« September 2014 | Main | November 2014 »

October 27, 2014

秋晴れドライブ、今週は見えた!

先週は、少しばかり雨が降る日が続いたが、幸いにも週末になって回復してくれた。そんな土曜日は、2週続きで独り伊豆方面へのドライブを楽しんだ。

ETC割引が大幅に縮小して、高速料金もややmoneybag負担に感じているので、この日は早目に・・・と言っても7時半頃に家を出てsweat01、国1バイパスをひたすら東に走る。清水を過ぎれば、右手には朝日にキラキラと輝く駿河湾の穏やかな様子が見えて、先週は雲に隠れていた富士山も、sun秋晴れの空の下で、頭の上に少しだけ雪を乗せた美しい姿を、左手の方向に見せてくれている。途中で200円也の有料道路も利用して、渋滞した区間もあったけれど、3時間ほどで目指した渓に到着。自宅からの日帰りドライブとしては、海あり山ありの楽しいコースかなと思う。

さて、1年ぶりで訪ねた美しい小渓では、先行者(今回は人間のcoldsweats01)のプレッシャーで厳しい釣りを強いられたけれど、大きくはないものの秋色を纏ったアマゴ達と出逢うことが出来た。

 Xga2014102514 Xga2014102520 Xga2014102521

1025akiamago

先週の川と同様、この川も流程の割に標高差があり、過去には洪水も頻発したのかもしれない。そのためか、遡行は堰堤の高巻きを何度もしなければならず、結構骨が折れるsweat01sweat01。そんな中でも、アマゴ達が棲息してくれていることが大したもんだなぁと感心してしまう。ここまで来るのは毎年この時期だけだけれど、これからも魚達が元気でいて欲しいと願いつつ、家族と夕食を共にできるよう、10時半過ぎから始めた釣りを午後3時で切り上げることとした。

さてその帰り道、清水区あたりまでは交通量は多いもの、概ね順調に気持ち良く走ってきたのだが、静岡市内と藤枝市内で国1バイパスは大渋滞 gawk。片側2車線化の工事も進んでいるところだが、早く完成しないかなぁと思うところだ。高速道路も、無料化とは言わないまでも、ETC割引で半額が復活してくれないかなぁと思う。彦根へ単身赴任していた、週末1000円で走れた頃が懐かしい confident

| | Comments (12) | TrackBack (0)

October 20, 2014

伊豆半島へ秋のドライブ

超強力と言われたtyphoon台風19号が、週明けの静岡県を足早に通過していったが、勢力も衰えていたのか大きな被害は出なかったようで、本当に良かったなぁ~と思う confident。土曜日は、台風一過の渓の様子が気になって、独り伊豆半島へ向けてステップワゴンを走らせた。

sun秋晴れの良い天気に恵まれたので、冠雪したというfuji富士山の雄大な姿を新東名を走りながら観れるかと楽しみにしていたのだけれど、残念ながら上半分がcloud雲の中cloud。それでも、海沿いの道に出れば、海底の岩や藻などが透けて見える透明な水に、なんとなくワクワクしてしまう。そこから山間部に駆け上っていくワインディング・ロードも、交通量が少なくて快適。エアコンも要らず、窓から入る爽やかな風を味わいながらの目的地まで3時間弱のドライブは、独りでも存分に楽しかった happy01

Xga2014101803そうして約1年ぶりに訪ねたのは、以前の台風で魚がめっきり少なくなった渓。幸いにも先行者の気配はなく、今回2つ続いた台風の影響も渓相からは感じられない。釣り始めてみれば、すぐに小さなアマゴをキャッチ&デジタル・キープして、まずは一安心。しかしそれからは反応がなくなる。気が付けば、岩の上に水も滴る新鮮な足跡が!ちょうど、自分の手の人差指・中指・薬指の3本でぐっと踏ん張ったような・・・。どうやらこれは大型のサギの足跡かsweat01。先行者(鳥)の気配の残る数十mほど区間を越えてからは、ようやく反応が出始めて、結局正味3時間ほどで6尾のアマゴとの出逢いを果たせた。姿を見るまでは不安だったが、魚の復活を確認できて本当に良かったと思う。

     Xga2014101822     Xga2014101812

11時過ぎから開始したその渓での釣りは、午後2時半で終了。そこから30分ほど戻った帰り道で、道路沿いを細々と流れる狭い渓に初めて入ってみたけれど、人工的な感じのする流れからは、魚の反応はなかった。そこからまた30分ほど戻り、たわわに実を付けたみかんの木々の間を縫って流れる細い渓に入り込み、20cmほどの秋色アマゴを釣ったところで、楽しく過ごしたこの日の仕上げとした。

Xga2014101834 Xga2014101829 Xga2014101833

さて、10月もあとわずか。チャンスがあれば、最後までアマゴの姿を追ってみたいと思っている confident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

October 13, 2014

究極のちびあまごネット

2年程前、M画伯のためにgoo~さんが作ったZAKOネットを自分も欲しいなぁとずっと思っていて、お忙しいのは承知の上だったが、我慢しきれず夏頃に製作をお願いしてしまった。そして、1週間ほど前に「出来上がりました!」とのご連絡をいただいたので、この土曜日にgoo~さん宅まで頂戴しに伺った。

Gooizm_bend_net
事前にフレームの色合いや、浅めに編んでいただいた網の深さと色などは打ち合わせ済だったので、手にした時は思わず「これだ~!」と納得。全体的にシックな出来上がりで、内寸が長径16cm、短径12cmという超ミニサイズながら素晴らしい質感があって、トンボ模様の和風な手製の収納袋まで付いている。このサイズのネットの必要性ってどうなの?って訊かれそうだけれど、小さな魚をshine美しい画像shineに残すためには、自分にとってこれは必要なネットだと考えている。小さい魚をデカく見せたいだけでしょ~!と言われれば、確かにそのとおりかもしれないけれど。coldsweats01  ZAKOネットという作品ではあるが、自分としては究極のちびあまごネットとして、これから愛用していきたいと思っている。

さて、goo~さん宅からは、先週に引き続いて湧水の渓に独り向かう。途中でアマゴ27さんから連絡があって、水系の下流部の小さな支流で落ち合った。細い沢なので、後から到着したアマゴ27さんは、おいらの釣りを邪魔しないご配慮で、観戦者となられる。ちょっぴりプレッシャーを感じながら釣り進むが、なかなか結果が出ないうちに1時間ほどの行程の最終ポイントに辿り着いてしまった。今シーズンは、ラストポイントに幸運が待っていてくれたことが何度かあったが、この日もそこで渓の規模としては最大級の8寸アマゴが出てきてくれた。これは究極ネットでは理なので、goo~さん作の元祖ちびあまごネットで掬う。

20141011amago8sun

Xga2014101114_2その後は、アマゴ27さんとあちこちと秋の探釣に勤しんだが、どこの区間に入っても先行者の匂いがプンプン漂っているような状況で、思うような釣りにならない。それでも、アマゴ27さんは尺レベルの魚がフライを追ってきましたよと言っていたので、釣り切られてしまったのではなさそうだsweat01

Xga2014101125そのうち自分にも、なんとか究極ネットに入魂できる綺麗なアマゴがヒットして、この日の目的をしっかりと果たすことが出来た。結果的にはアマゴ4尾に終わったけれど、先週よりは倍の釣果だし、美しい魚にも恵まれたので、まずまずの良い一日になったかなと思う。
アマゴ27さん、おまけの一日にお付き合いいただき、大変ありがとうございました。タイミングが合いましたら夜の作戦会議bottleにも出席したいと思っていますので、また是非よろしくお願いいたします wink

Xga2014101101

| | Comments (14) | TrackBack (0)

October 06, 2014

快走、クリーンディーゼル

10月に入って最初の土曜日は、Natural Angler カズさんからお誘いをいただき、二人で湧水の渓を訪ねてみることになった。

釣り場までの移動は、カズさんのマツダCX-5。1月と3月頃に乗せていただいた以来の三度目になるかな。クリーンディーゼルエンジンを搭載した話題のSUVだ。自分もディーゼル車は、35年ほど前の初めての愛車、初期型のゴルフ・ディーゼル、15年ほど前のバネットラルゴ・ターボディーゼルと、それぞれ10万km余りを走ったが、CX-5のクオリティは自分の経験した2台とは完全に別格だshine。軽油で走るディーゼル車と言えば、ガラガラと騒音を立てて黒煙を撒き散らしながら走っていたcoldsweats01自分の車を思い出してしまうが、CX-5は、エンジン音がびっくりするほど静かで振動も無く、なんと言ってもディーゼルだというのが信じられないほど加速が素晴らしい。低速域でも高速道路に入ってからでも、アクセルを軽く踏めば即座に背中がグイッとシートに押し付けられる。その上低燃費というから文句が付けられない。これまでのディーゼル車とは一線を画す、異次元の車と言えるかもしれないな。今回は、久しぶりに釣り場への道中をのんびりと助手席で過ごさせていただいたが、自動車談義に釣り談義も弾んで、大変楽しく快適な一日を過ごすことが出来た happy01

と、ここまで話を終わらせてしまいたいところだけれど、やっぱり釣りの事も書き記しておかなければならないかなsweat01

Xga2014100401

Xga2014100406結果から言えば、この日は本流筋上流部と支流の2本の枝沢を探釣して、ちびあまご2尾をcameraデジタル・キープしたのみ。入渓には、今年実績のあった3つの区間を選んだにもかかわらず、前半は全く魚が出て来ず、後半は出ても掛からない「デルケド・ノラーズ症候群」(釣り友gogihashi氏命名)と肝心なところでのバラシに悩まされ続けた。

Xga2014100413どの区間もシーズン中に攻められ続け、魚達もナーバスになっていたのかもしれない。そして先行者の気配もあったし。それでも、夕方が近付くとポイント毎に反応があって、魚は居るんだという事がわかったのは救いだったと思う。まぁそれだけに、ヒットに持ち込めなかった己の技術の無さにはがっかりだった gawk

この水系も、次の週末がラストチャンス。また土曜日の出撃になると思うが、ラストだけに今回より少しでも良い結果が欲しい。そんなところにtyphoon台風18号の通過があって、静岡県内は記録的な豪雨だったとか。何はともあれ、魚達がしっかりと生き延びていてくれると良いのだけれど・・・ think

カズさん、今回は渋~い釣りになってしまいましたが、魚は確かに居ましたね。来シーズンになるかと思いますが、またあの渓にもご一緒いただけると嬉しいです。それから、これから出てくるマツダのnew新車が、とっても楽しみですねぇwink

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« September 2014 | Main | November 2014 »