« November 2007 | Main | January 2008 »

December 31, 2007

前向きに行きましょう

ココログ「ちびあまご」をご訪問の皆様、本年も大変ありがとうございました。「ちびあまご」を続けていけるのは、皆様のおかげと、心から感謝しております。あいかわらず拙い内容ですが、来年もよろしくお願いいたします。

To_be_continue

今年も思えばいろいろな事がありました。楽しい思い出は数々ありますが、反省しなければいけない事も沢山ありました。人生は毎日が勉強です。反省を積み重ねて、前向きに一歩ずつ、少しずつでも成長していければと思います。

では皆様、良いお年を!

この日記は、閲覧のみとさせていだだきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2007

今年も赤点コンサート

昨年初めて聴きに行った、サッカー仲間(先輩)紅ちゃんのコンサート。

Rpb200701

今年は色々とあって、直前まで行けるかどうかというところだったけれど、なんとか時間を作ることが出来た。でも、今回は一人での参加。妻が別の催しに行かざるを得ないのが、ちょっと残念だった(汗)

Rpb200702

レッド・ポイント・ブラザーズは、おいらの住む静岡県島田市近辺を題材としたオリジナル曲を、優しく暖かく歌い上げるグループ。メンバーは4人、いずれもおいらが卒業した高校の先輩達だ。去年も沢山の感動をいただいたコンサートだったが、今回もまた素晴らしかった。身内の事ながら、今年は辛い別れを送る曲もあって、涙無しには聴けないシーンもあった。そして、胸の中が暖かくなるような曲もあれこれと。ご覧のように、観客もメンバーと一体になって、コンサートを盛り上げた♪と言うことで、12月23日、冬本番のクリスマス・イブイブの一夜を、とても心暖かく過ごさせていただいた。RPBのメンバーの皆様、本当にありがとうございました。また来年も、開催を期待申し上げます。

さて、年末の3連休の始めは芳しくないお天気だったけれど、最終日は朝から明るい日差しに恵まれて、釣り日和の一日になった。せっかくの連休なので、天竜への出撃を目論んでいたおいらだったけれど、さすがに年末の雑務に追われて、本格的な釣りには行くことが出来なかった。

2007122415

そんなアンニュイな昼下がり、健康のために少しでも歩いておこうと思い立ち、コータックのワンピースロッド片手に、裏の小川のいつもの散歩コースを辿ってみた。正午過ぎということで、お日様も高いところにあり、スナップ撮影日和だ。しかし、明るすぎるためか、鳥達はやたらと警戒気味。なかなかデジカメG9に、その姿を写し込むことは出来なかった。魚達にしても然り、いつも釣れるポイントに、その姿が見えなかった。

2007122417

それでも、ご覧のような良型のオイカワ君が年末のご挨拶に来てくれて、3連休の締めくくりには、十分満足できる結果となったのだ。

2007122421

帰り道の途中では、電線に留まったモズ君が。

そのボディの柔らかな色合いは、なんとも言えない可愛らしさだ。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

December 20, 2007

小さな金メダル!

           20071216gold

 ちいさなタイトルだけれど、17チームで競った焼津市民スポーツ祭マスターズ・サッカー大会で、我が島田シニアが優勝の栄冠を勝ち取った。自分としては、あまり貢献できなかったと思う。でも、日曜日の決勝戦のピッチ上に立てた事は幸せだった。

Photo

 今までタイトルにはほとんど無縁だった我がチーム、今回の優勝にはかなり運もあったかもしれないけれど、みんなの気持ちが一つになった結果だ。この結果は、チームのモチベーションを大いにアップさせることになるだろう。祝勝会が楽しみだなぁ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

20071215tsubaki  さて、土曜日は釣りに行く暇は十分にあったのだけれど、ちょっと疲労が溜まっている気がしたので身体を休めようと思い、朝からのんびり自宅で過ごした。でも、やっぱり終日家でじっとはしていられなかった(汗)

 夕方、パワーショットG9を持って散歩に出かけた。いつもの、裏の小川の土手コースだ。この川には、野鳥が多く生息しているので、のんびり散歩しているとしばしばシャッターチャンスに出会う。じっと川面に立ちつくすアオサギや、ぽっかりと浮かんでいるカルガモ、鮮やかなコバルトブルーの軌跡を残して飛翔するカワセミ。

20071215aosagi20071215karugamo20071215kawasemi

20071215jyoubitaki20071215segurosekirei20071215keri

20071215sangojyu_3 その他、ジョウビタキ・ハクセキレイ・キセキレイ・モズ・ヒヨドリ・ケリ・カワウ・カラスにスズメ、名前のわからないあの鳥この鳥。あっという間に二桁の種類と遭遇だ。野鳥の世界は詳しくはないけれど、少しずつでも知識を広げていきたいと思う。ただし、G9の光学6倍ズームでは、やっぱり力不足を感じてしまう。もう少しのめり込むんだったら、デジ1眼買わなくちゃね(^-^)v

| | Comments (12) | TrackBack (0)

December 10, 2007

ひなたは暑いぞ静岡県!

 12月に入って2度目の土日は、快晴の釣り日和に恵まれた。両日とも陽の当たる日中は、薄着でもちょっと動けば汗ばむくらいの暖かさだった。

             2007120723

沈めたら釣れたよ、天竜川♪

 土曜日は、いつものようにゆっくり起きて、天竜のダム下ポイントに入ったのが正午頃になってしまった。まぶしいくらいに陽が当たる川辺には、今日も水生昆虫が舞っている。

2007120731  今日もドライで行こう!・・・と始めてはみたものの、なかなか反応が出てこない。しかし、おいらの流す白パラシュートの直下の水中で、何かに反応している魚影が見える。これは流石に切り替えないといけないかと思い、オリーブ色のミッジニンフを沈めてみると、インジケーターがふっと引き込まれた。マリエットの3番を小気味良く曲げてくれたのは、今年のレギュラーサイズのおちびちゃんレインボウだった。沈めれば釣れるんだね、やっぱり。

2007120751  3時頃からは、イブニングライズを狙って、全区間中流部の瀬へ移動。狙い通りメイフライやガガンボの大量ハッチが起こったのだが、なぜか魚のライズが渋い。結局この日、ドライでキャッチ出来たレインボウは、ここでのおちびちゃん1尾だけだった。でも、ウグイ大王や暴君ハス他、貴重なお客さんたちが結構遊んでくれたので、まあまあ満足の一日を過ごすことが出来た。

             2007120709

 ところでこの日のランチは、遠鉄ストアお薦めの味噌かつサンド360円。作り置きだけれど、衣は意外にサクサクで、お肉もボリューム満点。おいらからもお薦めした一品だ。

初心に帰って雑魚釣りしましょ♪

2007120944  明けて日曜日は、チームハンプバック主宰のひろりんお誘い、12月第2日曜日恒例の「オイカワ・オフ」会に参加させていただいた。静岡市内の小川に集まったのは、いつもの面々&ファミリー。とは言え、東は御殿場の日曜釣師さんから西は名古屋のまちゃさんまで、オイ・オフもグローバル化しつつあるなぁ(汗)

2007120912  現地に到着すると、既にひろりんのご令息KOU君がオイカワ・ヨシノボリ?・サワガニなどをゲットしている。河原の水溜りには、なんとミズカマキリのサンクチュアリも!おいらも早速GOOさんとオイカワ釣り。しかし、なぜか釣れて来るのはカワムツ大将ばかり。本命のオイカワ閣下はなかなかヒットしなかったが、ごらんのとおりの大物をキャッチすることが出来た。ネットの大きさから類推すると、8寸はありそうだが・・・(爆)

          2007120914

 岸辺にはカワセミが舞い、河原には甘~い山葡萄やピリカラのクレソンが自生している。水中の石をめくれば、大型水棲昆虫のヘビトンボ!何気ない里川だが、その豊かさにはびっくりさせられる。

200712092720071209502007120951

 さて、例年のとおり、ホスト及び準ホストのファミリーや参加の皆様に大変お世話になって、とっても楽しく一日を過ごさせていただきました。みなさん、本当にありがとうございました。また是非来年も、お誘い下さいね。

            2007120925

| | Comments (20) | TrackBack (0)

December 02, 2007

釣れませんでした(汗)

ウイークディは雨が降ったりしたけれど、土曜日は快晴、また一人で天竜川に挑戦だ。
先週末の天竜は、イブニングにライズがあってドライの釣りが成立したが、今回はどうだろうか。

昼少し前に着いたダム下は、明るく風も穏やかなドライ日和。グリズリーのパラシュートで瀬を釣りあがる。時折反応するのはオイカワだが、やたらとデカイ(汗)いわゆる天竜サイズだ。

200712012020071201332007120138

魚の反応があまり無くちょっと暇な感じになったので、新調したデジカメ、キャノンパワーショットG9を試すため、小型の鴨とカワガラスの写真を撮ってみた。光学ズームは6倍なので、ぐっと寄った画像は期待できないのだが、カワガラスは手が届きそうなほど近くで、餌摂り行動を見せてくれた。良く見ると、クロカワムシのようなワーム状の虫をくわえていた。コゲ茶色の地味な鳥ではあるが、動作が機敏でなかなか愛くるしい。鳴き声は「ジッ、ジッ」とちょっと濁っているけれど、耳障りではない。超アップ画像は、デジタル・ズーム域。
昼食後は、さらに下流の瀬へ車で移動。しかし、先週と違って水生昆虫のハッチが少なく、イブニングになってもライズが起こらない。結局、小型のレインボウを掛け、散々走り回られた挙句にばらしてしまい、それで終了。まあ、巨大なオイカワを釣って楽しんだから、今回はそれで良しとしよう(汗) お魚の画像はありません。あしからず(爆)

20071201012007120111

20071201072007120119

オマケは、デジカメの画像比較。左はIXY55、右はG9だが、ここまで圧縮するとあんまり違いはないなぁ。釣りのお供は、当分軽くてコンパクトなIXY55でいくことにしようかな。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »