« February 2009 | Main | April 2009 »

March 21, 2009

Go West !

Pet Shop Boys - note Go West ! notes

together  私達の道を行こうshoe
together  今までの過去に別れを告げてpaper
together  お互いに手をとりあってgemini (単身赴任だけどcoldsweats01
together  未来の計画を作っていこうnotes

together  より高く私達は飛ぼうup
together  お互いの友達に別れを告げてgood
together    新しい生活をはじめようhouse
together  私たちのするべきことをflag

go west  平和なそこで暮らそうconfident
go west  広い空の下でsun
go west  その空は青くempty
go west  これが私達のやりたいことなんだhappy01

↓クリックして下さいね
http://www.youtube.com/watch?v=jH6N66Nva2A

1年前、東京暮らしの期待を胸に、王子の町に引っ越してきました。
そしてこの4月、再び旅立ちます。今度の勤務地は滋賀県彦根市。
またまた、たくさんの期待と、ちょっぴりの不安を胸に抱いて旅立ちます。

20090321amago 20090321sakura
今日、故郷の渓では、ちいさなあまごと桜の花が、おいらの門出を祝福してくれました wink

| | Comments (34) | TrackBack (0)

March 15, 2009

移りゆく季節の中で

cherryblossom3月は新しい年度へと移り行く、寂しくも希望に満ちた季節だ。
そんな中、JRのダイヤ改正では、ブルートレイン「富士・はやぶさ」号が廃止となったそうだ。
たまたま金曜日に東海道本線(在来線)で帰省する時、東京駅で富士はやぶさ号にお別れしようというファンの数はすごかったcoldsweats02。 もう、ホームからこぼれおちそうなくらいの人・人・人。隣の新幹線ホームにも、その雄姿を見ようというファンがあふれていた。
何も知らないおいらは、隣のホームを17時41分に発車するtrain沼津行きの車窓から、ちょうどその様子を見ていて何の騒ぎだろうと思っていたのだが、後になって新聞やテレビでその情報を知った次第。
さて、おいらの方にもダイヤ改正の大きな影響があった。それは、帰省の折に良く利用していた、三島発浜松行きの快速列車「ホームライナー浜松5号」の変更。今後、20:30三島発は20:00沼津発へと変わってしまう。頑張れば乗れない時間ではなさそうだが、これまで全席自由だったのが全席指定へと変更され切符は沼津駅売り、どうやら利用することは難しくなってしまいそうだweep
2009031306 ダイヤ改正前夜の13日の帰省は、発車30分前に列車に乗り込み、運良く先頭車両の最前列に座ることができたhappy02のだが、間違いなく今後二度とそのチャンスは無くなるだろう。JR在来線特急あさぎり号の美しい車両に乗れなくなると思うと、残念で仕方が無い。

話は変わって、金曜日夜から土曜日午前にかけて東海地方に降ったrain雨は、結構な量になったようだ。せっかくの帰省だったので、まだ雨の残る中、生まれ故郷の渓を訪ねてみたのだが、源流近くまで遡っても流れは濁りtyphoon大増水という状況で、とても釣りという状況ではなかった。
2009031406_2 仕方なく、午後から近所の管理釣り場「ジュネス」で遊ぶことにしたのだが、雨上がりとなった午後は風が一段と強くdashなり、キャスティングがままならない。それでも、管理釣り場ということで、ドライフライでワンキャスト・ワンヒットという幸せな釣りができた。しかも、魚のコンディションが素晴らしい。コーホ・サーモンなのだろうか、銀ピカの魚体は美しくファイトも最高だった。
今回のタックルは、管理釣り場専用のピーカブーとコンポリール。オレンジ色のセットがポップで楽しい。
       2009031411 2009031417 cat
釣りの方は、あまりの釣れ過ぎにすぐ飽きてしまい、釣り人が与えてくれる魚目当てに住みついている猫たちのcamera写真を撮ったりしたのだが、これもまた楽しい一時だった。

20090315092009031510_3 明けて日曜日は、朝からsun快晴に恵まれた。
久しぶりにステップワゴンでの移動になったので、またまた寄り道を楽しんでみる。
eyeglass地図を頼りに初めて入った渓は、行けども行けども堰堤の連続。相当に体力を消耗sweat01して、釣れた魚はちびヤマメ1尾。それでも、ほぼ背中に黒点の無い美しい魚体に、大満足だった。場所的にも時間的にも制約の多い寄り道の釣りだが、今シーズンもあちこち探ってみたいものだconfident

さて、おいらにとって先週の一番大きな出来事だったのは、まちゃさんからランディングネットが届いたことhappy01。以前、大変厚かましくも、おいらにも1本作ってもらえませんか?とお願いしたところ、心良く承っていただけたのだ。
     shine 2009031431 2009031427 notes
その出来栄えは、もうlovely美しすぎ!溜息がでそうなフレームの木目。このネットの入魂には、それなりの美しく良型のお魚が必要だろう。アマゴかイワナ、いづれにしても南アルプスの本流で使うに相応しいネットだと思う。
もう少し暖かくなったら、このネットのための釣行を計画しなければwink

| | Comments (18) | TrackBack (0)

March 08, 2009

ニュー・アイテムで臨む故郷の渓

cherryblossom毎年のことなのだが、3月に入って身辺が色々とあわただしくなってきた。
ちびあまごというブログを発信している立場から言えば、3月に入って多くの渓流が解禁happy01となったからということになる。しかし、実際は仕事の方が年度末を迎えてドタバタというのが本音だ。4月は人事異動の時期でもあるからねぇgawk
           

            2009030731_2

さて、この週末は金曜日に鎌倉で先輩のお泊り送別会があったりして、train帰省が土曜日の午後となってしまったが、フィッシュ・アウルさんにお願いした品物が届いていたので、何があっても生まれ故郷の渓に出撃したいと思っていた。
2008_005その品物というのは、シマノ・フリーストーンSCL6063という、6.6ft3番4ピースのカーボンロッド。以前からず~っと気になっていたロッドだが、今回少しだけ懐にmoneybag余裕ができたので、ようやく手にすることができた。その印象は、低番手のショートロッドということもあるが、羽毛のように軽くCDCのように繊細でありながら驚くほど芯が通っていて、肌触りの良いコルクグリップからは漲る力強さが伝わってくるcatface。手持ちの6.6ftを3本並べてみた画像、上段からオービス・ワンオンス、SCL6063、アキスコ・エアライト662。ワンオンスもアキスコもラインは2番仕様なのだが、3番仕様のSCLの方が柔らかく繊細な感じがする。

            2009030704_2

2009030709_2 そのニュー・アイテムを携えて向かったのは、生まれ故郷の小渓流だ。前日にまとまった雨が降ってくれた影響で、渓の水量はかなり多かった。しかし、濁りはほとんど消えて条件は悪くは無い。SCLの感触は思ったとおりの軽快さで、ダークダンのパラシュートでの釣り上がりに魚の反応も良好だ。2009030740_2 小さいけれど、オレンジドットの鮮やかなちびあまごがポツポツと釣れてくれた。もっとも、eyeglass眼鏡を東京に忘れてきたという大失敗がなければ、もっともっと良い釣りが出来ていたかもしれないのだがcoldsweats01
それでもとにかく故郷の渓で、今シーズンも無事に解禁を迎えることができたことが、何よりも嬉しかった。sun天候にも恵まれたことを、感謝せずにはいられないconfident

さて、明けて日曜日は、再びオーバー50のsoccerサッカーの試合。このところ勝利から遠ざかっている我がチームだが、本日も得点を挙げることが出来ず0-0のドローゲーム。まあ、負けなかっただけでも良しとするところだろうか。
自分の出来も納得できるものではなかったが、スポーツというのは結果が全て。デイフェンダーとしては、これからも失点を最小限に抑えていくというのが与えられた使命だ。これからはしばらく試合の予定がないけれど、少しずつでもrun運動を続けていかなければ。

| | Comments (28) | TrackBack (0)

March 01, 2009

12時間で出来る事って・・・

今日は3月1日・・・

みなさん、渓流解禁おめでとうございます~ happy02 note

Img_0040

今年の初モノは、17番の黒パラシュートにアタックしてくれた20cmほどのヤマメちゃんでした~happy01


【土曜日は、釧路までairplane日帰り出張~】

           Img_0018

上司からの命令で、渓流解禁直前の2月28日土曜日に釧路まで出張することになってしまった。決してラッコの「くぅ」ちゃんのmoviekaraoke取材ではない。勤務先の将来をも左右しかねない大切な要件だ(ってほどのこともないかもしれないけれどcoldsweats01)。
Img_0006_2 何だか楽しげな地名の釧路市内での1時間ほどの用事という日程を色々と考えてみると、とっても苦手な飛行機を利用すれば、東京から日帰りも可能のようだ。ということで、1ヶ月ほど前に航空券を予約して、それからは週間天気予報が気になることsweat01
Img_0017 結果から言えば、幸運にもsuncloud天候に恵まれて、計画通り宿舎を7時出発18時到着の11時間の日程で行って来れた。用件も、まあまあ上手くhappy01伝えられたと思う。でも、良く考えてみると、飛行機を利用する旅って天候の影響が大きいから、本当に大事な用件だったら前日から現地入りしておくべきかなとも思う出張だった。ひとつ勉強させてもらったなぁconfident
Img_0013 ところで、昼食は釧路空港のレストランで。北海道に行ったら、鮭にイクラにウニっていうお約束があるけれど、メニューを見たら「ダチョウの醤油漬け」ってのがあった。鮭・イクラ・ウニなら東京でも静岡でも食べられるけど、ダチョウってのはなかなか。何でも地産地消メニューだそうだ。moneybagお値段も1200円と手ごろなので注文してみたが、生のダチョウ肉、なかなかイケるgood。真昼間ということでbottleお酒を合わせられなかったのが残念だった~coldsweats01

【今年の渓流解禁は、train電車でGO!】

さて、airplane出張はあるはrvcar車は無いわの週末、せっかくの解禁をどうするかとあれこれ考えて、train電車で手軽に行けるところはないかと地図をsearch調べてみた。
そこで選んだある水系、誰か一緒に行ってくれないかと思い、ブログリンクしていただいている日曜釣師さんに厚かましくもphoneto連絡を入れさせていただいた。すると日曜釣師さん、心良くご同行してくれることに。そうして今日の解禁釣行が実現したhappy01

Img_0025 約束の駅に時間どおりに到着し、日曜釣師さんのRAV4で目的の渓に。すると、かなりややこしいポイントなのだが、やはり解禁初日ということで先行の車が駐車中~think それでもとりあえずやってみましょうと流れに立つと、気温は低めなのに水は暖かく感じる。そう、ここは湧水の渓なのだ。先行の餌釣り師の影響もあってか魚の反応は少なかったけれど、ある流芯のポイントでガバッと出てくれたのが冒頭画像のヤマメ。大きくはないが、結構精悍な顔つきの素晴らしい魚体だった。
Img_0055 極小サイズのアマゴ1尾を加えた2時間ほどの釣りのあと、日曜釣師さんの源流をやってみましょうというお言葉に甘えて、釣り場を移動。おいらの大好きなボサボサ源流で、まだちょっとサビのあるアマゴ(?朱点はっきりせず?)を2尾追加。2009年の渓流解禁に、小さいながら4尾の結果は上出来だったと思う。

宿舎をclock朝7時に出発し帰宅はnight午後6時半。昨日の釧路往復より30分オーバーしたが、11時間30分で中身の濃い一日を過ごすことができた週末だった。
たった12時間と思うのだが、やってみれば色々とできるものだなぁ。皆さんも、どうぞwatch時間を有効にnote

Img_0063 そして、このとっても有意義な11時間半を演出してださった日曜釣師さんに心からの感謝shine。自らの解禁を半ば犠牲にして、我儘なおいらのガイドに徹底していただき、本当にありがとうございましたhappy01。今回この水系の素晴らしさを体験させていただいたのは、おいらにとって大きなdollar財産になりましたよ。どうぞこれからもよろしくお願いいたしますねwink

| | Comments (28) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »