« November 2012 | Main | January 2013 »

December 31, 2012

緑の新風

29日からの年末休暇中に釣り納めを~なんて考えていたけれど、家からのお許しが出るはずもなくsweat01天候もrain生憎だったので、結果的にクリスマスイブの釣りがラストとなってしまった。でも、締めくくりとしては悪くない釣果だったので、まあそれで良かったかなぁと考える事にした confident

さて、そんな中、フィッシュアウルさんにお願いしてあったロッドが「届きました~♪」とのphoneto連絡が。年末の慌ただしい中だったけれど、お店まで引き取りに行ってきた。

Feelex7034

   ~ AXISCO AIRRITE-FEELEX AFFG 703-4 ~

Feelex

アキスコさんが最近リリースした、グラスファイバーのマルチピースロッドだ。7フィート3番は、当然ちびあまご釣りを意識してのチョイス。継いでみると、軽いブランクと4ピースのおかげか、意外としゃっきりした印象で、これなら実戦での活躍が期待出来そうだ。ブランクカラーも、自然に溶け込むような、やや渋めのグリーンで、シンプルなパーツとコスメも好ましい。リールは何を合わせるか、入魂はどうやろうなどと考えるのも、とても楽しいものだ。当然、解禁のアマゴ狙いといきたいのだが、そこまで我慢できるかどうか coldsweats01
来シーズン、この緑のロッドが新風を吹かせてくれる事を祈りたいnotes

Photo

さて、2012年も今日でお終い。皆様方におかれましては、良い一年にすることができたでしょうか。今夜は、カズさんの画像をいただいて出来あがったアルバムを肴に、この一年を振り返りながら、美味しいお酒を飲むことといたし鱒。

ココログちびあまごをご訪問の皆様、どうぞ良いお年を note 

| | Comments (18) | TrackBack (0)

December 24, 2012

雨上がり狙いは惨敗!でも・・・

この週末は、暮れも押し詰まった中の3連休だったけれど、ちょこっとずつ家事をこなしながら、たっぷりと遊んだ3日間だった coldsweats01

土曜日は朝から雨。前週に、雨上がりのチャンスをモノにできたことに気を良くしていたので、今回もとばかりに10時過ぎてからエリアに向かったのだけれど・・・。

2012122203_2

2012122207

道の駅の玉子丼は味噌汁にお新香付きで500円。ワンコインでお腹を満たしてから天気予報どおりに雨の上がった流れに対峙したが、一向に水棲昆虫が舞わない水面には魚達も興味を示さず、4時間ほどで3回、7Xのティペットを介して魚とつながったものの、バラして切れてまたバラし、1尾の魚もcameraデジタルキープ出来ずに惨敗と終わってしまった wobbly

   soccer   soccer   soccer   soccer   soccer   soccer   soccer

明けて日曜日は快晴。気温も上がった午前中は、島田シニアの練習に参加して大汗sweat01を流し、午後は3時から第2部の忘年会。素晴らしいshineサッカー仲間shineと楽しくお話をし、美味しいbottleお酒をたっぷりといただいた。

   sun   sun   sun   sun   sun   sun   sun    

2012122401

そして連休最終日は、庭のお手入れやら居間の電灯のLED化やらという、家の年末仕事を少しだけやったおかげで、昼食後にお許しをいただきエリアに出撃。釣りの持ち時間は正味2時間といったところだったが、開始早々狙い通りに瀬からレギュラーサイズのコーホ?を引っ張り出し、続いてちょっとだけサイズアップしたレインボウをヒット。

2012122402

2012122423

その後で、魚の溜まったポイントを発見し、小さいのやら成熟したのやら、5尾ほどのレインボウのファイトを楽しんで、運良くも土曜日のリベンジを成す事ができた。車までの帰り道で目に入ったのは、季節外れの百合の花?それは、ドライにもチャンスはあるよというメッセージだったのかも。

2012122429

2012122430

締めくくりは、家族そろって鰻の夕食。思えば今年は、超不漁の影響で口にすることのなかった鰻だったけれど、クリスマスイブにありつけるとは思ってもみなかった。それというのも、長男にささやかながらボーナスが出たおかげ。今夜ばかりは息子にご馳走様~と感謝させていただいたdelicious

| | Comments (12) | TrackBack (0)

December 16, 2012

雨上がりの虹

2012121503

天気予報が的中して、土曜日は未明からrain小雨が降っていた。しかし、午後になれば雨は上がるsprinkleとのこと。朝起きてからフライを6本巻いて、家を10時過ぎに出発する。途中、ちょうど昼時になったので道の駅の暖かい蕎麦でお腹を満たし、エリア到着は12時半となった。

2012121504

しかし、まだ雨は降っている。流石に釣り人の姿もまばらだ。昼寝でもして時間を過ごそうかとステップワゴンの運転席で目を閉じてみたけれど、やっぱり我慢ができずcoldsweats01、レインウエアを着込んで水辺に向かうと、ちょうど川から上がって来た3人組が目に入った。お~!KEN2さんだ~とばかりに声を掛けさせていただくと、早朝のサーフからのダブルヘッダーなのでこれから帰るとのこと。午前中の貴重な情報をいただいて、左岸側に渡って釣りをスタートした。

2012121509

1時間ほどもすると雨も細かくなり、ドライ向きの条件に変化して、待望の1尾目は瀬の中から出た7寸ほどのレインボウ。オイオフのビンゴでゲットしたヤナさん提供のグレース・ネットに無事入魂だ happy01 その後、小さなお客さんを追加したところで雨も完全に上がったので、KEN2さんの情報の大プールに右岸側から移動してみると、散発だけれどライズがある。じっくり狙って30分、何度も何度もドライを流した真っ平らな水面から、ようやく8寸ほどのレインボウをヒットさせホッとしたscissors

2012121530

そしてその後、大プールの下流の何気ない瀬で、18番のダークダン・パラシュートが水中にすっと吸い込まれた。小さい!?と思ったら、ぐいぐいロッドを絞りこんでくれる。一瞬水面に現れた魚体は大物というほどではないけれど、幅広でレッドバンドも鮮やかなshineレインボウだ。
7Xのティペットなので無理は出来ない。慎重に慎重にやりとりして、数分間のファイトの後ネットに収まった魚は、35cmほどのグッド・コンディション。この1尾で、この日釣りに来たことが報われたなぁと思った confident

2012121534

雨上がり、気温は比較的高かったけれど風がでてしまい、決してドライに良い条件ではないと思ったのだけれど、思い描いた釣りが出来たので満足した。
また次の週末が楽しみになってきたぞ wink

| | Comments (16) | TrackBack (0)

December 10, 2012

釣れた!そして釣れなかった(^^;

土曜日は、sun晴れるけれど風が強く荒れた天候になると、tvテレビの天気予報で言っていた。まあ、晴れてりゃ釣りになるだろ~と思いつつ、西のエリアに独り向ったのだが・・・。

virgo天気予報がズバリ的中した強風dashの中で、やっぱり水面の勝負は厳しかったsweat01
水棲昆虫のハッチが確認出来ない中、ドライへのアタックは当然のように巡っては来ない。それでも、苦戦して小さなお客さんを2尾ヒットさせることができ、ホッとした後にたどり着いた魚止めプールには、ラッキーなことに、eyeちょっと見にも複数の魚影が確認できる。

2012120831

こんなポイントでドライは相手にしてもらえないだろうなぁと思いながらも、うじうじとキャストを続けていたら、強風にあおられたグリズリーバイビジブルが、水面をコロコロっと転がってしまったところに、小さなレインボウが躍り出た。それをヒントに、意図的にフライを動かして誘ってみると、2尾目・3尾目と徐々にサイズアップし、ついに3番ロッドでは厳しいサイズがヒット。

2012120834

冷や汗混じりだったけれど、主導権を握った至福のファイトを楽しんだあと、8寸サイズのgoo~ネットに半分しか収まらなかったレインボウは、超幅広というか腹ボテの46cm。おいらとしては規格外のサイズに、嬉しさ大爆発~happy01

その後、自分としては最適サイズの、コーホ・サーモンと思しきギンピカの1尾を同じプールで追加したのを汐に、時刻はまだ午後2時半にもならなかったけれど、十分に釣りを満足したことと、正直言って寒さにめげたcoldsweats01ことを理由に、早々に流れを退散した。

2012120838

12月第2週に入って気温はぐっと下がってdown来たけれど、まだまだ魚達は元気なようなので、週末は希望をもってエリア通いを続けたいと思う。魚だけではなく、人との出会いも期待したいところだ。

  sun   sun   sun   sun   sun   sun

翌9日は、ひろりん主催、恒例の「オイオフ」が開催された。
この日も風の強~い状況が続く中、釣り仲間のみなさんが三々五々にいつもの川辺に集合し、9時半頃には、早くも第1回目のbeer乾杯。いつものようにホスト役ひろりんご夫妻がご用意してくれたおでんをメインに、参加者持ち寄りの美味しい肴やbottleアルコール類で、強い風も寒さも吹き飛ばしていく。

2012120904 2012120906 2012120924

13回の開催という歴史の中で、今回ほど強い風に見舞われたことは記憶になく、肝心なオイカワ釣りの方は、どうにも勝負にならなくて、結果的は無魚despair。オイカワと言えどもあなどってはいけないなぁと反省しきりだったが、こういう条件で釣りをすることも、残念だけれど大切な経験なんだよなぁと納得した。

ところで、今回初の試みの大ビンゴ大会では、ヤナさんの提供してくれたランディングネットが3番を引いた自分に巡ってきてくれてびっくり。とても高価な品物なので、すっかり恐縮してしまう。このネットに相応しい魚を納めてcamera写真撮影をする日が、大いに楽しみだ。

と言う訳で、今回もホストのひろりんご夫妻には大変お世話になった。我がまま言って早退させていただき、片付けなどお手伝いできなかったのが心苦しく思う。
ひろりんご夫妻、またご参加のみなさん、今回も本当にありがとうございました~notes

2012121011

という週末だったけれど、さらなる楽しみとして、オイオフに引き続いて日・月1泊で御殿場高原時之栖にspa湯治?に行った事も、オイオフ早退という我がままの背景として付け加えておかなければねhappy01
spa温泉とbeer地ビールに加え御殿場プレミアムアウトレットも満喫して、お土産もゲットし実に楽しい3日間は、酔いに任せて夢のように過ぎていったのでした confident

| | Comments (18) | TrackBack (0)

December 02, 2012

小さくても、美しい魚体に大満足

本年も、いよいよ最終月に入った。その初日の土曜日は、いつものC&Rエリアへ独り向かう。山間の河原は、初冬を迎えて気温が下がり、この日は風が強く吹いていた。

2012120102_2

釣り始めは11月に良かった中間の区間へ。早々に、とても小さいけれど美しいレインボウをcameraデジタル・キープしてホッとしたのだけれど、その後は時折強く吹く風にラインが翻弄されて、思うような釣りにならない。ちょっともどかしい状況を打開すべく、昼食後はいつもの上流区間へ移動したsweat01

2012120112_2

すると、青い恐竜ジャンバー(ベストで見えないけど^^;;)の釣り人を発見。爆風キャンプ以来のKEN2さんに再会だ。情報をいただくと、そこここで、小さなライズがありますよ♪とのこと。よしよし~!!

2012120127

今日もドライで釣れるかも~と思いつつ、強い風にあおられながら、左岸側を下流部から岸沿いに瀬のポイントを叩いていくと、2尾目・3尾目とこれまたちっちゃいレインボウがヒットし、続く4尾目は小ぶりだけれどポッテりと太ったレインボウ。そんな感じでドライ・ゲームを楽しんでいると、先に行ったKEN2さんからphoneto電話が入る。聞いてみれば、良い型が出たsign01とのこと。駆けつけてみると、凄い顔つきのモンスターがドデカいネットに入って観念している。
2012120135

2012120140

こういうのも居るんだなぁcoldsweats02とびっくりしながら写真を撮らせてもらった後、何気なくその脇の流れにフライを浮かべてみると、ポコッという感じで出た魚が、軽快なファイトを見せてくれる。慎重にやりとりしてネットに収めると、KEN2さんの魚に比べればベビーサイズだけれど、なかなかの好い面構えだhappy01

2012120151_2

この1尾ですっかり満足してしまい、その後は前回もハマった最上流部の雑魚ライズに再び熱中する。今回も、家の裏の小川ではお目にかかれないほどデカくて、びっくりするほど良くファイトするオイカワを存分に釣り、再び下った瀬の中から、サクラマスを思わせるような銀ピカの美しい姿をしたレインボウを引きぬいたところで午後4時となり、夕まづめが気になりつつも終了することとした。

2012120160

2012120156

今シーズンのエリアは、漁協さんが小型のレインボウを数入れてくれたのか、自分としては例年になく楽しい釣りができているnotes。水質も、昨年はず~っとダムのシルトと思しき白い濁りが続いたのが、今年はこの時期からかなり澄んでいて、魚達が水面を向いてくれる好条件になっているのかもしれない。これからは、本格的な冬に向かって行くことになるけれど、もうしばらく、自分流で楽しめることを期待したいと思うconfident

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« November 2012 | Main | January 2013 »