« August 2008 | Main | October 2008 »

September 29, 2008

20min×5set's=7GOOL'S!?

9月最終の土日。
自分のような「週末渓流釣師」にとって非常に意味のある日だが、渓への思いを封印してサッカー島田シニアの強化(?)合宿に参加することにした。

2008092705_22008092704_3 今年も、合宿地は長野県原村。
高原の爽やか(寒い~)な空気に包まれて、4人対4人、20分×5本のsoccerミニゲームで汗sweat01を流す。この日集まった精鋭9名(内一人は総監督?)の中では、自分が一番の若手だ。お互いに点の取り合い、一進一退の終盤、先輩方の足が止まり始めたところで連続ゴールを決めさせていただき、合計7ゴールとhappy02メチャ気持ちいい~ゲームになった。

ゲーム後は、spa信州原村八ヶ岳温泉「もみの湯」で疲れた身体のアフターケア。そしてお楽しみ夜のミーティングは、お馴染みのペンション「梅屋」さん。和やかな反省会と暖かな手料理に、ずいぶんとお酒もすすんでしまったbeerbottlegood

2008092812_22008092806_2  翌朝、アルコールに疲れた胃に優しいお粥の朝食の後、腹ごなしに近くの野池でちょっとだけFFを。八ヶ岳の麓の高原というシチュエーションには似つかわしくない、ブルーギルに遊んでもらった。ん~、サッカーをやりに来て釣りもするおいらの欲深さには、先輩方も呆れていたことだろうなぁcoldsweats01

この合宿に参加するようになって3年目、また来年も是非参加させていただきたいなnotes
島田シニアの先輩方、梅屋のご主人と奥様、今回も大変お世話になりました。ありがとうございました~happy01

| | Comments (20) | TrackBack (0)

September 23, 2008

大井川よ、また来年!

月曜日に有給休暇をいただいて、4連休を故郷で過ごしてきた。
9月最後の週末に、島田シニアサッカーチームの合宿(強化ではない?)が予定されているので、大井川のシーズンはこれが最後と、ちょっぴり気合いが入っていたんだけれど・・・。

【台風一過のちびあまごの渓】
2008092012 先週になって突然方向を変えたtyphoon台風が、金曜日から土曜日未明にかけて東海地方を襲った。大きな被害はなかったものの、山岳渓流は釣りが出来そうもないだろうと諦めて、近所の渓の締めくくりとばかりに、土曜日の午後ちょこっと出かけてみた。
2008092013 流れは若干増水していたが、濁りもなく良い条件。2時間弱で5尾の美しいちびあまごと出会うことができた。この渓は、今シーズン7回目。可愛いアマゴ達を育んでくれた美しい流れに感謝confident

【お散歩ととろろ汁】
2008092121 日曜日も天気が不安定sprinkleだった。昼食後、妻を誘って裏の小川添いに1時間ほどのshoeお散歩。コータック・ミッジを携えて、折り返し地点の親水公園でちょっとだけオイカワ釣り。17番の黒パラにまつわりついた大きな魚影は何だったんだろう。パーマークがあったようにも見えたけど、こんな所に居るわけはない。
         Photo
夕食は、久しぶりに家族で静岡丸子の丁子屋さんでとろろ汁をいただく。あまりの美味しさに、数えてみれば6杯をdelicious平らげていた。

【大井川よ、また来年】
2008092225 月曜日、依然として天候が怪しいが、これが今シーズンのラストと思い山岳へ向かった。
自転車が汚れるのが嫌だったので、ゲートからshoe歩いて入渓。2008092201半日の釣りは、寂しい結果に終わったけれど、アマゴ・イワナ・たくさんのウグイとcamera出会えたので、来て良かったと思った。 岩壁に張り付いていた大物イワナ君、来シーズンはバラシたりしないからね。

【寄り道の渓は好調】
2008092310 そして今日、いつものように東京へのrvcar移動の途中の寄り道を楽しんだ。
たった1時間だったけれど、何度のアタックがあっただろうか。取り込めたのは2尾のレインボウだったが、ファイトは十分に堪能することができた。それにしても、この渓のレインボウは美しいなぁcatface

ということで、4日の休みに4回釣りをするチャンスがあった。ただし、4回の総合時間は10時間にも満たなかったけれどね。いつもの事ながら、その日の最大サイズはバラシかスカシという4日間だったなぁ。情けないcoldsweats01
2008092003_220080920242008092228
さて、来月はfuji富士山湧水の渓を中心に、もう一あがき。そして11月からは天竜シーズン開幕だ。オフシーズンなしで頑張らなくちゃhappy02

| | Comments (18) | TrackBack (0)

September 16, 2008

ZIPPO & TS-7 秋の山岳

秋の日の三連休初日、高校時代からの旧友ヤナさんと、お互いの故郷の山岳渓流に行くチャンスに恵まれたbicycle

2008091303 故あって午後からのスタートとなってしまったのだが、いつもの愛車ZIPPO号をヤナさんに託し、ハードなオフロードを懸念しつつも、おいらはオンロード専用のTS-7に跨り、ゲートからそれ程遠くない本流にエントリー。釣り人銀座と化しているこのあたり、プレッシャーも相当なようで、なかなか魚達は出てくれないし、たま~に出てくれてもフライへのアタックは超神経質、なかなかヒットに持ち込めないgawk

             2008091310

20080913_001 それでも、南アルプスの魚達のためにタイイングしたエルクヘア・バッタは、イワナ達には結構気に入ってもらえたようで、イレギュラーなポイントばかり叩いていった結果、午後半日でなんとか5尾のデジタル・キープを果たすことができた。なかでも、膝までさえありそうもない浅い瀬から、何と29cmのイワナが飛び出したのにはびっくり。こういうのを竿抜けと言うのだろうなぁhappy02

2008091322_3

2008091315_2 こうして、期待していた幅広アマゴにはお目にかかれなかったけれど、今シーズンの最大のイワナのデジタル・キープに、日々の仕事の疲れもすかっと消え去るような一日にすることができた。

2008091340_3 ヤナさん、お疲れ様~happy01 ZIPPO号の乗り心地はいかがでしたかな。

帰ってからのbottle晩酌の、地元の酒「若竹」が旨かったぁ~。

         2008091338

さて、連休中日は家庭の日、そして最終日はrvcar移動日だ。このところ、雨のためにできなかった寄り道フィッシングのチャンスが、ようやくやってきた。7月下旬に立ち寄ったあの虹鱒の沢、夏休みを過ごした今はどうなっているんだろうか・・・。

200809150420080915232008091524

心配を余所に、虹鱒たちは元気でいてくれたhappy01 1時間半ほどで、小さいながら8尾をキャッチ。どの魚も、元気いっぱいに流れを走り回り、惜しみなくジャンプupを見せてくれる。短時間の寄り道としては、出来すぎの釣りをすることができた。赤トンボフライでも釣れたしねwink

 shineshineshineさて、次の週末はどこに行こうかなぁ~shineshineshineshine

| | Comments (22) | TrackBack (0)

September 08, 2008

初秋の山岳 ~本流と支流~

日曜出勤の代休で、金曜日に釣りに行くチャンスが出来た。

平日だし、sun久しぶりに雨の心配もなさそうなので、山岳の本流をのんびり釣り歩いてみることに・・・。

 

2008090512 最初のヒットは15cm程のウグイ。元気良いファイトは、アマゴと勘違いさせるくらいだった。それから暫くウグイの猛襲coldsweats01に遭ったが、ようやく小さなアマゴがヒット。おいおい、ここまで来ておいらサイズかい?と問いかけながらリリースすると、次に来たのは超幅広の素晴らしい8寸アマゴだhappy01

2008090511 小渓流でも8寸クラスが釣れることはあるけれど、こういう堂々とした体型は、太い流れに鍛えられなければ実現しないだろう。

その後は、ここはというポイントを攻めてもなんら音沙汰なしが続く。いつしか退渓の時間が近づき、これでお終いかなぁと思った頃、本流脇の小さな流れから良型の魚が出た。2008090530 スリリングなファイトの末にネットに収まったのは、これも8寸ほどの綺麗なイワナ。右側の口元に、過去に釣り人と闘ったような痕跡が残っていたものの、そのプロポーションと強烈なファイトhappy02は申し分のないものだった。

全体的に魚影が薄くストレスが多い一日だったけれど、結果的には8寸のアマゴとイワナのお陰で満足することが出来た。

 

 fish fish fish fish fish fish fish fish fish fish fish

 

2008090604_2 その日の夜、明日はどうしようかなぁとぼんやり考えていたところ、カズさん・アマゴ27さんから相次いでphonetoメールが入る。お二人とも、おいらが入った区間の上流部を土曜日に攻めるとのこと。ならばおいらもと思ったが、ご一緒させていただくにはclock時間が合いそうもない。結局、いつもの通りのgawk朝寝坊ペースで一人前日の地点の少し上流を目指したが、休日のせいか釣り人がやたらと多い。いい場所を探しているうちに、前日の入渓点から10kmほど上流の支流まで来てしまった。2008090607 もしかしたら、ダム射しの大物が出るかもしれないと思ってその支流に入ったのだが、2桁のアタックはあったものの、結果はイワナ2尾のcameraデジタルキープという惨敗に終わった。魚達のやたらと神経質な出方から推測するに、この区間も先行者のプレッシャーが強かったのだろうなぁ。

 

 

shineこの週末も2日間、山岳の晩夏・・いや初秋を楽しむことができた。欲を言えば、もう少したくさんの魚たちと出会いたかったけれど、まあいいや。もう1回くらいは、出撃のチャンスがありそうだからwink

| | Comments (14) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »