« November 2011 | Main | January 2012 »

December 30, 2011

締まらなかった納竿だったけど・・・

28日は2011年の仕事納め、翌日から年末のお休みに入った。
天皇誕生日のC&Rで今年もお終いかなぁと思っていたのだが、なんとなく諦めが付かず、大掃除もそっちのけで、29日にまたエリアに出かけてしまった coldsweats01

2011122901

船明ダムの食事処「天竜路」でお昼の卵乗せカレーうどんを食べて、釣り開始は12時半。数日前の厳し~い冷え込みは緩み、快晴のエリアは風も穏やかで暖かな感じがする。水質も先週よりさらに澄んで、N区全体が浅くなった様子が良く見えた。

前回より釣り人が多いのは、自分は知らなかったが28日に放流があったからだろうか。水棲昆虫も少しだけ舞っていて、流れの淀みにはシャックの塊が浮いている。条件は悪くなさそうだ・・・。

2011122908_2

2011122904

2011122913

N区をぐるっと時計回りに3時間ほど釣り歩いて、結局今回も1度のアタックすら無し。cameraカメラに収まったのは、流れに浮かぶ鴨達や、人懐っこいキセキレイの愛らしい姿だけsweat01。とある流れで定位ライズしていた、小さな小さな魚は何だったろうか。
でも、何となく気は済んだ。イブニングのチャンスもあるかなぁと思ったけれど、午後3時半をもって今年の釣り納めとすることとした confident

拙ブログにご訪問下さった皆様の2011年は、どんな1年でしたでしょうか。地震に台風にと、自然の脅威に翻弄され、破壊された川の様子に胸を痛めた今年でしたが、魚達の生命力の強さを改めて感じることも出来ました。膨大な時が必要でしょうけど、大好きな渓の流れが、また以前の美しさを取り戻すことを願いつつ、新たな年を迎えたいと思います。

皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

Photo

| | Comments (12) | TrackBack (0)

December 27, 2011

釣り人が居ないということは・・・

学生たちはそろそろ冬休みに突入したかなぁという、12月下旬の3連休初日。
天候はsun快晴、風やや強し。年末に近づいて、気温は低下してきたけれど、23日の天皇誕生日は、間違いなしの釣り日和になった思っていた・・・。

いつものように遅い出発で、現地入りはちょうどriceballお昼時。さぞかし大勢の釣り人が押し掛けているやと思ったのだが、見下ろす川辺は閑散としている。ダム下左岸の駐車場に停まっている車は、なんとたった1台。これは一体、何を意味するのか?coldsweats02

1223tenryu

答えは簡単、釣れていないのだdown。この時期でも水面を狙うアホなおいらは当然のこと、一級ポイントで姿を見かけたエリアの猛者と称される方々でさえも、ロッドが曲がる事がなかなか無かったようだ。水量は平水、水質は以前より全然クリアになっていて、流れの脇ではハッチした極小の水棲昆虫が吹き溜まっている。先週の放流からちょうど1週間が経過して、魚達も落ち着いた頃だろう。条件は悪くはないはずなのだけれど、魚達の捕食スイッチは、なぜかOFFになったままだgawk

マーカー派が攻めないような細かなポイントを、ねちっこく攻めているうちに時間はどんどんと経って午後4時を過ぎ、これからがイブニングのゴールデンタイムと思ったのだけれど、残念ながら川は頑なに沈黙を続けた。ダム下エリアの釣り人達も、ほとんどがまだ明るさの残る内に家路についてしまった。

2011122302

こうして、ただ1度の反応も得られないという、何とも残念な一日だったけれども、寒さも厳しくなった折り、それは予想できない事態でもなかった。今回も、ダイナミックな流れと直接対峙して、時折吹く強い風に逆らいながらキャスティングを続けたのは、負け惜しみではなく、良いトレーニングになったんじゃないかなと思う。
しかし、これがもしかしたら今年の竿納めかと思ったら、なんともやるせない気分になる。この先の年末に、C&Rエリアで良い釣りが期待できるとは決して思えない。ならば、オイオフの楽しかった釣りを、竿納めとしておけば良かったかなぁと、今は後悔しきり。過ぎてしまった事を言っても、仕方ないけれどねぇthink

| | Comments (10) | TrackBack (0)

December 20, 2011

小春日和の小川の土手にて

sun12月も半ばに入り、いよいよ冷え込みも厳しくなってきたけれど、その寒さがちょっとだけ緩んだ週末土曜日は、いつものようにC&Rエリアに一人出かけてみた。

2011121704

2011121705

ゆっくりスタートでフィッシュアウルさんのお店に寄り道し、現地入りはちょうどお昼。川辺の水たまりが凍っていて、夜の寒さの厳しさを感じたが、ダム下の流れは、先週に比べてずいぶん澄んできていて良い感じだ。前日に放流もあったようで、今回は期待できるかなぁと思ったのだけれど・・・。

天気も良いので、当然水面狙い。17番ダークダンのパラシュートで、浅い瀬のポイントを探って行く。1時間、2時間・・・反応は無い。支流の方も渇水で魚っ気が無い。あっという間に4時となり、ムギョを覚悟した頃、ようやく流れに乗ったフライに小さなアタックがあった。バラシてなるものかと、やや及び腰でランディングsweat01
2011121708 無事ネットに収まったのは、ようやく20cmを越えたレインボウだった。尾びれの上下が削れていて、決して良いコンディションとは言えない魚体だったけれど、意外なほどのファイトを楽しませてくれて、十分に満足。貴重な1尾の釣果に、ホッとした一日だった confident

   sun   sun   sun   sun   sun   sun   sun   sun 

さて、日曜日は楽しみにしていたオイオフに、train電車&バスbusで出撃だ notes

2011112204

オイオフ開催も11年目ということだけれど、今年はフライフィッシャー誌camera取材のための特別開催もあったので、都合12回目ということだそうだ。そして今回も、大勢の釣り仲間が小春日和の小川の土手に三々五々集合した。

Photo

2011121808

天気は快晴、東西を山筋に守られた開催地は、風も無く12月中旬とは思えない暖かさ。乾杯のbeerビールが喉に心地良い。定番となったホストひろりんのおでんで、お腹の中からも温まり、持ち寄った飲み物に片っ端から口を付けていく。ヤマブドウやサルナシの甘~いお酒から、日本酒、焼酎、スコッチまで、わいわいと話をしながら一通り舐めたところで気分も最高up。我が地元の「若竹、おんな泣かせ」の今年の出来も上々だったhappy01

Photo_2

2011121864_2

そんな恵まれたお天気だったので、オイカワ君達も元気にフライに反応してくれた。今回のロッドは、このために買ったカベラスの5f9inの3番ロッド。小さなオイカワやカワムツでも、楽しく遊ばせてもらえた。そして、例のお客様も heart04

P1080300                                   photo by hirorin ♪

午前9時半から午後3時半まで、あっという間だったけれど、たっぷりと愉しませていただいた。日曜釣師さんのカワハギにMちゃんのオイカワ甘露煮、goo~さんのモツカレー、どれも最高に美味しかったなぁ。
ひろりん、今回もご招待いただきありがとうございました。そして参加の皆さん、お疲れ様でした。また是非、フィールドでお会いしましょうconfident

| | Comments (16) | TrackBack (0)

December 11, 2011

まだまだ寒さは厳しくないのだけれど

12月に入って2度目の週末を迎えたけれど、まだまだ寒さは本格的になっていないようだ。
10日土曜日のエリアの流れの状況はと言えば、オープンから続く濁りが依然として取れず、増水の影響もあってか、いまひとつパッとしなかった think

2011121203

今回は、今季初めてU区に入ってみたのだけれど、広々と続く魅力的な瀬からは、何の反応もなく、続くG区も沈黙down。いつものN区では何度か反応があったものの、本命との出会いは無く、可愛いいお客様1尾shineの結果に終わった。

2011121219

本流の濁りの影響なのか、今シーズンは水棲昆虫のハッチが少なく感じる。ドライで攻めるのには、やはり条件が悪いと言わざるを得ない。これから本格的に冷え込んでくるのだろうけれど、以前のように息もできないようなハッチに遭遇することは、果たして期待できるのだろうか。

2011121220

帰りの車のフロントグラスからは、明るく美しいfullmoon満月を観る事ができた。そしてその月は深夜、皆既月食newmoonの天体ショーを楽しませてくれたnotes

2011121102

日曜日は、夕方のちょっとした暇を使って、次の日曜日に迫った「オイオフ」のプラクティスとばかりに、お散歩がてら裏の小川のフェバリット・ポイントでオイカワと対峙した。

2011121103

2011121108

結果から言えば、1時間近くも粘ってcameraカメラに納めることが出来た魚は、とてもちいさなオイカワが2尾。しかし、その銀色に輝く姿態には、心をときめかせてくれるshine美しさを感じてしまう。

2011121110

ともかくも、オイオフに持参する予定のカベラスのショートロッドの感触は、一応再確認できた。あとは、当日までにスペシャルなドライフライを巻いておくのみ・・・。それが一番の難関なんだけれどねぇ coldsweats01

18日の日曜日が、良いsunお天気に恵まれることを、心から祈りたい confident

| | Comments (14) | TrackBack (0)

December 06, 2011

悪い癖、2011霜月 (^^;

2011年も最後の月に入って、過ぎた日々をあれこれ思い起こしてみるに、今年は本当に、日本の転換期となった1年だったように思える。悲しい出来事も起こってしまったけれど、色々とあった中で、スマートフォンの爆発的普及は、自分的には最も興味深い事象だったかもしれない。

20111123lb02

モバイルというモノに興味をもったのは、いつ頃だっただろうか。パソコンが家にやってきて、その環境が出先でも使える、ウインドウズCEを搭載したNECのモバイルギアは、ワクワクするような素晴らしいPDAだった。

20111123lb06_2

それから、シグマリオンのⅡとⅢを経てCEを捨て、ASUSのネット・ブックに移り、NECラヴィ・ライトを買ったのは去年の9月。そして先日、製造中止の激安に我慢たまらず、またしてもNECのライフタッチ・ノートという赤いアンドロイド2.2機を買ってしまった。

そもそも、キングジムのポメラという、いつでもどこでも文書が作成できるという、簡易メモ機に興味を持っていて、いつか買おうかなと思っていたところ、はるかに多機能なライフタッチが16000円ほどで投げ売りされていると知って、思わずポチっとね。

20111123lb10
ウインドウズに慣れ切った自分には、かなり違和感はあるけれど、使いこなせば携帯からスマフォへの宗旨替えにも戸惑う事がなさそうだ。通信は今のところ家の中の無線LANだけれど、折りをみてWi-Fiの契約をしたいと思っている。月々3000円くらいで出来たら、いいんだけど。

moneybagあ~あ、また無駄遣いしちゃったなぁ~ ng coldsweats01

fishさて、週末の釣りのことも、ちょっとだけ書いておこう。

2011120403

先週後半に続いた雨のため、釣りには日曜日に出かけさせてもらった。
エリアのコンディションは、わずかに増水気味で濁り強し。晴れて暖かい1日だったけれど、金曜日に放流された魚達は、まだ落ち着いていなかったようだ。お昼から夕方まで、水面を探った釣りは、特記事項無し。

2011120406_3

唯一、10cmほどのオイカワが、間抜けな釣り師を慰めてくれた。
と言う訳で、今週末の土曜日も、行かなくちゃ~。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »