« February 2015 | Main | April 2015 »

March 24, 2015

再び故郷へ

東京でも静岡でも、少しクリーム色掛かった握りこぶしほどの大きさの木蓮の花が咲き始め、cherryblossom桜の蕾も明日ほころびるんじゃないかというほどに膨らんできて、野山や街並みに本格的な春の気配が満ち溢れているこの頃。
東京単身赴任生活も早2年になるなぁと思っていたところ、4月から故郷の静岡へ転勤だよとのありがたい内示をいただいたnote。しかしながら、ただでさえも忙しい年度末に、自分の仕事の引継ぎや引越しの段取りなどが重なって、先週来からは目が回るような毎日になっているcoldsweats01

この週末、春分の日と重なった土曜日は臨時出勤だったけれど、業務終了後はいつもならば在来線乗り継ぎのところ、ちょっと奮発してbullettrain新幹線で帰省した。
翌日曜日は、朝一番でhairsalon床屋に行き、頭をさっぱり軽くしてもらってからsoccerサッカー練習で汗を流しsweat01、午後は2時間ほどのチャンスをいただいて雑魚釣りに出撃して、帰ってからはホームセンターにスーパーにと女房殿のお買い物のお付き合い。家具の修理などの雑多な家事も片付けるという、超慌しい一日を過ごしたcoldsweats01
サッカー練習は、sun天気も良かったのにいつもの半分ほどしか仲間が集まらず、6人対6人のミニゲームはキツかったsad。でも、人が少ないからチャンスは沢山あって、点の取り合いになった中でも2ゴール1アシストと出来すぎな結果が出せて、大いに満足させていただいたhappy01scissors

Photo

一方釣りの方では、あわよくばアマゴの姿を拝みたいなんていう邪な考えがあったために、里川のあまりにも上流部の方に行き過ぎてしまい、正体不明のちび魚(アブラハヤ?)の反応が2回あっただけという無魚に終わったが、渓流の雰囲気を十分に味わえたのは貴重な時間だったかもしれない。この週末は、休みこそ1日だけだったが、こうしてやりたいことは全てやって実に中身は濃かったなあと思う。
さて、今年度も残すところあと僅か。転勤を前にして、仕事では立つ鳥後を濁さずといきたいものだけれど・・・confident

| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 16, 2015

イワナはお預け

14日の土曜日はホワイトデーだったので、午前中は女房殿とお買い物だなぁと思っていたところへ、カズさんから渓への嬉しいお誘いphonetoメールが入った。
お互いに用事が済んだ午後1時頃、カズさんが愛車CX-5でお迎えに来てくれたので、ちゃっかり助手席に収まって釣り談義などしながら、1時間半ほどの山道ドライブを楽しむ。目指した渓は、2人でも狭いよなと思うような小沢だったが、短い区間にイワナとアマゴが混棲していることは昨シーズンに調査済み。イワナには時期尚早かなとも思ったが、午後からの半端な釣りなので、まあ様子見でやってみましょう!となった。

Xga2015031402_2

入渓点から最初の堰堤までの一番有望と考えていた区間では、1回だけフライを追う小さな魚の姿が確認出来ただけ。カズさんが水温を測ると5℃しかないsweat01。これじゃやっぱりドライは厳しいですよねと話しつつ先に進むと、堰堤を越えてすぐの流れの緩い小さなポイントで、ヒットには持ち込めなかったものの、同じと思われる魚が3回フライにじゃれついてきた。追いついたカズさんに交替してもらうと、数投後に4度目のアタックがあったが、これも掛からず。諦めて先に進んだポイントで、ようやくカズさんにヒット。おちびちゃんだったけれど、シーズン初のイワナの姿を拝ませていただいたshine

Xga2015031404

Xga2015031405

スタートから1時間余りが経過したところで状況が好転しそうも無いと判断し、入渓点からさらに下流の区間の様子を見に行くことにした。再開してすぐの段差のあるポイントで、大岩の影に身を隠しながら慎重にキャストし、小さなプールの緩やかな流れの芯に黒パラを流すと、思ったより手前でふわりと魚影が浮いてきて、ゆっくりとフライを咥えてくれた。

Xga2015031406

この日のファーストヒットは、小さいけれど綺麗なアマゴnotes。無魚を逃れられたので、ともかくもホッとした。その後、カズさんにもちびアマゴがヒットし、この日の最後のポイントで自分にも再びちびアマゴがヒット。結局二人で仲良く2尾づつの魚をcameraデジタル・キープして終了となった。
イワナをキャッチ出来なかったのは残念だったけれど、シーズンは始まったばかり。次回以降のお楽しみとしよう。

Xga2015031417

カズさん、中途半端な釣りにお付き合いいただき、また、渓への往復も楽させていただきまして、本当にありがとうございました。もう少し暖かくなりましたら、また是非上の支流にもご一緒いただければと思います confident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 09, 2015

早春の落し物

Xga2015030701_2

Xga2015030704

rain雨の解禁から1週間が過ぎた土曜日は、またしても雨の天気予報が出ていたけれど、朝寝坊気味に起きてから、オレンジとピンクの2種類のポストの黒パラシュートを3本づつ巻いて、のんびり10時過ぎに独り家を出た。目指すは片道35kmほどのお気に入りの渓。途中の小渓に寄り道してオイカワ&カワムツと遊んだために、到着はちょうどお昼頃となってしまった。

Xga2015030703

渓の気温は12℃ほどあって寒くはなく、水棲昆虫が舞う姿もちらほら見える。雲ってはいるものの風は無く、穏やかな釣り日和となった中、4時間ほど遊ばせてもらって小さなアマゴ12尾をcameraデジタル・キープすることが出来た。結局心配していた雨にも降られず、人気のある渓なのに他の釣り人に出くわす事も無く、結構恵まれちゃったんだなぁと思う。

20150307

Xga2015030751

ところで、終了間際という所で、緑色のモノが詰まった小さな白いビニール袋が流れの中に落ちいるのを見つけた。こんな美しい渓にゴミなんか捨ててもらっちゃ困るよなぁと思いつつ、袋の中身を確認してみれば、開けてびっくりsign01採りたてのフキノトウがぎっしり入っている。たぶん午前中の釣り人の落し物なんだろうと思ったが、落とし主が見つかるはずもなく、そのままにしておくわけにもいかないので持ち帰り、ありがたくbottle晩酌のアテにさせていただいた coldsweats01
ちびあまごとフキノトウ、思いがけずも春を拾った一日となった土曜日だった。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 02, 2015

穏やかな閉幕と雨の開幕

先週末の土曜日は、2月の最終日で天竜川ルアー・フライエリアの閉幕日と重なったので、シーズンの締めくくりをしたいなと思い、独りいつもの上流区間に向かった。

Xga2015022804

11時に釣りを開始、エリアはsun晴天に恵まれて風もほとんど吹かない、穏やかな春の陽気という感じ。水棲昆虫の舞う姿もちらほら見えて、これならドライで挑めそうだと思った。お昼までは右岸の瀬を攻めて、残念ながら反応無し。昼食後は前回釣れた大プールの左岸側に移動して、とりあえず1尾を目指してビーズヘッドフライを沈めてみたが、やはり反応無し。周囲では時折大物とファイトする釣り人も居るが、魚の気配はあまり感じられない。2時頃までやってみて1度の反応も無かったけれど、何となくもういいや~catfaceという気持ちになって、早仕舞いすることにした。

Xga2015022809_3

昨年11月から4ヶ月の間、釣れた日もあり釣れない日もありだったが、このエリアでは本当に良く遊ばせていただいた。漁協さんやお会いできた釣り仲間のみなさん、そして愉しませてくれた魚達に心から感謝しつつシーズンの閉幕とした。

   fish   fish   fish   fish   fish   fish   fish

明けて日曜日は、天気予報どおり朝から小雨が降り出したsprinkle。2週間前のsoccer練習で痛めた右ふくらはぎが回復しきれていなかった(本当ですcoldsweats01)こともあってサッカーはお休みにし、生まれ故郷の小渓流で解禁初日を迎えることにした。

Xga2015030102

40分程のドライブで渓に到着。是非やってみたいと思っていた1番目と2番目に大好きな区間には、無情にも先行車両があったので、ちょっと下流に戻って3番目に好きな区間に入ってみる。小雨は降っているものの、木々が未だ葉を付けていないために、意外と明るい感じがする。流れは澄んで、やや渇水気味か。午前10時の早春の渓は気温も低く、雨に濡れた手がかじかむような中で、果たしてアマゴは出てくれるのだろうかと心配しつつ、まずはいつもの黒パラシュートで釣りを開始。

Xga2015030105

入渓点からの暫く平瀬が続く区間では反応は無く、小さなプールが連続する区間に入って待望のアタックがあったが、ヒットに持ち込めない。しかしこれで、ドライに出るぞと期待が高まる。数回のアタックをスカしてしまった後、小さな壷状のポイントでゆっくりとフライを咥えてくれた魚を、しっかりと掛けることが出来た。今年の解禁日を飾った魚は、厳しい冬を凌いだからなのか、色白でちょっぴり痩せたちびアマゴだった notes
午後には東京へ向かわなければいけないという、単身赴任の身の上に許された時間は短い。10時過ぎから約1時間半釣って、お昼前には大好きな渓を後にしたが、釣果はちびちゃん6尾。それでもとにかく、解禁初日にアマゴに出逢えて良かったなぁとホッとした。

Xga2015030125 Xga2015030133 Xga2015030134

ということで、ささやかな釣果だったけれど、まぁ良いスタートが切れたかなという思いがする。今シーズンも良い出逢いを期待して、せっせと渓に通ってみるとしよう confident

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« February 2015 | Main | April 2015 »