« May 2008 | Main | July 2008 »

June 29, 2008

アインシュタインの眼

「アインシュタインの眼っていうの、観た?」

自分「えっ?何それ??」

妻「録画してあるから~、晩酌の肴になるよ~♪」

それが、週末に帰省して「ただいま~」の後の最初の会話。

ささっとシャワーを浴びて、気に入りの純米酒bottleを飲みながら、NHKのBShiでtv放映した「アインシュタインの眼:#48川の名人芸~フライフィッシング~」を観た。

Photo

それは、NHKのmovie録画機材の粋を集めて、フライフィッシングを科学した番組だった。水底からドライフライに反応するヤマメの、とっても刺激的な画像の数々。ハイビジョンならではの美しい映像を、美味しい日本酒の肴として楽しませていただいたhappy01

2008062802 さて、その番組のイメージをしっかりと脳裏に焼きつかせて、土曜日は県西部の小渓流に出かけてみた。天候は、なんとか降り出さない程度の重いcloud曇り空。渓の水は、澄んではいるものの、このところの雨の影響でかなりの増水という状態だった。

2008062806 魚は結構居たけれど、ヒットさせたのはごく僅か。条件は良くなかったということだろうか。いや、単に下手くそということだろうcoldsweats01しかし、途中の大きな淵には、この小さな渓に似つかわしくないような大物の姿も見えた。おいらのフライには、目もくれなかったけれど。

またいつか、ヤツを狙いに出かけようかな。あの映像の、ライズ・シーンをイメージしながら。

        2008062807

| | Comments (16) | TrackBack (0)

June 22, 2008

轢かれちゃうぞ~っ!

think今週末の関東・東海は、完全に釣りをあきらめさせてくれる程のrainが降りました~。

でも、ブログネタになりそうなちょっとした事件もあったので、せっかくだからログってみます~happy01

それは、金曜日のnight夜のこと、仕事を終えてからステップワゴンで帰省したのですが・・・。

4時間程のロングドライブも終了間近の夜10時ごろ、ようやく我が家houseが見える田舎道の橋にさしかかりました。交通量がとっても少ない、誰もいないその橋の上を通過しようとしたら、真ん中に漬物石になりそうなほどの大きな石が落ちていました。

おっとっとという感じで、ちょっとだけハンドルを切って避けて通り過ぎたんですが・・・。ん~、なんでこんなところに石が??いや、石じゃなかったような・・・gawk

で、10mくらいバックしてみると、そこには・・・

なんと、スッポンじゃないですか~!coldsweats02

どうしてこんなところに?でも、放っておいたらcar車に轢かれちゃう。とりあえず保護しよう~と思い立ち、おっかなびっくり捕まえて車に乗せました。

2008062104自宅に帰って妻を呼び出して見せると、超びっくりです(当たり前か~)。デジカメcameraで記念撮影してもらった後、どうしようかと相談タイム。

義弟がプロの料理人なので、ちょっと悪い考えdollarも頭をよぎりましたが、やっぱり川に戻そうかねぇ~ということになり、大きな口に噛みつかれない(指を無くしたくないもんね~coldsweats01)ように、甲羅のできるだけ後ろの方を持って、妻と二人で歩いて橋まで戻りました。

2008062106川から結構高い橋の上、下に降りる方法がないので、上から水面に落とすかないかなぁと思い、狙いを定めて流れに放ちましたが、「ドッパ~ンッ!」というすごい音。大丈夫だったかなぁ、脳震盪起こしてないだろうなぁ、すまないことしちゃったなぁと話ながら家に帰りました。

最近、お散歩の途中で「すっぽん」を目撃していたこの川だから、有り得なくはないのかもしれませんが、本当に思いもよらぬ出会いになった夜でした。

【本日のおまけ】

2008062202 東京に戻る途中で立ち寄ったコンビニに、釣りキチ三平のミニ・フィギュアが付いた缶コーヒーが置いてありました。当然ゲットです。ついでに矢吹丈君もゲットしました。

ラムちゃんもあるみたいだったけど、見当たりませんでした。う~ん、結構欲しいかもlovely

| | Comments (16) | TrackBack (0)

June 16, 2008

3次予選突破!

先週の土曜日は、女房の親父の喜寿のお祝いがあって、渓流には出かけられなかったんだったなぁ~despairなどと思い出しながら、cameraデジカメに記録してあるデータを見直してみると、そこには未整理だったその夕方のオイカワ釣りの画像が残っていた。

そうそう、真昼間っからbottle大吟醸などをいただいてしまったから、夕食前に酔いざましに散歩に出たんだっけ。土手の紫陽花が綺麗だったなぁ。田植えが終わったばかりの田んぼには、騒々しい鳴き声の野鳥「ケリ」が居たっけ。オイカワもカワムツも、元気にフライにアタックしてくれたし、やっぱり田舎っていいなぁ。

PhotoPhoto_2Photo_3

とかいう想いにふけっていたら、せっかくのsunお天気の土曜日も昼過ぎになってしまった。

あわてて釣り仕度を整え、春先に遊んだ渓に向かう。そこは、大井川支流群のうち、我が市を流れる最大河川の上流部。釣り人も多く訪れるが、頭上が開けていてフライが振りやすい快適な渓だ。

久々の晴天に恵まれて水棲昆虫も舞い、明るく良い雰囲気がする。ところが、アマゴの出はシビアだった。7Xのティペットに17番の黒パラシュートを結んで、次々と現れる好ポイントを攻めていくが、度々見切られてヒットに持ち込めない。釣り人のプレッシャーの影響だろうか。2時間ばかり遡行して、前回良型をバラした区間に差し掛かると、ようやく20cm程のアマゴがヒットしてくれた。豊富な餌をたくさん食べて、強い流れのなかで鍛えられたせいか、素晴らしいファイトで楽しませてくれたhappy02

200806142020080614102008061421

その後、ぽつぽつとヒットはあったけれど、結局この一尾がこの日の最大。イブニング・チャンスを狙いたかったけれど、soccerワールドカップ予選をテレビ観戦eyeしたかったがために、明るいうちに渓を後にした。後ろ髪を引かれる思いでねbleah

| | Comments (14) | TrackBack (0)

June 07, 2008

混棲の渓に再挑戦

2008060616日曜出勤の代休をいただいたので、金曜日は久しぶりに平日釣行が叶った。

目指したのは、春先にgoo~ さんと歩いた小渓流。アタックはあるもののヒットさせられなかったその時の悔しさを、何とか挽回したいと思っていた。

春まだ浅かった渓は緑があふれ、氷に覆われていた岩壁も、染み出す水が爽やかなオアシスに変わっている。sun天気にも恵まれ、水量も豊富、そして何より林道に車がなかったので期待が持てそうだ。

2008060611 釣り始めてすぐに、ちいさなちいさなアマゴがヒットした。しかし、それから2時間ほど渋~い状態が続く。左手にわさび田がある区間を過ぎると、魚の反応も良くなって、20cm程の色白の綺麗なイワナがぽつぽつと釣れ始めた。ちびあまごネットに収まると、かなりの大物に見えてしまう(笑)

2008060653 とある、いかにもイワナのポイントで、黒パラを渦に漂わせているとヒット!あれれ、ファイトが鋭いぞと思ったら、待望のアマゴだった。これも20cm。その後、同サイズのアマゴを追加したところで終了とした。数も型も自慢できるほどのものではなかったけれど、十分に満足、春先の悔しさは癒されたconfident

     2008060663  2008060668

帰りの林道では、カモシカや和鹿と出会い、あるダムの近くではなんと釣り仲間SUGIOSAさんとも出逢ってしまった。これが今日一番の大物だったかな。

2008060601 ところで、出張のお供に夢枕獏さんの「毎日釣り日和」という本を買ったのだが、これはある雑誌に連載したコラムを1冊にしたもので、短編エッセイが100話収録されていて、フライフィッシングについても少し書かれている。釣りに対する夢枕さんの姿勢も楽しいが、人間関係が素晴しいなあと思いながら読ませていただいた。

そしてもう一つ。くじ運が良いとは言えないおいらだけれど、3月頃朝日新聞の折込情報誌に載っていた「フライフィッシングアイテムプレゼント企画」にハガキ1枚応募したら、つり人社で出している「フライキャスティング・ベーシックス」というDVDが当選した!ちょっと嬉しい出来事だった。・・・dollar宝くじ、当たらないかなぁ(爆)

| | Comments (24) | TrackBack (3)

« May 2008 | Main | July 2008 »