« July 2014 | Main | September 2014 »

August 25, 2014

大きな柳の木の下は

日曜日の10時から、サッカー好き親父達が集まって、1つのsoccerボールを追いかけるsweat01

ハーフタイムのひと時は、グラウンドの隅っこに大きく枝を広げた柳の木の下で、真夏のsun太陽の日差しから避難している。

Xga2014082404

大井川の河原を渡ってくる風が、一服の涼をもたらしてくれる。

そこは、サッカー親父達のオアシスだ confident

この週末は、土曜出勤があったおかげで釣りに行けなかった。

サッカー練習をサボって渓へという選択肢もあったけれど、釣りは一人でも出来るから、行けるチャンスはいくらでもある。

だから、どちらを取るかといったら、仲間が集まらなきゃ楽しめないサッカーを優先するのが正解じゃないかと思う。

たっぷりと汗をかいた後のbottle晩酌の肴に、ついこの前ヤナさんから譲っていただいたLOOP1をいじくりまわして、秋の釣りに思いを馳せた。

Loop1

今週末は、出撃できるだろうか・・・。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

August 18, 2014

秋が来るには早すぎる

お盆ウイークにやってきた8連休の夏休みも、終わってみればあっという間だったなぁという感じがするのは、まあいつもの事かもしれない。しかし今回は、休暇期間中終始天候が不安定だったので、余計に「もう終わりかぁ」という感が強かった。
台風が過ぎた後には、しばらくは晴天が続くものと思い込んでいたのだけれど、typhoon11号の後、日本列島にはなんとrain秋雨前線が停滞して、静岡県内もお盆明けまではっきりしない天候が続いた。8月7日が立秋だったので、「秋雨」という言葉は間違っていないのだろうけれど、何で真夏のこの時期に秋雨前線が発生するのかと思ってしまう。この週末には、京都や岐阜などで、大雨に伴う大きな災害があったそうだが、静岡県下がそこまでにならなかった事に、むしろ感謝しなければならないのかもしれないが・・・think
被災された地域のみなさんには、謹んでお見舞い申し上げたい。

そんな状況にあって、南アルプス方面の渓流も増水と濁りが続き、入れる渓は限定されたけれど、この休み中の出撃は結局4回となった。

前回の日記で書いた、pcパソコンとにらめっこだった12日は、今年1月から撮り貯めた釣りの写真から80枚程をチョイスし、カメラのキタムラにネット・プリントを発注。1時間もせずに出来上がりのメールを着信し、毎年作成している釣りアルバムの、約半分が出来上がった。

翌13日は、雨でも入れる区間が比較的多い、湧水の流れに独り向かう。最初に支流の上流部に入り、次に本流の上流部に入ったが、濁りこそないものの、やはり結構な増水で遡行が厳しい。渓は深い霧に包まれて魚の反応も今ひとつではあったけれど、ちび虹交じりでぽつりぽつりと釣果があり、最後に8寸弱の良型アマゴが出てくれたので満足する。

Xga2014081335 Xga2014081340 Xga2014081359

Xga2014081403続く14日は、goo~さんにご一緒いただき、rain雨が車のフロントガラスを叩く中、南ア玄関口の渓の様子を見に出かける。目指した渓の本流は、まさにカフェオレの濁流が轟々と流れていた。それでも、沢から澄んだ水が流れ込む辺りなどを丁寧に探って、お互いにイワナと対面する。

Xga2014081408特に、自分には「そんなところから?」という感じで26cmの良型が、そしてgoo~さんには一抱えほどの小さなポイントからなんと尺物が出てくれたnote
riceball昼食をはさんで2時間ほどで出来るポイントを攻め切ったので、後半は少し前に見つけた小渓流へgoo~さんをご案内し、そちらでもまずまずのアマゴとイワナを追加する。レインウエアを着て雨に濡れ、ヒルの攻撃にびくびくしながら狭く暗い渓をさまようという、決して気持ちの良い釣りではなかったけれど、釣果には恵まれて自分的には嬉しい一日だった。

  Xga2014081420   Xga2014081428   Xga2014081437 

goo~さん、天候の悪い中、苦手な薄暗い小場所の釣りsweat01にお付き合いいただき、本当にありがとうございました confident

夏季休暇終盤の15日も、平野部で朝から雨が降ったり晴れたりという忙しい天気。前日goo~さんからお聞きしたスイーツ系の耳寄情報を頼りに、女房殿と浜松方面に出かけてみる。

2014081506午前中は「ラウンドワン浜松店」でボウリングを3ゲーム。貸し靴とセットで約1000円は大変お得だけれど、2人でやると投球間隔が短くて3ゲームはとても疲れるsweat01。スコアも尻すぼみになって、最後は女房殿に1本取られる始末だったcoldsweats01
次いで隣接する「イオンモール浜松市野店」noodle昼食とおmoneybag買い物。ここも「ららぽーと磐田」と同様、のんびり一日過ごせそうな素晴らしい商業スポットだ。ひととおりお店を物色した後は、いよいよgoo~さん情報の、1kmほど離れた所にある「ヤタローアウトレットストア工場直営店」へ。美味しそうなパンなど買う中で求めた、チョコレートラスクの袋詰めが安くてとっても美味しく、家での評価も上々だったhappy01

2014081509最後は浜北区まで移動して、うなぎパイで有名な春華堂工場の隣に最近出来た「nicoe(ニコエ)」というスイーツコミュニティへ。まずは受付の「山田ニナ」さんの美しいお姿に目がハートheart04に。施設もお洒落で、一度行ってみると好いですよとお薦めしたくなる。しかし、既にお土産を買い込んだ自分たちは、結局camera記念写真を撮らせていただいただけで退場したcoldsweats01

そんなことで家族ポイントをゲットできたので、16日もお暇をいただき14日と同様のコースを、今度は一人でトレースする。訪れたメインの流れは相変わらずのカフェオレで、前回どおりの沢水のポイントからは、今回もイワナとアマゴが出てくれた。その後、goo~さんにもお話した、以前から気になっている小さな支流に移動。入渓にはちょっと苦労したものの、魚の反応は今ひとつ。それでもイワナとアマゴの棲息を確認して、この日の目的は果たせたかなと思う。

Xga2014081609 Xga2014081641 Xga2014081634

こうして過ごした8連休は、人様から見れば「釣り三昧だったねぇ」と言われそうだが、自分的にはやりたい釣りが出来ずじれったい思いを引きずったまま、楽しみだった夏休みが終わってしまった感がある。
本格的な渓流シーズンも、いよいよ最終盤に突入するが、夏休みに計画して果たせなかった山岳自転車釣行を、この後なんとしても実現させたいものだと思うのだ。

と言うことで、出来るだけ短くしようと思いながらも、今回も長々と駄文を書いてしまいましたので、ここまでたどり着くのはさぞかし大変だったことと思います。
最後までお読みいただいたご訪問者様には、心から感謝いたします confident

| | Comments (14) | TrackBack (0)

August 12, 2014

世界が終る!?

8月10日の日曜日から始まった今年の夏休み。その初日はtyphoon台風11号の襲来と重なって、楽しみにしていた釣りに出かけることはかなわず、それなら映画でも観に行こうかということになった。
昔は地元にも数館あった映画館は、今は全て無くなってしまったので、自動車で便利な「ららぽーと磐田」TOHOシネマズpcネットでチェック。「トランスフォーマー」とどちらにしようと迷ったが、結局「GODZILLA」 を予約した。

家から「ららぽーと磐田」までは、rvcar車で1時間弱。掛川から袋井にかけての国1バイパスは整備中のところもあるけれど、旧国1を走っていた頃のず~っと昔を思うと、随分便利になった。到着したのがお昼直前だったので、「杵屋」さんの冷たいうどんでお腹を満たす。映画のチケットを見せると100円引きというサービスもあって、お得な感じは◎。
食後は、上映時間までの合間に興味のある店舗をeye見て回る。こういう時間つぶしが出来るのも、ららぽーとの魅力かな。

Godzilla_1024_768_448x336さて肝心の映画の方は、正直期待以上upの迫力があって、ハリウッド映画って流石だ~!と感じた。ストーリー的には、ちょっと残酷だなぁと思うところが多く、感動するような場面は自分的にはあまりなかったけれど、3Dで観る映像は本当に素晴らしい。巨大な怪獣とちっぽけな人間が、実にリアルに描かれているし、建物や風景などの再現も、まるで本物みたい~!と感心する。渡辺謙さんのゴジラ好きぶりは、微笑ましくも思えた。
何年か振りでの映画館だったけれど、「いや~、映画って本当に好いものですね~」という一日になった。GODZILLA、お薦めいたします happy01

さて、台風は静岡県より随分西側を南から北に抜けていったのだけれど、雨が降るのは東側ということで、県内でもそこそこの降水量があったようだ。静岡県の防災サイト「サイポスレーダー」で確認すると、平野部は大して降らなかったようだが、山間部ではかなりの累積降水量を記録している。ならば、故郷の渓の様子を確認しなくちゃいけないと、月曜日は午後から河川パトロールに出かけた。

故郷の渓に着いてみると、被害があったという感じではないものの、結構な増水だ。もちろんロッドを持って行ったが、安全に釣れそうな感じではない。まあそれでも、これなら水が引けば良さそうだなと一安心して、次の渓に向かった。途中で目に入る小さな支流は、やっぱり増水気味。30分ほど走って到着したお目当ての渓も、本流は増水で濁っている。ならば支流はと思えば、濁りは薄いもののやっぱり増水だ。

Xga2014081113_2
Xga2014081118_2watch時間は3時。ここで竿を出さないと、もうアマゴに出会うチャンスはないなぁと思い、二又に分かれる上流部から水辺に降りてみると、すぐに今年生まれたばかりかなぁという位の小さなアマゴがヒットした。そこから1時間半、結構な数のアマゴが黒パラに反応してくれ、最後には20cmほどの綺麗なヤツがcameraデジカメに収まってくれて満足し、パトロールを終了することができたnotes

Xga2014081104

さて、台風の後の晴天を期待していた本日は、県内すべて終日rain雨の天気予報。おかげさまで、昼間からpcパソコンの前に居るgawk。夏休みは、山岳自転車釣行を目論んでいたのだけれど、果たして実現するのだろうか coldsweats01

| | Comments (10) | TrackBack (0)

August 04, 2014

本流の釣りは難しかった~

8月最初の土曜日は、休みの予定を自分に合わせて調整して下さった Natural Angler カズさんにご一緒いただき、南ア方面の渓谷に二人で出かけた。
久しぶりにお会いしたので、往きの車中では最近の釣況や目ぼしい区間の事などあれこれお話し、目的地までの約2時間があっという間だったように感じる。幸いにも入渓点に選んだ場所に釣り人らしき車もなく、急峻な踏み跡を辿り10時半頃に水辺まで降りてみれば、真夏の日差しが降り注ぐ広々とした渓谷が待ち構えていた。今回は、自分もカズさんも何年ぶりで来たかねぇという懐かしい本流を釣る。流れには少し濁りが入っているようだが、悪いコンディションではなさそうだ notes

Xga2014080228

Xga2014080209すると、釣り始めてすぐに、自分にもカズさんにも小振りながらしっかりと幅のあるアマゴが来てくれた。これは幸先が良いなぁと思ったが、そこから次がなかなか釣れない。改めて状況を良く見てみれば、気温はそれほど高くはないが、湿気がまとわりつく感じで結構汗が出る。青白く流れる水は、沈み石に付いたコケの状態から見るに、平水時より10cmほど増水しているようだ。上流のダムの放水だろうか。そしてなぜか、水棲昆虫の姿がほとんど見当たらない。
Xga0802反応が悪いのは、時合いの問題でしょうかねぇと話しながら釣り進むが、普段小渓流にばかり入っている自分には、茫洋とした感じに思える本流の、どこにフライを浮かべて良いのかが判らないというのが、正直、苦戦の一番の要因だろうと分析する coldsweats01

Xga2014080213Xga2014080218riceballお昼を過ぎ、1時になったところでようやく小さな魚がヒットしたと思えば、残念ながらう~様だsweat01。しかし、これが引き金になったか、続く広々とした浅場の沈み石を狙ってキャストした黒パラに、3連続で小振りのアマゴがヒットした。なんだ、ちゃんと居るじゃないかと嬉しくなったが、そこからまたしばらく無反応が続く。

3時を過ぎ、右岸の岩盤沿いを探っていると、少し大きめの魚がガバッという感じで出た。重たい流れに乗ってファイトする魚は、3番ロッドをバットから曲げるほどの力強さを発揮する。ぐいぐいと流れを下られながらも、なんとか浅瀬に誘導してネットに収めてみれば、8寸ほどの大きさだけど体高のある素晴らしいアマゴだった happy01

Xga2014080231

Xga2014080241_2その後、少し進んだところで小さなアマゴを追加してしてからは、帰りの事が気になって釣りに身が入らなくなった。そして4時半、カズさんが少しだけ良い型のアマゴを釣り上げて、これからだという気持ちになられているところをお願いし、この日の釣りを終了にしていただいた。そこから退渓点まで広い河原を早足で進み、登山道を喘ぎ登って道まで出て、大汗をかきながら更に歩いて車まで戻れば、既に6時を過ぎていた。

Xga2014080243
本当に久しぶりだった渓谷の様子は、大量の土砂に埋もれていた過去の印象より、随分メリハリが出て良い感じになっていたように思う。アマゴもそこそこ棲息しているようだし、狙うべきポイントも少しわかった気がする。本流の釣りって本当に難しいなぁと思いながらも、シーズン中に是非また挑戦してみたいものだ。

カズさん、良い区間を提案していただき、ありがとうございました。そして一日、大変お疲れ様でした。これからという時に終わりにさせていただいたのは申し訳ありませんでしたが、これに懲りず、またタイミングが合いましたら、是非渓にご一緒下さいませ confident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« July 2014 | Main | September 2014 »