« December 2011 | Main | February 2012 »

January 25, 2012

あと1歩かな

暦の上では一年で一番寒いという大寒の土曜日の朝、目を覚ますと窓の外に雨音が聞こえていた。ん~、どうしようかなぁと思いながらも、やっぱり昼前にはC&Rエリアの水辺に立っている自分が居る coldsweats01

sprinkle細かい雨が時折パラつく状況だったけれど、寒さはそれほど厳しくない。車の温度計は8℃を示していた。少ないながら、川面に虫も舞っている。風さえ吹かなければ、水面にもチャンスがあるかと思いながら、釣りを開始した。

2012012102

午後1時を過ぎて、小さなカゲロウがハッチしている、支流からの澄んだ流れの中から、ついにレインボウがshine躍り出た。サイズは40cmというところか。今年の初物とのファイトに、思わず緊張し、心臓の動悸の高まりを意識する heart01

慎重に、慎重に、相手の動きをいなして、完璧なランディングに持ち込もうとした時、なぜかヤツは自ら平らな大岩の上に乗り上げてしまった。そこで激しく首を振る。すると、テンションの掛り過ぎたティペットは、あっけなく切れてしまい、THE END。

最も期待していたポイントでのブレイクに、すっかり心のテンションが下がってしまいdown、その後30分ほどやったところで、ギブアップ。寒くもなかったので、まだまだ粘れたところだったけれど、元気の良いレインボウとの数分間のファイトで、なんとなく満足してしまった感じだ。

これから節分にかけて、まだまだ寒さは厳しくなる。しかし、春に向けて魚のコンディションの高まりも、きっと期待できるものと思う。渓流解禁までの5週間を無駄に過ごさないよう、今度の週末も川辺に立ちたい。

   sun   sun   sun   sun   sun   sun   sun     

さて、この日・月は、職場に1日の休暇をいただいて、三重県長島町のプレミアムアウトレットと、屋外施設のウインターイルミネーションを楽しんだ。

2012012302

2012012307

二日続けて歩きまわったアウトレットのジャズドリーム・ナガシマでは、FOXFIREのショップで撥水のアウトドアジャケットと、モンベルショップで取っ手がDリングのステン・マグを、それぞれゲットして大満足。

2012012213_2

屋外施設のなばなの里では、日本の四季をモチーフにした美しく壮大なイルミネーションに、思わずため息をついてきた。

天気予報では寒波や雨が懸念されたけど、終わってみれば穏やかで暖かな天候に恵まれた。極々近場のプチ旅行だったけれど、イベントありお土産ありのプランに、ちょっぴり溜まりつつあったストレスが、ふわっと去って行った気がする。旅と買い物って、本当に最高の気分転換だよなぁと、あらためて思う2日間だった catface

2012012306        こんな乗り物には、正直をじさんは乗れましぇ~ん・・・coldsweats01

| | Comments (16) | TrackBack (0)

January 15, 2012

川辺に春の兆し

先週に続いて、電報サムさんからphonetoお誘いをいただいた。
風はあるようだが、空は明るく晴れ渡っている。ならば、家にいるなんてつまらない。ありがたく、ポルシェボクスターの助手席に座らせていただき、C&Rエリアへ向かった。

Img_0476

遅い出発だったので、またまた天龍路でカレーうどんの昼食を摂ってからの到着となり、釣り開始は12時半。前日の放流情報を受けて、釣り人はそこそこの人数が川辺に陣取っている。

気温は8℃ほどか。エリアは北西寄りの風が強く吹いていたが、流れの淀みに溜まっているユスリカをヒントに、ミッジドライを選択してポイントを攻めていく。風の吹く中のキャスティングは、ちょっぴりイライラするけれど、それもシーズンが始まってからの本流釣りの、良いトレーニングだと思えば、1投1投のモチベーションになる。魚のcamera画像が撮れれば、最高なんだけどなぁとか思いながら、丹念に探り続けたsweat01

しかし、この日も、ついに1度の反応もないままに4時半の終了時刻を迎える事になってしまった。覚悟はしていたことだけど、やっぱり残念ではある。一方サムさんは、ヒレピンの良型を上げたとのこと。デジカメ画像でみせていただいたレインボウは、shine見事なプロポーションをしていた。

さて、前日放流の効果があったかと言うと、どうやらこの日も全体的にパッとしなかったようだ。200kgの魚は、またしても1晩でどこかに消えてしまったという事だろうか。多くの釣り人が苦戦している理由は判らないけれど、いつかは魚達のスイッチが入る日が来るだろう。それを期待しつつ、渓流解禁までのトレーニングに、これからもエリアに通い続けたい。

Img_0480

川辺の木々に目をやれば、ネコヤナギがぽつりぽつりと咲きだしていた。春は、すぐそこまで来ているようだ confident

【つまらんつぶやき】
夜、テレビで映画インディージョーンズを放映していた。
ジョーンズ博士の敵方が持つ銃は、M1カービンという、自分的には懐かしい代物。エアソフトガンなんていうおもちゃに熱中していた頃に買ったM1カービンが、タンスの上にほこりをかぶって乗っていたので、久しぶりに引っ張り出して触ってみた。

Us_m1carbine

木の感触が、なかなか良い感じのモデルではあるけれど、なんでこんな物に熱中していたのかなぁと、すっかり冷めた今は不思議な気がする。つまらない事に、お金と時間を無駄使いしてしまったなぁと後悔しつつも、こういう事も、人生の一つの経験なんだろうなって、改めて思ったりした。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

January 10, 2012

好天なれど、好転せず

sun快晴の天候に恵まれた3連休の真ん中の日曜日、誘って下さった電報サムさんのメルセデスの助手席にちゃっかりと座り、天竜C&Rエリアに連れて行っていただいた。

到着したダム下の流れは、12月末よりもさらにクリアになっていて、水量もかなり減っている。駐車場から見下ろすと、川底が丸見えだ。そう言えば、かなり久しく雨が降っていないが、その影響か。釣り人は、そこそこに居る。
釣り始めの午前10時頃は、谷全体に冷たい北風が吹き、厳しい釣りになるかと思っていたが、徐々に風も弱まり、だんだんと期待が高まって来る。しかし、水面を流れるフライには、何の反応も無し。サムさんのニンフも、また然り。

2012010801

お昼は一旦川から上がり、天竜路で昼食。出てくるのが遅いというのは2度ほど体験してわかっていたけれど、がらがらのお店で30分以上のロスタイムには苦笑せざるを得ない。ここでは時間というものが、ゆっくりと流れているようだ gawk

2012010804

午後はポイントを変えようかと相談したけれど、結局午前と同じダム下へ。気温も上がり、極小の水棲昆虫のハッチが盛んになる。3時を回ろうとする頃には、息をすれば吸い込んでしまうほどのハッチになったnotes
しかし、風が治まった水面は静かなままだ。雑魚のライズさえ起らない。周囲の釣り人のロッドが曲がることもない。ルアーの方もフライの方も。

2012010806_2

結局4時までやって、自分もサムさんも、ただ1度のアタックもないパーフェクトな無魚。帰りは、フィッシュアウルさんのお店に寄り道して、情けない結果を報告した。
エリアの状況が良くないということは、わかっていたけれど、やっぱりこの結果は残念だ。それでも、この時期に堂々とロッドが振れるということは有難い。今度の週末以降も、もうしばらくエリア通いは続くと思う。誰もお付き合いしてくれそうもないけれど sweat01

電報サムさん、今回は連れて行っていただきまして、本当にありがとうございました。釣果はありませんでしたが、これにめげず、また是非水辺へご一緒下さいね wink

| | Comments (12) | TrackBack (0)

January 03, 2012

幸多き年でありますように

激動の2011年から新たな幕開けの2012年へと、着実に暦は移り変わりました。
ココログちびあまごに御来訪の皆様が、希望に満ちた新年を迎えられたことと、お喜び申し上げます。

2012

1つのネットに仲良く収まったアマゴとイワナの画像に今年の想いを込めて、新春のご挨拶といたします。

   sun    sun    sun    sun    sun    sun

さて、新年の初釣りは、思いもかけず釣り仲間の皆さんとの楽しいひと時となった。
ご一緒いただいたのは、電報サムさん、カズ@NAさん、goo~さん、そして現地集合の日曜釣師さん。目指した先は、県東部の裾野フィッシング・パーク。

201201030620120103072012010301
皆さんの日頃の行いの良さからか、天候は穏やかな晴天に恵まれて、釣りの方は管理釣り場だから当然、言う事無しの大豊漁。3時間のコースを、思い思いのアプローチで愉しんだ。

   2012010312    2012010315

   chick    chick    chick    chick    chick    chick

渓流の本格解禁まで、もう2カ月を切ったところだが、心配な事は昨年の台風の影響。魚達の生命力の強さを信じて、春の支度を整えていきたい confident

| | Comments (22) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »