« February 2014 | Main | April 2014 »

March 31, 2014

桜を求めて春のドライブ

3月最後の土曜日は、女房殿の両親のリクエストで、まだ少し早いかなと思いつつも、cherryblossom桜のお花見ドライブを楽しもうということになった。この日は気温も上がるとのことだったので、開花も期待できるかもとステップワゴンを東に走らせる dash

Xga2014032901最初の目的地は、この日からさくらまつりが始まるという静岡市清水区蒲原の御殿山。初めて行く所なのでカーナビ任せにしたら、とんでもない山道を走らされて、山のてっぺんに出てしまったsweat01。そこからは、春霞の中でぼんやりと輝く駿河湾が見えたが、桜はほんの咲き始め。ベンチのある所まで降りる階段はあるものの、斜面が急で高齢者にはとても無理だったので、再び車で街道に戻ると、その辺りがさくらまつりの会場だったsweat01sweat01。リサーチ不足を反省する。足腰の弱ってしまっている親父殿は車の中で待ちたいというので、邪魔にならない路肩に車を寄せて、女房殿とお袋殿に様子を見に行ってもらったが、山の下の方の桜は結構咲いていて、なかなか良かったとのこと。JR新蒲原駅からほど近い所なので、また何かの機会に電車で来てみたいなぁと思った。

次は、国1沼津バイパス沿いに延々と続く桜並木。5kmほどもあるそうで、以前、東京への引っ越しの際にちょうど満開となっていて、なんとも見事なものだなぁと思った所だ。しかし、ここもまだまだ咲き始め、じっくりと観るほどではなかったので、車で走りながらの観賞で済ませる。

Xga2014032906そのまま一路沼津港へ。ちょうどお昼時となったので、港の商店街の一角にあった「裕次郎」というお店に入って、海鮮丼を賞味する。これも今回のお目当ての、旬を迎えた桜エビや生シラスが入ってとっても美味しくいただく。お腹一杯になったところで、「沼津みなと新鮮館」で干物やら土産菓子やらを物色。そこで買って(もらって)夜に食したキンメダイの味噌漬けは、日本酒の最高の肴になってくれたdelicious

Xga2014032909
帰り道では、お袋殿のご要望に応えて、新東名清水PAに立ち寄る。お目当ての胡桃や栗のお菓子を自分土産に買えて、お袋殿には満足していただけたようだ。しかし、高速道路のSA・PAみたいな所に寄ると、すっかり旅行気分になって、ついついmoneybag買い物しちゃうよなぁと思う。うまくできてるもんだ coldsweats01

Xga2014032915Xga2014032912春のドライブも無事に島田市まで戻ってきて、ついでに地元の桜も観ておこうと、いつも散歩している裏の小川の土手に行ってみると、7分咲きかというところだけれどなかなか見事だshine。わざわざ遠出することもなかったねぇと笑いつつ、桜土手をバックにcameraパチリと1枚。そして最後の最後に、こちらもちょうど見ごろを迎えた川越博物館の桜のトンネルを車でゆっくりと走り抜け、楽しい小旅行を終えた。

折あらばと車に積み込んでおいた釣り道具は出番なしに終わったけれど、たまにはしっかりと親孝行もしなくちゃと思う、春の一日だった。

追記:日曜日、静岡県内に春の嵐がやってきた。大荒れの天候で当然釣りには行けなかったし、サッカーの練習も諦めた(4人ほどグラウンドに行ったそうだけれどcoldsweats02)。青春18きっぷで東京に戻るtrain東海道線は、強風の影響でダイヤが大いに乱れ、いつも4時間ほどの列車旅が、途中で何度も足止めを喰ったおかげで結果的に6時間を超え、花粉症cryingで体調も良くない中、ひたすら我慢&辛抱の一日になった。けれど、列車内では色々な展開やドラマがあって、こういう非日常の中のアクシデントでドキドキheart02ハラハラするのも、経験と刺激になったかもしれないなぁと思った confident

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 24, 2014

午後からでも楽しめたなぁ

週末は、せっかく祝日が土日にくっついていたのだけれど、残念ながらその春分の日は仕事になってしまい、夕方までに片づけてtrain帰省し、結局いつもと同じようなパターンで土日を過ごすことになった。

土曜日の午前は、長男のマットレスを買いに、女房殿と長男と3人でアピタ島田店に出かけた。色々と種類があって選択に迷ったが、「トゥルースリーパー」とやらの低反発マットを枕とセットで購入、ついでに自分用にも冬暖かく夏涼しいと銘打った「テクノエアー」というマットの上敷を買ってもらった。そこそこのmoneybag金額にはなったけれど、安眠が約束されるならば安いもの。期待する効果があると良いのだけれど・・・catface

Xga2014032227買い物を終えてから五味八珍で早めのnoodle昼食を摂り、妻子を帰すため一旦家に戻ってから支度して出かけたので、釣りを開始したのは午後1時を過ぎていた。遅い時間からの出撃に選んだ場所は、家から車で1時間も掛からず、落差も少ない楽ちんな小渓流だ。盛期になれば鬱蒼として釣り人を拒むようなこの渓も、この季節は木々にもまだ葉がついておらず、日差しが流れまで行きわたって明るく気持ちが良い。流れは少々増水気味だったが、気温も上がってカゲロウやカワゲラなどの姿が多く見える。

Xga2014032201Xga2014032248釣り人の姿も無く(とっくに帰った時間帯かなcoldsweats01)、ウキウキした気分でポイントに黒パラを浮かべると、すぐに小さなアマゴがヒットした。ロッドはグラスのフィーレックスだから、小物でもファイトが楽しめる。camera記念撮影して次のポイントに向かうと、そこでも反応がある。子連れの観光客が流れを覗いていた橋の下でも、ちびちゃんが釣れた。そんな風にして、飽きない程度に魚の反応を楽しみながら、都合4時間近くで、良型こそ混じらなかったけれど2桁のアマゴをデジカメのメモリに収めることが出来たhappy01

20140322

Xga2014032217途中、冷やりとしたのは落石。自分の3mほど横に、ドボンとソフトボール位の石が気配もなく落ちてきた。当たっていたらと思うとbearingぞっとする。手軽に入れるところなので気を抜きがちだが、この渓の左岸のある区間は、60度くらいありそうな急峻な斜面が続いていて、事実崩れてきた大量の土砂や木々が流れを埋めている所もある。決して油断しないことが、渓流釣りの基本だよなぁと改めて思わせる出来事だったsweat01

     Xga2014032226  Xga2014032262  Xga2014032256

釣りを終えて歩く林道脇には、淡い緑色のカンゾウ(だと思うけど)が柔らかそうな芽を出し、伸びたフキノトウが花を咲かせている。そろそろヤマザクラの季節になるかもしれないと考えると、来週もまた渓に出掛けなくっちゃと思ってしまうのだったconfident

| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 18, 2014

故郷の渓の第2ラウンド

土曜日の朝は、アマゴ27さんから南アの年券を譲っていただく件で、Natural・Anglerカズさんphoneto連絡を取ったところ、お互いにこれから釣りに行くところだったということで、解禁日に初アマゴと出会えた故郷の渓へ一緒に出撃することになったnote
カズさんのご好意に甘えてちゃっかり家まで迎えに来ていただき、愛車CX-5の助手席の人となって道中の風景を眺めていると、木曜日にまとまって降ったrain雨の影響が残って、目的地までの本流は増水&濁流sweat01。支流も、濁りこそ薄いものの、かなり増水している。

Xga2014031502_2目指す区間は支流の上流部なので、なんとか釣りにはなるかなと思っていたが、こんな日のこと、釣り人の目は上流部を向いていたようで、現地入りしてみると、やりたかった区間には、結果的に2人ずつ2組の餌釣り師が先行していた。それでも、餌釣りの後ならばフライに出ないことも無いと考え、カズさんと区間を分けて挑戦することにする。

Xga2014031508Xga2014031513カズさんはいつもの区間、自分はその上流部に入ってスタート。普段ならヒップブーツで全然問題ない規模の沢だが、水量はいつもの倍くらいありそうで、遡行にちょっぴり不安を感じる。虫もほとんど舞っていない状況で、釣り始めから30分程は全くの無反応sweat01sweat01。11時を過ぎて、気温の上昇を感じた頃から、ようやく魚がフライに反応し始めた。結局、お昼までにちびあまご3尾をキャッチ&cameraデジタル・キープ。とりあえず、無魚を逃れてホッとしたcoldsweats01

Xga2014031517_2午後は少し下流に戻り、カズさんと左岸・右岸に分かれて釣り始める。気温が上がったせいか、魚たちの反応も少し良くなり、日当たりの良い瀬などからポツリポツリとアマゴを追加することができた。そしてこの日の締めくくりに、ず~っと下った下流部の枝沢に潜り込んでみたけれど、残念ながらこちらでは、カズさんがチビアマゴを1尾釣っただけに終わった。

Xga2014031523

Xga2014031531結局この日の釣果はちびちゃんばかり8尾に止まったけれど、決して条件の良くない中で、楽しく一日を過ごせたと思う。次回は、一段と期待できるんじゃないかなとの手応えも感じた。しばらくしたら、また訪ねてみようと思っている confident

Xga2014031535
カズさん、急な申し出でしたが、渓への快適な往復大変ありがとうございました。今回も、決して「釣った~!」という感じではありませんでしたが、これまであまり入らなかった上流部の様子が分かったということは、自分にとって収穫でした。またタイミングが合いましたら、是非渓にご一緒くださるよう、お願いいたします wink

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 11, 2014

春が来るまでもう少し・・かな

前回の日記をpcアップした際に、goo~さんから「ネットのメンテが終わってます」とのコメントをいただいていたので、その受け取りを兼ねて、週末は東の方面の渓へ出かけてみようかと考えていた。せっかくなのでgoo~さんもお誘いしてと思い、金曜日の夜にmobilephone電話をかけてみると、行きます!とのお返事。土曜日はのんびり出発で湧水系の渓を目指すこととなった。

Xga2014030803_3いつも立ち寄るコンビニで年券とriceball昼食を調達。途中の道では、視界に飛び込んでくる雄大な冬富士の風景に、思わず観光客気分でcamera撮影会。そんなこんなで、最初の目的地に到着したのが11時になっていた。流れにはあいにく餌釣りの先行者が竿を出していたけれど、自分たちは枝沢に入っていくつもりだったので問題無し。しかし、渓には60cmも積もったという雪があちこちにうっすらと残り、その冷気と増水気味の雪代水の冷たさで、日陰に入ると非常に寒い。水棲昆虫のハッチも少なく、これは厳しい釣りになるかなぁと思ったが、始めてしばらく進んだ絶好のポイントから、goo~さんがシーズン初アマゴを引っ張りだした。その後、狭い枝沢を二人で交替しながら釣って、お互いに小ぶりでも綺麗なレインボウをぽつぽつとキャッチした。

 Xga2014030819 Xga2014030820 Xga2014030824

Xga2014030828あっという間に午後1時となり、車に引き返しての昼食後は、確かな実績がある「アマゴの森」と呼んでいる渓に移動dash。期待たっぷりで入ったものの、こちらではほとんど魚の反応が無く、1時間ほども粘ったところでようやくちびちゃんがヒット。とりあえずアマゴの姿を拝めてホッとした。しかし、余りの反応の無さに再度移動を試みて、本流と支流の両方を狙える人気区間に入ってみたが、こちらもほぼ無反応。goo~さんが良型のレインボウをヒットさせたのが唯一の釣果だった。

Xga2014030829
watch午後4時となり、まだチャンスはあるかとも思ったけれど、何となく手詰まりな感じがして、どうやらこの水系では時期が早すぎたかと結論を付け、早々に退散することとしたcoldsweats01

goo~さん、ネットのメンテナンスありがとうございました。結構酷使してきたネットですが、特に問題が無かったというのは本当に良かったと思います。また、年券を買わせてしまいましたので、シーズン中は何度かお誘いさせていただきます。是非またご一緒くださるようお願いいたします confident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 03, 2014

解禁はバンブーロッドで

3月1日土曜日の朝、渓流解禁を生まれ故郷の渓で迎えようと支度を整えていると、カズさんからphoneto電話で、いつもの区間に行く途中の道路が崖崩れで通れないかもしれない、とのご連絡をいただいた。小さな車か、歩いて通る分には問題ないとのことだったが、それならもう少し上流の穴場的小渓流に入ろうと決めて、まずは年券を買いに隣の町まで出かける。

Xga2014030101釣具屋さんの開店を待っての出発だったので、現地到着は11時半近くになり、先行者らしき車が近くにあるのを承知で、支流の最下流部から釣り始めた。cloud空は雨が降ってきそうな塩梅の曇天だったが、気温は15℃もあり水棲昆虫のハッチも多い。これなら釣れないことはないだろうとタカを括っていたが、小規模な渓のこと、やはり先行者の影響は大きかったようで、めぼしいポイントからの反応は無く、竿抜けのような小場所から最初のアタックがflair。しかしこれはフライの直前で見切られ、次の魚のアタックは口先でつつかれただけ。1時間近くも経ったところでの3度目のアタックを、ようやくヒットに持ち込んで、めでたく解禁第1号をキャッチsign01

      Xga2014030103   Xga2014030104

小さくて、まだサビが残っているような風情のアマゴだったけれど、シーズンの初物はやっぱり嬉しい。しかも、この日は正月にヤナさんから譲っていただいたアキマルのバンブーロッド「rhapsody704」の初使用。無事に入魂出来たことに、まずはホッとしたcoldsweats01。この渓は、アマゴの棲む区間が短く、そのすぐ先の堰堤で一旦終了。やっぱり生まれ故郷の渓の様子は見ておかなくちゃと思い、車で移動するdash

カズさんからの情報の崖崩れは、巨大な木の根っこが転がり落ちていて、道の谷側となる左側半分を塞いでいる。そして右側は微妙な量の土砂が積もっている。こりゃ参ったなぁsweat01と思ったが、右側には車のタイヤの跡があり、恐る恐る通ってみると、ステップワゴンの車幅ぎりぎりのところで通過することが出来た。そして崩れの影響か、そこまでの流れには釣り人の姿がぽつりぽつりと見えたものの、自分が大好きな区間に人の姿は無い。まさに、ピンチがチャンスに変わった瞬間だったと言えたかもしれなかった。

Xga2014030131_2
木曜日にまとまって降ったrain雨の影響が残り、渓は澄んだ水がやや多めに流れているグッド・コンディション。虫もたくさん飛んでいる。そして、車を置いて入った目の前のポイントから、期待通りいきなりチビアマゴがヒット。そしてそこから3時間ほどで、大物は出なかったものの2桁のアマゴと出会うことが出来るという、期待以上の釣果を得たnotes。最大は8寸弱だったけれど、プロポーションも良く、この渓では良型と言ってもいいかな。タックルとのcamera記念撮影もまずまずの出来になり、大満足の解禁日となった。

Xga2014030141_2 Xga2014030153 Xga2014030151

生まれ故郷の渓は、今シーズンもこうして温かく迎えてくれた。かけがえのない釣り場を、これからも大切にしていきたいと思う confident

Xga2014030160

| | Comments (21) | TrackBack (0)

« February 2014 | Main | April 2014 »