« August 2009 | Main | October 2009 »

September 28, 2009

故郷の川にご挨拶

渓流本格シーズン最後の週末は、やっぱり生まれ故郷の川で過ごしたい。
そう思い立ち、土曜日は今年まだ行けていない南アルプスの山岳を目指した。


先週はまだ秋の気配だけだった南アルプスの山岳では、黄色の紅葉が始まっていた。赤い色はウルシやサクラ、黄色は何の木なのだろうか。禁漁となった来週は、もっともっと見事な景色が楽しめることだろう。
    2009092603     2009092667


2009092609 さて、シーズン最後の釣行で目指す区間まで辿り着くことが出来たのだが、やはり先行者が2人。どうしてもこの区間に入りたかったので、餌釣りの先行の方にお話をして、邪魔にならない周辺を釣らせてもらうことにした。

期待していたのは秋色をまとったアマゴだったが、急激な水温の低下の影響か、活発だったのはイワナ。しかし、大きな岩の下から出てきたイワナは完全なるネイティブを示す特徴ある斑紋を身にまとっていた。キャッチできたイワナは8寸止まりといったところだったが、十分に満足な一時を過ごすことができた。

200909263220090926472009092642

2009092658_2 最後の仕上げに是非ともアマゴをと思ったポイントで、横っ飛びに白のバイビジブルをひったくっていった魚は、素晴らしい幅をしていた。一瞬のファイトも許さず、6Xのティペットからフライをもぎ取って行ったヤツは、良型のアマゴだったと信じたい。林道の通行時間のこともあり、後ろ髪を引かれる思いだったが、リベンジは来シーズンまで持ち越すことにして、大好きな渓を後にした。また来年、きっと訪ねてくるからなと約束して。

 beer bottle delicious beer bottle delicious beer bottle delicious beer bottle delicious beer bottle

さて、日曜日は島田シニアのバーベキューnotes。午前中、ちょっとだけでも渓に行きたい気持ちはあったが、10時からのミニゲームで汗sweat01を流してから参加した。

    2009092701     2009092705
気のあった仲間達と、美味しいものを食べつつお酒を飲むのはやっぱり最高。やりたいことを全て楽しんだ週末にすることができたhappy02



追記:良い酔い気分で帰宅すると、長男が急性胃腸炎でhospital病院に行っているとのこと。点滴治療を行ったものの、そのまま入院することになった。
幸いすでに快方に向かっており、明日は退院できそうで一安心。しかし、その他にも憂鬱なことが発生。人生、良いことばかりが続くわけはないのだcoldsweats01

| | Comments (30) | TrackBack (1)

September 23, 2009

秋の山岳、イワナ釣り

9月21日はmaple敬老の日。
book法律によると「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」と定められている。
ところで、「老人」って一体何歳からなんだろうかと思う。pcネットで検索したら、具体的定めはないけれど65歳から、というところらしい。しかし、65歳の人をつかまえて老人扱いするのは、なんとも失礼なのではないかと思ってしまう。自分が65歳になった時、若い人たちから敬老の日を祝ってもらって嬉しいと思うだろうか・・・gawk
「老」の文字はやめて、「長寿の日」とかにしたら納得できるかもしれないなんて、つまらない事を考えてしまった。あ~あ、へそ曲がりdownだなぁ、自分。

いずれにせよ、祝日法のおかげの5連休は、シーズン最終盤を迎えた多くの渓流ファンが感謝しただろう。おいらも敬老の日を渓流の日に読み変えてcoldsweats01、ヤナさんと誘い合い、イワナ爆釣を目論んで南アルプスに出撃した。
          2009092105
秋を迎えて気温が低下している状況を考え、早朝一番乗りは控えて8時半に渓に立つ。2009092133朝の谷底は、やはり気温が低い。長袖シャツでも寒さを感じた。イワナ達も反応が鈍く、ドライに出ることは出るが、いま一つしっかりと喰ってくれない状態がず~っと続いた。
お昼少し前、本流脇の枝の流れを釣り上っていたヤナさんが、大きく手を振っているので駆けつけると、良い型のイワナをキャッチしていた。在来の種を思わせる、黒く野性的な魚体だった。

            2009092156
Yana2009092111_4 午前中はsun晴れて明るかった渓は、午後はcloud曇り空のおかげでやや薄暗くなってしまったが、コンビニriceballおにぎりの昼食後は魚も人間も活性が上がってup、時折ライズも確認できる状況となった。おいらにも、在来系の良型イワナがヒット!足場の高い岩の上でのファイトsweat01を、ヤナさんがしっかりとcamera撮影していてくれた。

2009092163  2009092175  2009092181

その後は、ヤナさんとダブルヒットがあったり、28cm良型が出たりで、予定していた5時までを十分に楽しむことができたhappy01

Yana2009092105  2009092184  Yana2009092117

 shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe shoe 

さて、お楽しみの後には辛いことも。
Yomiti_2 朝から釣りっぱなし立ちっぱなしの一日だったが、仕上げは2時間の林道歩き。舗装はしてあるが街灯など皆無のnight山道は、二人だからこそ歩ける。自然とハイペースになってしまうウオーキングだったけれど、内臓脂肪を燃やすのには役立ったことと思う。


ヤナさん、終日お付き合いいただき、ありがとうございました。釣果の方は、大満足とはいかなかったけれど、シーズン最後を飾る良い思い出になりました。また、たくさんのcamera画像、送っていただき感謝です。
お土産に頂戴した巨大梨、家に帰ってrestaurantいただきましたが、瑞々しくて甘く、とっても美味しゅうございましたよ
delicious

| | Comments (21) | TrackBack (0)

September 15, 2009

2時間の楽しみ×2

090913_175101_2 9月も第2週に入って気温がぐっと低くなり、朝晩は肌寒くさえ感じている。
稲穂が頭を垂れ始めた裏の田んぼの畦には、早くも彼岸花が咲いていた。
彼岸の入りまでは、まだ1週間早い。今年の秋は、かなりせっかちなようだ。

 maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple

もっと深く秋を感じたいと思い、土曜日の午後、いつもの故郷の渓に向かった。
渓では、あれだけ邪魔だった蜘蛛の巣が、だいぶ減ってきている。まだ頑張っている蜘蛛達も、動きが少し緩慢だ。
しかし、アマゴ達は元気一杯。思い通りのポイントから、おちびちゃんが盛んにアタックしてくる。
2009091225   2009091218   2009091227
2時間の釣りの最後に、23cmほどながら秋色を身にまとったアマゴが釣れたconfident

日曜日も、午後に出撃。
持ち時間は4時間。rvcar往復に掛かる時間を除けば、今日もロッドを振る時間は短い。
渓流魚を求めて、数え切れないほど通った道の途中に、小さな小さな支流がある。アマゴが棲んでいるとは聞いていたが、今まで数十年来、入る気にならなかった小渓だ。この日も何気なく通過しようとしたのだが、何故か気まぐれに魚の姿を探ってみたくなった。

沢を跨ぐ大井川鉄道の小さな鉄橋の下に車を置き、葦を掻き分けて入渓。
流れは細い。果たしてアマゴはいるのだろうか。
無造作にポイントに近づくと、素早く逃げる魚影が見えた。居る!
程なく、小さな堰堤で小さなアマゴが釣れた。
200909130120090913122009091329
そこから2時間、予想外に多い大小の堰堤に苦労sweat01しながらも、7寸を頭に5尾のアマゴと対面することが出来た。
何気なく通り過ぎてしまう流れ。こんな小渓もあったんだなぁと、発見の日曜日になったhappy01

さて、今度の週末は5連休note
もう少し長い時間、釣りをするチャンスは来るのだろうか。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

September 07, 2009

カプチーノに乗って♪

この日曜日は、職場の皆さんに誘われて、初秋の滋賀を楽しんだnotes
初秋とは言え、この頃の彦根あたりはsun良いお天気が続き、日中は夏が戻ってきたように暑い。近江八幡のお山と安土城跡の登りでは、思いっきり汗sweat01をかかせてもらったが、それぞれの山頂に吹く風は、秋の爽やかさが感じられたhappy01
        2009090622
小旅行のメインは「近江八幡水郷めぐり」。水面を吹く風も、本当に気持ちが良かった。
船の中でいただいた、taurus近江牛のすき焼きも最高だったなぁbottlebeer

さて、本題。
このイベントがあったので週末は滋賀で過ごすつもりだったのだが、実家で緊急事態が発生したため金曜のnight深夜にrvcar車で帰省dashdashし、日曜日の朝一のbullettrain新幹線で彦根にトンボ帰りという慌ただしさ。それでも、土曜日の午後は釣りに行くチャンスがあった。と言っても短い時間。いつものように生まれ故郷の渓に向かう。

2009090502 この日のパートナーは久しぶりに愛車カプチーノ。秋を感じようとルーフを外して走ってみたが、陽射しはまだまだ強烈で暑い。しかし、渓へのワインディングのコーナーを、一つ一つ楽しみながらクリアできるこの車は、おいらにとって大切な相棒だ。あまりかまってあげられていないけどねcoldsweats01
2009090519 いつもの渓のコンディションはまずまずだった。おいらサイズのおちびちゃん達と遊んでもらい、その瞬間、色々と頭と悩ます雑事から解放される。このcamera画像の7寸アマゴのファイトは、なかなか楽しかったhappy02


やっぱり釣りは好いなぁ。

山の緑と渓の魚には癒されるなぁ confident

| | Comments (28) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »