、ちょっぴり悔んでみる catface

Xga2015051616_448x336

12時ちょっと前の開始からしばらくしたところで、この朝巻いた1本に小さな反応があって、ネットで掬ってみると想定外の妙な魚だsign02。背中は虫食い状の流れ紋で体側にはパーマーク、ヒレはオレンジ色の縁取りがあって、イワナとアマゴの双方の特徴を備えている。どうやら血が混じった魚のようだ。こういう混血魚は繁殖力が無いため、存在自体に問題があると聞いた気もしたが、cameraデジタル・キープの後は元の流れに戻っていただいた。

Photo

その後は、22cmが最大のイワナ3尾とちびアマゴを1尾釣って、3時ちょっと前に退渓。時間も早かったので、車で少し移動して別の小渓流に入り、こちらでは22cmが最大のアマゴ3尾とイワナ1尾という真逆の釣果を得て、合計9尾と半端な気分ではあったけれど存分に楽しめたと思ったので、watch4時になったところで終了とした。

Xga2015051625_448x336 Xga2015051642_448x336 Xga2015051632_448x336

と言うことで、雨で機先を削がれて目的地を変更してしまったけれど、そこそこの釣果に恵まれて満足な週末を過ごせたと思う。隣県へのプチ遠征は、また改めて計画することとしようかな confident

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 11, 2015

GWは大忙し

自分の代になって建て直した我が家も、既に築後20年以上が経過して、メーカーからは屋上の防水シートの貼替を強く勧められていたので、何とか工事費を工面して4月後半に施工となっていた。

その際、屋上に設置してある1.5坪ほどのスチール物置を移動させなければならなかったため、ほぼ入れっぱなしだった内容物を全て屋上から家の外に運び出すという一仕事と、単身赴任から戻って不要となった物の整理や、ついでに家の中の納戸の片付け等をやろうと一念発起したので、4月に入ってからは日々荷物の整理に追われていたsweat01sweat01

仕舞いっ放しになっていた荷物の中には、長年に亘って置いてあっただけで、もう二度と使うこともないだろうという品物も多くあったので、今回一気に処分しようとしたのだけれど、何しろ量が多かった。今回は、日頃から整理・整頓には心がけていないといけないよなぁと、改めて考えさせる良い機会になったかもしれないな coldsweats01
とにかく不要な物は少しずつでも処分して、GWの5連休中には、引き取ってくれそうな物を持ってリサイクルショップ巡りをしたり、捨てられなかった個人情報が満載の書類を、家庭用シュレッダーを買ってきて処理したりしてみたが、貯め込んでしまった物は沢山ありすぎて、家の中がすっきりするまでは、まだかなりの時間が掛かりそうな気配だ wobbly
しかしそんな中でも、fish釣りにはちゃんと行かせてもらい、前の日記に続いては、5連休最終日の5月6日にも、山岳渓流へ独りで出かけてきた。

Xga2015050601_448x336

その日は、暦の上では立夏。この日から夏が始まるということだが、南アルプスの玄関口辺りでも、日差しは既に暑くさえ感じされられるものの、吹く風はひんやりと肌に心地よく、山々の鮮やかな新緑と相まって、正に初夏という言葉がぴったりだ。
車止めのゲートからbicycle自転車に乗って少し走り、いつものお気に入りの渓に到着したのは午前11時。空は良く晴れてくれたが風は少し強く、流れは澄んでいるものの結構増水している。水に手を浸してみれば、10秒も我慢出来ない位に冷たい。どうやら、冷たい雪解け水が入っているのが増水の原因のようだ。

Xga2015050609_448x336

Xga2015050607_448x336

釣り始めてみれば、やはりなかなか魚は出てきてくれない。連休中のプレッシャーということもあろうかと思うが、増水の影響で水面に白泡が激しくて、フライを浮かべられるポイントが限られてしまい、思うような釣りが出来なかった。それでも、午後3時半までにイワナ4尾とアマゴ2尾をcameraデジタル・キープする。その内の1尾は、27cm9寸の立派なイワナで、それには十分に満足することが出来た。

Xga2015050619_448x337

振り仰ぐ山の頂付近に残る雪も少なくなっている。この渓のベストシーズンも、もうすぐやってくるかもしれないな。

Xga2015050611_448x336 Xga2015050603_448x336 Xga2015050615_448x336

というところで5連休も終わったが、木・金と出勤した後の土曜日は、連休初日にバラした魚と再会したいなと思って、また独りステップワゴンを北に向けて走らせた。

Xga2015050932_448x336

Xga2015050912_448x336

1週間経って水温もやや上昇したのか、11時の開始直後からちびちゃんの反応が何度かあったが、連休中に散々攻められた影響か、やはり簡単には釣れてくれない。それでも1時間とちょっと経過したところで、ようやく20cmほどのイワナをキャッチしてからは、ぽつりぽつりと釣れてくれ、3時半までに中・小型のイワナ11尾をデジタル・キープした。残念ながら前回の大物は姿を見せてくれなかったけれど、そこそこの数のイワナが居ることを確認できただけでも、価値のあった一日だったと思う。
さて、typhoon台風が接近しているという困ったニュースが入っているところだが、ともかくも渓に大きな被害が及ばないことを願いたい。今週末は、どこに行こうかなconfident

| | Comments (12) | TrackBack (0)

May 06, 2015

八十八夜のイワナとアマゴ

ゴールデンウイーク5連休初日の5月2日土曜日は、お茶の産地静岡県としては節目の八十八夜だ。ちょうどタイミングが合ったカズさんにご一緒いただき、鮮やかな新緑の茶畑を横目に見ながら、南アルプス入口の渓に向かった。

Xga2015050201_448x336

最初に入ったのは、昨年初めて入った渓の下流部。魚の居着きそうな良い感じの流れだったけれど、9時半頃から1時間ほどやってみて反応がなかったので、早々に退渓して3月末にカズさんと入ったいつもの渓に移動した。

Xga2015050218_448x336

目指した区間には11時に到着。そこには先行者と思しき車が1台停まっていたが、早お昼riceballを食べてから構わず釣りを開始する。しばらくしてカズさんがまずまずの型のイワナキャッチ。おいらにはちびちゃんのアタックがあってバラシsweat01。ちょっとしてまたカズさんがイワナをキャッチ。おいらのフライはちびちゃんが突っつくだけsweat01sweat01。そんな感じのじれったい時間が続き、1時間半程が経過したところで、ようやく小さなイワナをキャッチできたcoldsweats01
しかしそれからも、時折反応はあるもののヒットに持ち込めないような、渋~い状態が続く。そろそろ区間の終点が近づいたかなぁといったところで、川底が見えるような浅場から、結構な大型の魚が黒パラにガバッという感じで出た。イワナだ!デカい!これは慎重に取り込まなくちゃと思ったが、流れに乗って下られた時にフッという感じで鉤が外れてしまった。~~痛恨~~bearing。結局、終点までに小型ばかり4尾のイワナをキャッチしてcameraデジタル・キープした。
渓から上がって林道を歩き、車まで戻ったが時間はまだ早い。最後にもう一度、最下流部の区間を探ってみましょうと、短い距離を車で移動する。3月には全く反応の無かったごく短い区間だったが、この日は違った。

0502_2

始めてすぐに反応があり、暫くして小さなアマゴとイワナがヒット。さらに進んだポイントでは、この日初めてのライズを見つけ、慎重にアプローチすると、20cm程の幅のあるアマゴがヒットした。そして同じ位のサイズのイワナもヒット。終わってみれば、イワナ6尾にアマゴ2尾という、まずまずな釣果となっていたconfident
ゴールデンウイーク初日ということで、先行者だらけかなと思ったのは幸運にもハズれたが、魚たちの反応が渋かったのは、まだ季節が浅いということなんだろうか。魚もどうやらそこそこ居るようなので、これからに期待が持てるかなと思いつつ、大好きな渓を後にした。
カズさん、一日お付き合いいただきまして、大変ありがとうございました。バラしてしまったあいつには、また近いうちに逢いに行きたいと思っております。単身赴任を終えた今シーズンは、土曜日以外の釣りも出来るかと思いますので、またタイミングが合いましたら、ご一緒くださるようお願いいたしますconfident

Xga2015050304_448x336

ところで、翌日は午前中をsoccerサッカー練習で汗を流してから、午後のひと時を片道車で30分の渓に潜り込む。正味1時間ということで、残念ながら釣果には恵まれなかったが、せせらぎの音と様々な野鳥の声に癒され、行けて良かったなぁと思った。
ということで、ゴールデンウイーク前半は思いっきり遊ぶことができたので、後半は家の事もあれこれやらなくちゃねcoldsweats01

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« April 2015 | Main | June 2015 »