« September 2009 | Main | November 2009 »

October 25, 2009

Perfect Mugyo (>_<)

こんなに残念な週末は、久しぶりのこと。
ただ1度のアタックもない完璧な無魚、パーフェクト・ムギョを喰らってしまった。


向かった先は、富士山の恵みの清冽な水を、たっぷりと湛えた渓。これまで何度か楽しく釣らせてもらった、癒しの渓だ。この日、足のなかったおいらを救ってくれたのは、大先輩の電報(テレグラム)サムさん。最近ブログを開設され、「若様釣行記」でリンクさせていただいている。

2009102403 遅い出発で、釣り開始は12時。水生昆虫が盛んに舞っている入渓点の橋下で、いきなりライズを見つけ慎重にドライをプレゼントしたが、魚の賢さが一枚上手だった。

そこから少し上がった、これからが本命というポイントで、サムさんにレギュラーサイズのレインボウがヒット。幸先良しと思ったのだが・・・。

そこからは、行けども行けどもおいらにもサムさんにも魚の反応は無し。その区間をあきらめて車で移動した少し上流の区間も、全くの無反応gawk

2009102406 ツキの無いことに、釣り始めからrainポツリポツリと降っていた雨が、本降りとはならないまでも少しずつ強くなっていく。天気予報を信じて、雨具を用意していなかったのも誤算。帽子も忘れてしまっていたので、eyeglass眼鏡に着く雨粒が視界を悪くして、集中力と気力を削いでいく。

結局、魚の気配を感じることもなく、予定していたよりかなり早めに釣りを終えることとなった。昨シーズンそこそこの実績があり、大きな期待を寄せていただけに、気持ちのダメージは軽くはなかった。無念sad

とは言え、家でじっとしているよりは有意義な一日だったとは思う。出発までのトラブルを含めて色々あったけれど、あの渓まで連れて行っていただいた電報サムさんに、心から感謝。本当にありがとうございました。

    2009102502     2009102503

さて、そんな週末で、唯一喜ばせてもらったのは、天竜川C&Rエリア用にフィッシュアウルさんのお店に注文していた、ティムコのエリアブースターというフライロッドが入荷したこと。9ft#4、4pc89gのスペックだ。トップガイドが歪な事など、う~んというところも多い製品だが、手ごろな値段なので我慢の出来る範囲か。11月から始まるシーズンに、どんな活躍をしてくれるか、期待したいconfident

しかし、その天竜川。近々入漁レギュレーションが変更されるそうなのだが、これがはっきり言ってmoneybag値上げということらしい。これによって、特に晩秋楽しみにしていた小渓流に行く機会が失われるかもしれない。寂しいことだが、どうすることも出来ないだろうthink






| | Comments (18) | TrackBack (0)

October 18, 2009

秋雨の薄暗い渓で


土曜日の朝、国道を西進していた時には、ポツリポツリとフロントウインドウに当たっていただけだった雨が、進路を北に向けダム沿いのワインディングに達した頃には、天気予報どおりの本降りとなってきた。

            2009101711

たどりついた秋雨に煙る薄暗い渓には、釣り人の気配はない。聞こえてくるのは、岩を洗う瀬の音とレインウェアのフードを叩く雨音、そして、稀に林道を通過していく車の音。

            2009101701

降り始めたばかりの雨は、まだ流れを強くしたり濁らせたりするほどではないけれど、魚の反応は渋い。小さなチャンスでも逃すまいと、丹念に丹念にポイントを攻める我慢の釣りが、開始から1時間以上続く。


この辺りは、散々釣り人が入ったのだろうか、もう魚は残っていないんじゃないか・・・。釣れない時は、様々な邪念が頭の中を駆け巡る。そもそも、なんでこんな雨の日に釣りをしなきゃいけないんだろうかと、自分に問うてみたりする。


釣りなんかせずに、引き返すという選択もあった。しかし、どうしても竿を出したかった。1尾でいいから、アマゴの画像が欲しかった。
何で?ブログのため?自分を釣りに突き動かす衝動が、いったいどこから生まれるのか、今まで何度考えただろう。そして、考えても考えても、ぴったりな答えは出てこないのだ。

    2009101710      2009101709

時計の針が12時を回った頃、小さなライズを発見。出来るだけ遠めから狙って、ようやく可愛いアマゴをキャッチすることが出来た。正直ほっとした。そしてそこから、魚の反応が少しだけ上がった。




まっすぐな流れの上を、倒木が横切っているポイントで、木の下ぎりぎりにキャストした黒パラ。躍り出たのは23cm程のアマゴ。黒っぽい色を纏った、完全な成熟体だった。

            2009101727

この1尾で、雨の中我慢を続けた甲斐があったと納得し、幸せな気持ちに浸ることが出来た。しかし、考えてみるとコイツは、もしかしたら水面を叩く雨が、自分の気配を消してくれたおかげで出会えた1尾だったのかもしれない。晴天の真昼間に掛ってくれる魚とは思えない。不運だと思っていた冷たい秋雨は、実は自分にとって強い味方だったのかも。


そこから数十メートル先の、退渓点の堰堤で出会えた21cmも、小さいながら成熟した姿だった。

            2009101738

この魚を見て、もうこの渓で遊ばせてもらうシーズンは終わったんだなと思った。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

October 12, 2009

台風一過の三連休

先週やって来たtyphoon台風18号は、各地に大きな被害をもたらして日本列島を縦断していったが、過ぎ去った後の3連休、静岡県は爽やかな秋空に恵まれたsun
20091010kitune 今回、釣りのチャンスは土曜日のみ。期待を込めて訪ねた富士山麓の川は、降雨の影響で増水し、目指した渓はちょっと危険な状況。仕方なく、以前入ったことのある小渓流に踏み込んでみることにした。

水量は、平水時+15cmといった所か。しかし、入渓点からすぐに魚の反応があり、程なく可愛いアマゴがヒットしたhappy01。釣り上がっていくと、ぽつりぽつりとヒットが続き、なかなか楽しい。
20091010pool20091010amago20091010tani
渓の雰囲気も、しっとり湿った所に陽が差し込んで、なんとも言えず美しい。渓を愛で、魚を愛でつつ、この区間を3時間ほど楽しんだ。

今回、一番楽しませてくれたのは、8寸にちょっと欠ける大きさのヤマメ。本来はアマゴの棲息域なので自分の目を疑ったが、よ~く見ても朱点は無い。しかし、体型と言い肌の艶かしさと言い、文句のないヤマメに大満足したnotes
20091010yamame220091010yamame320091010yamame1

 fish fish fish fish fish fish fish fish fish fish fish fish fish fish

20091010hana さて、この日のメインはイブニングと期待していたので、車であちらこちらとポイントをeye探して移動し、結局5月末に良いアマゴが出た、いつもの区間に入った。幸い誰も釣っていない。チャンスを待つこと30分、白っぽい中型のカゲロウが舞い始め、散発だがライズが始まった。しかし、おいらのフライには出ない。辺りが闇に包まれ始め、フライもほとんど見えなくなった頃、2回だけフライに出た気がした。しかし、その2回とも全く手応えなし。残念だが撤収しようとフライを摘んでみたら、ティペットがポストに絡まって逆向きになっていた。これでは掛かるはずもない。結局釣果無し。この川のラストにしては、なんとも間抜けな締めくくりになってしまったgawk

 sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun

Osanpo と言う事で、3連休ではあったけれど本格的な釣りは土曜日のみ。日曜日は、新型ステップワゴンを見に行ったり買い物したりであっという間に時間が経ち、夕方ちょっと妻と裏の小川沿いにshoe散歩して、10分だけオイカワ釣りを楽しんだ。
たった10分だけれど、それでもおいらにとっては十分な気晴らしにはなったconfident

| | Comments (16) | TrackBack (0)

October 05, 2009

十五夜なのにツキは無し

sprinkle土曜日、朝のうち降っていた雨は、昼前には上がった。
チャンスがやってきたnotesと思い、昼食後に湧水の里に向かう。さて、どこに入ろうかと考えて、安全策を取り実績のある支流を選んだのだが、ここで誤算。一番好きな区間は、釣り支度を整えた先行者が、今まさに入ろうとしていたのだ。仕方なく、先行者にお断りして少し上流部に入らせてもらった。この区間も、実績はある。まあ何とかなるだろうと思って釣り始めたのだが・・・think

20091003012009100312  しばらくは何の反応もなくwatch時間ばかりが過ぎていく。ダイナミックなポイントが続く一番釣れそうな区間を過ぎたころから、ようやく魚のアタックが出始めた。しかし乗らない。出るが乗らない。ようやく掛ったかと思うと、数秒でバレてしまうcoldsweats02
そうこうしているうちに、少し陽がさしていた空が、厚~くcloud曇ってしまった。まだ3時だというのに渓は真っ暗、15番のパラシュートが見えないほど。こんな天候になるとは思っていなかったので、これも大きな誤算となった。

    2009100303     2009100309
結局、この渓でcameraデジタルキープできたのは、アマゴのおちびちゃんが2尾。イブニングチャンスの期待を込めて移動した本流も、どうやら場所の選択が大間違いだったらしく、魚の気配は一切無し。まあ、無魚らなかっただけ良かったけれど、誤算続きの残念な一日となってしまった。
家にたどり着く頃、空には中秋の名月がfullmoonぽっかりと浮かんでいたのだが、釣りのツキはなかったなぁ。


 night night night night night night night night night night night night night night


話は変わって、pcブログリンクさせていただいている無糖さんの日記に触発されて、100円ショップでアロマキャンドルなるものを買ってきた。
             Img_3237
マリーン・ウインドとかいう香りで、ちょっと爽やか系。単身赴任の、照明を落とした独りぼっちの部屋で、心静かにキャンドルに揺れる炎を眺めながら、アロマで癒されるというのもなかなか良いものだconfident

| | Comments (16) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »