« September 2007 | Main | November 2007 »

October 31, 2007

あまごちゃん達、また来春!

2007103001

2007103002  2月の愛知県から始まった今年の渓流釣りも、昨日カズ@Natural Anglerさんと訪ねた西の渓で、長かったシーズンの幕を下ろした。土曜日とは打って変わった好天に恵まれた昨日だったが、産卵時期を終えた魚達の活性は当然のように芳しくなかった。そんな状況で2尾のおちびちゃんと出会えただけだったけれど、綺麗な魚体と愛くるしい瞳に癒され、来春を期待させてくれる一日になったと思う。これから暫くのお別れだけど、あまご達よ、また来シーズンもおいらの誘いに乗っておくれ。

2007103003

Net  さて、オフ・シーズンにも色々な楽しみ方があるが、なかなか完成しないランディング・ネット作りも進めなければならない。フレームに穴を開け2度塗装してみたが、あと何回か重ね塗りする必要があるし、肝心の網をどうつけるか研究しなければ。オイカワ・オフまでに間に合うだろうか(爆)

 オフ・シーズンと言っても、いよいよ天竜川のC&Rがオープンする。せっかく年券も持っているので、また通ってみたいと思っている。う~ん、結局おいらの釣りには、オフは無いんだなぁ。まあ、そういう人達も沢山居るとは思うけど。

Onigiri  オマケ画像は、昨日ファミマで買ったおにぎり。ご覧のとおりのラーメン・バージョン。超B級と言っていいでしょう。味の方は、ちょっと濃い目かな。まあ、これはこれで美味しいのかも・・・(汗)

| | Comments (14) | TrackBack (0)

October 29, 2007

ええ~っ!行くの?

タイトルは、土曜日朝の、妻の第一声(爆)

 唐突に発生した台風20号は、楽しみにしていた土曜日を雨の1日にしてしまった。それでも渓に行こうとしているおいらは、かなりのバカ者かもしれない。そして、そのおいらを引率してくれる、jjh-takiさんと八兵衛さん。3人揃った大バカ者(先輩、ごめんなさい!)が、小雨の降る国道1号線を西に向かった。

Img_2696

Img_2702  ほぼ1年ぶりに訪れた小渓流。秋の雨にしては、流れへの影響は少ないらしく水温は14℃、濁りも出ていない。しかし、虫はあまり飛んでいない。厳しそうだなぁと思ったとおり、フライへの反応はシビアだ。時折足元から逃げていく魚影はあるので、期待は湧くのだが結果が出ない。渓の暗さと雨粒で、フライと魚の反応が見難いのも厳しかった。午前中は先輩お二人が、仲良くおちびを1尾ずつ。午後はおいらが超おちびを1尾。

Img_2708  夕方、少し開けたポイントで、おいらのフライに続けて2度魚の反応があった。フライには触っていないようだったので、八兵衛さんにバトンタッチして、同じラインを攻めてもらうと、出た!バンブーロッドを気持ちよく曲げて、良型の魚が走る。ランディングしてみると、すこし痩せ気味だが7寸程のアマゴだった。

 まだ時間は早かったが、この頃から雨・風とも強くなり濁りも入ってきたので、この1尾で竿を納めることにした。出会った魚は最小限だったけれど、お二人との釣りはとても楽しかった。お二人にとっては、これが本年最後のアマゴ釣りになったと思うが、あきらめの悪いおいらは、あと1回、出撃を目論んでいる(汗)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 26, 2007

旧車がお好きな皆様へ

昨年11月6日に「旧車の集いにようこそ♪」のタイトルで紹介させていただいた、天竜二俣の天竜産業観光まつりに併せて開催される「龍水の都クラッシックカーフェスティバル」が、今年も11月3日に開催されるそうです。

今年も50台ほどの国内外の旧車が展示されるそうなので、天竜C&Rの開幕に併せて見に行こうと思ってます。

Ryusuinomiyako

           昨年のひとこま


| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 22, 2007

秋のキャンプも楽しいよ

 週末、ブログ・リンクさせていただている「日曜釣師」さんお誘いのファミリー・キャンプに、単身参加をさせていただいた。集合場所は県東部の公営キャンプ場、申し込みをすれば無料で利用出来るが、しっかりとしたBBQグリルやテーブルセット、明るく清潔な水洗トイレが完備されている。そして嬉しいことに、サイトのすぐ脇には、清らかな小渓流があるのだ。

 20071020372007102042_220071020442007102045

 ここに、3ファミリー11人とソロ・フライフィッシャー6人の総勢17人が集って、楽しい一時を過ごしたのだが、自分は呑んで喰っておしゃべりしていただけで、設営から食材の調達・調理・片付けまで、ほとんどの事を参加のみなさんにすっかり面倒を見ていただいた。これまでは、大人の男ばかりのむさ苦し~いオフ会ばかり参加してきたが、この日はファミリー・キャンプの楽しさを存分に味わえ、久しぶりにアウトドアで小さな子供達と無邪気に遊べたのも、本当~に楽しかった♪ちょっとだけ疲れたけどね~(汗)

20071020322007102038

           キャンプ・サイトのお客様♪

 日曜釣師さんを始め、当日参加の皆さん、大変お世話になりました。とっても楽しい週末を、本当にありがとうございました。何も出来なかった私でしたが、もしよろしかったら次回もお声を掛けていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたし鱒~!

          Clear_pond

 さて、せっかく県東部まで出掛けたのだから、釣りをしない訳にはいかない。と言う事で、土曜日は裾野フィッシング・パーク(FP)で3時間、思いっきり釣りまくらせていただいた。2007102021 裾野FPは、愛鷹山の清らかな湧き水を利用して営業している管理釣り場、綺麗な水に豊富な魚種を売りにしている。3時間の料金は2,700円だが、C&Rに徹っすると、帰りに300円キャッシュバックしてくれる。釣れて来る魚は、レインボウ・ブルック・ブラウン・イワナ・ヤマメ・イトウと、バラエティに富んでいる。

2007102027  水質の恩恵か、非情にコンディションの良い魚が多く、活性も高い。全体としての印象は、少し狭いかなという感じだが、逆にこじんまりしてオイラ好みのエリアだ。本日初入魂となる管釣専用ロッドのピーカブー&コンポリールのセットで、十二分に魚のファイトを堪能してからキャンプ・サイトに移動、サイト横の流れに色気を出してフライを振ってみたが、びっくり顔のアブラハヤ君を数尾キャッチ出来たのみ、イプニングにあった散発ライズもモノにすることは出来なかった。

 明けて日曜日は快晴!ゆっくりと起き出しての朝食後、日曜釣師さんお薦めの渓を、少しだけ歩いてみることにした。車で暫く移動してたどり着いたその渓は、ちょっと難しそうな薮沢だ。しかし、流れに立ってみると、意外と水量があり頭上も結構開けている。期待を込めて黒パラシュートを浮かべていくと、すぐに反応があったが、流石にヒットしない。3回ほど空振りが続いて、ここなら!という好ポイントで、ついに20cm強のアマゴがヒットした。釣り始めから1時間半、美しい渓の景色を楽しみながら3尾のアマゴをデジタル・キープしてゲーム・終了、入渓点からは100mも溯らなかったかもしれない。

         2007102109

 こうして、キャンプの合間に楽しい釣りができ、存分に休日を満喫した週末が終わったのだ。あ~~~幸せだったなぁ(^-^)ホッ!

| | Comments (18) | TrackBack (1)

October 16, 2007

富士のお山が見えますか

 キリンの「富士山麓」は、手頃な値段だけれど、しっかりと樽で熟成した甘い香りと深い味わいを持つ良いウイスキーだ。先日買った際に、ロック・グラスがオマケについていた。そのグラスの底には、富士山の姿が見える。

       Fujisanroku_002  Fujisanroku_001

 さて、先週末は、その富士山麓にあるお気に入りの渓で2日間を過ごした。土曜日は単独で、そして日曜日は、新たな仲間S君と。

2007101302

 ラストチャンスのその渓は、気難しくもあり優しくもあったが、美しく可愛らしいアマゴ達との出逢いをもたらしてくれた。中には既に冬の装いをまとったアマゴも居たが、色白美形のものが多かった。今シーズンからフライフィッシングを始めたばかりのS君も、良いサイズのアマゴをキャッチして嬉しそう。

            2007101424

 印象的だったのは、背にあるべき黒点がほとんどないタイプのアマゴ。あたかもりんご屋さんの渓の「ヌル系ヤマメ」を思わせる、ちょっと艶かしくさえ感じさせる一尾だった。

                         2007101428

 それにしても、土曜日のイブニングに、少しも寄せることが出来ないまま振り切られてしまった大きなアマゴに未練が残る。4ヶ月半辛抱して、また来シーズンこの流れに立ちたいと思う。

200710135020071014112007101361

 日曜日、お昼に合流して下さったアマゴ27さん、八兵衛さん、ありがとうございました。八兵衛さんには、午後攻めるはずだった流れを譲っていただき、更にはS君へのコーチまで買っていただき、感謝に耐えません。重ねてお礼申し上げ鱒♪

| | Comments (18) | TrackBack (0)

October 09, 2007

爽やかな青空の下で

サッカーチーム島田シニアSCの秋季合宿で、長野県原村に行ってきた。ただし、合宿とは言ってもチームのコミュニケーション強化が主な目的だ。

土曜日は、畑に囲まれたのどかなグラウンドで、5対5のミニゲーム(決勝点は、おいらのごっちゃんゴール♪)で汗を流した後、近くの温泉「もみの湯」で疲れを癒し、夜は例年お世話になっているペンション梅家さんで、思う存分ビールを飲んだ。

梅屋さんのご主人と奥様も島田市出身、先輩メンバー達とは旧知の仲なので、一緒になって話しに花が咲く。本当に和気あいあいで楽しい雰囲気に、夜はあっという間に更けていった。

            20071007_003_3

明けて日曜日、みんなはやっぱりお疲れモードなので、練習は止めにして一路島田に帰るだけ~(汗)

お酒を呑んだ翌朝には最高のお粥メインの朝食後、ペンション近辺を一人で散歩した。

            20071007_005_3

ペンションの前庭には、サフランが綺麗に咲いている。

            20071007_006_3

近くにある「まるやち池」は、遠景に八ヶ岳が見えて、とっても良い雰囲気だ。

            20071007_010_2

白樺の木立の中をのんびりと歩いていると、思わず住んでみたくなるのはおいらだけではないだろう。

こんな素晴しい高原を、是非また来年も訪れてみたいものだ。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

October 03, 2007

修復ほぼ完了!

20071002_005  フードプロセッサーでの大惨事から10日、アロンアルファEXTRAスティックで修復した妻の右手中指先は、実用に全く影響ないまで回復した。傷跡は少し残っているが、ベロリと剥けたとは思えない。

20071002_007  さらに、トップガイドを折取ってしまったピーカブー・フライロッドも、六角堂さんのアドバイスに従って修復し、全長は1cm程短くなったものの、十分に使える状態になった。あとはフィールドテストをするだけだ。

 誕生月の9月は、公私にわたって色々とアクシデントが続発し、おいらにしては結構参り気味だった。10月に入って何とか流れが変わってくれないものだろうか。

20070928_004  さて、そんな9月だったが、嬉しいこともなかった訳ではない。一つは、京商から待望の1/43スケールのカプチーノが発売され、ヤフオクから手許に届いたこと。先行していたエブロ社のモデルと甲乙付けがたい出来に大満足。カラー・バリエーションに、シルバーがないことが不思議だが、恐らくそのうちにリリースされることだろう。画像は、右手前が京商、左奥がエブロだ。

20071002_009  もう一つは、妻からの誕生日プレゼント。二男坊が欲しがっていたiPodに便乗して、おいらもゲットだ♪新発売で、メモリ容量が80ギガバイトもあるモデル。早速1999年からのフィッシングアルバム(画像)とお気に入りのCDアルバムを10枚ほど入れてみた。使い心地は文句なし!これほど満足度が高い買い物(もらい物?)も久々だ。

 と言うわけで、最近物欲面はかなり満たされている。10月は、これらのアイテムを駆使して、明るい毎日が過ごせるよう頑張ってみたいものだ。

| | Comments (10) | TrackBack (1)

October 01, 2007

動けデンスケ!

毎週土曜日午後6時30分、NHK教育テレビで放映中の「電脳コイル」のキャラクター、「デンスケ」のブログパーツを貼り付けてみました。

果たしてうまく動いてくれるでしょうか(^^;

デンスケ君をクリックすると、愛らしい(憎たらしい?)動きをしてくれますね。 さらにCCレモンをクリックすると・・・ ところで、このパーツをサイドバーに表示するには、ど~したらいいんでしょ??

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »