« January 2008 | Main | March 2008 »

February 25, 2008

もうすぐ春ですね~♪

2008022417_2 虫垂炎の手術からちょうど1ヶ月経った日曜日、久しぶりにsoccer島田シニアの試合に出させてもらった。術後1週間目あたりからしっかりとウオーキングshoeを続けてきて、体重が3kgばかり絞れたおかげで、走ってみると体が軽く感じる。いや、そう感じたのは体調のせいだけではなく、天然芝のグラウンドと新しいスパイク・シューズのおかげかもしれない。う~ん、それも気分の問題かなぁ。

2008022419_2 いずれにしても、18分ハーフ(半端~、短け~)の後半途中で交替したけれど、1-0で勝利した復帰第1戦は楽しかった。やっぱり、ボールを蹴れるっていいなぁ。健康っていいなぁ。

オマケ画像は、スタジアム周囲に植えられていたロウバイ。見た目は非常に控えめな花なのだが、香りは素晴しく主張している。初春を感じさせてくれる花だ。

ところで、この週末は良く呑んだbottle

2008022316 金曜日は職場での懇談会。土曜日は、久々に帰省した長男と自宅で。日曜日は、妻の両親等も含めて、家族で焼肉屋さんへ出撃。この間、サッカー東アジア選手権の応援にもかこつけて、紹興酒、韓国焼酎、マッコリを始めとして、ビール、カヴァ、日本酒(純米吟醸・本醸造原酒他)、本格焼酎(芋・黒糖)、グラッパ、ブランデー、スコッチと、多国籍に及んだ。2008022423 それでも、翌日に残ることは少なかったので、大人な良い呑み方ができたのだと思う。毎晩が楽しかったので、上手く発散できたということでもあるかも。

話は変わって、遅々として進まなかったちびあまごネットの製作だが、渓流解禁を間近に控えて、とりあえず使えるようにしたくなり、網の取り付けまでやってみた。これで一応完成ということになるけれど、とても自慢できるような代物にはなっていない。自分の不器用さを改めて思い知る一品となった。

20080225_00620080225_00320080225_007

それでも、一つの形になったので満足感はある。これで故郷の渓のちびあまごをランディングし、記念撮影できる日が来るのが待ち遠しいなぁ。

| | Comments (25) | TrackBack (0)

February 15, 2008

CONNEMARA&カネマラ

手元に2本の「CONNEMARA:カネマラ」というモノがある。

同じ名前が冠せられているが、1本はフライロッド。もう1本はウヰスキー。

            Connemaraconnemara

年末から年明けの頃、暇にまかせてpcヤフオクでフライロッドを物色していた。

おいらの興味は、主として渓流用のショートロッド。

そこで見つけたのが、ケン・サワダのカネマラという6ft6in、#3の2ピース・ロッド。開始価格は2万円、USED扱いだが良品のようだ。最終日に2万円で入札すると、あっさりと落札となった。

Connemara 手許に届いてみると、期待したとおりの品だ。グリーンのブランクカラーが美しい。それに、汚れの無いリッツタイプのグリップが、リングを含めて最高に好い。定価の半分以下で手に入ったことに、大満足だった。ただ、アクションは思ったよりも強い。サワダさんのポリシーか、ショートロッドでもフルラインを出せ!と言わんばかりのパラボリックアクション?だ。もちろんおいらにはフルラインなんて出せないけれど。

さて、どんなシチュエーションでfish入魂するか。想像を掻き立てられるロッドである。

Connemaraburns 時を同じくして、appleりんご屋さんのブログのコマーシャルで気がついたのが、カネマラというウイスキー。調べてみると、スコットランドの隣、アイルランドのシングルモルトということであった。カネマラとは、アイルランドの地名だそうだ。アイリッシュ・ウイスキーの歴史は、スコッチ・ウイスキーよりも古いそうで、酒好きなおいらの気持ちをくすぐるものがある。決して高い酒ではないが、アイリッシュを扱っている店は少ない。あちらこちら探して、静岡の酒屋さんで見つけ、heart02バレンタインのプレゼントということで、妻から頂戴した。カネマラ・ロッドに入魂できた時、この酒で祝杯をあげようと思っている。catface

ちなみに、同時に買ってもらったのは「ロバート・バーンズ」というブレンデッド・スコッチウイスキーだ。スコットランドの詩人の名前を冠したこのお酒は、例のバーンズナイト用に買おうと思っていたもの。おいらのバーンズナイトは延期中(汗)だけど、こちらの開栓も楽しみだ。

世の中、明るく行きたいね♪

さて、話は変わって・・・

冬場の通勤は、朝も帰りもnight星を見ながらだったりする。おいらの家は田舎なので、途中の道は真っ暗け。人通りも少ない土手道には、時々お犬様がばらまいた地雷bombのトラップがあったりするので、flair懐中電灯を持っていたほうが安全だ。

Led1 数年前まで愛用していたのは、シルバーのミニマグライトのAA。単三2本型で、集光・散光自在の優れもの。単四型のマグソリテールも小さくてとっても明るいので、ずっと愛用していたが、小さいが故に何個無くしたことか・・・

昨年の秋、帰り道の100円ショップyenで買ってみたのが3LEDのポケットライト。ボタン型電池3個で結構明るく、十分に実用的だ。南アルプスの林道トンネルでも、そこそこ活躍してくれた。しかししょせんは安物、買ったものはたまたまスイッチの具合が良くなく、必要な時にどうしても点灯しないことがあったので、同じショップで明るさの比較をしたくて1LEDのものを買ってみた。こちらも明るさはなぜか3LEDのものと変わらず、十分に実用的だ。緊急用にカバンに入れておいても、邪魔にならずお勧めできる。

Led2 でも、もう少し明るいものが欲しいなぁと思っていたところ、先日、ロッドケース用の塩ビ管を買ったホームセンターで良さげだなぁと買ったのが画像の黒いヤツ。最新型のLEDは、形状が球になっていない!四角いプラスチックっぽい基盤のようなものが発光するようだ。なんとも不思議な感じ。しかし、単三1本とは信じられないような明るさshineだ。手に持った質感も、1000円弱とは思えない。暗闇の通勤が、なんだか楽しいこの頃~。flair明るいことは良いことだ。

          

| | Comments (22) | TrackBack (0)

February 11, 2008

ポポちゃんに会いに行こうよ♪

また嬉しい3連休がやってきた~♪

 初日の土曜日は、後半から雨の予報。午前中に1時間ほど、野鳥を眺めながら裏の小川の土手を散歩した。風も穏やかなポカポカsun陽気に身体が温まる。

程よい運動の後は、パソコンpcに向かってシコシコとお遊びだ。それは、先日作った塩ビ・ロッドケース用のステッカー作成。楕円形オレンジ色のピーカブーのは、ワードのオートシェイプとワードアート、画像の挿入で製作。フェンウィックの方は、手持ちのロッドに付いていたものをスキャンして製作。少しだけ、それらしくなった感じがするが、いかがでしょう。

20080210_072 20080210_073

 雨rainが降り出した午後は、藤枝市のT・ループさんへ、大井川(3,000円)と井川(4,000円)の年券を買いに行く。オーナーの長島さんと、先日の寒狭川の話題や、県内の解禁情報に花が咲いた。

 さて、その夜は、電報サム(JJH-TAKI)さんと八兵衛さんに誘われて、静岡でミニ作戦会議bottle。お店は新静岡センターちかくの「まぐろ屋繁正」。数々の美味しいマグロ料理を堪能しつつ、3月の解禁への想いを語り合う、とても楽しい一時となったhappy01

 翌日曜日は、冷たいrain雨がすっかり上がって再びポカポカsun陽気になった。思いっきり朝寝坊して、家でうだうだとしていたが、家に居るのももったいないお天気だ。急に思いついて、動物奇想天外にも出演したアフリカオオコノハズクのポポちゃんに会いに、掛川花鳥園rvcar出かけることにした。

                         20080210_018

 初めて会うポポちゃんは、思ったよりもちょっとちっちゃくて、大きな瞳がとってもheart04可愛かった~。色鮮やかな手乗りのインコやペンギン達も可愛かったし、ファルコン・ショーでの鷹や梟は格好良かったなぁ。大人1050円の入場料だが、中では思いっきりのんびりできるし、可愛い鳥達や美しい花々にとっても癒されて、決して高くはないなぁと思った。家族サービスをお考えの釣り仲間の皆さん、なかなか良いですよ、掛川花鳥園wink

20080210_02620080210_036_220080210_04020080210_043

 こうして迎えた連休最終日、何も予定はしていなかったけれど、暖かく穏やかなお天気に、川に行きたくなってしまった。何処に行こうかと迷ったが、結局天竜へ向かう。この日の天竜は、好天の祝日なのに釣り人が少ない。これは即ち、塩梅が良くないということだ。で、結果は思ったとおりのムギョっ!bearingまあ、ちゃんとした対策をせずの出撃だったので、釣れなかったのは当然だ。2008021106 それでも、川の流れの中に立ち、カワガラスやセキレイなどの可愛らしい野鳥の姿を見て、またその美しいさえずりを聴き、3月解禁を想定したキャスティング練習をすることができたので、無駄ではない一日だったと思う。2008021109 まっ平らなフィールドでキャスティング練習をするのも大切なことだが、実際に様々な流れで色々な種類のキャスティングやライン・メンディングの練習をするのは、絶対に必要なことだと思うのだ。できれば、魚fishとファイトしたかったけどね。

後記:日記は楽しく読み易くと思っているのですが、今回も結局、読みにくく堅い堅い長文になってしまいました。最後まで読んでくださった貴方には、心から御礼申し上げ鱒

| | Comments (20) | TrackBack (0)

February 05, 2008

西へ東へ、また西へ

虫垂炎手術から1週間が過ぎ、直接手術痕を押えたりしない限り痛まなくなってきた。くしゃみをするのが、まだちょっとだけ怖いけれど、お腹に響くこともなくなってホッとしている。歩くことは問題ないが、soccerサッカーは・・・もう少し先かなぁ。

あれ~?いつの間にかココログでも絵文字が使えるようになってるぞ~happy02

20080202tobi ということで、土曜日は久しぶりに天竜川へ出かけてみた。冷え込んでいるかなと思ったが、到着が昼過ぎだったこともあって意外と暖かい。風もなく釣り日和だ。でも、水棲昆虫のハッチがない。一時期、ユスリカが発生したが、待てども待てどもレインボウのライズは起こらず、期待を込めてキャストするドライフライも、むなしく川面を流れるだけだった。Tenryumiyage この日は、沈めて攻めているフライフィッシャー達のロッドが曲がることも数える程で、全体的に低調だったようだ。収穫は、天竜銘菓「栗しぼり」と打菓子「清流あゆ」のお土産(美味しいよ~♪)と、とんび(鳶)の画像。これはこれで満足だったのだ。

Sweeneytodd 日曜日は朝からrain雨、こんな日は映画が好い。

ジョニー・デップの話題作「スウィニー・トッド」を観に、MOVIX清水へ出かけた。

ずっ~と以前に「シザー・ハンズ」という作品を観て、その不思議な世界に感動を覚えたので、同じスタッフということで今回も少なからず期待していたのだけれど、何だかとっても救われないストーリー(実話ベース?)と鮮血ドバドバの画像がえぐすぎて、肩は凝るは胃は重いはの鑑賞後だった(汗)しばらくの間、床屋さんに行くのが憂鬱になりそう。

そして、職場がお休みの月曜日、空気は冷えたがsun快晴の釣り日和となった。カズさんのクルーガーに乗せてもらい、解禁直後の寒狭川に出撃だ。

現地に到着すると、フィッシュアウルさんと竹ちゃんを発見。二人とも既に初物をゲットしたとのことで、期待が高まる。ライズがないので、釣り仲間のKEN2さんから教えていただいた情報を参考に、ニンフのルースニングでサイトフィッシングをするが、フライが魚の鼻先をかすめても、なかなか反応してくれない。時間ばかりが過ぎていく中で、2度のバラシの後、ようやく待望の今期初アマゴ(だと思ったが、改めて画像を見たらシラメのようだ)をキャッチした。小振りな魚体だが、朱点が鮮やかで美しかった。

20080204_030 20080204_013

その後、謎のポイントのマル秘釣法でアマゴを2尾キャッチ。(釣ったとは言えないような・・・)カズさんも苦戦の末、初シラメに初アマゴをキャッチして解禁を飾った。結局終日ライズは起こらず終いで、ミッジドライでのワクワクするようなアプローチが実現できなかったのが心残りだったけれど、シラメ・アマゴ画像をデジタルcameraキープできたので、とりあえず満足の寒狭川解禁にすることが出来た。

     20080204_026    20080204_023

カズさん、終日大変お世話になりました。confident 次は、3月解禁に向けての作戦会議ですね♪

| | Comments (18) | TrackBack (1)

« January 2008 | Main | March 2008 »