« November 2008 | Main | January 2009 »

December 30, 2008

渓が好きだから

ココログ「ちびあまご」をお読みいただいた皆様
本年も大変ありがとうございました。

    Ojizo

思えば今年も、ずいぶんと渓に通いました。
そして、たくさんの魚や仲間達と出会いました。
この思い出を大切にしながら
フライフィッシングを通して人生を楽しんでいけたらと思います。

      皆様、どうぞ良いお年を♪

     この日記は、閲覧のみとさせていだだきます。

| | Comments (0)

December 22, 2008

Lost Lure

今でこそおいらの釣りはフライフィッシング・オンリーとなっているけれど、以前はルアーもベイトもやっていた。特に中学生時代はルアーフィッシングに憧れて、毎日のようにオリムピックのカタログをeye眺めていた。しかし、その頃のおいらにはルアーは高価でなかなかmoneybag買えなかったし、特にミノー系はお年玉でももらわないと手が出なかった。そんな少年時代から育ってきたから、ルアーをロストした時のがっかりcryingは十分にわかっている。

          2008122026

12月下旬というのに、やたらとsun暖かな天竜川C&Rエリアには、週末土曜日にも大勢の釣り人が訪れていた。
おいらは天竜川の釣りを、渓流シーズン中のアマゴやイワナの棲む流れをシミュレートして楽しんでいる。したがって、瀬の中を歩き回ることが多いのだが、釣り人があまり通らないようなポイントには、時折ロストしたフローティング・ミノーが流れ着いていることがある。11月からの今シーズンも、この日見つけた「Pet38」なるクランクベイトが3個目の拾い物になった。これまでも結構高価そうなルアーを拾ったことがあるが、自分にはcat猫にshine小判と川辺に来ているルアー・フィッシャーにあげたりしていた。しかし、この黄色くて小さなクランク・ベイトはやたらとlovely可愛らしく見えたので、家に持ち帰ってみたのだ。
このルアー、素性はわからないのだが、細軸のバーブレス・シングルフックがボディとテイルに装着されていて、非常にC&Rを意識して作られている。いや、持ち主がフックを交換したのかもしれないけれど。それにしても非常に軽く造られているが、キャストはなかなか難しそうだ。
落とし主は今頃despairがっかりしているかもしれない。できれば返してあげたいけれど、落とし主がみつかることは奇跡に近いだろうなぁ。

        happy02 2008122006 happy02

さて、肝心の釣りの方はと言えば、11時から5時までにcameraデジタル・キープできたのは4尾。全てドライで最大はヨンマルくらいだったか。移動すると汗ばむsweat01くらいの気温のおかげか、ヒットした魚はその倍位だったが、やたらとバラシの多い一日だったgawk。ただし、水温が低くなった影響か、オイカワのヒットが少なくなったのが寂しい。これから年末年始に向けても、ドライの釣りが成立すると好いんだけどなぁ confident

           2008122012 good

| | Comments (22) | TrackBack (0)

December 15, 2008

雨のち曇り、気分はHappy!

日曜日の朝、clock目が覚めると天気予報どおりrain雨が降っていた。
大丈夫かなぁと思いつつ支度をする。
ヤナさんから、八兵衛さんから、カズさんからphoneto連絡が入る。


「とにかく行ってみましょう~♪」

2008121432 そして雨の中、静岡市内のいつもの河原にひろりんが声掛けした仲間達が、続々と集合しはじめた。そう、この日は待ちに待った「オイオフ」だ。今年も初心に帰って、みんなでオイカワを釣るぞ~っとばかりにミッジ・ドライを何本か巻いてきたのだが、川面は雨の作る無数のライズリング?
2008121418 何はともあれ、タープを張っておでんパーティー開始。ちょっぴり寒かったけれどビールでbeer乾杯して、ひろりん仕込みのおでん(温まる~♪)や、まちゃさん入魂のピザ(超旨みゃ~♪♪)などを食べながら、今年の反省話に花が咲く~happy01

2008121428 そのうちに、日頃の行いの良い我々の元気に降参した形でcloud雨が止み、各自が持参の銘竿・銘リールのアキバ状態camera撮影会の後、みんなの見ている前で次々とオイカワをヒットさせるひろりんの姿をeye見て、みんなの釣り心に火が付いた。気温が低く天候も芳しくないので苦戦が予想されたが、案に反してオイカワ・カワムツの活性は高いup
みんなの顔が、無邪気な少年のような笑顔になったhappy02

2008121422Imgp00432008121452

ひろりんと奥様、第8回オイオフ開催おめでとうございました。そして、今回も美味しいおでん他、大変なセッティングをありがとうございました。
まちゃさん、本当に遠くから駆けつけていただき、その上、素晴らしい数々のピザを御馳走様でした。お芋のお菓子も美味しかったです。
カズさん、今回は完全に断酒carアッシー役になっていただき、ありがとうございました。今回飲めなかった分、どこかで穴埋めしないといけないですねbottle
そして、今回参加の皆様、今年も本当に良い一日を過ごせましたねhappy01
また皆さんとフィールドでお会いできることを楽しみにしております~note

         _164 来年に続くwink

| | Comments (22) | TrackBack (0)

December 07, 2008

ついにキャディラックのオーナーとなる

全国的なtyphoonrainthunder荒天の後、この冬一番の寒さがやってきたbearing

11月のエリアオープン以来、週末は天竜川に通い続けている。ブログも、週刊天竜川の様相を呈しているけれど、またか~と思わず読んでいただけるとありがたい也。

2008120609 ということで、土曜日の天竜川はsun青空に恵まれたが、時折吹く風が強くて寒く厳しい条件になった。全体的にどの区間も釣り人が少ない。最初に入った中間エリアも、ちょうどお昼頃だったこともあって独り占め状態だ。
2008120612 しかし、急に寒くなったとは言え、水温はまだ高く水棲昆虫の流下も多い。このところ実績が高い15番の白パラをキャストすると、流芯より手前の浅いところですぐにレギュラーサイズがヒットした。cameraデジタル・キープ後、同じ流れにキャストすると、今度はやや大きめのレインボウがヒット。太い流れを10m以上下られてなんとかランディングできたのは、40cmにはちょっと足りないけれど尾びれのしっかりした見事な魚体だったhappy02

4本連続ヒットで大満足した後、いつもの上流区間へ移動。電報サムさんと八兵衛さんから励ましのmobilephoneお電話をいただき、やる気むき出しで瀬を歩きまわっていると、おいらの車を見つけてくれたひろりんも登場。天竜川は、こうした出会いがあるから楽しい。
しかしその後、一段と風が強くなり寒さにbearing耐えがたくなったので4時には川を上がった。結局この日も全てドライで通したが、本命6尾・お客さんぼちぼちと楽しい半日にすることができた。

2008120634 ところで、来週はひろりん主催の「オイオフ」に出撃予定。6週間続いた天竜通いも、ついにお休みになりそうだ。本格的な寒さを迎えて、いつまでドライの釣りができるか興味深い。これからもチャレンジあるのみだwink

さて、タイトルは何なんよ~coldsweats01ってことだけど・・・。

またまたhospital発病してしまったのだ。
病名・・・「衝動買い症候群」
安サラリーマンにとっては、非常に危険な病気が再発した。
それは、単身赴任者にとっての冬の必須アイテム「独り土鍋」を100円ショップに買いに行く途中で、何気なく立ち寄った自転車店で感染したcoldsweats02
いったんは無事通り過ぎたと思ったのだが、ウイルスの潜伏期間はわずか30分!土鍋を買った帰りには、再びその自転車店に立ち寄って、moneybag財布の中から福沢翁を2人取り出していた。


Img_3101Img_31022008091303

ウイルス名bicycle「キャディラック AL-207」

ブランド名は今最大の危機に瀕しているアメリカの高級自動車のものだが、おいらがオーナーになったのは自動車ではなく「ミニベロ」と呼ばれる、折り畳みではない小径(20インチタイア)のスポーツbicycleサイクルだ。チープなパーツを使って組んでいるので、約50%オフのこの値段で買えたが、走りは軽く快適そのもの。東京の街中を走りまわるのには、手頃なサイズと十分な性能とを備えた1台だと思う。エコロジカルな移動手段として、活躍を期待している。
しかし、身体一つにトランジット7とZIPPO、そしてキャディの3台。自宅に格納するスペースは無く、したがって家族の理解が得られていないのが辛いところだ。
ま、びょ~きだからねcoldsweats01

| | Comments (22) | TrackBack (1)

December 01, 2008

晩秋?初冬? 快晴の週末

11月最後の週末、静岡県は高気圧に覆われて素晴らしいsun快晴に恵まれた。
釣り日和、サッカー日和、洗濯日和~coldsweats01、家にじっとしている場合じゃないぞ。

             2008112908


2008112912 土曜日の天竜川は、風もなく陽射しが暑いsweat01くらい。季節は初冬だが、山にはまだ見事な紅葉を見ることができる。
最初に入った中間エリアの瀬では、汗をかきながらの釣りになった。小さなプールに魚影をeye発見して、白パラをキャスト。何回か流した末にがっちりとヒットしたが、魚は全然寄ってこない。1~2分のファイトの後、痛恨のラインブレイク。
2008112905 魚が岩陰に逃げ込んだので近寄って見ると、おいらのフライは何とヤツの背中に刺さっている。これじゃあ6Xで耐えられるわけはないかcoldsweats02。しっかりと口に掛ったような気がしたんだけどなぁ。


2008112924_3 コンビニriceballおにぎりの昼食後は最上流エリアに移動、そこにはCさんが待っていてくれた。11か月ぶりの再会だ。午前中のルアーでの素晴らしい釣果をデジカメで見せていただき、俄然やる気が出てきた。
午前中の釣りで満足したCさん、午後はフライで遊んでみようかなぁと言っているので、オイカワでも釣りましょうとそそのかして、おいらのスタイルに無理やり引きずり込んだ。二人でドライで瀬を叩きながら、暗くなるまでにエリアを一周。2008112927 ばらし多数で、レインボウは1尾しかcameraデジタル・キープできなかったが、今回も定位ライズしている超オイカワhappy02をキャッチでき、全体的にはそこそこに楽しい釣りが出来た。
Cさん、ひっぱりまわしちゃってすみませんでした。&半日お付き合いくださって、ありがとうございました。

             2008112942

帰り際には、泊まり込みオフ会の yamaaruki world さんとご挨拶。参加をお誘いいただいたが、翌日早朝からのサッカーのため、泣く泣く辞退して帰路についた。


20081130 さて、その日曜日のsoccerサッカーは、昨年優勝することができた焼津市スポーツ祭のシニア大会だ。2試合を勝ち抜いた我がチームは、この日早朝の準々決勝でも3-0の快勝。そして午後の準決勝では1-1の引き分けだったが、PK戦で惜しくも敗退、第3位となった。
おいらは出場機会も少なくあまり貢献出来なくて、ちょっぴり消化不良気味。チームも、ディフェンディング・チャンピオンとしてのプレッシャーに負けたというところか。んなわけないけどcoldsweats01
良い天気だったけれど、風が強dashくて難しいゲームだったなぁ。

ということで、いよいよ12月に入った。run忙しい時期になるけれど、フライもサッカーも、思いっきり楽しんでいきたいと思うwink

| | Comments (22) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »