« 小春日和の小川の土手にて | Main | 締まらなかった納竿だったけど・・・ »

December 27, 2011

釣り人が居ないということは・・・

学生たちはそろそろ冬休みに突入したかなぁという、12月下旬の3連休初日。
天候は快晴、風やや強し。年末に近づいて、気温は低下してきたけれど、23日の天皇誕生日は、間違いなしの釣り日和になった思っていた・・・。

いつものように遅い出発で、現地入りはちょうどお昼時。さぞかし大勢の釣り人が押し掛けているやと思ったのだが、見下ろす川辺は閑散としている。ダム下左岸の駐車場に停まっている車は、なんとたった1台。これは一体、何を意味するのか?

1223tenryu

答えは簡単、釣れていないのだ。この時期でも水面を狙うアホなおいらは当然のこと、一級ポイントで姿を見かけたエリアの猛者と称される方々でさえも、ロッドが曲がる事がなかなか無かったようだ。水量は平水、水質は以前より全然クリアになっていて、流れの脇ではハッチした極小の水棲昆虫が吹き溜まっている。先週の放流からちょうど1週間が経過して、魚達も落ち着いた頃だろう。条件は悪くはないはずなのだけれど、魚達の捕食スイッチは、なぜかOFFになったままだ

マーカー派が攻めないような細かなポイントを、ねちっこく攻めているうちに時間はどんどんと経って午後4時を過ぎ、これからがイブニングのゴールデンタイムと思ったのだけれど、残念ながら川は頑なに沈黙を続けた。ダム下エリアの釣り人達も、ほとんどがまだ明るさの残る内に家路についてしまった。

2011122302

こうして、ただ1度の反応も得られないという、何とも残念な一日だったけれども、寒さも厳しくなった折り、それは予想できない事態でもなかった。今回も、ダイナミックな流れと直接対峙して、時折吹く強い風に逆らいながらキャスティングを続けたのは、負け惜しみではなく、良いトレーニングになったんじゃないかなと思う。
しかし、これがもしかしたら今年の竿納めかと思ったら、なんともやるせない気分になる。この先の年末に、C&Rエリアで良い釣りが期待できるとは決して思えない。ならば、オイオフの楽しかった釣りを、竿納めとしておけば良かったかなぁと、今は後悔しきり。過ぎてしまった事を言っても、仕方ないけれどねぇ

|

« 小春日和の小川の土手にて | Main | 締まらなかった納竿だったけど・・・ »

Comments

ええ〜〜!水色がこんだけ良くなってても釣れな
い!?ガッサラなんか何処からでもウェットに飛び出
しそうなのに…。折角放流するんだから場所も密度も
サイズも、見直さないと釣り場の未来はないね。
天竜川が抱える問題は、私らの想像以上に大きいのかも。

Posted by: goo~ | December 27, 2011 11:09 PM

先週末は釣りに行けませんでしたが、
天竜エリアは釣れないモードに入って
るんですかね。
放流はしてるはずですが・・・。
厳しいですねえ。

Posted by: 無糖 | December 27, 2011 11:41 PM

goo~さん、まだまだ澄んでいるとは言えないまでも、水質はずいぶん良くなった感じがしましたよ。
GにしてもNにしても、浅いところからガバッと魚が出そうな雰囲気はあったんですが、現実は甘くなかったです。
漁協も、とにかく放流しなければと頑張っていてくれていると思うんですが、なぜか魚たちは何処かへ散って行ってしまうようです。噂では、夜明けと同時に鵜の大群が押し寄せて、上ずっている魚たちをかっさらっているんだとか。
そうなると、エリアを良い状態に保つのは、並々ならない努力が必要なようですね。

Posted by: よねさん@鱒美 | December 28, 2011 09:45 PM

無糖さん、ニューロッドのお試しは、もう済まされたでしょうか
天竜エリアで入魂をと思われているとしたら、かなり厳しい状況ですよと言わざるを得ませんね。その原因は、なんとも特定し難いようですけど・・・。
確かに放流実績はあるようですね。でも、魚たちの捕食スイッチがオンになるかどうかは、難しい条件の変化があるようです。
とは言っても、この時期にロッドを振れるのは、天竜ならではかと思います。これから2月までの間、例え釣れなくてもエリアに通うことは続けたいと思っています

Posted by: よねさん@鱒美 | December 28, 2011 09:47 PM

厳しい状況は変わらないようですね。原因がわかりません。
鵜は確かにいるみたいで、先日釣った魚にかみあとがありました。
今後は上流の佐久間ダムの堆積土砂を下流に流す事業が始まるようだし、
濁りの問題含め前途多難と言えますね。

Posted by: カズ | December 29, 2011 12:37 PM

状況が好転しない様ですね?
1~2度のお邪魔部隊としては
足が遠のいちゃうな~~

カワハギへ行こうかな・・・
(ハゼは不発でした・・遅かったか?)

Posted by: 八兵衛です。 | December 29, 2011 04:48 PM

カズさん、本当になぜ釣れないのか、なぜ活性が上がらないのかがわかりませんね。
28日にも放流があった昨日は、かなり良い条件かと思われましたが、やっぱりみなさん芳しくなかったようです。
佐久間ダムの件、新聞に掲載されていましたね。土砂を下流に流すって、どういうことでしょうか。下流はどうなっちゃうんでしょうかねぇ

Posted by: よねさん@鱒美 | December 30, 2011 07:28 AM

八兵衛さん、天竜はキャスティング練習くらいの心算で行かないと、痛い目に合う確率が高いですね。足が遠のいちゃうのも、仕方ないかと思いますよ。
カワハギは好いですね、お造りの肝和えに味醂干し、よだれが出そうだなぁ~

Posted by: よねさん@鱒美 | December 30, 2011 07:29 AM

横レスですが…。
佐久間ダムの流砂促進事業ですね?毎年やってますよ。息子が小学6年の時見学にいってきました。ダムのインレット、飯田線大嵐駅で下りて、当時「日本一小さな村」ってた辺りでダム湖底を見て来ました。堆積土砂60mとか聞いたけど全然ピンと来ない、何の為の見学会か?って電発のパフォーマンスでしたよ。
要はダムの水位を下げて流れを作り、上流部の砂をダム湖の中程に移動させて処理する、そういった内容でした。処理方法は浚渫と放水で、昨シーズン中島の左岸や雲名に積まれた膨大な量の土砂がその結果かと。2月から鮎釣の放水路を開けるのは恒例だけど、今年は船明も開けてドカスカ流したようだから、長野の土砂もチットは遠州灘に辿り着いたかも知れませんね。
天竜川、なんともやるせない川です。

Posted by: goo~ | December 30, 2011 11:57 AM

goo~さん、なるほど~!です。
ダムに溜まった土砂は、当然排除しないと機能を保てないでしょうけど、浚渫すれば川は濁るでしょうし、水棲昆虫を始めとして生態系に多大な影響を及ぼすものと思います。天竜川に限ったことじゃないとは思いますが、本当になんともやるせないですね
先日から中島左岸に膨大な量の土砂が運び込まれました。あれも、上流から運ばれてきたものなのでしょうか。今後秋葉ダムの放水があれば、第2プール辺りは土砂で埋まってしまいそうな感じがしますよ。やれやれです

Posted by: よねさん@鱒美 | December 30, 2011 04:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 釣り人が居ないということは・・・:

« 小春日和の小川の土手にて | Main | 締まらなかった納竿だったけど・・・ »