« June 2011 | Main | August 2011 »

July 24, 2011

ロッドを握らない週末

typhoon台風が通り過ぎたからというわけではなく、この週末はロッドを握らなかった。

元々計画していた小旅行を実行しただけ。

県東部で過ごした二日間は、久しぶりに肩の荷を下ろしたようにのんびりすることができたconfident

Photo
土曜日は、御殿場プレミアムアウトレットでお買い物。アディダスのハーフパンツにプラクティスシャツをmoneybag格安でゲットできて、大満足。

Photo_2
夜は、沼津のKKRはまゆうに一泊。地物の海の幸に舌鼓を打ったbeerbottle

Photo_3
翌日は、三島楽寿園で、プレーリードックやカピバラを見て癒されたcatface。噛みつき猿のラッキー君は、ストレスが蓄積していて公開停止sweat01。動物達も楽じゃないんだなぁと、ちょっぴりかわいそうに思えた。

Photo_4
ねむの木が花を付ける季節も、もう終わりだなぁ。

           Dsc01489_2 camera Photo by yana-san

次の週末は、先週のような渓に釣りに行けるだろうか・・・think

| | Comments (17) | TrackBack (0)

July 20, 2011

林道にオニユリが咲いていた

例年よりちょっと早めに梅雨が明け、強烈なsun日差しに辟易するこの頃、美しい渓流魚を求めるのなら、山岳本流が気持ちいい季節になってきた。なので土曜日は、先週より上流を目指して独り再び未舗装林道にbicycle自転車を走らせたsweat01

2011071657

2011071635_22011071664_3昼からの入渓だったので先行者の気配はあったけれど、豊かな渓はアマゴとイワナとの出会いを予感させてくれる。そして期待どおり、清らかな流れからは野性的なイワナと、しっかりと幅のあるアマゴがロッドを弓なりにしてくれたnote

2011071668
型こそ8寸止まりというところだったけれど、たった3時間半ほどの釣りで2桁の釣果には満足。林道の脇に咲くオニユリが、夏本番の渓を彩っていた。

2011071670
    sun   sun   sun   sun   sun   sun   sun 

1日置いて海の日の月曜日、なでしこJapanの勝利を願いつつ、山梨県へ続く早朝の国道を北上した。ちょうど中間点の道の駅でヤナさんとMちゃんと落ち合い、ステップワゴン1台で山岳を目指す。途中でslateラジオに入ったなでしこW杯優勝のshine朗報shineに、車内は大興奮。これで、釣りの方も恵まれたら最高の一日になるね~と言ってはみたけれど、何しろ6月後半の開幕から大勢の釣り客が訪れている上に、3連休の最終日とあっては、なかなか難しいんじゃない~?と、ちょっぴりマイナス思考になってしまうcoldsweats01

20110718003お目当てのポイントに降り立ったのは、watch9時少し前。流れはクリアだが、かなり渇水していて苦戦の予感が・・・。まだ時間が早いかなぁと思いつつ、いつもの黒パラを浅い瀬に流すと、いきなり良型が来たnotes。よしっしゃ~!と喜んだが、流れに乗った強いファイトで岩陰に潜られ、痛恨のブレイク。今日一日をフライ1本で過ごそうと思ったのが、1尾もランディング出来ずに失ってしまった。痛たbearing

20110718033しかし、直ぐに次のアタックがあり、無事7寸UPをランディング。それからは、比較的コンスタントに釣果を上げることができた。何尾か釣るうちに感じたのは、魚たちがびっくりするくらい浅いところに居ること。何気なく踏み込んだ岸辺の浅瀬から、黒い影が逃げていくことが何度かあった。

     20110718091_2      20110718100_2
しかし、この日の最大27cmは、アマゴがヒットするような流芯からフライをくわえてくれた。とにかく、竿抜けポイントを含めて、広範囲に探ることが良い釣果をもたらしてくれるということなんだろうなflair

20110718103

という事で、特に後半は活性も上がり、つまらない心配は見事に外れて良い釣りになった。
天候も、typhoon台風が近づきつつある影響で曇りがちではあったけれど、雨が降り出すには至らず助かった。また、3人で1つの流れを釣り上がるというのは、なかなか難しい面があるけれど、それぞれにポイントを譲り合いながら、気持ち良く過ごすことが出来たのではないかと思う。ご一緒していただいたお二人も、それぞれに良いcamera思い出を作っていただけたんじゃないかなぁconfident

      20110718074      20110718093

ヤナさん、Mちゃん、夏の山岳へお付き合いありがとうございました。またご一緒出来る日を楽しみにしております~happy01

| | Comments (18) | TrackBack (0)

July 11, 2011

梅雨明け ~厳しい季節に突入~

先週の金曜日、まだまだかな~と思っていたら、東海地方でもあっさりとsun梅雨明け宣言が発表となった。例年より2週間ほども早いらしい。これで、渓の増水を心配することは少なくなるかもしれないけど、暑いのが一番苦手sweat01な自分にとっては、1年のうちで一番厳しい季節を早くも迎えたということになる。この週末は色々と用事があって忙しかったけれど、それでも土曜日はgoo~さんからphonetoお声を掛けていただき、一仕事終えた後の遅い出発で、本流の釣りにbicycle出かける事が出来た。

2011070901

釣り開始は午後2時少し前、良く晴れた本流の水量は多からず少なからずで濁りもないが、下流から上流に向かって吹く風がかなり強く、苦戦が予想される。強い追い風を受けると、ティペットが完全に伸びてフライが着水してしまうので、ドラグがすぐに掛ってしまうのだsad

2011070905そんな中、最初にヒットした銀ピカの魚は、残念ながら小さなウグイ。それでも、フライに反応があったことにホッとした。その後しばらく進むと、はるか前方に人影が。これは、またまた後手の策を考えなければならない。大場所は少し離れ気味に攻めて、あとは出来るだけ竿抜けっぽい小場所を探る。

   2011070908goo~さん 2011070913 チドリ?

2011070924すると、太い流れの向こう側から確かなアタックがあり、少し遅れ気味になったアワセに、がっちりと魚が掛った。流れの重さと力強いファイトで下流に引きずられ、ちょっぴり腰の引けたランディングでネットに収まったのは、9寸弱ほどの美しいイワナだった。

2011070922

これで完全に肩の荷が降りた感じにはなったけれど、厳しくも後が続かない。時折ウグイがフライをつつきに来るものの、イワナもアマゴも沈黙している。結局、終了時間が近づいた頃6寸ほどのイワナを追加して、アマゴへの想いを残したまま渓を後にする事にした。

2011070932

今回は、出発時間が遅く、風の影響を受けまくり、更には先行者という良くない条件が重なってしまった。入渓点を含めて、次回はもう少し良い釣りがしたいものだthink

    moneybag     moneybag     moneybag     moneybag     moneybag     moneybag 

ところで、今年もなんとかdollarボーナスをいただき、少し前から気になっていた買い物をすることができた。それは、ポータブルカーナビ。ソニーのNV-U37というnew新製品。

Img_0282

欲しくなった理由は、国土地理院の2万5千分の1の地形図を持ち歩ける事。これがあれば、初めての渓でも強い味方になってくれそうだhappy01 

| | Comments (18) | TrackBack (0)

July 04, 2011

グラスロッドな週末

sunそろそろ山岳の本流釣りがしたい、そう思ってはいるのだけれど、まだまだ天候が安定せずどうも本格渓流はリスクが高そうだ。そして何より暑いsweat01日が続いている。この週末は、少しでも涼しいところを求めて、日差しを遮る木立の中の小渓流を釣り歩くことにした。

土曜日、車を東に走らせ、1年ぶりの支流の支流に入る。狭い渓であることを考慮して、ロッドはグラス・フィール6ft9in3line、つるやで組んでもらった、飴色のブランクがレトロな感じの3ピースのグラスロッドだ。これにフェザーウエイトを装着し、いつもの黒パラで釣りを開始。

涼しいだろうと思って入った渓は、湿気が多いのか結構蒸し暑い。直射日光がほとんど当らないことが救いだ。そして、覚悟していた蜘蛛の巣が、これでもかとばかりに行く先を塞いでいる。しかしそれも先行者がいないという証拠。それを証明するように、ポイントからは必ずと言っていいほど、魚の反応があったnotes

2011070210 2011070216 2011070231

20110702182011070252ヒットしてくるのは、この渓独特の朱点の少ないアマゴ。サイズは6寸止まり。2時間ほど美しいちびあまご達をcamera画像に収めたところで、少し大きな淵にたどり着くと、ライズ発見!これはいただき~と慎重にポイントの奥からフライを流すと、ばっくりと出て淵を走り回る。存分にファイトを楽しんでランディングすると、そいつは8寸弱のレインボウだった。ありゃりゃ~coldsweats01

2011070259

その後、遅いriceball昼食のために一旦車に戻り、後半は本流でスカdownを喰らった後、別の支流のそのまた支流に入ったが、こちらでもちびあまごを数尾追加して、まあまあ楽しく一日を終えた。

2011070263

     snail      snail      snail      snail      snail 

2011070302

明けて日曜日は、昼過ぎから1時間半ほど故郷の渓を釣った。ロッドはグラスつながりでフェンウィックFF663-3J、黄色く塗装された3ピースブランクの6ft6in3line、それにマーキス2/3を合わせる。釣果はちびあまごが数尾だったけれど、週末2日ともロッドを出せたことに満足した。

2011070311

     snail      snail      snail      snail      snail 

さて、この2本のグラスロッド、決して自分のフィーリングに合っているロッドではない。どちらかというと、鈍重な(という表現が適切ではないかもしれないけど)感じがしてメインで使う気には毛頭ならないのだが、グラスならではのスローなキャスティングが要求され、それにハマった時には気持ち良さを感じることもある、不思議なロッド達だ。所持しているだけでも、満足感があるし。次の出番がいつになるかわかならいけれど、これからも大切に持ち続けていこうと思う confident

| | Comments (18) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »