« October 2007 | Main | December 2007 »

November 26, 2007

ルーキー君の天竜デビュー

           2007112404

 今年からフライフィッシャーとなった職場の後輩S君、初めて一緒に釣りをした秋の富士山麓では、良い型のアマゴを掛けて見せてくれた。これまでの釣行は3回、全て魚と出会っているという。ならばこの時期、是非とも天竜川にチャレンジしてもらいたい。という事で、3連休の初日、2台の車を連ねて国道1号線を西に向かった。
           

 最初に案内すべきは、やはり最上流部のダム下だ。ここでは、とりあえずマーカーを使った沈める釣りを経験してもらう。すぐ右手の流れ込みでキャストを繰り返しているフライフィッシャーは、小型ながらも頻繁にロッドを曲げていて期待十分だ。
           2007112302

 ドライフライしかやったことのないS君、初めてのニンフにかなり手こずっている。しかも、風が右手から強く吹き付けている。右利きには厳しい条件だ。キャストもままならないS君を暫く見ていたが、とりあえず魚が釣れるということを確認するために、一人上手の瀬に移動。ソフトハックルで小ぶりのレインボウをキャッチしてからS君を呼んだが、彼にはアタリが出ない。次は一気に下手に下り、短い区間の瀬を攻める。すると、S君に待望のレインボウがヒットした。やったね♪

2007112320_2

 昼食後は、天竜エリア全区間の中間部へ移動。強かった風も止んだここでは、エルクヘアカディスにフライチェンジ。ガンガンの瀬の中から、やはり小ぶりのレインボウがヒットする。S君にもヒットだ。対岸で慎重にファイトしている。よしよし♪

2007112442 結果的には、大物が出ないばかりか数も控えめだったけれど、S君の天竜デビューはまずまずだったと思う。もう少し良いガイドに恵まれていたならば、爆釣したかもしれないなぁ(滝汗)

 その日の夜は、急遽飛び込んだ嬉し~い飲み会に参加して、もうご機嫌。ちょっとだけ呑みすぎてしまったおかげで、翌朝は寝坊してしまった。

2007112443_3 

 明けて土曜日は、一人のんびり天竜へ再挑戦。例によってドライで攻める。すると、あるポイントで、4寸ほどしかないレインボウがヒットした。尾びれはシャープではないものの、全てのヒレがしっかりとしていて、ネイティブかと思わせる個体だった。画像をfly-tomoさんに送って確認してもらったところ、放流物ではなさそうとのお返事。すると、この魚は、天竜川で再生産されたレインボウなのだろうか。外来魚の繁殖という問題は有るのだろうが、この川にネイティブと言えるレインボウが繁殖する可能性があるのかもしれないと思うと、正直胸が高鳴った。

2007112427 2007112446  それにしても、おいらはやっぱり小物釣り師。天竜でアンダー20を釣るフライフィッシャーは、少ないだろうなぁ。お客さんも沢山釣っちゃうし・・・(爆)。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

November 22, 2007

美しい島々と悲しい歴史への旅

勤続30年・結婚25年の節目に、妻と旅行を計画した。
阪急交通社の2泊3日九州ツアー。
目的地は、佐賀県唐津・長崎県平戸・熊本県天草など。
どの地でも、素晴らしい景観と美味しい食べ物を味わうことができた。
平戸にしても天草にしても、昔は舟が無ければ渡れない島であったが、現代ではそれぞれ橋が架けられ、行き来にはさほど支障はない。
旅は常に快適だった。
しかし、美しいこの土地には、宗教への弾圧という悲しい過去があった。
この旅は、そうした歴史に触れる旅でもあった。
妻とツアー旅行に参加するなんて、新婚旅行以来だろうか。
旅と言えばいつもマイカーであったが、子供たちも成人した今、二人で行くのならツアーも楽しいものだ。

では、旅の思い出をご紹介。

旅の始まり唐津城、青空に白壁が美しい。
           Karatsujyo_2

唐津湾に浮かぶ高島、宝当(ほうとう)神社という神社があり、宝くじファンに人気爆発中!思わず遠くから拝んでしまった。
           Houtoujinjyatakasshima_2

雲間から当たる陽を浴びて、幻想的な平戸城
           Hiradojyo_2

ため息が出るほど美しい九十九島へ、旅人を誘うパールクイーン号
           Pearlqueen_2

天草明徳寺の門前石仏、目鼻立ちが濃い!異人さんだそうだ。
           Ijingao_2

旅の締めくくり天草五橋。天草四郎像の前で天草よねさん@腹ボテ (^^;
           Amakusayonesan_2

       さて、次の旅はどこにしようかなぁ。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

November 12, 2007

ちっちゃいけど、待望のレインボウ

 雨が降るぞ~と言われていた週末は、結局なかなか良い天気に恵まれた(^-^)v

           2007111011

2007111022_2  土曜日の天竜川C&Rエリア、お昼少し前に到着したら太陽が顔を出している。帽子なしではいられないくらいの暖かさ(暑さ?)だ。到着直前に合流した八兵衛さんと共に、前回様子を見ることが出来なかった瀬のポイントに入った。先行の釣り人は数人、流芯からぽつぽつと小型のレインボウをヒットさせている。2007111007 天気も良いので、ドライ勝負のエルクヘアカディスで挑戦! ゆったりと流れるポイントから、シーズン初物のレインボウがヒットした。大きさは・・・どう見ても尺にすら届かない(汗)しばらくしてまたヒット!しかしこれは・・・へ~、こんなのも放流してるんだ~~と唖然としてしまう15cm。う~ん、おいらはここでも小物釣師なんだなぁと、今さらながらあきれてしまった。その後、ドラグがかかって沈んだフライにヒットしたレインボウがこの日の最大で、やっぱりU-30(滝汗)天竜2度目のチャレンジは、3尾のレインボウをキャッチするのにとどまった。2007111026 ま、主賓以外にもおいかわさん他のお客さんを数尾釣ったので、そこそこ楽しい釣りだった。

2007111038  さてさて、お楽しみは釣りの後の作戦会議。三々五々釣り場に集まったgooさん・アマゴ27さん・ひろりんと、暗くなってから到着した萩さんの計6名で、日付が変わるまで今年の戦略などを真剣にマジに討論した。結論としては、燗酒が旨い季節になったネ~といったところか(爆)

 明けて日曜日は、またまたサッカーの試合(0-0のドロー)のため、釣りをせずに帰宅した。これぞ天竜というレインボウとの出会いはいつのことになるのかな。

            2007111023

| | Comments (16) | TrackBack (0)

November 06, 2007

秋の日の龍水の都

 「龍水の都」・・・浜松市天竜区は、そう呼ばれている。良い響きの呼び名だ。

 11月3日文化の日に、天竜二俣商店街で開催される「天竜市産業観光まつり」に併せて、2004年から同会場の一角で「龍水の都クラッシックカーフェスティバル」が開催されている。昨年、このイベントを訪ねてみて、また次回も来たいものだと思っていたが、今年もなんとか都合をつけることができた。しかも今年は、goo-yamamotoさんがご一緒してくださった。

Tenryu_ccf

 会場には50台余りの懐かしの名車が並んだが、どの車も現役で走行可能の上、保存状態が素晴しい。古いはずなのに、新鮮に見える旧車達を眺めて、しばし至福の時間に浸ることができた。今回のお気に入りは、フィックスドヘッドのロータス・エランだったかな。gooさんはと言えば、食い入るように車を観ていたかと思うと、突然散歩中のマスチフ犬に抱きついたりして(汗)、イベントを思いっきり楽しんでいられた。

 産業観光まつり本体も大変な盛況で、けっして大きくはない街なのに、どこにも負けないくらいの素晴しいエネルギーを感じさせてくれた。出店を物色していたら、ちょうど数日前の静岡新聞に紹介されていた「むらせや」さんの栗むし羊羹を見つけたので家族へのお土産としたが、たっぷりと新栗が入っていて、甘いけれど意外とさっぱりとした味わいに、大好評の一品だった。

2007110321

2007110327  さて、今年も11月1日から天竜キャッチ&リリース区間がオープンとなった。この日は、初出撃も兼ねていたので、お昼ちょっと前に秋葉ダム下に到着。マリエットの5番ロッドに15番のエルクヘアカディス(?)で瀬を中心に攻める。しかし、まだオープン間もないせいか、魚の反応がない。最初のヒットは、大きな大きなオイカワ君。そして結局、最後まで虹の架け橋が架かることは無かった(汗)20071103a しかし、実はちょっぴり狙っていたあの魚をヒットさせることができた。う~ん、本命は出なかったけれど、これなら満足できたなぁ。

 そして、この日を締めくくったのは、思いもよらなかったアマゴ(サツキ?)の産卵行動を目の当りにしたことだった。ダムのシルトの影響で、お世辞にも清らかな水とは言えないこの区間なのだが、魚達はちゃんと命の営みを行っていたのだ。大勢の釣り人が押し掛け、鵜などの天敵の脅威にさらされながら、与えられた使命を全うしようという魚達の行動には、強く胸を打たれた。この流れは大切にしなければいけない!そういう思いが心に刻まれた、思い出深い一日だった。

 gooさん、丸々一日お付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。おかげさまで、素晴しい一日でした。あの産卵シーンは、自分ひとりだったらお目にかかれなかったかもしれません。本当に良い経験をさせていただきました。

 そして、この日記をお読みの皆様、私が言うまでもなく十分にご承知の事とは思いますが、産卵時期に流れの浅瀬で川床が白っぽく見えるところがありましたら、それは魚達が卵を産みつけたところかもしれませんから、もし流れに立ち込む必要があった際には、細心のご注意をお願いしたいと思います。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »