« November 2013 | Main | January 2014 »

December 31, 2013

2013年を振り返って

今年も残すところ数時間と迫った。
長くもあり、短くもあった今年を振り返ってみると、4月から再び単身赴任という環境になって、それは自分にとっても家族にとっても、大きな出来事だったと思う。

20130727

そして、7月末の怪我。家族に心配を掛け、職場に迷惑を掛け、釣仲間の皆さんにもお気遣いをいただいてしまった。全て自分の不注意が引き起こした事だ。

そんな中で、家族のサポートと、職場や仲間の皆さんのご支援があって、今日、平和に年を越すことが出来そうになったことは、本当に幸せに思う。特に、夏から秋に掛けて、厚かましくもリハビリと称した釣りに、お付き合いいただいた釣り仲間の皆さんには、厚く厚く感謝する次第だ。
不自由な身体ながら、シーズンの最後に、自分には分不相応な大きなイワナが釣れたことも、お恥ずかしくも良い思い出になるだろう。

ココログちびあまごをご訪問の皆様、本年も大変お世話になりました。皆様が良いお年を迎えられることを、心からお祈り申し上げますと共に、来年もご贔屓のほど、よろしくお願いいたし鱒~notes

追伸:年末年始の大変慌しい中ということで、このログは閲覧のみとさせていただきます m(_"_)m

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2013

母の傘寿を祝う

12月22日、母が満80歳の誕生日を迎えたshine。「八」と「十」を縦に並べると、傘の略字になるので、「傘寿(さんじゅ)」と言って祝うそうだ。翌日が天皇誕生日で、テレビでは陛下が傘寿を迎えたとのニュースが流れている。母は陛下より1日だけお姉さんということになる。

2013122204_2

喜寿の時も大したお祝いはしてあげなかったけれど、母のリクエストに応えて、ささやかながら家族ですき焼きを食べに出かけた。処は藤枝市の「大正亭」。お肉屋さんがやっている、なかなかの人気店。すき焼き用に薄切りにされ、綺麗に“さし”が入った牛肉は、口の中で溶けてしまうように柔らかく美味しかった~note

Photo_2

Photo_6

80歳と言っても、母はまだまだ元気で頼りになる。妻と上手に家事を分担する傍ら、詩吟に朗読、踊りと趣味も多彩。
これからも、家族の世話を焼きながら、毎日を楽しく暮らし、長生きをして欲しいと心から思う confident

   fish   fish   fish   fish   fish   fish   fish

Photo

2013122113_2

話は変わって、その前日の土曜日は、電報サムさんのボクスターに乗せていただき、L&Fエリアに出撃した。「天龍路」で温泉卵乗せカレーうどんの昼食を摂ってから、いつものN区で竿を出す。この日はKEN2さんもエリアに来られていて、久しぶりにお話が出来、後半には流れの対岸から、見事なルアーテクニックを鑑賞させてもいただいた。

2013122109

2013122119_3

肝心な釣果の方は、ちびニジが1尾とオイカワ少々という、ちょっぴり物足りないものだったけれど、本命が釣れたので、とりあえず良しというところ。良型を釣り上げてcameraニコパチ撮影をしている、電報サムさんとKEN2さんをうらやましく思いながらも、まあこんなもんでしょ~の一日だったsweat01
電報サムさん、今回はすっかりお世話になり、本当にありがとうございました。これからエリアも、本格的な冬を迎えて寒さも厳しくなりますが、もしまた出撃するチャンスが出来ましたら、ご連絡いただけると幸いです。

   soccer   soccer   soccer   soccer   soccer   soccer   soccer

ところで、日曜日の午前中は、約5ヶ月ぶりでサッカーの練習に行って来た。怪我をしてしまった夏以降、ちょっとばかりのウォーキングくらいしかやってこなかったので、体力は落ちてdown、逆に体重は上昇up傾向。走れるかなぁと思ったら案の定、数分のアップで息切れだwobbly。それでもやっぱり、サッカーは楽しい。左肩の調子はまだまだだけれど、少しずつ慣らしながら、練習を楽しんで行きたい happy01

| | Comments (12) | TrackBack (0)

December 16, 2013

小さくて、傷だらけでも

1ヶ月遅れの釣り大会も盛況のうちに終わったようで、N区のダム下に、濁り水にも慣れた魚達が沢山居るんじゃないかなと思いつつ出かけた土曜日のエリアだったけれど、一番のお気に入りの、澄んだ水が入るポイントには、残念ながら全く魚影が見当たらなかったgawk

2013121407
それならばと、N区を岸沿いにぐるっと攻めて廻ったが、相手をしてくれるのは良型のオイカワばかり。他の釣り人のみなさんも、それほど釣れているという感じではない。

2013121405
snow冬型の気圧配置が強まって、冷たく強い風が断続的に吹き付ける中で、午後3時頃になると雪を降らしそうな雲が山の端から広がってきて、ついにはポツリポツリと雨が降り出した。まあ、こんな残念な日もあるよなぁと思いながら、最後には狙っておかなければと思っていた、いつもの溜まりにたどり着く。

魚の気配は皆無。それでもと思ってフライを流す。3回目・・、5回目・・、やっぱりダメだねぇと思った時、小さな魚がフライに出たflair。16番のパラシュートを弾くくらいだから、やっぱりオイカワかなと思いながらも、少しだけ流れを休ませて再挑戦。すると、今度はしっかりとフライを咥えてくれた。

2013121413
あっと言う間のファイトの後でネットに収まったのは、20cmほどのレインボウ。小さいし、放流モノとひと目でわかるコンディションの上に、鳥にでもつつかれたように傷だらけの姿sweat01。可哀想なくらいの魚だけれど、本命であることに変わりはない。ラストチャンスに応えてくれたこの1尾が、ささやかな癒しとなった一日だった confident

   fish   fish   fish   fish   fish   fish   fish

【追記】釣りに行く前の情報収集にと天竜川漁協のpcHPを見てみたら、平成26年度の漁業規則変更のお知らせが目に入った。それによると、鮎釣り以外という区分の年券が出来て、5000円だという。これまでアマゴ釣りでも年券は7000円だったから、2000円の値下げということになるだろうか。どういう背景があったのかは判らないが、アマゴ釣師には嬉しいお知らせだ。4000円とかだったら、もっともっと嬉しかったかもしれないけれどcoldsweats01

| | Comments (12) | TrackBack (0)

December 08, 2013

たいせつ

201312070112月最初の土曜日の7日は、二十四節季の「大雪(たいせつ)」だと、往きの車中で聴いていたK-MIXの女性パーソナリティが言っていた。しかし、静岡県は雪に縁が無い。午前11時、エリアに到着してみれば、少し風が気になるものの、sun快晴のお天気だ。N区の左岸では、日曜日の釣り大会に向けて、放流の準備も出来ている。今日もレインボウ達と出逢えるかなぁと思いつつ流れに臨んだのだが・・・。

2013120720
この日は、自分の好きなポイントに複数の先行者が入っていて、いまいち思うに任せない時間が過ぎていく。それでも、昼食時になって釣り人の姿が少なくなり、チャンス到来だ。いつもの溜まりにライズを発見eye。CDCパターンが、フライ先行で流れるように苦心したが、スレ切った魚達は拙いフライを見切ってしまう。しかし、ラインメンディングでちょっと引っ張られたフライが一瞬沈み、ゆっくりと浮き上がって「ポカッ」という感じで水面を割ると、魚の捕食スイッチが入ってくれた happy01

2013120705_2 2013120718_2 2013120726

小さいけれど、レインボウをキャッチして、今日も良かったなぁとホッとする。そしてその後は、風が強くなったこともあって厳しい状態が続き、2時半の終了までに、とても小さなレインボウを1尾追加するにとどまった。まあ、その間は、依然として元気一杯なオイカワ君達に、たっぷりと遊んでもらったのだけれど。

2013120722
エリアの水質も、かなり安定してきたところで、日曜日の釣り大会。たっぷりと放流もあったようなので、今後はまた期待できるかも。

そうそう、漁協のHPの大会成績を見てみたら、知った名前がトップにあるnotes
Sammyさん、凄い!流石です。優勝、おめでとうございます~ happy02

| | Comments (12) | TrackBack (0)

December 02, 2013

エリアは?そして釣り仲間のみなさんは?

11月の最終日となった週末土曜日は、いつものように独りL&Fエリアに出撃した。

到着は11時半、sun穏やかな天気に恵まれた上に、前日に放流があったと漁協のpcHPで知らされていたので、さぞかし賑わっているのだろうと想像していたが、広いN区に釣り人は・・・7人!sweat01ありゃ、なんでこんなに空いているのかなぁと思いつつ、カズさんに教えてもらった情報を頼りにして、まずは支流側のクリアウォーターをCDCで狙うと、すぐにおいらサイズのレインボウがヒットnote。立て続けに2尾目をキャッチしたところで次のポイントに差しかかると、流芯に良型の姿が見える。フライを白バイビジにチェンジし、ナチュラルドリフトを強く意識しながら何度か流すと、、、喰ったsign01

2013113001_2
掛ってみると意外にも大型で、3番ロッドは満月になり魚は下流に向かって突進する。岩の間に潜り込もうとするところを何とか耐え、太い流れに逆らわないように魚をいなし、冷や汗たっぷりのファイトの後ネットに収まったのは、55cmくらいあるだろうか、ヒレもしっかりとした色白の綺麗なレインボウだった。やった~happy02

2013113002
この日の釣りは、これが全てだったと言って良いかな。昼食後に再びおいらサイズを1尾釣ったが、それ以上続ける気合いが抜けてしまったので、今季まだ行っていないU区の様子を観に行く事にした。

風も無く、暖かな日差しに満ちたU区では、長閑な風景の中、そこそこの数の釣り人が思い思いにロッドを振っていた。ここはC&Rではないので、中には60cmを超えているようなレインボウをストリンガーにキープしている人も居て、思ったより良い釣果があるようだ。自分も少し川辺を歩いてみたが、空いている所でドライを流したくなるようなポイントは無かったので、まだ2時半だったけれど次の用事に備えて帰宅することにした。

nightその夜は、女房と一緒に、母と義父母を連れて、掛川市のレジャー施設「つま恋」「サウンドイルミネーション」を観に行く約束だったのだ。午後6時過ぎに現地到着。無料の駐車場にはすんなりと入れて、それほど混み合っていないようだ。

Tumagoi
入場料は1200円で、500円のお買い物券付き。広い敷地のあちこちに、LED電飾を施した区画が点在して、なかなか美しいのだけれど結構歩かなければならない。歩くのが苦手な義父は、入場して間もなくギブアップ。義母もようやくメイン会場にたどり着いた所でUターン。妻と母と3人でユーミンの曲が流れるメイン会場をぐるっと周って帰ったが、実質700円とは言え、なんとなく損したような気分で家路に着いたcoldsweats01

   sun   sun   sun   sun   sun   sun   sun

明けて日曜日は、釣り仲間ひろりんが主催する、恒例の「オイオフ」だ。いつものように電車組みは、誘い合わせてtrain東海道線で静岡を目指す。草薙駅からはKANZOさんの愛車に乗せていただき、とても暖かい日差しにあふれる、いつもの里川の土手に到着した。

メンバーが集まると、早速みなさんご持参のお酒や食べ物がテーブルに並び、ひろりんの音頭で乾杯、そしてオイオフ名物「松永家風おでん」?に舌鼓。それでも、酔いが回る前にと釣り支度を整えて、ひとしきりcameraタックル大撮影大会となった後、流れに挑んでみる。風も無くフライ日和の中で、まずは極小のカワムツをキャッチ。続けてまずまずのオイカワnotes。これで本来の目的を果たし、再び呑み体制に突入。みなさんご持参の素晴らしい肴を賞味しつつ、様々なお酒を堪能する。そして、釣り談義に花が咲いた。

Oioff01

Oioff02_2
沢山食べてお腹が膨らんだところで、再び一人で流れに戻り、やや本気モードで釣りに没頭していると、「よねさん、大丈夫ですか~?遭難してるんじゃないかとみなさんが心配して~・・・」との電話が入る。夢中になり過ぎて、相当時間が経っていたことに気が付いていなかった。いやはや、申し訳なしsweat01sweat01

Oioff03_2
楽しいひとときは、あっと言う間。午後3時過ぎ、西側の山の尾根に日が入ると、とたんに川辺に冬の寒さがやってくる。大急ぎで撤収し、また来年の開催を誓って散会となった。

   fish   fish   fish   fish   fish   fish   fish

主催者のひろりん、そしてご参加のみなさん、今回も大変お世話になりました。おかげさまで、存分に遊ばせていただきました。また次の機会を、心から楽しみにしております confident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« November 2013 | Main | January 2014 »